タグ: 2

博多港にターミナル新設 超大型のクルーズ船2隻に対応

福岡市が博多、天神に次ぐにぎわいの「第3の核」と位置付けている博多港中央・博多ふ頭ウオーターフロント(WF)地区の再整備に向けた事業計画の全体像が判明した。超大型クルーズ船2隻同時着岸に対応するクルーズターミナルを、民間活力を生かし新設する。一帯の再整備事業費は公共施設分で約400億円の見通しで、2021年までに公募を経て施設建設や運営を担う事業者を決定する。ロープウエーなどを念頭に置いている博多駅周辺とWFを結ぶ新たな交通システムについては、市が10年以内の導入に向け検討することも明らかになっ...
Read More

磐田市 新文化会館造成は19年第2四半期

磐田市は、上新屋地内に建設する(仮称)磐田市文化会館の建設予定地=写真=造成工事を、2019年第2四半期に発注する予定だ。 建設予定地は、アミューズ豊田(上新屋304)と豊田図書館(同)南側で敷地面積は1万8323平方?。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181205100034.html ...
Read More

斬劇『戦国BASARA』『紅』&『蒼』2作連続上演でよりパワフルな舞台に! 『蒼』に主演する眞嶋秀斗インタビュー

史実にとらわれず、戦国武将たちが新しい発想で暴れまわる大人気アクションゲーム「戦国BASARA」を基に、更に新しいオリジナル作品を発信している舞台、斬劇『戦国BASARA』シリーズ。その舞台版の記念すべき第15作目となる「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世〟『紅』未来への誇り...
Read More

方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁 その三 ズルい女編』来年2月に三越劇場で上演!

 TVやラジオの脚本家で、舞台の作・演出家としても活躍中の樫田正剛。樫田が率いる劇団方南ぐみは『あたっくNo.1』『THE面接』などの作品でも知られているが、そのヒット企画公演「伊賀の花嫁』の第三弾となる『伊賀の花嫁  その三 ズルい女編』が、2019年2月2日~11日、三...
Read More

滝沢秀明の演出で『滝沢歌舞伎 ZERO』2月南座、4・5月新橋演舞場で上演!

滝沢秀明の代表作として2006年に誕生し、多くの観客に愛され続けてきた日本を代表する和のスーパーエンタテインメント『滝沢歌舞伎』が、“ZERO”として新たに生まれ変わり、『滝沢歌舞伎  ZERO』として、京都と東京で上演される。京都は新開場の南座で、2019年2月3日~25...
Read More

中丸雄一のソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』来年2月上演決定!

KAT-TUNの中丸雄一が構成・演出を手掛けるソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』が、2019年2月に大阪・サンケイホールブリーゼ、3月に東京グローブ座にて上演されることが決定した。 2008年上演の第一弾では、企画が決定した段階で「自分らしい楽しさ」にこだわる本人...
Read More

円谷幸吉と君原健二、2人のマラソンランナーの栄光と挫折を描く『光より前に~夜明けの走者たち~』 作・演出家 谷賢一インタビュー

1964年の東京オリンピックで銅メダルに輝いた円谷幸吉と、その4年後のメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。ライバルであり友人でもあった2人のマラソンランナーの物語、『光より前に~夜明けの走者たち~』が、11月14日から紀伊國屋ホールで上演される。(1...
Read More

検証 長崎市政 田上市長の3期(2)<公会堂廃止>文化活動の衰退懸念も

長崎市が2015年3月に魚の町の市公会堂(1751席)を廃止したあおりを受け、茂里町の長崎ブリックホール大ホール(2002席)や魚の町の市民会館文化ホール(977席)の稼働率が高まり、文化団体にしわ寄せが来ている。 「来年は市民会館をなんとか押さえたが、キャパが小さいので対応を考えないといけない。こんな綱渡りが今後も続くのか」−。毎年、公会堂で発表会を開き千数百人の観客を集めてきた「かとうフィーリングアートバレエ」主宰、加藤真知(68)はため息をつく。 公会堂廃止後、ブリックホールの稼働率は60...
Read More

維新派・松本雄吉 追悼イベント企画『阿呆らし屋の鐘が鳴る』来年2月開催!

大阪を拠点に、伝説の劇団維新派を 47 年の長きにわたり率い、数多くの作品を世に生み出しながら、2016年6月18日にこの世を去った松本雄吉。多くの人に愛された故人を偲び、演劇界、映画界の仲間達が語るトークイベントと、一緒に作品を作り続けた戦友、共に影響を与え合った...
Read More

奇蹟の舞姫ヤン・リーピンの渾身作、『ヤン・リーピンの覇王別姫 ~十面埋伏~」』来年2月、日本上陸!

世界が絶賛する姫ヤン・リーピンの渾身作『ヤン・リーピンの覇王別姫 ~十面埋伏~」』が、Bunkamura30周年記念の一貫として、2019年2月21日から24日まで、Bunkamuraオーチャードホールで上演される。ソロダンス“孔雀の精霊”で一躍有名になった中国の国宝級ダンサー、ヤン...
Read More

ゴツプロ!第四回公演『阿波の音』来年1月、東京・大阪で上演。2月に台北公演も!

40代の男性俳優8人で結成、公演ごとに人気を集めているゴツプロ!が、来年1月に東京と大阪で第四回公演『阿波の音』上演する。また、第三回公演『三の糸』に続いて台北公演を行うことも決定した。今回も脚本は竹田新。山野海の脚本家としてのペンネームで、山野海は劇団ふ...
Read More

『ハンサム落語 第十幕』節目の十幕に相応しい豪華な2パターンのビジュアル登場!

古典落語を若手実力者が演じ、落語で引き付け、声で聞かせ、演技力で魅了する『ハンサム落語』。「二人一組」の掛け合いで行う独自のスタイルが人気のシリーズ。今回は、記念すべき第十幕を、2018年11月に東京と大阪で上演する。その節目の十幕に相応しい豪華な金屏風のビジ...
Read More

【挨拶部分 動画8分】加藤和樹×トム・サザーランド ミュージカル「タイタニック」東京公演が開幕(2)

ミュージカル「タイタニック」トム・サザーランド、加藤和樹 ほか   加藤和樹主演のミュージカル「タイタニック」が10月1日(月)に、東京・日本青年館で開幕した。   本作は、ピーター・ストーン原作、『NINE』『グランド20...
Read More

ダンスで魅せるTRFの舞台第2弾『DANCE REPUBLIC~form of desire~』に挑む! SAM、ETSU、CHIHARUインタビュー

TRFのSAM、ETSU、CHIHARUがプロデュースし「ダンスで魅せる舞台」を創り上げる『DANCE REPUBLIC』。ダンスによる多彩な表現力と熱いパワーが好評を博したこのステージの第2弾『DANCE REPUBLIC~form of desire~』が10月6日~8日まで東京・竹芝 NEW PIER HALLで開催される...
Read More

解体判断2月先送り 旧都城市民会館

都城市は4日、学校法人南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)が返還を申し入れた旧都城市民会館について、8月中旬までとしていた同会館の保存・活用策を民間から受け付ける期間を、来年1月末まで再延長すると発表した。保存活動に取り組んできた建築団体の要望を受け入れ、8月末を予定していた施設存廃の判断を先送りした。期限までに民間から確実性や計画性のある提案がなかった場合は、2月に解体を決定する。 http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_34289.html ...
Read More

<音楽ホール>活用策議論 仙台市が2度目のシンポ

仙台市が整備を検討する音楽ホールの在り方について考えるシンポジウム「これからの仙台に求められるホールとまちづくり」が1日、青葉区の市青年文化センターであった。市主催。 約60人が参加し、水戸市新市民会館整備課の海老沢佳之係長と仙台市音楽ホール検討懇話会委員の垣内恵美子政策研究大学院大教授がそれぞれ講演した。 海老沢氏は2022年に開館予定の水戸市新市民会館の整備状況を報告。「大型商業施設が閉店した中心市街地に建設することで、新たなにぎわい創出を目指している」と話した。垣内氏は文化施設を活用したま...
Read More

学校つらい時は劇場においで 2日に世田谷パブリックシアターでイベント

学校生活にしんどさを抱える中学生に、同じようなつらさを感じていた大学生の話を聞き気持ちを楽にしてもらうイベントが、世田谷区の世田谷パブリックシアターの稽古場で九月二日午後一時〜五時半にある。中学生なら誰でも無料で参加でき、出入り自由。 多くの学校で九月から新学期が始まるのを前に、学校がつらい時の居場所の選択肢に劇場も考えてもらおうと今年初めて開く。イベントは「学校生活はいろいろあるけれど…みんなよりちょっと先輩の話聞いてみない?」と題し、不登校や引きこもりの経験のある大学生や大学院生、高校生の体...
Read More

田中圭が主演、満島真之介・倉科カナ・眞島秀和が共演!『チャイメリカ』来年2月~3月、世田谷パブリックシアターで上演!

田中圭・満島真之介・倉科カナ・眞島秀和世田谷パブリックシアターでは、2019年2月~3月に、田中圭の主演により、英国の若手劇作家ルーシー・カークウッド作『チャイメリカ(Chimerica)』を上演する。 この作品は2013年5月にアルメイダ劇場で初演、2014に年ローレンス・...
Read More

毒入りコーラ事件×不思議の国のアリス!? <被害者の心の闇>を描く「関口純の演劇論2/有栖川家の密やかな愉しみ」8月25日から新宿で上演

(C)楽劇座   楽劇座による舞台「有栖川家の密やかな愉しみ」が8月25日(土)から新宿・ローズセラヴィで上演される。   楽劇座(がくげきざ)が関口存男(ドイツ語学者/踏路社)没後60周年を記念して上演する「関口存男の20...
Read More

再開めど立たない真備の文化施設 支所は2階で一部業務を再開

西日本豪雨によって面積の3割に当たる1200ヘクタールが浸水した倉敷市真備町地区では、公共施設も水没し、機能が停止した。豪雨から約1カ月がたち、市真備支所(同市真備町箭田)は一部業務を再開したが、文化施設は復旧のめどが立たない状態が続いている。  真備支所は4日、浸水を免れた2階部分を改修して臨時窓口を開設。罹(り)災証明書や住民票の発行といった業務を行い、生活再建を後押ししている。約1カ月ぶりの再開とあって、連日多くの市民が来庁。市職員のほか、他自治体の応援職員も加えた約30人態勢で業務に当た...
Read More

神戸市/本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務プロポ公告/8月16日まで参加受付

神戸市は「本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。市は3月に策定した「本庁舎2号館再整備基本構想」で同館(中央区加納町)再整備の方向性として、庁舎機能に加えてにぎわい創出を目指した誘客・交流機能の配置を提示。同業務では、三宮再整備に当たって土地利用の在り方や公民連携の事業手法の検討を行う。 行財政局総務部庁舎管理課で16日まで参加表明書、20〜30日に企画提案書を持参または郵送で受け付け、9月6日のプレゼンテーション審査を経て、9月上旬に選定結果を通...
Read More

兵庫県庁1、2号館 老朽化で建て替えへ 周辺も再整備

兵庫県が老朽化した本庁舎1、2号館(神戸市中央区)を建て替える方向で、県庁周辺の再整備を検討していることが分かった。井戸敏三知事が8月1日の就任17年を前に神戸新聞社のインタビューに応じ、庁舎の耐震診断結果を踏まえ、今秋にも全体計画をまとめる考えを示した。手始めに県庁南側の県民会館を、駐車場にしている県有地へ移転させる案があることも明かした。(井関 徹) 県庁1号館(1966年築)と2号館(70年築)は、いずれも阪神・淡路大震災後に耐震補強を施した。しかし老朽化が進み、将来的な強度に懸念があるた...
Read More

田中圭・主演、栗山民也・演出で社会派現代戯曲『チャイメリカ』来年2月~3月に日本初演!

田中圭ローレンス・オリヴィエ賞受賞・社会派現代戯曲『チャイメリカ』を、田中圭の主演、栗山民也の演出で2019年2月~3月に世田谷パブリックシアターで上演することが決まった。 本作『チャイメリカ』は、1984年生まれの英国の若手劇作家ルーシー・カークウッドによって...
Read More

20以上の役柄を2人で演じる出色のエンターテインメント!『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル2018』上演中!

たった2人の出演者、ピアノと帽子と小道具だけの舞台装置で展開される作品の中に、ミュージカルの歴史と、ミュージカルを愛する心、更に自分の頭で考え、夢見ることの尊さを描いた傑作ミュージカル『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!2018』が、新宿村LIVEで上演中だ(29...
Read More

斬劇『戦国BASARA』シリーズ初の“蒼紅”2作連続上演が決定!

本年12月に斬劇『戦国BASARA』シリーズ第15作目、“斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世”の上演が決定した。完全最新作で“蒼紅”2バージョンの連続上演となる。 まず12月7日~16日、”斬劇『 戦国BASARA』蒼紅乱世” 『紅』未来への誇りを上演、次いで12月21日~30日、”斬劇『 ...
Read More

円谷幸吉と君原健二、2人のマラソンランナーの物語『光より前に~夜明けの走者たち~』上演決定!

今秋、舞台『光より前に~夜明けの走者たち~』が、宮崎秋人、和田正人らの出演によって上演されることが決まった。1964年、東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、その4年後にメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。ライバルでもあり友人でもあった...
Read More

【稽古場ブログ】詩的現代サーカス!ながめくらしつ『うらのうらは、』(その2)

ながめくらしつ「うらのうらは、」   【稽古場ブログ】詩的現代サーカス!ながめくらしつ『うらのうらは、』稽古場レポート(2)   こんにちは! ながめくらしつの稽古場から、レポート第二弾です。 さて、ながめくらしつは、色20...
Read More

朗読劇『この子たちの夏 1945 ヒロシマ・ナガサキ』2年ぶりに上演!

あの日から73回めの夏がやってきた。日本全国398地町村で802回の公演を行ってきた朗読劇『この子たちの夏』が、2年ぶりに上演される。唯一の原子爆弾での被爆国である日本。日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨...
Read More

“演劇”と“舞踊”の境界を越える『出口なし』白井晃の演出でKAATが来年1月~2月に上演!

白井晃、首藤康之、中村恩恵、秋山菜津子KAAT神奈川芸術劇場では、来年1月~2月、20世紀を代表するフランスの劇作家で哲学者 J.P.サルトルの戯曲『出口なし』を、 “言葉”と“身体”を切り口に上演する。演出はKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督・白井晃、出演者は世界的なバ...
Read More

TRF(SAM・ETSU・CHIHARU)プロデュース舞台第2弾 『DANCE REPUBLIC ~form of desire~』 10月に開催決定!

TRFのSAM・ETSU・CHIHARUがプロデュース第二弾となる新作舞台の上演が決定。タイトルは『DANCE REPUBLIC~form of desire~』。人間であれば誰しもが持つ「欲望」。その様々な欲望の中で葛藤する男達の姿を描いた作品となる。昨年結成25周年を迎えたTRFのSAM・ETSU・CHIHARU...
Read More

最高のコメディ『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!2018』最強の2人が最強の仲間を連れて帰ってくる!

昨年3月、新宿の大久保でひっそりと幕を上げたミュージカル・プレゼン公演『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!』は、完売公演が続出、話題となった。その作品が会場も出演者もグレードアップして7月に帰ってくる!本作は2007年、ニューヨークを笑いの渦に巻き込んだ超小...
Read More

金沢区・磯子区版 公会堂初披露は来年2月

歴史・文化感じられる施設に 美空ひばりがデビューし、プロ野球で初めてナイターの試合が行われた1948年、金沢区は磯子区から分区し誕生した。今年度は区制70周年を記念し、様々な事業が年間を通して予定されている。目玉の事業の一つが新金沢公会堂の完成だ。 新公会堂は地上5階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造り。1階には78台の駐車場を整備する。公会堂内の楽屋や会議室には金沢の歴史・文化が感じられるように「金沢八景」の名称を感じられる地名がつけられる。「野島」の名がつくホールの座席数は596席。小さな子ども連...
Read More

藤田俊太郎をゲストに迎え、トークショー「Bumpy Lens ~劇場で出会ったクリエイティブな人たち~」第2回を開催!

舞台芸術に関わる俳優やクリエイターの素顔と頭の中をのぞき見るトークショー「Bumpy Lens」が、4月27日に中川晃教をゲストに第1回をスタートさせたが、6月8日に開催される第2回のゲストには、演出家の藤田俊太郎が登場する。テーマはオフィス街であり劇場街でもある丸...
Read More

文化センター共同ホール・サンライフ久留米 閉館の2施設、利用者説明会 久留米市、27〜31日 /福岡

久留米市は、2019年3月末での閉館を発表している文化センター共同ホール(同市野中町)とサンライフ久留米(同市諏訪野町)について、利用者向けに、閉館の経緯や代替施設を紹介する説明会を開く。 共同ホールの説明会は、ホール棟利用者向けが27日午後2時と30日午後7時、研修棟利用者向けが27日午後3時半と31日午後7時で、場所はいずれも市役所。サンライフ久留米の説明会は29日午後7時と30日午後3時で、場所はサンライフ久留米である。 https://mainichi.jp/articles/20180...
Read More

キラキラが上昇していく背景動画素材 青 濃紺 その2(ロイヤリティーフリー映像素材/ Royalty Free Stock Footage)

キラキラが上昇していく背景動画素材 青 濃紺 その2   キラキラが上昇していく背景動画素材 青 濃紺 その2 キラキラが上昇していく背景動画素材 青 濃紺 その2です。   販売サイト ファイル形式(サイズ) 価格 X20...
Read More