タグ: 駅前

松田正隆の書き下ろし新作を青年座の金澤菜乃英が演出! 舞台『東京ストーリー』10月23日から下北沢・駅前劇場で上演

青年座『東京ストーリー』   青年座の舞台『東京ストーリー』が10月23日(水)から下北沢・駅前劇場で上演される。作は松田正隆、演出は金澤菜乃英が手掛ける。   劇団青年座は2000年、松田正隆の書き下ろし新作『天草記』20...
Read More

駅前劇場に初進出!小沢道成のEPOCH MAN『鶴かもしれない』新演出で再再演

2020年1月に東京・駅前劇場にて、EPOCH MAN(エポックマン)新春ひとり芝居『鶴かもしれない2020』が上演される。そのメインビジュアルと共に、今作品の作・演出・美術・出演を担う小沢道成からのコメントも到着。 EPOCH MANは、鴻上尚史が主宰する虚構の劇団所属の俳優、小沢が作・... ...
Read More

劇団員に加え大勝かおり・西川智宏らが出演! 劇団フルタ丸『朝のドラマ』7月3日から下北沢・駅前劇場で上演

劇団フルタ丸『朝のドラマ』   劇団フルタ丸の新作舞台『朝のドラマ』が7月3日(水)から下北沢・駅前劇場で上演される。出演は、大勝かおり・西川智宏(ラビット番長)など。   劇団フルタ丸は2002年、明治大学在学中にフル20...
Read More

安心のバカバカしさと人間臭さを楽しもう! 動物電気『ブランデー! 恋を語ろう』6月1日から下北沢・駅前劇場で上演

動物電気『ブランデー! 恋を語ろう』   政岡泰志が率いる動物電気の2019初夏公演『ブランデー! 恋を語ろう』が6月1日(土)から下北沢・駅前劇場で上演される。   動物電気は、明治大学の演劇サークル「活劇工房」のOB20...
Read More

艶∞ポリス10作目は「お金」がテーマの群像喜劇「PARTY PEOPLE」1月31日(木)から下北沢・駅前劇場にてロングラン上演

宣伝美術:三ツ橋勇二 宣伝写真:井上圭佑 宣伝衣装:首藤和香子・澤井俊二   艶∞ポリスによる舞台「PARTY PEOPLE」が1月31日(木)から東京・駅前劇場で上演される。   艶∞ポリスは、2013年に脚本家・演出20...
Read More

山崎一が別役実作品の初演出に挑む! 高田聖子らが出演の劇壇ガルバ「森から来たカーニバル」11月29日 下北沢 駅前劇場で開幕

劇壇ガルバ「森から来たカーニバル」 ©️福山楡青   俳優の山崎一が初めて演出を手掛ける舞台 劇壇ガルバ旗揚げ公演「森から来たカーニバル」が11月29日から駅前劇場で開幕する。出演は高田聖子(劇団☆新感線)、大石継太、山20...
Read More

げんこつ団公演『コースターター』 駅前劇場で、まもなく開幕!

げんこつ団は、1991年に女子美術短期大学在学中の現団長・一十口裏のもとで活動を開始。以降、女優たちが多彩な役柄を演じる切れ味のよいナンセンス喜劇で、「思いもかけない出来事が次々に平気で起こるわりには、見終わった後に“奇妙な感動”がしっかりと残っているお得な集...
Read More

艶∞ポリス・岸本鮎佳の集大成 ”究極の女の喜劇”! 「顔!!!」7/18(水)より下北沢・駅前劇場で上演

「顔!!!」フライヤービジュアル   艶∞ポリスによる舞台「顔!!!」が7月18日(水)から東京・駅前劇場で上演される。   「艶∞ポリス(ツヤポリス)」は作・演出・俳優の岸本鮎佳、俳優・ダンサーの井上晴賀、俳優の木戸雅20...
Read More

【福島駅前の将来】官民で街を描き直す

福島市のJR福島駅東口にあるホテル辰巳屋は来年8月末の閉館を決めた。宿泊やパーティーで多くの人が利用する老舗であり、閉館は県都の繁華街に大きな影響を及ぼす。中心市街地は、にぎわいを取り戻せるのか、それとも人通りが少なくなっていくのか。大きな岐路に差し掛かっている。 ホテル辰巳屋や中合福島店が入るビルを含む区域は再開発が計画されている。福島医大の新学部建設予定地もある。市は駅の東西を結ぶ新しい通路を整備する構想を練る。東口だけでなく、西口を含めて、駅を取り巻く東西南北を見渡し、街の姿を描き直す必要...
Read More

箕面市、箕面船場駅前地区拠点施設整備運営 約137・8億円で大林代表Gと契約

箕面市は、PFI事業の(仮称)箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業で市議会での議決を経て、PFI箕面船場まちづくり(代表企業・大林組、構成企業・キョードーファクトリー、東京ビジネスサービス)と事業契約を締結した。契約金額137億8401万8985円(税込)。18年度に設計業務を行い、19年度から工事着手し、21年4月のオープンを目指す。 市では、北大阪急行線の延伸に伴い新設される(仮称)箕面船場駅前において、文化ホール、図書館、生涯学習センター、駐車場が一体となった複合施設を整備し、文...
Read More

19年度に着工/箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業で契約を締結/箕面市

大阪府箕面市は、PFI方式を採用する「(仮称)箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業」で、特別目的会社「PFI箕面船場まちづくり」(箕面市)と事業契約を結んだ。1月に大林組グループを予定事業者に決めていた。契約金額は137億8401万8985円(税込)。文化ホール、生涯学習センター、図書館、地下駐車場が入る施設をBTO方式で整備する。2018年度に設計を進め、19年度に着工、21年4月の開業を目指している。 大林組グループは、設計と建設を大林組、地下駐車場の維持管理・運営と付帯施設運営を...
Read More

北大阪急行延伸 新駅前、一大文化拠点に 箕面市、複合施設建設へ

■ホール、図書館、学習センター 北大阪急行電鉄の延伸に伴い、平成32年度の開業を目指している箕面船場駅(仮称、箕面市船場東)前で、市の複合施設建設に向けた取り組みが新年度から始まる。ホールや図書館、生涯学習センターで構成された地上4〜6階、地下1階の施設で、まず設計が行われる。市は、延伸区間沿線で、一大文化拠点としての役割を期待している。 北大阪急行の延伸は、終点となっている千里中央駅(豊中市)から北に約2・5キロ先まで延ばし、32年度に箕面船場駅と新箕面駅(仮称、箕面市西宿)の2駅を開業させる...
Read More

さいたま市18年度予算案 大宮駅前の再整備に重点

さいたま市の玄関口が大きく変わろうとしている。市は二日に発表した二〇一八年度当初予算案で、前年度に続いて大宮駅周辺の大型事業に重点的に配分した。再開発ビル建設に公共施設の再配置、将来的な駅前の大規模再整備も見据える。清水勇人市長は「真の東日本の中枢都市としての地位を確立する。市の顔にふさわしい地区に再構築する」と訴える。 大宮駅東口を出て徒歩二分ほど。まちの中心部で三月から大規模な建設工事が始まる。二一年度に完成予定の複合ビル。十八階建てで、オフィスや商業施設が入る。 市が長年検討してきた再開発...
Read More

箕面市、箕面船場駅前まちづくり拠点施設整備運営の予定事業者を決定

箕面市は、PFI事業の(仮称)箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業の総合評価一般競争入札を行った。 その結果、大林組グループを予定事業者に決定した。代表企業は大林組(設計、建設)、構成企業は東京ビジネスサービス(地下駐車場維持管理・運営、付帯施設運営)、協力企業は久米設計(設計、工事監理)で構成する。施設引渡以降の代表企業は東京ビジネスサービス。18年2月23日に仮契約、3月下旬に市議会の承認を経て契約を結ぶ予定。予定価格139億0163万9千円(税込)。 候補者検討会議では、応募があ...
Read More

福岡の人気劇団 万能グローブガラパゴスダイナモスが下北沢駅前劇場で『ハダシの足音』を上演!

12月27日(水)~30日(土)下北沢駅前劇場で、福岡の人気劇団 万能グローブガラパゴスダイナモスが3都市ツアーの福岡、大阪公演を経て、東京の下北沢駅前劇場で『ハダシの足音』を上演する。万能グローブガラパゴスダイナモスは、05年の旗揚げから「緻密な笑いと大胆なストーリ...
Read More

駅前商業棟公共スペース 市民WSが機能提案

JR上諏訪駅前の民間開発で諏訪市が商業棟3階に設置する公共スペースの機能を考えてきた市民ワークショップの発表会は1日夜、市役所で開いた。メンバー約30人を分けた4グループが「多世代が交流できるスペースが良い」「誰もが毎日使える居場所に」などと提案。金子ゆかり市長は「提案を考慮に入れ(設計などの)専門的なアドバイスを聞きながら(市の考えを)練り込みたい」と答えた。 ワークショップは団体関係者や公募住民らが5月から月1回集まって検討してきた。この日はグループごと発表し、あるグループは食育用や災害時の...
Read More

アセス計画書を提出/2棟総延べ約16万?/西日暮里駅前再開発準備組合

西日暮里駅前市街地再開発準備組合(村田常彦理事長)は、東京都に環境影響評価調査計画書を提出した。今後、環境影響評価書案の手続きを進め、2018年度の都市計画決定を目指す。再開発施設は2棟総延べ約16万?の規模を想定し、21年度にも着工、25年度に完成する見通しだ。 事業協力者として野村不動産・三菱地所レジデンスJVが参画し、事業コンサルタントは都市設計連合、基本計画・設計を梓設計が担当している。 再開発施設は、住宅・業務棟と商業・ホール棟の2棟構成で、敷地北側に建設する住宅・業務棟は高さ180m...
Read More

東西女剣劇のトップ同士が国定忠治で激突!? ふくふくや舞台「くるんのぱー」下北沢 駅前劇場で12日(日)まで上演

ふくふくや「くるんのぱー」舞台写真   ふくふくやの舞台「くるんのぱー」が11月1日から下北沢・駅前劇場で開幕。12日(日)まで公演中だ。   ふくふくやは、1999年春、山野海を中心に設立。 毎回多様な客演を迎え、「320...
Read More

箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業を公告/文化ホール、生涯学習センター、図書館など整備/箕面市

大阪府箕面市は27日、PFI方式を採用する「(仮称)箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業」の一般競争入札を公告した。文化ホール、生涯学習センター、図書館、地下駐車場をBTO方式で整備する。参加表明書を12月1日から8日に地域創造部北急まちづくり推進室で持参または郵送によって受け付ける。提案書や入札書を12月18日から22日に提出させ、2018年1月のプレゼンテーションを経て、1月31日に落札者を決める。 参加資格は、文化ホール、生涯学習センター、図書館、地下駐車場について設計、工事監理...
Read More

劇団献身 第10回本公演「俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~」が下北沢駅前劇場にて12月に上演

劇団献身「俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~」   ゴジゲン所属俳優の奥村徹也が主宰する劇団献身の第10回本公演「俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~」が2017年12月20日(水)~24日(日)ま20...
Read More

新潟駅前の新オフィスビル「マルタケビル」2020年開業 人と情報が交わるコミュニティプレイスとしてWEBサイト新設

1964年に新潟駅前に設立されたマルタケビル(建築主:マルタケ不動産株式会社)は、全面建て替え工事を行い、2020年の開業を目指しております。 生まれ変わるマルタケビルは、ホールを完備しコミュニティ機能を併せ持つオフィスビルです。 このたび全面建て替えに伴い、マルタケビルに関する情報を発信するWEBサイトを新設いたしました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/140188/LL_img_140188_1.jpg 新webサイト: http://www...
Read More

PTAを舞台にした社会派コメディ!艶∞ポリス「ハッピーママ、現る。」9月7日から駅前劇場で上演

フライヤービジュアル(デザイン:郡司龍彦・写真:井上圭佑)   艶∞ポリスによるPTAを舞台にした社会派コメディ「ハッピーママ、現る。」が9月7日(木)から下北沢・駅前劇場にて上演される。   艶∞ポリス(つやぽりす)と20...
Read More