タグ: 館

柿喰う客・七味まゆ味を迎えての濃密な2人芝居!アトリエ・センターフォワード「あじわうとき」10月24日から新生館シアターで上演

公演チラシ表面   アトリエ・センターフォワードの第15回公演「あじわうとき 2018」が10月24日(水)から東京・北池袋 新生館シアターで上演される。   本作は、実在の巨額詐欺事件をモデルに終戦後から高度経済成長、20...
Read More

神戸市/本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務プロポ公告/8月16日まで参加受付

神戸市は「本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。市は3月に策定した「本庁舎2号館再整備基本構想」で同館(中央区加納町)再整備の方向性として、庁舎機能に加えてにぎわい創出を目指した誘客・交流機能の配置を提示。同業務では、三宮再整備に当たって土地利用の在り方や公民連携の事業手法の検討を行う。 行財政局総務部庁舎管理課で16日まで参加表明書、20〜30日に企画提案書を持参または郵送で受け付け、9月6日のプレゼンテーション審査を経て、9月上旬に選定結果を通...
Read More

兵庫県庁1、2号館 老朽化で建て替えへ 周辺も再整備

兵庫県が老朽化した本庁舎1、2号館(神戸市中央区)を建て替える方向で、県庁周辺の再整備を検討していることが分かった。井戸敏三知事が8月1日の就任17年を前に神戸新聞社のインタビューに応じ、庁舎の耐震診断結果を踏まえ、今秋にも全体計画をまとめる考えを示した。手始めに県庁南側の県民会館を、駐車場にしている県有地へ移転させる案があることも明かした。(井関 徹) 県庁1号館(1966年築)と2号館(70年築)は、いずれも阪神・淡路大震災後に耐震補強を施した。しかし老朽化が進み、将来的な強度に懸念があるた...
Read More

チョコレートキャッスル5月公演「腕切る少女じゃいられない」5月4日から早稲田どらま館で上演

チョコレートキャッスル5月「腕切る少女じゃいられない」   チョコレートキャッスル5月公演「腕切る少女じゃいられない」が5月4日~6日に、早稲田どらま館にて上演される。   チョコレートキャッスルは「日本で唯一、ラブコメ20...
Read More

高田まちかど交流館がオープン 旧第四銀行を改修 貸し館利用可能に

新潟県上越市本町3の旧第四銀行高田支店が2018年4月7日、改修工事を経て、貸し館利用のできる「高田まちかど交流館」としてリニューアルオープンした。上越市の中心市街地である高田本町商店街の一角で開館した同館は、コンサートや作品展などを開催できる交流施設として利用することができ、市民活動を盛り上げるだけでなく、同商店街の活性化などの役割が期待される。上越市では市民や団体からの利用申し込みを受け付けている。 建物は1931年に百三十九銀行本店(後の第四銀行高田支店)として建設された古い鉄筋コンクリー...
Read More

名古屋市演劇練習館 アクテノン。配水塔から2度生まれ変わった建物を見てきた

名古屋市の西部にある名古屋市演劇練習館。住宅街の中にあり、周囲は稲葉地公園として整備され、住民が散歩をしたり、子どもたちが遊具で遊んだり、憩いの場として親しまれている。そんな中でひときわ目を引く白い円形の建物が演劇練習館だ。名古屋市から公益財団法人 名古屋市文化振興事業団が管理運営を委託され、演劇を中心とした舞台芸術の練習の場に特化した施設となっている。 ここはもともと配水塔として建てられた。それから図書館そして現在の演劇練習館へと2度生まれ変わった特異な経緯を持つ。リノベーションの好例として、...
Read More

「共楽館」活用探る 日立で創建100周年シンポ

産業遺産を「観光拠点に」 日立鉱山(現・JX金属)の娯楽施設として建設された日立市白銀町2丁目の「共楽館」(現・日立武道館)の創建100周年を記念したシンポジウムが11日、同市幸町1丁目の日立シビックセンターで開かれ、歴史的な建造物を生かしたまちづくりの在り方が話し合われた。 共楽館は1917年2月に完成。回り舞台を備え、歌舞伎や音楽会、大相撲巡業などが行われ、市民に親しまれた。67年に市に寄贈され、市は武道場として改修。99年に国登録有形文化財、2009年に市指定文化財になった。 シンポジウム...
Read More

師弟関係の妙をプロレスの力学で描いたミステリー喜劇 劇団フルタ丸「虎の館」2月10日から横浜で上演

劇団フルタ丸「虎の館」   東京と埼玉で上演し好評を博した劇団フルタ丸「虎の館」が、2月10日から横浜で上演される。   劇団フルタ丸は「あなたの日常に素敵な大嘘を。」をモットーに下北沢を中心に活動している劇団。遠足前夜20...
Read More

延べ5万平方?を確保、中ホール設置も検討/本庁舎2号館再整備基本構想(案)を公表/神戸市

神戸市は、「本庁舎2号館再整備基本構想(案)」を公表した。完成から60年が経ち、老朽化している本庁舎2号館を、現在位置で建て替える。建物規模は本庁舎1号館と同等の延床面積約5万平方?を確保、このうち約1万5000平方?を本庁機能に充てるほか、文化芸術発信拠点として収容人数700席から900席の中ホールの設置も検討している。2018年度に基本計画を定め、19−21年度に事業手法・実施方針の公表、事業者の選定を行い、22年度以降に整備計画の策定、整備工事を進める。 新2号館は、本庁舎機能のほか、文化...
Read More

青蛾館が男装音楽劇「『宝島』~大人も子どもも楽しめる寺山修司~」を上演!

1984年の結成以来、寺山修司の戯曲を新たな形で上演し続けてきた青蛾館が、2月3日(土)~11日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストで男装音楽劇「『宝島』~大人も子どもも楽しめる寺山修司~」を上演する。今回の作品は、あのスティーブンソンの名作「宝島」を下敷きとして...
Read More

【動画1分】橘ケンチ(EXILE)・荒木宏文らが幽霊になって大立ち回り! 舞台「幽劇」が日本青年館ホールで開幕

舞台「幽劇」橘ケンチ(EXILE)   橘ケンチ(EXILE)、味方良介、多和田秀弥、荒木宏文など人気若手俳優が出演する舞台「幽劇」が8月17日、日本青年館ホールで開幕した。   本作は幽霊の常識を覆す、とびきり明るくて20...
Read More