タグ: 音

第6回企画「舞台の仕掛人」<後編>音響・ヨシモトシンヤが“責任を持って鳴らす音”

“いつもとはちょっと違った視点”で舞台を紐解く、エンタステージの新企画「舞台の仕掛人」第6回の後編。今回は、ゲストスピーカーの音響・ヨシモトシンヤさんの具体的なお仕事内容について教えていただきました。ジャズがふんだんに使われた、舞台『血界戦線』でのこだわりや、舞台『刀剣乱舞』での日替わりシ... ...
Read More

「巣ごもりシアター」“おうちで戯曲”始動!『音のいない世界で』『まほろば』『焼肉ドラゴン』などを配信

新国立劇場が行っている公演記録映像の無料配信「巣ごもりシアター」。演劇部門からは、新国立劇場のために書き下ろされた戯曲を、期間限定でウェブ公開する「おうちで戯曲」を行うことになり、4月23日(木)より毎週2作品をそれぞれ2週間ずつ公開し、1ケ月以上にわたってさまざまな戯曲を楽しむことが出来... ...
Read More

室龍太(関西ジャニーズJr.)東京初主演『ON AIR ~この音をきみに~』5月上演

2020年5月に、『99.9 刑事専門弁護士』シリーズなどを手がけた人気脚本家の宇田学によるオリジナル作品『ON AIR ~この音をきみに~』が上演されることが明かされた。 本作は、音を通じてつながる人びと、それぞれの想いを描くヒューマンストーリー。物語の主人公である桜木真は音響効果を行う... ...
Read More

【動画】舞台『この音とまれ!』囲み会見

◆公演情報 舞台『この音とまれ!』 【東京公演】8月17日(土)~8月25日(日) 全労済ホール/スペース・ゼロ 【福岡公演】9月7日(土)・9月8日(日) ももちパレス 【大阪公演】9月14日(土)・9月15日(日) 森ノ宮ピロティホール 【原作】アミュー「この音とまれ!」(集英社「ジ... ...
Read More

横井翔二郎主演『絶望が持った音・令~ある師弟の想い~』善悪超えた究極のコミュニケーション

2019年8月1日(木)に東京・神保町花月にて、『絶望が持った音・令~ある師弟の想い~』が開幕する。本作は、2017年に行われた神保町花月10周年特別企画「anniversary Awards!!」で作品賞1位を受賞した冨田雄大の作品。今回は、それをリライトし新たなキャストで上演する。演出... ...
Read More

横井翔二郎、LLRらが出演 舞台『絶望が持った音・令~ある師弟の想い~』8月1日から神保町花月で上演

舞台『絶望が持った音・令~ある師弟の想い~』   舞台『絶望が持った音・令~ある師弟の想い~』が、8月1日(木)から神保町花月で上演される。   神保町花月は《芸人x芝居》をメインに、芸人だからこその芝居、そしてお笑いを20...
Read More

舞台『この音とまれ』小沼将太ら追加キャストを発表&アフターイベントの開催も

2019年8月から9月にかけて上演される舞台『この音とまれ!』より、追加キャストとして小沼将太、加藤靖久、藤田弓子の出演が発表された。小沼は高岡哲生役、加藤は久遠源役、藤田は仁科静音役を演じる。さらに、アフターイベントの開催も決定した。 「この音とまれ!」は、和楽器「箏(こと)」を題材に、... ...
Read More

追加キャストに塩田康平、上仁樹ら『この音とまれ!』箏曲部による生演奏も決定

2019年8月から9月にかけて上演される舞台『この音とまれ!』の追加キャストが発表された。新たに出演が決まったのは、足立実康役の塩田康平、堺通孝役の小島ことり、水原光太役の上仁樹、教頭役の山崎雅志、以上4名。さらに、作中のオリジナル楽曲「龍星群」を箏曲部キャスト6名が生演奏することも明らか... ...
Read More

「箏(こと)」を題材とした『この音とまれ!』財木琢磨、古田一紀、田中日奈子らで舞台化

2019年8月に、「この音とまれ!」が舞台化されることが決定した。「この音とまれ!」とは、集英社「ジャンプSQ.」で連載されているアミュー作の人気漫画。和楽器「箏(こと)」を題材に、箏に情熱を注ぐ高校生たちの姿を描いている。作中には、古典曲から本作オリジナルの曲まで多種多様な箏曲が登場して... ...
Read More

今度の主役は音駒高校!演劇「ハイキュー!!」新作は東京都代表をかけた〝東京の陣〞

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」の新作が、2019年春に大阪・宮城・東京の3都市で上演されることが決定した。2018年12月16日(日)に閉幕した〝最強の場所(チーム)〞にて、主人公・日向翔陽を擁する烏野高校を演じてきたキャストが惜しまれつつ卒業。ウォーリー木下の演出・脚本の... ...
Read More

幻想と現実が交差する―エムキチビートの音劇『世界の終わりに君を乞う。』レポート

元吉庸泰が主宰するエムキチビートの音劇第2弾『世界の終わりに君を乞う。』が、2019年12月1日(土)より東京・博品館劇場にて上演されている。エムキチビートにとって、『朱と煤-aka to kuro-』以来、約4年ぶりの音劇となる本作。その模様を、公開ゲネプロの舞台写真と共にレポートする。... ...
Read More

【動画】エムキチビート produce 音劇vol.2『世界の終わりに君を乞う。』公開ゲネプロ

2018年12月1日(土)より東京・博品館劇場にて上演されている『世界の終わりに君を乞う。』。本作は、元吉庸泰が主宰するエムキチビートが、音楽と歌と芝居をかけ合わせて贈る「音劇」の第2弾です。 エムキチビートが「音楽×歌×芝居=音劇」として贈る音劇。エムキチビートが「音劇」として公演を行う... ...
Read More

『世界の終わりに君を乞う。』エムキチビートの4年ぶりの音劇に黒沢ともよ、木戸邑弥ら

元吉庸泰が主宰するエムキチビートの音劇第2弾『世界の終わりに君を乞う。』が、2018年12月1日(土)より上演される。エムキチビートが「音楽×歌×芝居=音劇」として贈る音劇。エムキチビートが「音劇」として公演を行うのは、2014年に上演された第1弾『朱と煤-aka to kuro-』以来、... ...
Read More

台湾・烏梅劇院と本多劇場が姉妹劇場に/ゴツプロ!「阿波の音」公演に台湾の技術スタッフが参加

台湾・烏梅劇院と本多劇場が姉妹劇場に   台北華山1914文創園区・烏梅劇院(ウーメイシアター)と下北沢・本多劇場グループが姉妹劇場の関係を結び、舞台制作に係る人材育成をはじめとした文化交流を実施していくことが決定した。20...
Read More