タグ: 音楽

しあわせ学級崩壊の四つ打ち演劇『ロミオとジュリエット』高田馬場・渋谷の音楽スタジオでスタンディング上演

しあわせ学級崩壊「ロミオとジュリエット」   ダンスミュージック演奏を軸に演劇を再構築する しあわせ学級崩壊による舞台「ロミオとジュリエット」が9月8日(土)から都内音楽スタジオで上演中だ。 しあわせ学級崩壊は、僻みひな20...
Read More

本庁舎、近く基本計画公告/音楽ホールは来月に候補地案/仙台市 2大型プロジェクトが新局面

仙台市の本庁舎建て替えと市内中心部に新設する音楽ホールの両大型プロジェクトが新たな局面に移行する。本庁舎は、近く基本計画策定支援業務の委託に伴う公募型プロポーザルで公告する方針だ。現在、庁内で仕様書の詳細を詰めている。11月までに最優秀提案者を特定し、12月にも有識者による基本計画検討委員会の初会合を開く。音楽ホールは、10月下旬に音楽ホール検討懇話会の下部組織「立地検討専門部会」を設置し、建設地の選定に向けて議論を本格化する。 本庁舎建て替えの検討に当たっては、2017年12月の基本構想検討委...
Read More

宮崎)音楽鑑賞中にグラッ、地震想定した訓練 宮崎市

もしも、コンサート中に災害が起きたら――。そんな状況を想定した避難訓練が7日、宮崎市花山手東3丁目の市民文化ホールであった。近隣の住民や小学生ら約250人が参加した。 「地震です、地震が発生しています」。県警音楽隊がステージで2曲目「美女と野獣」を演奏し始めて約40秒後、地震発生を告げるアナウンスが流れた。 その後、停電を想定してホール内の照明が暗転。暗闇の中で参加者らは身をかがめて、揺れが収まるのを待った。「給湯室から火災が発生しました」。サイレンが鳴る中、ホール内の客は係員の誘導に従って避難...
Read More

徳島市、新音楽・芸術ホール建設めぐり迷走 候補地再び変更

徳島市が新たな音楽・芸術ホールの建設をめぐり迷走している。新町西地区再開発事業でのホール建設の撤回を掲げた遠藤彰良市長が2016年に当選。同市長の下で市は徳島駅西側での整備を決定していたが、建設費高騰などで再び見直しを迫られ、市立文化センター跡地を新たな候補地とした。市民の期待が大きい施設だが、軸足が定まらない市の施策に対して批判が強まっている。 「総合的に判断して現時点でこの案しかない」。8月… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35076800W8A9...
Read More

<音楽ホール>活用策議論 仙台市が2度目のシンポ

仙台市が整備を検討する音楽ホールの在り方について考えるシンポジウム「これからの仙台に求められるホールとまちづくり」が1日、青葉区の市青年文化センターであった。市主催。 約60人が参加し、水戸市新市民会館整備課の海老沢佳之係長と仙台市音楽ホール検討懇話会委員の垣内恵美子政策研究大学院大教授がそれぞれ講演した。 海老沢氏は2022年に開館予定の水戸市新市民会館の整備状況を報告。「大型商業施設が閉店した中心市街地に建設することで、新たなにぎわい創出を目指している」と話した。垣内氏は文化施設を活用したま...
Read More

紫吹淳・貴城けい・荒牧慶彦・前山剛久らが出演 震災を風化させないための3つの音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード ~青空篇~」10月10日から東京・神戸で上演

音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード」紫吹淳・貴城けい 演劇を通じて震災を次代へ伝えていくためのプロジェクト・音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード ~青空篇~」が10月10日から東京で、10月18日からは神戸でそれぞれ上演される。 20...
Read More

G2が「白浪五人男」を早乙女太一、龍真咲、喜矢武豊らで音楽活劇『SHIRANAMI』に

2019年1月に、音楽活劇『SHIRANAMI』の上演が決定した。歌舞伎演目『青砥稿花紅彩画』を原案、「白浪五人男」を題材に、G2が脚本・演出を手掛け、幕末の動乱を駆け抜けた五人の盗っ人たちの生き様を描く本作。ショー演出には、BOOWY、B’z、EXILEなど多数のコンサートを手掛けてきた... ...
Read More

音楽スタジオとイベントホールの複合施設『BASS ON TOP神戸元町店』オープン

ダンススタジオ・アカペラスタジオ・ピアノスタジオにイベントホールを併設した複合施設『BASS ON TOP(ベースオントップ)神戸元町店』が8月25日、各線元町駅より徒歩約1分の場所にオープンする。 アカペラスタジオ・ダンススタジオ・ピアノスタジオは関東にそれぞれ1店舗ずつ国内では2店舗目、関西では初出店となる「BASS ON TOP」は、バンドスタジオでアカペラ・ダンス・ピアノを練習をしていた利用者の声をもとにそれぞれに特化したスタジオを提供している。利用者は初心者から上級者まで、年齢層も幅広...
Read More

<仙台市>音楽ホールの候補地検討へ専門部会 10月下旬に設置

仙台市が整備検討中の音楽ホールの在り方を議論する有識者懇話会(会長・本杉省三日大特任教授)は10日、10月下旬にも専門部会を設置し、立地場所の検討を始めることを決めた。市は候補地として市有地など市内中心部の数カ所を提示する方針で、専門部会がそれぞれ評価を示す。 専門部会は候補地の絞り込み作業はせず、まちづくりなど専門的見地から評価や実現可能性を示す。年内に3回程度会合を開く見通し。市は建築面積を9000〜1万1000平方メートルと想定する。 委員はまちづくりや建築、都市計画の専門家ら計6〜7人で...
Read More

【観劇レビュー】浦井健治・咲妃みゆ・秋元才加ら俳優と装置・音楽・映像が見事に融合!ミュージカル版「ゴースト」は五感に響く!

ミュージカル「ゴースト(GHOST)」浦井健治・秋元才加   【観劇レビュー】浦井健治・咲妃みゆ・秋元才加ら俳優と装置・音楽・映像が見事に融合!ミュージカル版「ゴースト」は五感に響く!   数年前に友人から「海外で上演さ20...
Read More

鈴木おさむ脚本・演出、主演山下健二郎、音楽×ダンス×ゾンビをテーマ『八王子ゾンビーズ』が開幕!

音楽×ダンス×ゾンビをテーマにした舞台『八王子ゾンビーズ』が、8月5日、TBS赤坂 ACTシアターにて開幕した。脚本・演出は映画・ドラマの脚本や舞台の作・演出、小説等さまざまなジャンルで活躍している鈴木おさむの完全オリジナル作品で、主演は三代目J Soul Brothersの...
Read More

三代目JSB山下健二郎の初主演舞台は音楽×ダンス×ゾンビ!『八王子ゾンビーズ』8月に

三代目J Soul Brothers山下健二郎の初主演舞台となる『八王子ゾンビーズ』が、2018年8月に上演されることが決定した。脚本・演出は鈴木おさむ、主題歌はm-flo 、劇中歌は☆Taku Takahashiが書き下ろし、「音楽×ダンス×ゾンビ」をテーマにした完全オリジナル作品となる... ...
Read More

みさとホール 音楽合宿きて

◇紀美野町誘致 PR奔走効果 紀美野町の山間部にある町立音楽ホール「みさとホール」が、音楽合宿の誘致に力を入れている。近年、演奏会は年1〜2回しか開かれず、利用は低迷していたが、町臨時職員として昨年着任した岡山宗弘さん(53)(紀の川市)が稼働率を上げようと、静かな環境をアピールして大学などに売り込み、合宿利用が増えてきた。岡山さんは「きめ細かなサービスを提供し、人が集まる場所にしたい」と意気込む。 ◇コーディネーター・岡山さん 「人集まる場にしたい」 同ホール(約500席)は、旧美里町が199...
Read More

第3回企画「舞台の仕掛人」<後編>劇作家・翻訳家・高橋知伽江×音楽・深沢桂子のオリジナルミュージカル『DAY ZERO』における挑戦

“いつもとはちょっと違った視点”で舞台を紐解く、エンタステージの新企画「舞台の仕掛人」第3回。後編では、ゲストスピーカーである劇作家・翻訳家の高橋知伽江さんと音楽を手掛けられた深沢桂子さんがタッグを組んだ最新作、『DAY ZERO』について、様々な角度からお話を伺いました。 ――後半では、... ...
Read More

仙台市/音楽ホール検討懇話会が会合/延べ2・7〜3万平米想定

仙台市が計画している音楽ホールの基本的考え方などを議論する「音楽ホール検討懇話会」(会長・本杉省三日本大学理工学部特認教授)の第3回会合が28日、市役所内で開かれ=写真、市側から施設の延べ床面積を2万7000〜3万平方メートルとする素案が示された。 今回は、第2回会合での論点などを整理した上で、市が議論のたたき台として提示した▽施設構成と規模▽事業運営▽管理運営−の考え方について意見を交わした。 施設構成と規模については、「ホール部門」が音響反射装置によるコンサートホール形式と、プロセニアム(額...
Read More

ミューザ事故、地裁が請求棄却 音楽ホールの対策に遅れ

東日本大震災でミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区)のつり天井が崩落した事故を巡り、市などが建築主らに損害賠償を求めた裁判で横浜地裁は三十一日、請求を棄却した。震災では、つり天井の崩落事故が多発。後に法令上の安全基準が設けられたが、費用の負担がネックになり、音楽ホールの対策は遅れているとみられている。 震災当時、つり天井などの内装材は「地震の震動で脱落しないようにする」とされるだけで具体的な構造基準の規定はなく、全国でつり天井が落ちる事故が約二千件発生。九段会館(東京都千代田区)では死傷者...
Read More

演劇の創客について考える/(22)音楽以外の話題からアプローチし、クラシックを身近に引き寄せる音楽之友社Webマガジン「ONTOMO」。これの演劇版が出来ないだろうか

●分割掲載です。初めての方は(予告)から順にご覧ください。 音楽之友社のWebサイト「オントモ・ヴィレッジ」が今年4月に全面リニューアルし、Webマガジン「ONTOMO」になりました。 音楽之友社と言えば、クラシックを中 […]...
Read More

第3回企画「舞台の仕掛人」<前編>劇作家・翻訳家・高橋知伽江×音楽・深沢桂子の提示する日本発“オリジナルミュージカル”の可能性

舞台にまつわる様々な分野で活躍されている方にスポットを当て、お話を聞いていくエンタステージの新企画「舞台の仕掛人」。第3回目には、ゲストスピーカーとして、劇作家、翻訳家として活躍される高橋知伽江さんと、音楽の深沢桂子さんにお話を伺いました。 ミュージカル『手紙』など、日本発のオリジナルミュ... ...
Read More

浜松・新都田の音楽ホール計画 説明会、交通環境に配慮求める声

浜松市は27日、北区の新都田コミュニティーホールで、同区新都田地区に建設を予定している市民音楽ホールの計画を地元自治会に説明した。出席者からは周辺の交通環境への配慮を求める意見が出た。 計画によると、ホールは商業施設や住宅が立ち並ぶ地域に建設予定。客席約1500、リハーサル室や多目的室を備える。創造都市・文化振興課の担当者は2019年1月をめどに設計を完了して建設に着手し、20年秋の利用開始を目指すとスケジュールを示した。 企業進出により交通量が増えているホール周辺の幹線道路が、さらに混雑する可...
Read More

逗子に音楽ホール 音楽好きの夫婦が地域の文化振興図り開設

JR逗子駅西口近くに4月22日、音楽ホールとミーティングルームを備えた複合文化施設「結・YUIコミュニティホール」(逗子市山の根1-3-13)がオープンした。 防音設備を整えた木造平屋建ての音楽ホールは広さ100平方メートル、天井高は3.7メートル。グランドピアノ2台設置。合唱や楽器練習のほか、コンサートや発表会の会場、ピアノの公開レッスン場としてすでに予約があり、活用されている。いす席を使った収容人数は約80人。 ミーティングルームの広さは約20平方メートル。流し台や冷蔵庫を備え、飲食もできる...
Read More

音楽スタジオ まるで大ホールの演奏 関の石材店が御影石で /岐阜

関市西本郷通の石材店「波多野石材」が、御影(みかげ)石で作ったステージを備えた音楽スタジオ「音楽創庫」を敷地内に造り、19日にプレオープンした。御影石のステージは全国的にも珍しいという。「小さなスタジオだが、よく響き、大ホールで演奏しているような音を味わえる」と売り込んでいる。 波多野石材は1927年創業。墓石を中心に扱っているが、墓じまいなどで石材の需要が低下している。兄弟3人で営んでおり、次男で社員の波多野誠二さん(49)が、音楽講師も25年間務めてきた経験からスタジオを考案。鉄筋倉庫を約5...
Read More