タグ: 評価

連載保存か解体か鳴門に残る増田建築 ▶︎5 国際学術組織の評価 市民生活の舞台提供

モダニズム建築の記録・保存を行う国際学術組織DOCOMOMO日本支部(ドコモモ・ジャパン)が、鳴門市民会館と市役所本庁舎を「日本におけるモダン・ムーブメント建築」に選定したのは、2008年度である。ドコモモ選定物件は現在、国内で208を数えるが、鳴門の物件は140番目に選ばれた。 徳島県内での選定物件はこの二つだけで、増田友也(1914〜81年)の全建築作品の中でも、京都大学総合体育館(72年)と合わせて3件しかない。 鳴門の物件をドコモモに推薦したのは増田の門下生ではなく、鳴門に01年から06...
Read More

県立ホール 録音の聖地に 相模湖畔の「交流センター」 世界的音楽家の評価で復活

豊かな自然と澄み切った空気に囲まれた神奈川県の相模湖畔に、多くの音楽家から「録音の聖地」と呼ばれるホールがある。「神奈川県立相模湖交流センター」(相模原市)という多目的ホールだ。 ♪ ♪ ♪ 一時はお荷物施設 ただの県立施設か、と思った方も多いだろう。このホールは採算が成り立たない“お荷物施設”として、地元から批判の声もあがっていた。そんな施設がなぜ“復活”を果たしたのか。 センターは2000年、… https://www.nikkei.com/article/DGXKZO27496740Y8A...
Read More