タグ: 計画

神戸市、新中央区総合庁舎の基本計画策定と設計プロポ

神戸市は、中央区庁舎と勤労会館の機能を一体的に整備する「新中央区総合庁舎整備基本計画」を策定した。 現在の勤労会館の概要は、雲井通5―1―2(80年開設)。規模は延7518?(1階・三宮図書館延1079?、5〜6階・青少年会館延2799?が併設)。貸室構成は、会議室21室、多目的ホール、大ホール、体育館等(計2365?)。 現市役所本庁舎3号館の跡地(中央区東町114・115)に建設する新中央区総合庁舎の規模(想定)は、地下1階地上10階程度延約1万8000?(区役所5〜6階分程度延約9000〜...
Read More

新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援で公募型プロポ/市民会館と出石文化会館のホール機能を統合/豊岡市

兵庫県豊岡市は、「豊岡市新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援業務」の公募型プロポーザルを公告した。市民会館と出石文化会館(ひぼこホール)の老朽化が進んでいることから、ホール機能を統合し、新たな文化会館を整備する。参加申込書を25日まで地域コミュニティ振興部文化振興課豊岡市民会館で郵送または持参によって受け付ける。提案書類を8月10日までに提出させ、8月20日のプレゼンテーションを経て、9月上旬に結果を通知する。 参加資格は、2008年度から17年度に類似業務(客席数600席以上の文化芸術ホー...
Read More

四万十市 空間創造研究所で基本計画 文化複合施設

【四万十市】四万十市は、老朽化した文化センターと中央公民館、またJA高知はた支所を加えた文化複合施設の整備について、基本計画策定を委託するため指名型プロポーザルを行った結果、空間創造研究所(東京都渋谷区)を特定した。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180613200016.html ...
Read More

川西市 会館や市営住宅、19施設を廃止 削減10年計画 /兵庫

川西市は108の公共施設について今後10年で建て替えたり統廃合するなどの計画をまとめた。19施設を廃止する。人口減少社会の到来を見据え、総務省が2014年に公共施設の削減計画の策定を自治体に要請したことを受けた措置。 市の2055年の人口は15年比約25%減の約11万5000人になる見通し。公共施設や道路の建て替え・大規模改修の費用は現在の規模では毎年約9億円不足する。市は55年までに公共施設の延べ床面積を2割カットしたい考えで、耐震性の有無や補強工事のコストを考慮して計画を策定した。 計画によ...
Read More

京都市/京都コンサートホール改修・整備計画作成業務プロポ公告/6月18日に見学会

京都市は、「京都コンサートホールの機能維持・長寿命化に向けた改修・整備計画作成業務委託」の受託候補者を選定するため公募型プロポーザルを実施している。同ホール(左京区下鴨半木町1の26)の劣化度を評価し、改修基本計画と中長期の整備計画を作成する業務。18日に施設見学を行う(申し込み受け付けは12日まで)。参加申込書の提出期限は22日、提案書の提出期限は29日で、いずれも持参または郵送で文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課で受け付ける。 1995年10月の開館から20年以上が経過した同ホールの...
Read More

神戸市/新・神戸文化ホール整備基本計画検討委が初会合/10月下旬に基本計画公表

神戸市は6日、「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」(委員長=清水裕之名古屋大学名誉教授)の初会合を市役所4号館で開いた。三宮再整備に合わせて、現在地(中央区楠町)から都心への分散移転を予定している同ホールの機能などで議論を交わし、市民の利便性や文化発信の象徴になるデザイン性を考慮した施設とする方向で一致した。 現在の神戸文化ホールは1973年に完成。音楽用の大ホール(約2000席)と演劇用の中ホール(約900席)のほか多目的室などを備え、利用状況では市民・団体利用などの貸館事業の比重が大...
Read More

松尾スズキ+大人計画 30 周年イベント開催決定!「急に30年で何かやらねばという気に」

2018年12月に、松尾スズキ+大人計画30周年イベントの開催が決定した。1988年に、松尾スズキの作・演出による舞台『絶妙な関係』で旗揚げされた大人計画。2018年は、松尾が「松尾スズキ」の名前で活動を始めて、ちょうど30年となる。 また、「平成」もちょうど30年。かつて20代だったメン... ...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール、10月下旬に整備基本計画 第1回検討委

神戸市は6日に開催した「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」(委員長・清水裕之名古屋大名誉教授)の第1回会合(写真)で、10月下旬に同ホールの整備基本計画を公表するスケジュールを提示した。8月下旬までに、さらに2回の会合を開催し、ホールの位置や規模、管理運営体制などを固める。会合ごとに議事要旨の公表に加えて意見募集(パブリックコメント)を実施。今回会合を受けた意見募集は11日からの予定だ。 6日の議論では、委員らが新たなホールをJR三ノ宮駅の東側に建設するバスターミナルビルと、老朽化に伴い...
Read More

京都ホール機能維持長寿命化改修計画プロポ

京都市は、京都コンサートホールの機能維持・長寿命化に向けた改修・整備を計画している。年度内の計画策定を目指し、改修・整備計画作成業務の公募型プロポーザルを公示した。参加申込書を6月22日、提案書を同月29日まで受け付ける。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180601700015.html ...
Read More

JR新山口駅 北口の複合施設、計画見直し 7階建てビルを低層に 市発表 /山口

山口市は1日、JR新山口駅北口で整備を計画している、複合施設の基本設計概要を発表した。昨年3月公表の整備概要では、7階建てとしていたビルを低層建物に切り替えるなど、計画を大幅に見直した。4日開会の市議会定例会で、渡辺純忠市長が説明する。 基本設計概要によると、2000席級の多目的ホール(4階建て)を囲むように2、3階建ての低層建物を配置する。ホールの場所も当初案より北側にずらす。 昨年3月の概要は、ホールの隣に7階建てビルを建て、会議室やダンス・音楽の練習スタジオ、ロボットを活用した歩行障害のリ...
Read More

徳島市 「再撤回、あるのでは」 新ホール計画に批判相次ぐ 市議会委 /徳島

徳島市議会は31日、まちづくり対策特別委員会を開いた。概算事業費やスケジュールが新たに示されたJR徳島駅西に建設予定の新ホールの計画に対し、複数の委員が「こんな数字になるとは」「再び計画を撤回するのでは」などと批判した。一方、市は予定地の変更など計画を転換する可能性の有無についての明言を避けた。 示された検討状況によると、概算事業費を約141億円(税込み)と見込んでおり、2016年に遠藤彰良市長が撤退を決めた新町西地区でのホール取得費156億円に近い金額となった。当初は23年度としていた開館予定...
Read More

浜松・新都田の音楽ホール計画 説明会、交通環境に配慮求める声

浜松市は27日、北区の新都田コミュニティーホールで、同区新都田地区に建設を予定している市民音楽ホールの計画を地元自治会に説明した。出席者からは周辺の交通環境への配慮を求める意見が出た。 計画によると、ホールは商業施設や住宅が立ち並ぶ地域に建設予定。客席約1500、リハーサル室や多目的室を備える。創造都市・文化振興課の担当者は2019年1月をめどに設計を完了して建設に着手し、20年秋の利用開始を目指すとスケジュールを示した。 企業進出により交通量が増えているホール周辺の幹線道路が、さらに混雑する可...
Read More

新水戸市民会館 事業費295億円 県、事業計画を認可

水戸市が進める新たな市民会館を巡り、県は二十四日、建設の事業計画を認めた。これにより、市は四年後のオープンを目指して事業に着手、建設工事の準備を進める。事業費は約二百九十五億円で、計画に反対する市民グループからは「事業費は巨額で、市民への負担が大きい」と批判する声があがった。 市は東日本大震災で被災して取り壊した市民会館を、水戸芸術館の隣接地(泉町)に移転させ、建て替えを計画。地上四階地下一階、延べ二万一千八百平方メートルで、規模は三倍になり、二千人収容のホールなども備える。 事業は高橋靖市長が...
Read More

養父市の文化会館 佐藤総合計画で設計中

兵庫県養父市は、(仮称)養父市文化会館の建設を計画。現在、佐藤総合計画関西事務所(大阪市中央区)で基本・実施設計や既設解体設計などを、2019年7月末の納期に向けて作業中。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180516700060.html ...
Read More

藤井寺市 市民総合会館など改修3件を計画

藤井寺市は、市民総合会館本館など3件の改修を計画している。工事発注は2019年度以降となる見通しだ。 3件とも、18年度は実施設計を進める。業務は既に発注済みで指名競争入札により5月24日に開札し、委託先を決める。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180515700024.html ...
Read More

支援業務を提案競技/「文化力の拠点」計画策定/5月18日まで静岡県

静岡県は「文化力の拠点」の施設整備計画策定など支援業務委託の公募型プロポーザルを公告した。企画提案書の提出は18日まで。24日のヒアリング審査を経て契約予定者を決める。契約限度額は2138万4000円(税込み)。 同拠点施設整備には民間のノウハウを活用する。レストランやカフェなど「収益施設」、図書館や大学コンソーシアムの拠点など「公的施設」の整備にPFIなど民間活力を導入する方針で、SPC(特別目的会社)による一括施工も視野に検討を進めている。公的施設内には県立中央図書館(静岡市、RC造地下1階...
Read More

千葉県柏市/都市計画マスタープラン改定/柏駅西口北地区再開発を推進

千葉県柏市は23日、2009年に策定した都市計画マスタープランを改定した。時代の変化を踏まえ、安定的かつ持続可能な街づくりを目指す。JR柏駅とつくばエクスプレス(TX)柏の葉キャンパス駅周辺を都市拠点に設定。柏駅西口北地区では木造老朽家屋が密集していることから再開発事業の施行に向け、地権者と協議を進めていくとした。計画期間は18〜37年度の20年間。 再開発ではこのほか、イベントを開催できるにぎわい拠点を確保するため、広域交流スペースの整備も予定する。JR柏駅周辺の再生可能エネルギーの面的利用シ...
Read More

神戸市/新神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務/空間創造研究所に

神戸市は「新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルで、空間創造研究所を受託候補者として選定した。提案には2者が参加。業務では、三宮周辺に移転を予定している神戸文化ホール(中央区楠町)の整備基本計画策定に向けた支援を行う。1500席以上の大ホールは新バスターミナルI期(同雲井通)に、700〜900席の中ホールは市役所新2号館(同加納町)にそれぞれ移転を予定している。 業務内容は基礎調査と、新ホールの規模や機能、整備スケジュールなどを示す基本計画策定支援業務、...
Read More

年度内に整備手法/計画情報研に委託/輪島市の本庁舎、文化会館基本構想策定支援

石川県輪島市は、老朽化が著しい本庁舎と文化会館について、2018年度内に建て替え、耐震改修のいずれかを整備手法として選定する方針だ。外部の有識者で組織する審議会の運営支援を含む、市庁舎等整備基本構想策定支援業務は17年度から引き続き計画情報研究所に委託。事業全体の方向性を早期に固め、市民サービスの向上を目指す。 現在の本庁舎(RC造5階建て延べ5438?)は1973年に竣工し、築後40年以上が経過。14年度の耐震診断では1−3階部分の耐震性能が低下しており、大規模地震による倒壊・崩壊の危険性が指...
Read More

浜松医大 多目的ホール改築を計画

浜松医科大学は、多目的ホールの改築を計画している。大学敷地に隣接する山林(民有地)の造成を伴うため地元と調整を進めており、まとまれば実施設計を簡易公募型プロポーザル方式で委託する方針だ。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180418100002.html ...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール、空間創造研究所に基本計画支援を委託

神戸市は18日、新たに三宮地区で建設する神戸文化ホールについて、基本計画の作成支援を空間創造研究所(東京都渋谷区、草加叔也代表取締役)に委託することを決めたと発表した。委託先の選定には、提出された企画提案書などに基づいて、神戸市民文化振興財団の服部孝司理事長と神戸市の担当者5人で構成する選定委員が審査した。応募したのは2社で空間創造研究所が83.6点を獲得、2位の76.3点を上回った。 空間創造研究所は1997年に設立。同社のホームページによると、2005年に完成した兵庫県立芸術文化センターの劇...
Read More

神戸市/新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務プロポ公告

神戸市は「新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。現在のホール(中央区楠町4)は完成から40年以上を経過し老朽が進んでいるため、大ホールは三宮駅周辺に計画しているI期バスターミナルビルに、中ホールは建て替えを計画している市役所本庁舎新2号館に移転する予定。大ホールの客席数は1500席以上、中ホールは700〜900席を予定。応募登録は2日まで、提案書は11日まで受け付け、18日に選定結果を通知する予定。 応募できるのは13年度以降に1000席以上...
Read More

常滑市、公共施設を25%減 人口減見据え計画

常滑市は三月、市有公共施設の床面積を二〇五四年度までに25%縮減させる「公共施設アクションプラン」を策定した。施設の老朽化や今後の人口減を見据えた計画だが、異論のある市民文化会館など三施設の複合化も盛り込まれている。 常滑市内の公共施設は昭和四十年前後の建築が多く、今後二十年間に施設の更新時期が集中する。 五四年度までに施設の改修や建て替えに必要な金額は九百九十二億円。年度平均で二六・八億円と、直近五年間の四倍近くに増えるという。 そもそも、常滑市は市民一人当たりの公共施設の床面積が三・六九平方...
Read More

【動画】舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★公開ゲネプロ

2018年3月15日(木)に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕した舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★より、公開ゲネプロの模様をお届けいたします。原作者である魔夜峰央に「パタリロを演じられるのは彼しかいない」と言わしめた加藤諒をはじめ、マライヒ役の佐奈宏紀とバンコラン役の青木玄徳、新キャスト... ...
Read More

【動画】舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★囲み会見

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★が、2018年3月15日(木)に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕しました。初日前に行われた囲み会見には、出演者より加藤諒、佐奈宏紀、青木玄徳、脚本の池田テツヒロ、演出の小林顕作、原作者の魔夜峰央が登壇し、それぞれの思いを語りました。その模様をご覧ください... ...
Read More

「パタリロができるのは加藤諒だけ」舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★開幕!映画化も決定

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★が、2018年3月15日(木)に東京・天王洲 銀河劇場にて幕を開けた。初日前には囲み会見とゲネプロが行われ、加藤諒、佐奈宏紀、青木玄徳、そして原作者の魔夜峰央、脚本の池田テツヒロ、演出の小林顕作が登壇した。 パタリロ役の加藤は「本当にドキドキしています... ...
Read More

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★大千秋楽翌日にディレイ・ビューイングの開催決定

2018年3月15日(木)より東京・天王洲 銀河劇場で上演される舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★の模様が、大阪で迎える大千秋楽の翌日、4月2日(月)に全国各地の映画館でディレイ・ビューイング上映されるすることが決定した。1978年より連載中の魔夜峰央の人気作品「パタリロ!」を原作に、... ...
Read More

足利市民会館/18年度に基本計画/発注方式は提案競技想定

栃木県足利市は、市民会館整備の基本計画策定作業に2018年度着手する。18年度予算案に1500万円を計上しており、発注方式はプロポーザル方式を想定している。17年度に進めている基本構想の策定時期が定まっていないため、基本計画策定業務の発注時期は未定としている。 市民会館(有楽町837)の規模は延べ1万0991?で、大ホール(定員1452人)、小ホール(同400人)、別館ホール(同410人)などで構成する。1966年の完成で、本体・設備の老朽化が著しいほか、耐震性能が不足している。 16年度に策定...
Read More

阿久根市 来年度予算案 寺島宗則旧家を活用 新たな道の駅計画 /鹿児島

阿久根市は20日、122億7000万円の2018年度一般会計当初予算案を発表した。同市脇本に残る明治の外務卿(きょう)、寺島宗則の少年時代の旧家保存活用に1億7003万円を計上したほか、同市大川に新たな道の駅整備を目指した計画策定料853万円も盛り込んだ。 寺島旧家は江戸後期の木造家屋。屋根を補修し、屋内を見学できる観光施設として活用を目指す。道の駅は、未開通の南九州西回り道大川インター隣接地に予定し、国への建設要望を始めている。 市民会館隣に建設を進めている市民交流センターにも5億円を充て、年...
Read More

埼玉県八潮市/新庁舎建設/基本構想案決定、18年度に基本計画策定

埼玉県八潮市は26日、「八潮市庁舎建設基本構想策定審議会」の会合を開き、基本構想案を決めた。2月中旬に開く7回目の会合後、大山忍市長に答申する。構想案によると、規模は庁舎単体で延べ床面積1万1231〜1万5156平方メートル程度、概算工事費は51億〜69億円程度と想定した。整備手法や複合化施設設置の内容などは、基本計画段階で固める。 新庁舎の基本理念は「『共生・協働』『安心・安全』を街づくりの基本とし、『住みやすさナンバー1のまち 八潮』を実現するための拠点とする」とした。 建設位置は、つくばエ...
Read More

岡山城主要部市有地活用/21年度に構想・計画/跡地3ヵ所で議論進む

岡山市は、岡山城主要部の市有地である「旧NHK岡山放送会館跡地」「市民会館跡地(移転後)」「旧内山下小学校跡地」の導入機能などの議論を進め、2021年度中をめどに整備構想や整備計画を策定する。18年度は、跡地に考えられる導入機能等に関する基礎的な調査を実施するための経費700万円を予算要求している。 3カ所の活用について議論するのは「都心創生まちづくり」事業として位置付け、方向性を定めることにしている。 旧NHK岡山放送会館跡地は、丸の内2の敷地2381?。岡山城跡の一部であり、東側に隣接する敷...
Read More

利用者の意見反映へ 赤穂公民館の整備計画

老朽化に伴い新築移転が決まった駒ケ根市赤穂公民館などの整備計画に関係者の意見を反映させるため、市は26日、市地域交流センター(新公民館)等施設整備検討委員会の初会合を市役所で開いた。施設の利用団体や関係者ら10人を委員に委嘱。市側が施設の整備方針を説明し、それぞれの立場から意見を聴いた。市では今後、会合を重ねながら4月末ごろまでに委員らの意見をまとめ、施設の整備計画に取り入れていく。 市の整備方針では、新公民館を同市上穂栄町の駒ケ根総合文化センターに併設する計画で2019年度中の完成を目指す。一...
Read More

須坂市が文化・スポーツ分野の施設別の管理計画策定

須坂市は先ごろ、公共施設などの更新や統廃合などの方針を示した市公共施設等総合管理計画の文化・スポーツ施設個別計画を策定した。施設の縮減数や更新時期などの目安は定めず、市立博物館を除いた約40施設について、2025年度までの計画期間内の廃止は行わないなどとした。 市は今後の公共施設などの老朽化や、人口減少、財政縮小などを見据えて「市公共施設等総合管理計画」(2016年度から10年間)を2015年度に策定した。それを基に、16年度から施設区分ごとに個別計画を作成している。 総合管理計画では全体方針を...
Read More

新宮市 文化複合施設の予定地遺構保全、見直し計画説明 /和歌山

新宮市は16日に開かれた市議会特別委員会で、旧丹鶴小学校跡地(同市下本町)に建設を計画している文化複合施設の配置などを盛り込んだ施設概要を説明した。建設予定地から見つかった遺構の保全のため、文化ホールと図書館の2棟を建てる当初計画を見直し、4階建て1棟案とする新たな計画を明らかにした。 新計画の4階建て施設は、1〜3階に826席を備えた文化ホールを、4階に図書館をそれぞれ設ける。延べ床面積6000平方メートル、総事業費約55億円で、2021年完成を目指すという。 熊野川河口に近い建設予定地からは...
Read More

【仙台市】計画中の音楽ホールと文化芸術振興テーマにシンポジウム 1/27、参加無料

仙台市は27日、市内の日立システムズホール仙台で音楽ホール検討懇話会関連シンポジウム「これからの仙台に望まれるホールと文化芸術振興」を開く。 市は、市内中心部に計画している音楽ホール整備に向けて、11月に学識者らで構成する同懇話会(会長・本杉省三日大理工学部特任教授)を設置し、検討を開始した。 今回は、市民らの文化活動に密接な音楽ホールについて議論の輪を広げるため、市民を対象に、本杉会長らが音楽ホールをテーマとする問題提起や基調講演などを行う。 開始は午後2時から。定員は300人。参加費は無料。...
Read More