タグ: 笑い

コメディじゃないけれど笑いどころ満載?松下優也×植本純米『黒白珠』インタビュー

1990年代、長崎――。 2019年6月7日(金)に初日を迎える舞台『黒白珠』は、双子の兄弟が逃れられない運命の中でもがく家族の物語だ。葛藤し、すれ違い、ぶつかり合う双子の兄と弟。脚本は青木豪の書き下ろし、演出は河原雅彦が務める。 本インタビューでは、双子の兄役の松下優也と、この家に不穏な... ...
Read More

動物電気2年ぶりの本公演『ブランデー!恋を語ろう』こだわりの“笑い”を初夏に

2018年に結成25周年を迎えた劇団「動物電気」が、2019年6月に『ブランデー!恋を語ろう』を上演する。本作は、動物電気にとって約2年ぶりに新作本公演。「旅とミステリーと大人の女性の魅力」をテーマに、動物電気ならではの“笑アップ歌謡おもしろ劇場”を打ち出す。 動物電気は、1993年に明治... ...
Read More

2年ぶりの再演に山崎育三郎らが再集結!笑いと涙と人間愛に満ちたミュージカル『プリシラ』レポート

2016年に日本初演を飾り大ヒットを記録したミュージカル『プリシラ』が、2019年3月9日(土)に開幕した。それに先駆け、初日前日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、ティック役の山崎育三郎、バーナデット役の陣内孝則、アダム役(Wキャスト)のユナクと古屋敬多、そして演出の宮本亜門が登壇した(... ...
Read More

【動画2分】安田章大・古田新太・成海璃子らが出演! 青木豪のダークでブラックな笑いに溢れた新作音楽劇『マニアック』東京公演が開幕!

音楽劇『マニアック』古田新太、成海璃子、堀内敬子   安田章大、古田新太、成海璃子らが出演するパルコ・プロデュースの音楽劇『マニアック』東京公演が2月5日(火)から新国立劇場 中劇場で開幕した。   本作は、劇団☆新感線20...
Read More

笑いあり感動ありのテニミュ「3rdシーズン青学(せいがく)vs四天宝寺」で阿久津仁愛「僕たちの全力を」

2018年12月20日(木)、東京・日本青年館ホールにてミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺が開幕した。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が、会見には越前リョーマ役の阿久津仁愛(にちか)、手塚国光役の青木 瞭、白石蔵ノ介役の増子敦貴、遠山金太郎役の平松來... ...
Read More

笑いの詰まった『ジーザス・クライスト・レディオスター』レポート!板倉俊之、染谷俊之らが混乱するラジオの現場で奮闘

2018年12月12日(水)に新宿・紀伊國屋ホールにて舞台『ジーザス・クライスト・レディオスター』が開幕した。本作は、過去4回再演されている西田大輔の人気作。今回は、元お笑い芸人で脚本家となった家城啓之(マンボウやしろ)が脚色・アレンジし、西田が演出をするというコラボレーションで上演する。... ...
Read More

喜劇『おそ松さん』は「笑いの戦場」!舞台写真到着

2018年11月15日(木)より東京・日本青年館ホールにて喜劇『おそ松さん』が上演される。初日前にはゲネプロと囲み会見が行われ、6つ子を演じる高崎翔太、柏木佑介、植田圭輔、北村諒、小澤廉、赤澤遼太郎、トト子役の出口亜梨沙、イヤミ役の窪寺昭、チビ太役のKIMERU、ハタ坊役の原勇弥、そして舞... ...
Read More

仙台に東北初の常設寄席 「笑いの文化育てたい」

(東北のキーパーソン) 仙台市に4月、東北で初めての常設の寄席「花座」がオープンした。落語や漫才、講談などを日替わりで上演している。「東北を笑いの力で元気にしたい」。責任者の席亭を務める白津守康さんが花座に込めた思いだ。観客にいい芸を見せることで、芸人を育てる街になっていく。それが「笑いの文化」を生むと語る。 ――寄席でにぎわいが生まれると期待しています。 「若いころから落語を聞くのが好きだった。寄席の運営にかかわるよ… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Read More

平野良、宮下雄也らが笑いの競演!舞台『ハイスクール!奇面組2~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~』開幕

舞台『ハイスクール!奇面組2~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~』が、2018年8月2日(木)に東京・草月ホールにて開幕した。本作は、1980年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた、新沢基栄の人気漫画を舞台化したもの。昨年6月に第1弾が上演され、今回は前作の続編となっている。 初日... ...
Read More

バカリズム脚本の2.5次元舞台『ひらがな男子』開幕!佐奈宏紀「僕たちなりの笑いを信じて!」

2018年7月20日(金)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、舞台『ひらがな男子』が開幕した。「ひらがな男子」は、バラエティ番組『アイキャラ』(日本テレビ)から誕生した作品で、この舞台化にあたり、番組出演者でもあるバカリズムが、初めて2.5次元作品の脚本を手掛けること... ...
Read More

福岡吉本、天神のビブレホールを常設劇場に ミスチルが来演、林檎も常連のロック殿堂 9月から「笑い」発信拠点へ

吉本興業福岡事務所(福岡吉本)が、福岡市・天神のファッションビル「天神ビブレ」8階の「ビブレホール」を借り上げ、9月から福岡吉本専用の常設劇場「よしもと天神ビブレホール」として運営することが分かった。プロ・アマを問わず、多くのミュージシャンが出入りするライブハウスとして長年親しまれてきた空間は、お笑い文化の発信拠点に生まれ変わる。 関係者によると、ビブレホールはビル開業の1982年、多目的ホールとして誕生し、主にライブハウスとして稼働してきた。小規模ながらも音響設備に定評があり、ミスターチルドレ...
Read More

ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』大倉孝二×いとうせいこうインタビュー!「肚から込みあがる痙攣のような笑いを求めて」

ナイロン100℃の大倉孝二と劇作家・演出家のブルー&スカイによるユニット「ジョンソン&ジャクソン」の新作公演『ニューレッスン』が、2018年6月21日(木)からCBGKシブゲキ!!にて開幕する。 “役に立たない”“くだらない”を突き詰めるジョンソン&ジャクソンにとって3作目となる本作では、... ...
Read More

鷹松宏一、緑川睦、竹田亮、橘龍丸らで笑いと涙がトコトン詰まった舞台『コントス!』上演

2018年1月に、舞台『コントス!』の上演が決定した。「笑いと涙がトコトン詰まったコントッス!」と銘打たれた本作は、お笑いコンビ「サミットクラブ」のムラコが脚本・演出を手掛けるオムニバス舞台。ムラコが15年間綴ってきた笑いの裏にある「悲しみ」、滲みでる「哀愁」をえぐり取る作品の数々を、オリ... ...
Read More

浦井健治、城田優らの自由すぎるトークに笑いが止まらない!ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』製作発表

浦井健治と城田優が主演を務めるミュージカル『ブロードウェイと銃弾』が、2018年2月に東京・日生劇場にて上演される。演出を務めるのは様々なメディアから引っ張りだこの福田雄一。本作の製作発表が2017年11月10日(金)に行われ、福田、浦井、城田と平野綾、保坂知寿、愛加あゆ、ブラザートム、鈴... ...
Read More

成河・ミムラ・加藤諒らが笑いと恐怖を巻き起こし続ける舞台『人間風車』レビュー&囲み取材

後藤ひろひとの傑作『人間風車』が、東京芸術劇場プレイハウスにて9月28日より上演中だ(10月9日まで。その後、仙台公演の11月2日まで続く)。舞台『人間風車』は、1997年に後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に書き下し上演された。2000年には、パルコ劇場にてG2演出のもと、生...
Read More

笑いと恐怖、戦慄を呼ぶ後藤ひろひとの傑作『人間風車』間もなく開幕! 加藤 諒・松田 凌インタビュー

売れない童話作家・平川がやっとつかんだチャンス、しかしそこには卑劣な罠が仕掛けられていた。どん底まで叩き落された作家が起こす、身悶えするような戦慄の出来事──。後藤ひろひとが1997年に書き下ろした傑作戯曲『人間風車』は、2000年と2003年にパルコ劇場版として上...
Read More

宅間孝行・戸田恵子・松本利夫(EXILE)らが送る笑いと涙のノンストップ・エンターテインメント! タクフェス『ひみつ』記者会見レポート

宅間孝行の作り上げる極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」。その第5弾『ひみつ』が、10月19日の鹿児島市民文化ホールを皮切りに、12月まで東京、大阪ほか全国10ヵ所を巡る。 本作は、宅間孝行による4年ぶりの新作書き下ろし。主人公「渚」を演じるのは、...
Read More

常に前向きなフローレンスに感動! 笑いと勇気と希望があふれる舞台「グローリアス!」観劇レビュー

舞台「グローリアス!」フローレンス・フォスター・ジェンキンズを演じる篠井英介   常に前向きなフローレンスに感動! 笑いと勇気と希望があふれる舞台「グローリアス!」観劇レビュー   【可憐にして偉大なる音痴、フローレンス20...
Read More