タグ: 着工

松竹/東京・浅草に歌舞伎コンセプトのホテル開発/大和ハウス工業で11月着工へ

松竹は、東京・浅草の浅草六区に歌舞伎をコンセプトにした旅館型ホテル「浅草ビューホテル別邸“HAKARAI”」を建設する。設計・施工は大和ハウス工業が担当。11月に着工し、20年3月の竣工、同5月の開業を目指す。ホテル事業は日本ビューホテルが担当する。土地を所有する松竹が施設を開発し、日本ビューホテルに一棟貸しする。 計画名称は「(仮称)浅草二丁目プロジェクト」。建設地は、浅草寺の西側に位置する浅草中映劇場の跡地(台東区浅草2の96、敷地面積1572平方メートル)。つくばエクスプレス浅草駅から徒歩...
Read More

新宿ミラノ座跡地に40階建て複合施設、2019年7月着工

東京急行電鉄と東急レクリエーションは、新宿 TOKYU MILANOの跡地に、劇場を含む40階建ての高層複合施設を建設する。2019年7月に着工し、2022年度の竣工を予定している。 東京急行電鉄と東急レクリエーションは、「新宿 TOKYU MILANO」跡地の再開発を計画している。2018年6月22日に、東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として都市計画変更が決定され、2018年6月21日付で告示されたことを明らかにした。 歌舞伎町エリア最大規模の40階建て高層複合施...
Read More

新宿ミラノ座跡地に40階建て複合施設、2019年7月着工

東京急行電鉄と東急レクリエーションは、新宿 TOKYU MILANOの跡地に、劇場を含む40階建ての高層複合施設を建設する。2019年7月に着工し、2022年度の竣工を予定している。 東京急行電鉄と東急レクリエーションは、「新宿 TOKYU MILANO」跡地の再開発を計画している。2018年6月22日に、東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として都市計画変更が決定され、2018年6月21日付で告示されたことを明らかにした。 歌舞伎町エリア最大規模の40階建て高層複合施...
Read More

水戸・新市民会館整備 増税前の来夏着工視野 反対派、市長選で争点化も

水戸市が中心市街地で進める新市民会館の整備は、県が事業計画を認可したことで今後、地権者の権利変換計画や既存建物の解体工事などが本格化する。市は来年10月に予定される消費税増税をにらみ、施工業者との年度内契約と来夏着工を視野に入れる。一方、計画に反対する市民団体は来年の市長選での争点化を念頭に、「市政改革」を掲げて対立の動きを活発化させている。 ■“お墨付き” 水戸市泉町1丁目北地区の新市民会館建設予定地。空きビルとなった旧水戸京成百貨店の隣接地で、かつて衣料品店だった建物の解体工事が始まった。地...
Read More

再開発24階ビル着工、JR鹿児島中央駅東口そば

鹿児島市のJR鹿児島中央駅東口そばで22日、再開発事業の大型複合ビル(地上24階地下1階)の安全祈願祭が開かれ、工事が始まった。商業施設やホール、マンションなどが入り、同駅周辺の都市機能はさらに強化される。鹿児島国体が開催される2020年10月までに、商業施設など一部を先行オープンさせ、21年3月の全面開業を目指す。 再開発は、同駅から数十メートルの「一番街商店街」の一部を含む敷地で実施される。同市や再開発組合によると、商店街はかつて約100店舗が営業していたが、再開発に伴い一帯からは約50店舗...
Read More

那覇市/新文化芸術発信拠点施設建設/延べ1・5万平米、7月着工へ

◇外観は首里織をイメージ 那覇市は、老朽化した市民会館の建て替えとして計画している「新文化芸術発信拠点施設」の実施設計概要=イメージ図=を公表した。規模はSRC・RC・S造地下2階地上6階建て延べ1万4582平方メートル。外観は伝統的な織物である首里織をイメージしGRC(ガラス繊維補強セメント)ルーバーで施設全体を包み込み、低層部は緑を連続させ潤いのある景観をつくる。設計担当は香山壽夫建築研究所・久米設計・根路銘設計JV。 建設場所は久茂地3の26の13。施設は1602席の大ホール、300席の小...
Read More

宮城県石巻市/複合文化施設整備/延べ1・3万平米、18年秋に着工へ

宮城県石巻市は、総合運動公園北西側に建設を計画している「複合文化施設(仮称)」について、今秋の着工に向けて本年度第2四半期に入札手続きを進める意向だ。東日本大震災で被災した石巻文化センターと市民会館に代わる文化交流拠点で、1250席の大ホールや展覧会が開ける展示室、研修室、ギャラリーなどを備える。総事業費は約130億円。建築設計はプロポーザルで選ばれた藤本壮介建築設計事務所が担当し、実施設計を進めている。 計画によると、公園北西側の敷地約2万2300平方メートルにS一部SRC造3階建て延べ約1万...
Read More

枚方市、総合文化芸術センター建設 第1四半期に公告、10月着工

文化芸術センター  枚方市は、(仮称)枚方市総合文化芸術センター建設工事を第1四半期の公告を予定している。10月に建設工事に着手し、21年4月の完成を目指す。 建設地は枚方市駅北口のラポールひらかたに隣接する新町2―280―4などの約1万3146・62?。大ホール、小ホール、イベントホール、美術ギャラリー、リハーサル室などの構成するセンターはSRC一部RC・S造地下1階地上5階建延1万3608・45?(建築面積約6918・33?)。建物高さ約29m。基本・実施設計は日建設計が担当。整備費は142...
Read More

19年度に着工/箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業で契約を締結/箕面市

大阪府箕面市は、PFI方式を採用する「(仮称)箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業」で、特別目的会社「PFI箕面船場まちづくり」(箕面市)と事業契約を結んだ。1月に大林組グループを予定事業者に決めていた。契約金額は137億8401万8985円(税込)。文化ホール、生涯学習センター、図書館、地下駐車場が入る施設をBTO方式で整備する。2018年度に設計を進め、19年度に着工、21年4月の開業を目指している。 大林組グループは、設計と建設を大林組、地下駐車場の維持管理・運営と付帯施設運営を...
Read More

五泉市の複合施設−着工は19年度□

新潟県五泉市が赤海新開に建設する複合施設は18年度から実施設計に入る。着工は19年度、完成は21年度の予定。香山壽夫建築研究所・鈴木設計企画JVが担当の基本設計は3月末にまとまる。 複合施設には、生涯学習センター、産業振興センター、農産品加工施設、休憩施設、防災施設を配置する。生涯学習センターには500席規模の文化ホールや会議室を設ける。 建設場所は赤海新開855番地ほかで、敷地面積は約3ヘクタール。施設の想定工事費は約25億円(土地取得費、周辺道路整備費、実施設計費除く)。 https://w...
Read More

人口減にらみ集客力UP 群馬県、コンベンション着工

群馬県高崎市で2020年春、大型コンベンション施設が開業する。1000人収容のメインホールや1万人規模のイベントに対応する展示場も備える。事業費は約280億円。東京都心にも近い立地を生かし県外を含めた幅広いエリアからの来場を見込む。人口減により地域の活力維持が課題になるなか、雇用創出効果に加え、集客力の向上も期待がかかる。 04年に廃止された高崎競馬場の跡地で11日、施設の起工式が開かれた。出席した大沢正明知事は「県政の重要課題は今まで経験したことのない人口減少社会への対応だ」と指摘。そのうえで...
Read More

鹿島市民会館、規模を縮小 19年度の着工目指す

建設費30億円確保できず  老朽化した市民会館を建て替える計画を進めている鹿島市は、基本構想段階の建設費30億円の財源確保のめどが立たないとして施設規模を縮小することになった。建設費を20億円規模に圧縮し、新市民会館を3階建てから2階建てに変更、多目的ホールやカフェテリアの併設を見送る。完成時期も当初の2019年度から遅れ、市は「工期は未定だが19年度中の着工を目指す」という。 識者や区長会長らでつくる検討委員会(中村雄一郎座長、10人)は今年8月から見直しを論議し、20日の4回目会合で、規模縮...
Read More

大阪府高槻市/新文化施設整備/設計業務報告書公表、19年度着工めざす

大阪府高槻市は新文化施設の今月時点の設計業務報告書を公表した。設計は日建設計が担当。「森の薫りに誘われてやわらかな光に包まれたとき、芸術にふれる喜びを確信する」建築計画とし、入り口を入るとすぐ右手に大ホール、正面に小ホール、左手には憩いのカフェ、その奥に創造交流エリアが見えるように配置。建築と公園が一つの風景としてつながるイベント広場も設ける。19年度の着工、21年度の完成を目指す。 配置計画では計画地・高槻城跡地の堀を公園計画で表現するよう検討し、二の丸の入り口だった升形の城への出入り口「虎口...
Read More

市民音楽ホールを整備/19年度着工、20年中に供用/浜松市

浜松市は北区都田センター用地に「仮称市民音楽ホール」を整備する。11月補正予算案に地質調査と建築設計業務委託費1億5066万円の債務負担限度額を設定した。期限は2018年度まで。12月市議会の承認後、早期に業務委託の手続きを始める。設計者は公募型プロポーザルで選定する見通し。19年度に着工、20年中の供用開始を目指す。 想定規模はS造4階建て延べ約5700?。客席数は1500席程度。駐車場は450台以上確保する。建設地は北区新都田3の市有地約3ha。新設予定の市民文化創造拠点施設が完成するまでの...
Read More

大林組で2月着工/大規模複合開発/立飛HDのみどり地区プロジェクト

JR立川駅至近の立川基地跡地約3.9ha 不動産開発を手掛ける立飛ホールディングス(東京都立川市、村山正道社長)が、立川市で計画している大規模複合開発「(仮称)立飛みどり地区プロジェクト」のうち、多目的ホールやホテル、商業施設などの施工者が、大林組に内定した模様だ。多摩信用金庫が移転新築を計画している本店・本部棟については、別途発注になる見通し。関係者らへの取材で分かった。JR立川駅至近の米軍立川基地跡地約3.9haを対象に、総延べ約7万3000?規模の複合施設を計画。設計は山下設計、地質調査は...
Read More