Tag: 栗山民也

良心か、秩序か・・・蒼井優と生瀬勝久が激しくぶつかり合う!舞台『アンチゴーヌ』開幕

2018年1月9日(火)に東京・新国立劇場 小劇場(特設ステージ)にて、舞台『アンチゴーヌ』が開幕した。本作は、ソフォクレスのギリシア悲劇を翻案したフランスの劇作家ジャン・アヌイの代表作。法と秩序を守り、権力者としての責任を貫こうとする冷静な王クレオンに対し、自分の良心に正直に従い、自己の... ...
Read More

生瀬勝久の「冷静な王」に蒼井優が激しく対峙する!栗山民也 演出舞台「アンチゴーヌ」1月9日から新国立劇場で開幕

舞台「アンチゴーヌ」蒼井優、生瀬勝久 写真撮影:阿部章仁   蒼井優、生瀬勝久らが出演、栗山民也が演出する舞台「アンチゴーヌ」が2018年1月9日から新国立劇場小劇場で上演される。   「アンチゴーヌ」は、フランスの劇作20...
Read More

開幕間近の『アンチゴーヌ』特設ステージを公開!蒼井優、生瀬勝久らのコメントも

2018年1月9日(火)に開幕する舞台『アンチゴーヌ』。本作は、東京・新国立劇場 小劇場をはじめ、上演される各劇場の“特設ステージ”で上演されることが発表されていたが、稽古場よりその様子が公開された。十字の形を模した舞台は、四方を観客が取り囲む形となっており、座る場所によってまったく違う景... ...
Read More

『アンチゴーヌ』蒼井優にインタビュー「10年前から私にとってのヒロインでした」

2018年1月9日(火)より、栗山民也の演出でパルコ・プロデュース2018『アンチゴーヌ』が東京・新国立劇場 小劇場<特設ステージ>にて上演される。ソフォクレスのギリシア悲劇を翻案し、フランスの劇作家ジャン・アヌイが描いた本作は、法と秩序を守り、権力者として政治の責任を貫こうとする冷静な王... ...
Read More

ミュージカル『スリル・ミー』成河×福士誠治、松下洸平×柿澤勇人で2018年12月に再び

2018年12月にミュージカル『スリル・ミー』の上演が決定した。本作は、1920年代にアメリカで実際に起きた、二人の天才による少年誘拐事件をもとにした究極の心理劇。「私」と「彼」というたった二人の出演者と、1台のピアノのみで、シンプルかつ緊迫した、息をもつかせぬ100分間を作り出す。 20... ...
Read More

井上ひさしの傑作戯曲こまつ座『きらめく星座』開幕!秋山菜津子「この時代に生きているあらゆる方に観ていただきたい」

2017年11月5日(日)から東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて『きらめく星座』が開幕した。井上ひさし自らが“私戯曲”と語る「昭和庶民伝三部作」の第一作として、戦争の足音が聞こえる時代、星のようにきらめく庶民たちを描いている。今回、こまつ座第120回記念公演として上演す... ...
Read More

藤原竜也、山本裕典らが繰り広げた濃厚な会話劇『鱈々(だらだら)』11月にDVD化

藤原竜也、山本裕典が、栗山民也演出のもと臨んだ『鱈々(だらだら)』が、2017年11月15日(水)にDVDとして発売されることが決定した。本作は、韓国を代表する劇作家・李康白(イ・ガンペク)が1993年に発表した作品で、4人だけで繰り広げられる濃厚な会話劇。藤原と山本のほか、中村ゆり、木場... ...
Read More

ジャン・アヌイの名作戯曲『アンチゴーヌ』を栗山民也演出、蒼井優・生瀬勝久の初共演で来年1月上演!

たった一人でも、世界に立ち向かおうとした女性がいた。父との別れ、兄との別れ。全ては王座争いが招いた醜い争い。そんな世の中に一人の少女が立ち上がり、懸命に自分を貫き通した。 時代を超え世界中で上演され続けているフランスの劇作家、ジャン・アヌイ。その代表的悲...
Read More

誰にも愛されない「にんじん」を観て現代の子供は何を思うのか?/ミュージカル「にんじん」観劇レビュー

ミュージカル「にんじん」大竹しのぶ、真琴つばさ   誰にも愛されない「にんじん」を見て現代の子供は何を思うのか? ミュージカル「にんじん」観劇レビュー   「にんじん」はフランスの作家ジュール・ルナールが、1894年に発20...
Read More

井上ひさし「夢の裂け目」が栗山民也の演出で2018年6月に上演/主人公の紙芝居屋に段田安則

舞台「夢の裂け目」段田安則、木場勝己、唯月ふうか、保坂知寿   井上ひさし「夢の裂け目」が栗山民也の演出で2018年6月に上演される。主人公の紙芝居屋は段田安則が演じる。   「夢の裂け目」井上ひさしによって新国立劇場に20...
Read More