タグ: 東北

仙台に常設寄席オープン 「東北に落語文化を」

東北地方に落語文化を根付かせようと、仙台市中心部に1日、「魅知国定席 花座」がオープンした。東北唯一となる常設の寄席で、開場を記念して、落語芸術協会所属の落語家三遊亭小遊三さんや芸人らが市中心部を練り歩いた。 演芸スペースは30〜40人の観客を収容でき、落語や漫才、三味線演奏やマジックショーなど、さまざまな公演を楽しめる。名誉館長を務める桂歌丸さんのイラストが描かれた手ぬぐいなどグッズも販売する。 1日は人力車に乗った小遊三さんが通行人に手を振ったり、漫才コンビ「ナイツ」の2人が約1時間半かけて...
Read More

東北ルーツプロジェクト『星の祭に吹く風』東京公演 間もなく開幕!

東北を故郷にもつ俳優やスタッフが中心となって制作し、東京から東北各地でツアー公演をする団体「東北ルーツプロジェクト」の企画で、宮沢賢治をモチーフとする『星の祭に吹く風』が、東北ツアーを終えて、4月4日~10日、東池袋あうるすぽっとにて東京公演を行う。 【東...
Read More

東北ルーツプロジェクト『星の祭に吹く風』上演中!

東北を故郷にもつ俳優やスタッフが中心となって制作し、東京から東北各地でツアー公演をする団体「東北ルーツプロジェクト」の企画で、宮沢賢治をモチーフとする『星の祭に吹く風』が、3月17日~31日まで東北ツアーを行っている。また4月4日~10日には東池袋あうるすぽっ...
Read More

東北6県自治体の18年建築計画・下/秋田県・山形県・福島県/各地で老朽庁舎建替

秋田、山形、福島の3県で展開中の主な建築プロジェクトをまとめた。 《秋田県》 秋田県と秋田市は共同で「県・市連携文化施設」の建設を計画している。県民文化会館と秋田市文化会館が老朽化したことから共同でホールを新築する。計画地は現県民会館の敷地。延べ床面積は約2万2500平方メートルを想定し、2000席のホールや800席の舞台芸術型ホールなどを設ける。引き続き設計を進め、19年度の着工、21年度の完成を目指している。 秋田市は市立秋田総合病院を現在地で建て替える。規模は病院棟が延べ約3万2000平方...
Read More