タグ: 施設

音楽スタジオとイベントホールの複合施設『BASS ON TOP神戸元町店』オープン

ダンススタジオ・アカペラスタジオ・ピアノスタジオにイベントホールを併設した複合施設『BASS ON TOP(ベースオントップ)神戸元町店』が8月25日、各線元町駅より徒歩約1分の場所にオープンする。 アカペラスタジオ・ダンススタジオ・ピアノスタジオは関東にそれぞれ1店舗ずつ国内では2店舗目、関西では初出店となる「BASS ON TOP」は、バンドスタジオでアカペラ・ダンス・ピアノを練習をしていた利用者の声をもとにそれぞれに特化したスタジオを提供している。利用者は初心者から上級者まで、年齢層も幅広...
Read More

再開めど立たない真備の文化施設 支所は2階で一部業務を再開

西日本豪雨によって面積の3割に当たる1200ヘクタールが浸水した倉敷市真備町地区では、公共施設も水没し、機能が停止した。豪雨から約1カ月がたち、市真備支所(同市真備町箭田)は一部業務を再開したが、文化施設は復旧のめどが立たない状態が続いている。  真備支所は4日、浸水を免れた2階部分を改修して臨時窓口を開設。罹(り)災証明書や住民票の発行といった業務を行い、生活再建を後押ししている。約1カ月ぶりの再開とあって、連日多くの市民が来庁。市職員のほか、他自治体の応援職員も加えた約30人態勢で業務に当た...
Read More

6.6万?複合施設建設/日本郵政グループ事務所、ホテル、店舗/五反田・ゆうぽうと跡地

日本郵政グループは、東京・五反田にあった複合施設「ゆうぽうと」の跡地に、延べ約6万6000?の複合施設を建設する。事務所やホテル、ホール、店舗などで構成する計画。既存建物は大林組の施工で解体済みで、今後は駐車場としての暫定利用を経て本体着工する。2022年度の完成を予定している。 新施設には、ゆうぽうとと同様にホールを設ける計画で、空間アレンジの自由度が高く、多目的に利用できる「平土間式」のホールなどを検討している。建設地は品川区西五反田8−4−13の敷地面積6700?。今後、9月末まで駐車場整...
Read More

石巻の新複合文化施設、開館は21年3月ごろ

宮城県石巻市は13日、新たな文化芸術拠点として整備する複合文化施設の設計内容を公表した。1、2階合わせ1250席の大ホールと300席の小ホールを設置し、市民ギャラリーや研修室、アトリエを備える。2021年3月ごろの開館を目指す。 東日本大震災で全壊した石巻文化センターと市民会館に代わる施設として、同市開成地区の市有地に建設する。地上4階で最も高い部分は36メートル。延べ床面積は1万3270平方メートル。施設本体の予定価格は66億4500万円。 大ホールは2階席をカーテンで仕切り、中ホールとしても...
Read More

使用料、値上げラッシュ 宇治市の公共施設

きょうから軒並みアップ 宇治市は文化センターやコミセン、駅前自転車等駐車場など市内公共施設の使用料を平均で「10〜25%」値上げし、きょう1日から新料金の適用を始める。駐輪場の利用では40〜50%値上げされるものもあり、通勤・通学で駅前駐輪場を利用する世帯にとっては厳しい値上げとなりそう。 今後4年間で約85億円の収支不足が見込まれる中「財政健全化の一環で見直した」(市当局)という。公共施設の使用料では文化会館など開設以来、30年以上にわたって使用料金を据え置いてきたものも多い。 このうち市内1...
Read More

LRT起点の宇都宮駅東口に、ホテル、コンベンション、病院などの複合施設

優先交渉権者に野村不動産ら、宇都宮市が発表 宇都宮市は6月25日、「宇都宮駅東口地区整備事業」の優先交渉権者について、野村不動産を代表企業とする「うつのみやシンフォニー」グループに決定したと発表した。提案内容は、中央街区に民間施設(商業、生活サポート〔教育,子育て,金融〕、ホテル、医療施設、業務施設など)と、公共施設(コンベンション施設、交流広場など)を、南街区に分譲マンション(民間施設)と市営自転車駐車場を整備するというもの。 事業用敷地は、2022年3月開業を予定しているLRT(Light ...
Read More

<秋田・新文化施設>23億円増に市議ら批判 事業費高騰254億円

秋田県と秋田市が市中心部の県民会館跡地に共同整備する新文化施設の総事業費が、6億円増額した昨年12月時点の見積もりよりさらに23億円増え、約254億円に膨らむ見通しであることが、27日分かった。 県によると、増額分は建設資材や作業員の労務費約12億円、県産材や伝統工芸品の活用に伴う費用約9億円など。県文化振興課は「建設業界の人手不足による人件費高騰などが響いている。建築材の変更を含め、経費削減に取り組む」と説明する。 当初計画では総事業費を約225億円と積算していた。しかし昨年12月、埋蔵文化財...
Read More

新文化施設の整備費23億増 県産材使用で資材、労務費高騰

秋田県と秋田市が県民会館所在地(同市千秋明徳町)に共同で整備する新文化施設の総事業費が約23億円膨らみ、概算で254億円と見込まれることが明らかになった。労務費や資材費の高騰、県産材の活用が主な要因という。昨年12月時点の見積もりでは、埋蔵文化財の調査範囲が広がったことなどを理由に、事業費を当初計画から6億円増の231億円としていた。 市企画調整課によると、今回増額となったのは本体施設整備費がほとんど。建設資材や作業員の労務単価の上昇分12億円、内装への県産材や伝統工芸品の活用など9億円、エレベ...
Read More

岡山)「文化施設を新しい広場に」劇作家平田オリザさん

劇作家で演出家の平田オリザさんが24日、瀬戸内市の瀬戸内市民図書館で「文化の自己決定能力とまちづくり」と題し、図書館などを拠点にした街づくりについて講演した。そうした施設を「新しい広場」と位置づけ、文化活動が地域社会をつなぐ鍵になると説いた。 講演会には約100人の市民らが出席した。芸術活動のほか奈義町など全国の街づくりにもかかわる平田さんは、かつてどこの街でも駄菓子屋や床屋、銭湯のある商店街があり、地縁や血縁、ご近所といった「無意識のセーフティーネット」があったと前置きした。しかし市場経済や利...
Read More

連携協定 文化芸術で3施設 新たなファン、若い世代誘致目指す /北海道

いずれも国道237号の近くにある三浦綾子記念文学館(旭川市)、後藤純男美術館(上富良野町)、富良野演劇工場(富良野市)の3施設が連携協定を締結した。文化芸術で連携し、観光客誘致を目指す。 3施設は所在市町村は違うが、車で1時間程度で移動できる範囲にあり、2016年から3施設を回るバスツアーを実施し、共通ホームページを作るなど、協力を深めてきた。 今後は協定を機に、文学、美術、演劇の分野の違いを超えた取り組みを進める。脚本・演出家の倉本聰さんがかつて主宰した富良野塾OB、OGの俳優が3施設を巡り、...
Read More

連携協定 文化芸術で3施設 新たなファン、若い世代誘致目指す /北海道

いずれも国道237号の近くにある三浦綾子記念文学館(旭川市)、後藤純男美術館(上富良野町)、富良野演劇工場(富良野市)の3施設が連携協定を締結した。文化芸術で連携し、観光客誘致を目指す。 3施設は所在市町村は違うが、車で1時間程度で移動できる範囲にあり、2016年から3施設を回るバスツアーを実施し、共通ホームページを作るなど、協力を深めてきた。 今後は協定を機に、文学、美術、演劇の分野の違いを超えた取り組みを進める。脚本・演出家の倉本聰さんがかつて主宰した富良野塾OB、OGの俳優が3施設を巡り、...
Read More

新宿ミラノ座跡地に40階建て複合施設、2019年7月着工

東京急行電鉄と東急レクリエーションは、新宿 TOKYU MILANOの跡地に、劇場を含む40階建ての高層複合施設を建設する。2019年7月に着工し、2022年度の竣工を予定している。 東京急行電鉄と東急レクリエーションは、「新宿 TOKYU MILANO」跡地の再開発を計画している。2018年6月22日に、東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として都市計画変更が決定され、2018年6月21日付で告示されたことを明らかにした。 歌舞伎町エリア最大規模の40階建て高層複合施...
Read More

新宿ミラノ座跡地に40階建て複合施設、2019年7月着工

東京急行電鉄と東急レクリエーションは、新宿 TOKYU MILANOの跡地に、劇場を含む40階建ての高層複合施設を建設する。2019年7月に着工し、2022年度の竣工を予定している。 東京急行電鉄と東急レクリエーションは、「新宿 TOKYU MILANO」跡地の再開発を計画している。2018年6月22日に、東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として都市計画変更が決定され、2018年6月21日付で告示されたことを明らかにした。 歌舞伎町エリア最大規模の40階建て高層複合施...
Read More

補給廠に公共施設移転339億円 一部返還で相模原市試算

相模原市は18日、JR相模原駅前の在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)(同市中央区)の一部返還地に市役所などの公共施設20館を全面移転した場合、土地取得費や建設費を含む当初経費が約339億円となる試算を発表した。市は20館の現在地建て替え案など計5案を提示し、今後検討を重ねる。隣の橋本駅にリニア中央新幹線が開業する2027年の一部オープンを目指し、一部返還地のまちづくりを進める。 市は、1969年に建設され老朽化した市役所本庁舎(中央区)のほか、周辺にある市民会館、あじさい会館など、20ある市公共...
Read More

【現場見学会】鉄筋の固定作業も体験! 小・中学生が山形駅西口拠点施設の新築工事を体感

山形県は、安藤ハザマ・山形建設・千歳建設・市村工務店JVが施工する山形駅西口拠点施設新築工事の現場(新井大輔所長)で第1回現場見学会を開いた。小・中学生とその保護者46人が参加し、2019年9月の完成に向けて躯体工事が進む現場の様子を見て回った。 冒頭にあいさつした県観光文化スポーツ部県民文化スポーツ課の村形弘也総合文化芸術館整備推進室長は「工事は全体の25%程の進捗状況だ。見学した内容と完成が近づいていることを家族や友達に広めてほしい」と語った。 この後、工事の概要などの説明を受けた参加者らは...
Read More

山口市/徳地地域複合型拠点施設整備基本設計/車田建築設計事務所に

山口市は「(仮称)徳地地域複合型拠点施設整備事業に係る基本設計業務」の委託先を選定する公募型プロポーザル方式で、最優秀提案者に車田建築設計事務所を選定した。近く業務契約する。履行期間は11月30日まで。 事業では老朽化する徳地総合支所と徳地地域交流センターの施設更新に当たり、同センター周辺に徳地総合支所、同センター、徳地保健センターの機能を一本化。地域の中核となる「(仮称)徳地地域複合型拠点施設」を整備、公共サービスのワンストップ化を図る。 新設する施設は、総合支所、交流センター、保健センターの...
Read More

複合施設 JR唐津駅近くに建設へ 来年GW開業目指す 映画上映ホール、飲食店、ゲストハウス、オフィス… /佐賀

唐津市のJR唐津駅近くに、映画を上映するホールや飲食店、ゲストハウスなどが入る複合施設が建設される。11日から空き店舗などの解体に着手し、9月には着工して来年のゴールデンウイークの開業を目指す。 京町商店街と呉服町商店街の角に建設する。まちづくり会社「いきいき唐津」(木下修一社長)が事業主体となり、建設後の施設の運営も手がける。2016年度からの市中心市街地活性化基本計画の重点事業として、約6億5000万円の事業費のうち、約2億5000万円を国の補助金でまかなう。 敷地面積は約1050平方メート...
Read More

四万十市 空間創造研究所で基本計画 文化複合施設

【四万十市】四万十市は、老朽化した文化センターと中央公民館、またJA高知はた支所を加えた文化複合施設の整備について、基本計画策定を委託するため指名型プロポーザルを行った結果、空間創造研究所(東京都渋谷区)を特定した。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180613200016.html ...
Read More

川西市 会館や市営住宅、19施設を廃止 削減10年計画 /兵庫

川西市は108の公共施設について今後10年で建て替えたり統廃合するなどの計画をまとめた。19施設を廃止する。人口減少社会の到来を見据え、総務省が2014年に公共施設の削減計画の策定を自治体に要請したことを受けた措置。 市の2055年の人口は15年比約25%減の約11万5000人になる見通し。公共施設や道路の建て替え・大規模改修の費用は現在の規模では毎年約9億円不足する。市は55年までに公共施設の延べ床面積を2割カットしたい考えで、耐震性の有無や補強工事のコストを考慮して計画を策定した。 計画によ...
Read More

富山県氷見市/新文化施設整備/対話型市場調査実施、6月13日に事前説明会

富山県氷見市は、幸町の旧市民病院跡地に計画している「(仮称)ひみ文化交流プラザ」の在り方について、民間事業者を対象とした対話(サウンディング)型市場調査を行う。13日に行う事前説明会への参加を8日まで受け付ける。対話エントリーの受付期間は14〜28日。7月4〜6日に対話を実施する。 同跡地は面積2万1536平方メートル。18年度中に準住居地域から準工業地域へ用途地域が変更される。建ぺい率60%、容積率200%。活用については、3月に策定した「氷見まちなかグランドデザイン」で、民間活力を導入した新...
Read More

JR新山口駅 北口の複合施設、計画見直し 7階建てビルを低層に 市発表 /山口

山口市は1日、JR新山口駅北口で整備を計画している、複合施設の基本設計概要を発表した。昨年3月公表の整備概要では、7階建てとしていたビルを低層建物に切り替えるなど、計画を大幅に見直した。4日開会の市議会定例会で、渡辺純忠市長が説明する。 基本設計概要によると、2000席級の多目的ホール(4階建て)を囲むように2、3階建ての低層建物を配置する。ホールの場所も当初案より北側にずらす。 昨年3月の概要は、ホールの隣に7階建てビルを建て、会議室やダンス・音楽の練習スタジオ、ロボットを活用した歩行障害のリ...
Read More

新山口駅 複合施設の基本設計発表

山口市は1日、JR新山口駅北口に建設する複合拠点施設の基本設計を発表した。2000席規模の多目的ホールや起業・創業支援の相談窓口、医療機関と連携したフィットネスクラブなどが整備される。同日、記者会見した渡辺純忠市長は「駅周辺を山口一のビジネス街にしたい」と話した。 施設は森ビル(東京都)を代表とする6社のグループが2021年度のオープンを目指して整備し、運営に当たる。基本設計によると、4階建ての多目的ホールを中心にして、会員制の貸しオフィスやフィットネスクラブなどを囲むように配置。同駅北口からは...
Read More

福島市が公共施設再編へ検討委 福島駅東口再開発で

JR福島駅東口(福島市)に面する市街地の民間主導による一体的な再開発の動きを受け、駅前にコンベンション施設整備を検討する福島市は29日、公共施設の再編整備の検討委員会を設置した。 整備の方向性や官民連携の可能性などの検討結果を踏まえ、年内に木幡浩市長が整備の青写真を示す。 委員会は民間や有識者ら11人で構成。老朽化している公会堂(休館)や市民会館、建設が中断している市役所西庁舎などの再編整備の優先順位を付け中心市街地活性化の視点から必要な施設についても戦略的に検討する。 初回は委員長に都市計画が...
Read More

東京都、都立文化施設8カ所で手荷物検査試行

2020年大会控えセキュリティ対策を強化 東京都と東京都歴史文化財団は、都立文化施設など8カ所で、入場時の手荷物検査を試行する。海外ではソフトターゲットに対するテロ事案が依然として頻発しており、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を控える中、セキュリティ対策を充実強化させていく必要があり、昨年度から試行的に手荷物検査を実施してきた。 http://www.jwing.net/news/1696 ...
Read More

文化センター共同ホール・サンライフ久留米 閉館の2施設、利用者説明会 久留米市、27〜31日 /福岡

久留米市は、2019年3月末での閉館を発表している文化センター共同ホール(同市野中町)とサンライフ久留米(同市諏訪野町)について、利用者向けに、閉館の経緯や代替施設を紹介する説明会を開く。 共同ホールの説明会は、ホール棟利用者向けが27日午後2時と30日午後7時、研修棟利用者向けが27日午後3時半と31日午後7時で、場所はいずれも市役所。サンライフ久留米の説明会は29日午後7時と30日午後3時で、場所はサンライフ久留米である。 https://mainichi.jp/articles/20180...
Read More

複合施設、ホールに舞台と625席 陸前高田、概要固まる

陸前高田市が同市高田町のかさ上げ地で建設する市民文化会館(仮称)の概要が固まった。震災で全壊した市民会館と中央公民館の複合施設とし、ホールに舞台と固定型の625席を備える。6月に着工し、2020年春の開館を予定する。 アバッセたかた東側の敷地1・42ヘクタールに鉄筋コンクリート造り3階建てと木造平屋を組み合わせる施設を建設し、延べ床面積3591平方メートル。多目的室、音楽などの練習室、録音スタジオ、実習室、楽屋、ホワイエ、多目的トイレ、屋外デッキなどを備える。外構などを含む総工事費は27億円程度...
Read More

伊東市 文化施設建設地を18年度中に選定

伊東市が計画している図書館・文化ホール建設について、建設地を本年度内に選定する。伊東駅前など5カ所が候補地となっており、上半期中に有識者会議を発足し検討を進めていく。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180522100085.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180517/1526538327 ...
Read More

児童施設ホール救って 資金難で再建危機 北区の「星美ホーム」

故マイケル・ジャクソンさん(一九五八〜二〇〇九年)が訪問した北区の児童養護施設「星美(せいび)ホーム」(赤羽台四)のホールが、資金不足で、再建の危機にひんしている。子どもたちの表現、活動の場を確保しようと、寄付を呼びかけるなどの支援が広がるが、一億円の目標には届いていない。二十七日には、資金集めのチャリティーコンサートがホールで催される。 施設はキリスト教系の社会福祉法人扶助者聖母会が運営、二〜十八歳の九十人ほどが暮らす。戦災孤児らの受け入れから七十年余の歴史があり、築四十八年の本体施設は雨漏り...
Read More

島田の文化施設整備あり方 基本構想検討委が議論

島田市の市役所本庁舎や文化施設のあり方を議論する市役所周辺整備基本構想検討委員会(委員長・海道清信名城大教授)の議論が大詰めを迎えている。最大の論点は「新たな文化施設を建設するか否か」。十八日夜の五回目の会合では、市民アンケートの結果を踏まえ、既存施設のあり方も含めて意見交換したものの、結論は出なかった。六月に二回の会合を設けて意見書をまとめる。 本庁舎は一九六二(昭和三十七)年建築で老朽化が進み、建て替えが必要。市役所東隣にあった約千四百席の大ホールを備えた市民会館は耐震不足のため解体されて駐...
Read More

最大800席の複合施設/図書館・文化ホール建設/伊東市

【検討委員を選定中】 静岡県伊東市は「図書館・文化ホール建設に向けた整備の方向性について」をまとめた。文化ホール(客席600−800席程度)や生涯学習、図書館、その他機能がある複合施設を建設する。 建設候補地は伊東駅前(湯川地区)、マンダリンホテル跡地(岡地区)、市民グラウンド(玖須見地区)、アピタ交差点南側(吉田地区)、伊豆高原駅周辺(八幡野地区)の5カ所。 市生涯学習課は現在、検討委員会のメンバーを選定中。7月までに初会合を開く。また、今年度内にタウンミーティングなどを開催し、候補地を1カ所...
Read More

徳島)美馬市の地域交流拠点オープン 商業施設を改装

徳島県美馬市の地域交流センター「ミライズ」が12日、同市脇町にオープンした。ショッピングセンター「パルシー」のあった建物に、市がホールや図書館などを整備した。 1987年にオープンしたパルシーは、30余りあった専門店の撤退が相次ぎ2014年に閉店。市が建物を買い取り、全面改装した。 1、2階と地下で計2万3342平方メートル。1階には市民ホール(501席)や市民サービスセンター、観光情報発信センター、交番などがある。パルシーの核店舗だったスーパーのキョーエイも4月にリニューアルオープンした。 2...
Read More

20年3月完成予定 複合施設は「文化交流センター」伊予市条例案 愛称は募集

愛媛県伊予市は9日までに、米湊に建設している図書館や文化ホールなどの複合施設の名称を「市文化交流センター」とする条例案を公表、意見公募を実施した。条例案は6月定例市議会に上程し、決定後、施設の愛称を市民から募る方針。 https://www.ehime-np.co.jp/article/news201805100012 http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170126/1485475639 ...
Read More

LEDで夜景も表現 新施設の模型展示へ 姫路

今秋着工、2021年秋オープンを予定する「姫路市文化コンベンションセンター」(仮称)の模型が7日から、兵庫県姫路市安田4の市役所本庁1階ロビーで展示される。縮尺500分の1(縦80センチ、横1メートル25センチ、高さ28センチ)で、施設を挟むJR山陽新幹線、山陽本線と播但線も再現した。市は「大きさや立地を実感してほしい」としている。 同センターは、2千席の大ホールと中・小ホールのほか、4千平方メートルの展示場と一体利用できる1600平方メートルの屋外展示場を備え、建設費は約245億円に上る。姫路...
Read More

那覇市/新文化芸術発信拠点施設建設/延べ1・5万平米、7月着工へ

◇外観は首里織をイメージ 那覇市は、老朽化した市民会館の建て替えとして計画している「新文化芸術発信拠点施設」の実施設計概要=イメージ図=を公表した。規模はSRC・RC・S造地下2階地上6階建て延べ1万4582平方メートル。外観は伝統的な織物である首里織をイメージしGRC(ガラス繊維補強セメント)ルーバーで施設全体を包み込み、低層部は緑を連続させ潤いのある景観をつくる。設計担当は香山壽夫建築研究所・久米設計・根路銘設計JV。 建設場所は久茂地3の26の13。施設は1602席の大ホール、300席の小...
Read More

さいたま市/文化施設整備活用方針検討・市民会館うらわ基本構想策定支援業務入札公告

さいたま市は25日、「文化施設等の整備及び活用方針の検討並びに(仮称)市民会館うらわ基本構想策定支援業務」の委託先を決める一般競争入札を公告した。 競争入札参加申込兼資格確認申請書等の提出期限は5月11日。紙方式による入札日は同22日。さいたま市の17〜18年度競争入札参加資格者名簿(設計・調査・測量)に「建築関連コンサルタント」で登載された単体などが参加できる。 業務内容は、浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業で建設される複合ビル内に移転する「市民会館うらわ」について、移転後に必要な機能...
Read More

静岡市/駿府町地区文化・スポーツ施設整備方針等策定業務プロポ公告

静岡市は、「駿府町地区文化・スポーツ施設整備方針等策定業務」の委託先を選定するため公募型プロポーザルの手続きを開始した。参加申請書は5月9日まで、企画提案書と見積書は同15日までそれぞれ受け付ける。2段階審査を経て同下旬に契約予定者を選定する契約上限額は1160万円(税込み)。 市民文化会館跡地(葵区駿府町2)に計画する文化・スポーツ施設整備方針と、隣接する旧青葉小学校跡地利活用方針をまとめる。履行期間は19年3月29日まで。実施要領などは市ホームページに掲載。資料の提出、問い合わせ先は企画局ア...
Read More

新宮市 文化複合施設事業費60億円、当初より5億円増 市が設計案提示 /和歌山

文化複合施設建設に関する新宮市議会の特別委員会が16日、市役所で開かれ、2020年度末に完成予定の文化複合施設の基本設計案が市当局から提示された。デザインや概算工事費などが説明され、全体事業費が当初予定より5億2000万円多い60億2000万円に増えた。 当局は要因として、分棟案から1棟案に変更されたため、建設単価の高いホールが建物全体に占める割合が高くなったことなどを挙げた。委員からは「金額が高すぎる。設計者に対し安くするための交渉はしたのか」と質問があり、市当局は「交渉できていなかった部分は...
Read More