タグ: 施設

東京・神田明神に新施設「EDOCCO」 19日に「正論」「Hanada」特別イベント

江戸総鎮守として崇敬を集めてきた神田明神(千代田区)の創建1300年記念事業の一環として、境内に文化交流館「EDOCCO(エドッコ)」が15日、オープンする。 コンセプトは「伝統と革新」。コンサートやビジネス向けに使用できる多目的ホール(スタンディングで最大約700人収容)が目玉で、飲食をしながら伝統芸能のショーなども楽しめるスタジオ、土産物店、飲食店などを備える。 大鳥居(おおとりい)信史宮司(79)は「伝統は作っていくもの。守るだけでは継承できない」と強調する。歴史ある神社に清新な空気を吹き...
Read More

福井市文化施設の入館無料見直し

財政再建で20年度から 福井県福井市財政再建計画(2018〜23年度)に歳入確保策の一つとして盛り込んだ施設使用料・手数料の見直しについて市は12月4日、文化施設で子どもや高齢者らに対して無料としている入館料を、受益者負担の原則を踏まえ適切な金額に見直す方針を明らかにした。20年度から実施し、毎年度約900万円の増収を見込む。 4日の市議会一般質問で、八田一以議員(一真会)の質問に西行茂副市長が「適切な水準となるよう改正を進め、財源確保に努めていきたい」と答弁した。 市が11月に実施し、結果を集...
Read More

四万十市の文化複合施設/発注方式、公募条件を検討/12月7日まで受付

高知県四万十市は、基本計画の策定を進めている四万十市文化複合施設(仮称)の発注方式や公募条件などを検討するため、設計事務所および施工業者から意見を募集する。応募は7日まで電子メールで受け付ける。10日までにアンケート回答フォームが返信され、14日までに入力済みのアンケート回答フォームを送信する必要がある。 市では、事業者のより深い相互理解を図り、そのノウハウを取り込みやすい発注方式をとりまとめ、より参加しやすい公募条件を整理することを目的にアンケートを実施することにした。対象は、11月1日時点で...
Read More

施設利用で警告 川崎市、ヘイト事前規制で初の指導

川崎市は2日、公的施設でのヘイトスピーチを事前規制する市のガイドラインに基づき、市教育文化会館の利用を申請した団体に差別的言動をしないよう警告した上で許可した。この団体は6月、同じ施設で講演会を開催予定だったが、ヘイトに反対する数百人の抗議を受けて中止していた。市によると、3月施行のガイドラインを適用した行政指導は初めて。 市は「不当な差別的言動を行わないことなど関係法規を確実に順守するよう警告する」との文書を団体側に渡し、利用を許可。2日午後、ヘイト問題をテーマにした弁護士の講演会が約3時間開...
Read More

新文化施設整備などに62億円 岡山市の補正予算案

岡山市は27日、一般会計と特別会計を合わせて総額62億3300万円の2018年度11月補正予算案を発表した。新しい文化施設「岡山芸術創造劇場」(仮称)の整備や市立学校への空調設置、西日本豪雨を受けた防災対策の関連経費などが柱となる。 新劇場の土地の取得費として、29億7000万円を計上。市中心部の表町商店街南端の千日前地区に、現在の市民会館と市民文化ホールを統合・移転させて整備する。22年秋に開業予定で、建設費約205億円は債務負担行為に設定した。 空調整備に関しては、今夏の猛暑を受けて当初方針...
Read More

観光・文化施設の運営権売却検討 鳥取県

鳥取県は20日、県立の観光・文化施設の運営権を民間に売却するコンセッションの導入を検討することを決めた。観光施設10カ所と文化施設3カ所の中から201… https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3799565020112018LCC000/ ...
Read More

名称「さいき城山桜ホール」 複合施設、市が発表

佐伯市は20日、市中心部に建設している複合施設の名称を「さい・・・ http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/11/21/JD0057532812 2020年秋、大手前にオープン予定の新しい建物の名称はさいき城山桜ホールに決まりました 7月2日から8月16日まで「新しい建物に名前をつけてください」と題し、名称を募集したところ、22都道府県から927点の作品をお寄せいただきました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 選考委員会による選考を経て、...
Read More

ホール予約は1年前から 新文化施設、運営素案を近く提出 秋田

秋田県と秋田市が県民会館跡地(同市千秋明徳町)に共同で整備する新文化施設の運営管理に関する検討委員会の第3回会合が20日、同市の中央市民サービスセンターで開かれた。開館時間を原則午前9時〜午後10時とし、ホールの予約は約1年前から受け付けるなどとした「運営管理計画」の素案を、近く県議会と市議会に提出することを確認した。 会合は今回で終了。素案は、来月にパブリックコメント(意見公募)を行い、議会の意見も踏まえて、3月に正式な計画としてまとめる。 https://www.sakigake.jp/ne...
Read More

DB方式の整備可能性を把握/文化複合施設整備の市場調査/東大阪市

大阪府東大阪市は、文化複合施設の整備に向けてサウンディング型市場調査を実施し、その結果概要を公表した。展示専門業者、建築コンサル事業者、グループ企業の3事業者が調査に参加した。市はDB方式での文化複合施設整備の可能性があることを把握できたとし、整備の検討をさらに進める。 東部地域仮設庁舎として利用している建物を改修し、四条図書館、郷土博物館、埋蔵文化財センター、市史史料室が入居する文化複合施設として整備するため、設計施工一括発注方式による整備の実現可能性を調査した。 DBでの事業実施の可能性は、...
Read More

青山劇場・青山円形劇場の存続について思うこと――劇場という「施設」を残す議論ではなく「機能」を残す議論に

大規模修繕の工事費が確保出来ず、2015年2月に閉館したこどもの城(東京・青山)。公益財団法人児童育成協会が管理運営する施設で、併設された青山劇場・青山円形劇場も閉館となり、演劇界に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しい。 […]...
Read More

千葉県我孫子市/文化交流拠点施設整備/PFI導入検討、19年春ごろ構想素案

千葉県我孫子市は8日、閉館した市民会館の代替施設として計画する「文化交流拠点施設」について、建設構想素案の取りまとめに向けた中間報告を公表した。延べ床面積は8100〜8600平方メートルを想定。PFI手法の導入も検討するとした。市民から意見を募った後、19年春ごろの構想素案策定を目指す。 建設候補地は手賀大橋(県道8号船橋我孫子線)の同市取り付け部から南東に広がる「高野山新田地区Aエリア」(敷地面積約1万5000平方メートル)。施設は文化芸術発信と創造支援、交流促進の3機能を導入。建物内に100...
Read More

複合施設の駐輪場で火事 放火の疑い 兵庫・川西市

29日夜遅く、兵庫県川西市の文化ホールなどが入る複合施設で駐輪場に止めてあった原付バイクや自転車などが焼ける火事がありました。けが人はいませんでしたが、警察は放火の疑いもあるとみて調べています。 29日午後11時50分すぎ、川西市にある複合施設「キセラ川西プラザ」で、付近の住民から「火があがって、煙が出ている」と消防に通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、駐輪場に止めてあった原付バイク1台と自転車3台が焼けたほか、隣接する壁や窓ガラスの一部が燃えました。けが人はいませんでした。...
Read More

東京・吉祥寺シアター1Fカフェスペース(元・シアターカフェ)の運営事業者を公募中。内装・厨房設備を居抜きで使え、施設使用料(賃料)は無料

今年2月末に閉店した吉祥寺シアター(東京・吉祥寺)1Fの「シアターカフェ」。私の好きなハートランドビールを置いてくれている素敵なカフェでした。 吉祥寺シアターを管理運営する公益財団法人武蔵野文化事業団が、このカフェスペー ...
Read More

【震災からの「心の復興」】石巻市に文化・芸術の新拠点となる複合文化施設が着工

宮城県石巻市の文化・芸術活動の新たな拠点となる(仮称)複合文化施設建設工事の安全祈願祭が23日、同市開成の現地で開かれ、大成建設・丸本組JVの施工で本格着工した。設計は藤本壮介建築設計事務所が担当。2021年2月に大ホールなど一部をプレオープンさせ、21年度の全体完成を目指す。 東日本大震災の津波による被害を受けて解体した石巻文化センターと石巻市民会館を集約し、東側に約1250人を収容可能な大ホール、西側に美術・民俗資料といった文化財の展示施設など、5ブロックで構成する複合施設を建設する。 規模...
Read More

文化会館、民間施設で代替 大型ホテルと協定へ 日光市

日光市は9日の同市議会全員協議会で、廃止した公共施設の代替施設に民間施設を利用するための制度導入を検討していることを明らかにした。大型の宿泊施設が数多く立地する同市の特性を生かす。既に廃止の方針が示されている2カ所の文化会館の代替に向け、実現を目指す。 同市によると、こうした制度は全国でもあまり例がないという。 同市はこれまで藤原総合文化会館(同市鬼怒川温泉大原)と日光総合会館(同市安川町)の2施設について廃止の方針を示している。藤原総合文化会館は鬼怒川温泉街が近く、会議室やコンベンションホール...
Read More

宮城・利府の文化複合施設建設、事業費膨張7億円増 五輪などの影響で人件費や資材費高騰

宮城県利府町が2024年度の完成を目指し、整備を進める文化複合施設の事業費が当初計画より7億円膨らむ見通しとなった。増額分の一部を盛り込んだ18年度一般会計補正予算案が町議会9月定例会で可決された。20年東京五輪などの影響で、人件費や資材費が高騰したのが要因という。 施設は、同町の県道仙台松島線沿いの約2.2ヘクタールに整備する。町は14年、近隣の施設を参考に用地取得や造成費などを含めた概算の総事業費を50億円と算出。工期を二つに分け、1期分の事業費を40億円とした。 1期(16〜20年度)分と...
Read More

JR東日本 品川新駅の都市計画発表 文化施設や住居

JR東日本は25日、東京都港区で建設中の品川新駅(仮称)を中心とした都市計画のうち、第1期の概要を発表した。国際的なビジネス交流拠点を目指し、外国人向けの住居を備えた地上45階、高さ約173メートルの高層ビルや、ホールを備えた文化施設などを建設する。2024年度の本格開業を見込む。 新駅は山手線と京浜東北線の品川−田町間… https://mainichi.jp/articles/20180926/k00/00m/040/062000c ...
Read More

エイト日技を特定/文化の森総合公園文化施設長寿命化計画策定/徳島県

徳島県は、「徳島県文化の森総合公園文化施設長寿命化計画策定業務」の公募型プロポーザルを審査した結果、委託候補事業者にエイト日本技術開発を特定した。委託金額の上限は1120万円(税込み)で、これから契約手続きを進める。 業務内容は、4館棟(博物館・鳥居龍蔵記念博物館・美術館・二十一世紀館、SRC造地下1階地上4階建て塔屋1層延べ2万3732?)、図書館棟(SRC造3階建て塔屋2層延べ8989?)、文書館棟(SRC造4階建て延べ1780?)、すだちくん森のシアター(SRC造地下3階地上2階建て延べ1...
Read More

「キセラ川西プラザ」完成 文化と福祉の複合施設に 古田敦也さんのギャラリーも

川西市が整備を進めていた文化と福祉の複合施設「キセラ川西プラザ」(同市火打)が完成し19日、開館記念式典が開かれた。妊婦や引きこもりの若者らを支援するセンターや市内最大の文化ホールを備えるほか、同市出身の元プロ野球選手、古田敦也さん(53)の野球人生をたどるギャラリーも併設する。式典には大塩民生市長や古田さんらが出席し、幅広い世代が交流できる新施設の門出を祝った。オープンは25日。 市内の公共施設の老朽化と耐震不足に対応するため、市文化会館や中央公民館、ふれあいプラザなどの機能を移転し、集約した...
Read More

3万人超を収容/文化・スポーツ施設想定/代々木公園スタジアム構想

東京都渋谷区の都立代々木公園に、スタジアムを建設する構想が民間団体から発表された。民間主導により、3万人超を収容するスタジアムを軸に検討している。サッカーなどプロスポーツのほか、大型音楽フェスティバルなど文化を発信するイベントの会場としての活用を想定している。 東京都渋谷区と日本財団が13日に開いた、対話型プログラム「都市とスポーツとエンタテインメントの未来」の中で、渋谷区観光協会代表理事兼渋谷未来デザイン理事・プロジェクトデザイナーの金山淳吾氏が公表した。 スタジアム敷地内にペデストリアンデッ...
Read More

本庁舎は耐震・増築/文化施設は耐震改修/輪島市が整備方針

石川県輪島市は、外部の有識者で構成する審議会がまとめた本庁舎等整備方針(案)を公表した。本庁舎は既存施設の耐震補強と新施設の増築、文化施設は耐震改修が望ましいとしている。 基本方針案によると、財源確保、市民負担の観点から本庁舎は「耐震補強を行うとともに、(現在地の)前面空地で輪島の将来にふさわしい、市民の利便性や業務の効率化に配慮した規模で、かつ災害時の防災拠点になりうる庁舎を増築すべき」と明記している。概算事業費として21億円を見込んでいる。 文化施設は「早期に耐震を含めた改修により、長寿命化...
Read More

福島県矢吹町/複合施設建設/18年度内に施工者選定

福島県矢吹町は、公民館や図書館など四つの機能を集約した「(仮称)矢吹町複合施設」について、18年度内に制限付き一般競争入札で建設工事の施工者を選定する。中心市街地のにぎわい創出拠点として位置付けており、19年度内の完成を目指す。町が福島県建築設計協同組合に設計を委託し、実業務は鈴木伸幸建築事務所・エスデー設計研究所JVが担当。 建設地はJR矢吹駅西側の中心市街地で町道北町新町線(旧奥州街道)沿いの旧JA跡地(本町)。敷地は約4400平方メートル。子どもから高齢者まで年代を超えて交流できる町のシン...
Read More

公共施設再編まず市民会館 庄原

庄原市は、市中心部にある公共施設の再編構想を進めている。市内最大規模のホールのある市民会館(西本町)、図書館機能を持った田園文化センター(同)、市社会福祉協議会が入る市ふれあいセンター(同)など、老朽化が進む施設が対象。第1弾として、市民会館を移転新築するか、大規模改修するかなどの方向性を11月をめどに示す方針だ。 http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=464293&comment_sub_id=0& ......
Read More

ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)9月末閉館、跡地にMICE施設

札幌市中央区北1西12の「ニトリ文化ホール」(さっぽろ芸術文化の館)が、9月末に閉館する。8月末にはホテル部門の営業が終了しており、1971年に開館した旧北海道厚生年金会館の流れを汲む文化芸術の殿堂が47年で役割を終える。跡地には中規模MICE施設が整備される予定。 1971年9月に開館した北海道厚生年金会館は、座席数2300席のホールと部屋数120室のホテルを併設した複合施設。2005年に国の年金・健康保険制度改革の一環と一般競争入札が決まり、08年11月に札幌市が土地建物を28億7408万円...
Read More

高知県四万十町の文化的施設/22年度開館へ準備

【11月末から基本構想協議】 高知県四万十町は、「四万十町文化的施設検討委員会」を設置し、文化的施設の整備を検討している。2018年度はこれまでに2回の会合を開いており、22年度の開館に向けた整備年次スケジュールなどを示している。 今年度は今後、11月末から12月初めにかけて基本構想の内容を協議する。昨年度から検討してきた内容やワークショップなどで出された意見をとりまとめて、基本構想のたたき台を検討する。 19年1月にたたき台を提示して協議し、2月には最終の基本構想を承認する予定だ。その後、19...
Read More

避難訓練、参加者募り実践的に 特典で施設の無料開放も

避難訓練の参加者を公募で集める取り組みが、コンサートホールやレジャー施設に広がっている。こうした施設は不特定多数の人が集まり、子どもや高齢者、障害がある人といった支援の必要な客も多い。実践的な訓練をすることで課題を見つけやすいという。 「慌てずゆっくり降りてください」。「防災の日」の1日午前、JR横須賀駅(神奈川県横須賀市)で、津波を想定した避難訓練があった。事前に公募で集めた約1100人が乗客役として参加し、はしごを使わず降車。職員の呼びかけで近くの広場へ避難した。家族で参加した主婦の江口由香...
Read More

新設される文化芸術施設を応援 缶バッジの収益金寄付

宝塚ガーデンフィールズ跡地(兵庫県宝塚市武庫川町)で、2020年春のオープンを予定している「市立文化芸術センター・庭園」を多くの市民に知ってもらおうと、「新施設応援缶バッジ」を販売してきた市内の文化団体が22日、収益金40万円を市に寄付した。「まちにアートを」を合言葉に約1500セットを販売。寄付金は工事費などに使われる。 市内12の文化団体でつくる「宝塚文化団体連絡会」(若林成幸会長)が中心になり、「アート宝塚かって応援団!」の名前で活動を展開。13種類のバッジを作り、1セット500円で昨年1...
Read More

石巻市/建築は約62億で大成JV/複合文化施設建設3件

宮城県石巻市は20日、(仮称)複合文化施設建設工事3件を一般競争入札した結果、建築が61億8180万円(税別、以下同)で大成建設・丸本組JV、機械は16億6700万円で朝日工業社・山下設備工業JV、電気は8億0050万円で東光電気工事・エスディ佐藤電気JVにそれぞれ決定した。 東日本大震災で被災し、使用不能となった文化センターと市民会館の両機能を合築して市の文化芸術活動の中心となる複合型施設を整備する。 施設の構造はRC・SRC・S造の複合構造で、階層は4階建て、延べ1万3315?の規模。125...
Read More

音楽スタジオとイベントホールの複合施設『BASS ON TOP神戸元町店』オープン

ダンススタジオ・アカペラスタジオ・ピアノスタジオにイベントホールを併設した複合施設『BASS ON TOP(ベースオントップ)神戸元町店』が8月25日、各線元町駅より徒歩約1分の場所にオープンする。 アカペラスタジオ・ダンススタジオ・ピアノスタジオは関東にそれぞれ1店舗ずつ国内では2店舗目、関西では初出店となる「BASS ON TOP」は、バンドスタジオでアカペラ・ダンス・ピアノを練習をしていた利用者の声をもとにそれぞれに特化したスタジオを提供している。利用者は初心者から上級者まで、年齢層も幅広...
Read More

再開めど立たない真備の文化施設 支所は2階で一部業務を再開

西日本豪雨によって面積の3割に当たる1200ヘクタールが浸水した倉敷市真備町地区では、公共施設も水没し、機能が停止した。豪雨から約1カ月がたち、市真備支所(同市真備町箭田)は一部業務を再開したが、文化施設は復旧のめどが立たない状態が続いている。  真備支所は4日、浸水を免れた2階部分を改修して臨時窓口を開設。罹(り)災証明書や住民票の発行といった業務を行い、生活再建を後押ししている。約1カ月ぶりの再開とあって、連日多くの市民が来庁。市職員のほか、他自治体の応援職員も加えた約30人態勢で業務に当た...
Read More

6.6万?複合施設建設/日本郵政グループ事務所、ホテル、店舗/五反田・ゆうぽうと跡地

日本郵政グループは、東京・五反田にあった複合施設「ゆうぽうと」の跡地に、延べ約6万6000?の複合施設を建設する。事務所やホテル、ホール、店舗などで構成する計画。既存建物は大林組の施工で解体済みで、今後は駐車場としての暫定利用を経て本体着工する。2022年度の完成を予定している。 新施設には、ゆうぽうとと同様にホールを設ける計画で、空間アレンジの自由度が高く、多目的に利用できる「平土間式」のホールなどを検討している。建設地は品川区西五反田8−4−13の敷地面積6700?。今後、9月末まで駐車場整...
Read More

石巻の新複合文化施設、開館は21年3月ごろ

宮城県石巻市は13日、新たな文化芸術拠点として整備する複合文化施設の設計内容を公表した。1、2階合わせ1250席の大ホールと300席の小ホールを設置し、市民ギャラリーや研修室、アトリエを備える。2021年3月ごろの開館を目指す。 東日本大震災で全壊した石巻文化センターと市民会館に代わる施設として、同市開成地区の市有地に建設する。地上4階で最も高い部分は36メートル。延べ床面積は1万3270平方メートル。施設本体の予定価格は66億4500万円。 大ホールは2階席をカーテンで仕切り、中ホールとしても...
Read More

使用料、値上げラッシュ 宇治市の公共施設

きょうから軒並みアップ 宇治市は文化センターやコミセン、駅前自転車等駐車場など市内公共施設の使用料を平均で「10〜25%」値上げし、きょう1日から新料金の適用を始める。駐輪場の利用では40〜50%値上げされるものもあり、通勤・通学で駅前駐輪場を利用する世帯にとっては厳しい値上げとなりそう。 今後4年間で約85億円の収支不足が見込まれる中「財政健全化の一環で見直した」(市当局)という。公共施設の使用料では文化会館など開設以来、30年以上にわたって使用料金を据え置いてきたものも多い。 このうち市内1...
Read More

LRT起点の宇都宮駅東口に、ホテル、コンベンション、病院などの複合施設

優先交渉権者に野村不動産ら、宇都宮市が発表 宇都宮市は6月25日、「宇都宮駅東口地区整備事業」の優先交渉権者について、野村不動産を代表企業とする「うつのみやシンフォニー」グループに決定したと発表した。提案内容は、中央街区に民間施設(商業、生活サポート〔教育,子育て,金融〕、ホテル、医療施設、業務施設など)と、公共施設(コンベンション施設、交流広場など)を、南街区に分譲マンション(民間施設)と市営自転車駐車場を整備するというもの。 事業用敷地は、2022年3月開業を予定しているLRT(Light ...
Read More

<秋田・新文化施設>23億円増に市議ら批判 事業費高騰254億円

秋田県と秋田市が市中心部の県民会館跡地に共同整備する新文化施設の総事業費が、6億円増額した昨年12月時点の見積もりよりさらに23億円増え、約254億円に膨らむ見通しであることが、27日分かった。 県によると、増額分は建設資材や作業員の労務費約12億円、県産材や伝統工芸品の活用に伴う費用約9億円など。県文化振興課は「建設業界の人手不足による人件費高騰などが響いている。建築材の変更を含め、経費削減に取り組む」と説明する。 当初計画では総事業費を約225億円と積算していた。しかし昨年12月、埋蔵文化財...
Read More

新文化施設の整備費23億増 県産材使用で資材、労務費高騰

秋田県と秋田市が県民会館所在地(同市千秋明徳町)に共同で整備する新文化施設の総事業費が約23億円膨らみ、概算で254億円と見込まれることが明らかになった。労務費や資材費の高騰、県産材の活用が主な要因という。昨年12月時点の見積もりでは、埋蔵文化財の調査範囲が広がったことなどを理由に、事業費を当初計画から6億円増の231億円としていた。 市企画調整課によると、今回増額となったのは本体施設整備費がほとんど。建設資材や作業員の労務単価の上昇分12億円、内装への県産材や伝統工芸品の活用など9億円、エレベ...
Read More

岡山)「文化施設を新しい広場に」劇作家平田オリザさん

劇作家で演出家の平田オリザさんが24日、瀬戸内市の瀬戸内市民図書館で「文化の自己決定能力とまちづくり」と題し、図書館などを拠点にした街づくりについて講演した。そうした施設を「新しい広場」と位置づけ、文化活動が地域社会をつなぐ鍵になると説いた。 講演会には約100人の市民らが出席した。芸術活動のほか奈義町など全国の街づくりにもかかわる平田さんは、かつてどこの街でも駄菓子屋や床屋、銭湯のある商店街があり、地縁や血縁、ご近所といった「無意識のセーフティーネット」があったと前置きした。しかし市場経済や利...
Read More