タグ: 施設

新文化施設の事業者、応募しやすく 氷見市、借地期間を緩和

氷見市は4日までに、旧市民病院跡地で整備する新文化施設「ひみ文化交流プラザ(仮称)」の民間棟施設について、当初30年間で募集した借地期間を事業者が自由に提案できるように変更した。「30年は長すぎて事業計画が立てにくい」との指摘に応じた。民間棟はカフェやレストラン、ショップが想定され、「まちの顔」となる新施設に人を呼び込む鍵を握る。条件緩和で魅力ある提案を持つ事業者の参加を促す。 変更後の要項では、借地期間を「概(おおむ)ね30年程度」にした上で事業者に委ねることとし、30年にこだわらないことをう...
Read More

長崎市 文化施設の基本構想策定初会合 有識者会議 /長崎

県庁跡地(長崎市江戸町)に長崎市が整備を予定する文化ホールの基本構想を策定する有識者会議(会長=堀内伊吹・長崎大教授)の初会合が27日、同市内であり、新たな施設が担う役割などを話し合った。来年3月までに4回の会合を開き、ホールの役割や部屋の配置などの基本構想を策定する。 市が設置した会議は、文化芸術団体や舞台… https://mainichi.jp/articles/20181228/ddl/k42/010/272000c ...
Read More

高田賢三が兵庫県姫路市の新施設内の緞帳をデザイン、2021年秋開館

デザイナーの高田賢三が、2021年秋に開館する兵庫県姫路市の新施設「姫路市文化コンベンションセンター」で使用される緞帳のデザインを担当した。施設内の大・中ホールの緞帳に使用される予定だ。 新施設の建設は姫路駅周辺の地区整備事業「キャスティ21計画」の一環で、文化と芸術の拠点としての機能と「ものづくり力の強化」「地域ブランドの育成」「交流人口の増加」を促進する機能を備えた施設として展開。館内は大ホールをはじめ、中ホールや小ホール、リハーサル室、展示室などで構成される。 大ホール用の緞帳は、姫路市を...
Read More

秋田県4件/県・市連携文化施設を公告/建築予定価格141億

秋田県は26日、WTO対象の県・市連携文化施設建築工事と同電気設備工事の一般競争入札を公告した。ともに参加形態は4社JV。参加申請書は2019年1月15日まで受け付ける。入札書の提出期限は2月18日。3月12日に開札する。 県民会館と市文化会館の両文化施設の老朽化が進んでいることから、県と市が共同で代替施設を整備する。 規模はSRC一部S造地下2階地上5階建て延べ2万2653?で、付属駐車場はS造1層2段延べ2404?。高機能型と舞台芸術型の2ホールを備え、オーケストラの演奏などに対応する高機能...
Read More

官民連携!福島駅東口に大規模集客施設 福島市まちづくり構想

福島市は中心市街地のにぎわい創出や公共施設の再編整備に関する基本的な方向性をまとめ、25日発表した。JR福島駅東口前周辺(中合福島店周辺)で民間が進める再開発事業と連携し、大規模な会議・大会(コンベンション)などを開催できる集客施設を新しい複合施設に整備する。事業化に向け、複数の検討委員会を設立して詳細な計画を来年中に策定する方針で、関連経費を年度内に補正予算として計上する。 木幡浩市長が25日に市役所で開かれた市議会全員協議会で「風格ある県都を目指すまちづくり構想」として発表、説明した。人口減...
Read More

複合施設28年完成を 湖西市長に報告書提出

湖西市の市民会館に替わる複合施設を考える市民会議の検討内容を伝える報告書がまとまり、二十五日、会議に出席した市民委員が報告書を影山剛士市長に提出した。報告書は二〇二八年までに施設を完成させるよう求めており、影山市長は「報告書の内容を尊重し、実現へ向け前へ進めていく」と話した。 会議は、市が無作為に選んだ市民千人のうち、高校生から七十代までの希望者二十四人を委員に五回会合を持った。報告書では、複合する機能として、数百席程度の音楽ホール、防災本部、図書館のほか、飲食・商業施設、市のPR機能を挙げた。...
Read More

御津総合支所複合施設に公的サービス集約へ たつの市が基本設計

兵庫県たつの市は、御津総合支所の建て替えに伴い、隣接する御津文化センターの敷地内に整備する複合施設の基本設計をまとめた。行政、保健、生涯教育の公的サービスを1カ所に集約。住民の利便性向上に加え、多目的な利用に柔軟に対応できる新拠点づくりを目指す。2019年夏の着工、20年度末の完成予定。 同支所をはじめ、町内各所に点在するいずれも老朽化した御津保健センター▽御津公民館▽高齢者ふれあいセンター「梅寿園」−の機能を一体化。文化センターの南東側に、鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約1800平方...
Read More

下妻市が複合防災施設等市場調査結果/新庁舎はDB、DBO

【交流CはDBO、BTO】 茨城県下妻市は19日、下妻市複合防災施設等整備官民連携事業のサウンディング型市場調査結果を公表した。参加した6事業者からは、事業スキーム・契約形態について新複合庁舎はDB(設計・施工一括)かDBO(設計・施工・運営)、地域交流センターはDBOかBTO(建設・譲渡・運営)が適正との意見がほとんどだった。余剰地活用事業における土地の土地扱いは、売却が望ましいが、定期借地でも活用できる可能性はあるとの意見が出た。これらの意見を参考に2018年度内に庁舎等建設基本計画を策定す...
Read More

四万十市の文化複合施設/6550?、建設費は49億/年度内に基本計画策定

高知県四万十市は、「四万十市文化複合施設(仮称)基本計画(案)」を公表した。基本理念は“未来を紡ぐ参加・交流・創造の拠点”で、施設全体面積延べ6550?、概算建設費約49億円などを想定。整備は従来方式とDBO(設計・建設・運営)方式、DB(設計施工一括)方式のいずれかで進めるとし、2023年度前半の竣工、同年度内の開館を想定している。 同施設は、老朽化している市立文化センターと市立中央公民館、市立働く婦人の家と、JA高知はた本館を複合した施設として計画。 建設予定地は右山五月町の敷地約6200?...
Read More

崇仁地区に文化芸術施設誘致へ 京都駅東部、京都市が方針

京都市は19日、旧同和対策事業の一環で進めてきた崇仁地区(下京区)の住宅地区改良事業を完了した後、空き用地に文化芸術を核とする施設の誘致を目指す方針を明らかにした。市が同事業完了後の将来像を打ち出すのは初めて。 市は住宅地区改良法に基づき、1960年から崇仁地区の不良住宅を買収し、これまでに1073戸の改良住宅を整備した。だが、改良住宅が老朽化する中、人口流出や高齢化もあって建て替えが進まず、同地区の衰退が懸念されている。 市は、この日の京都駅東部エリア活性化将来構想検討委員会で示した構想素案で...
Read More

ふじみ野市/文化施設アドバイザリー/参加表明1月8日まで

埼玉県ふじみ野市は17日、「ふじみ野市文化施設整備事業アドバイザリー業務」の公募型プロポーザルを公告した。参加表明書を2019年1月8日まで、提案書を同16日まで受け付け、同下旬に特定する。民間活力手法の導入による2施設の整備と3施設の運営を検討しており、19年度にも事業者を募集する。 老朽化が著しくて耐震性能も不足する大井中央公民館は他の施設との複合化によって現在地で建て替え、上福岡公民館・コミュニティセンターと勤労福祉センターの2施設は大規模改修を行うことにしている。 現在の規模は、大井中央...
Read More

茂原市複合文化施設

26年度までに開館 検討委了承 /千葉 老朽化により来年3月末で閉館する茂原市民会館に代わる複合文化施設を検討してきた市は、公民館機能も備えた施設を現在地に2026年度までに開館させる基本計画案をまとめた。建設検討委員会が16日、了承した。市民からの意見を聞き、来年3月に正式決定する。 計画案では、新施設は市民会館と公民館の機能を持ち、延べ面積6300平方… http://mainichi.jp/articles/20181218/ddl/k12/010/032000c ...
Read More

新文化施設新築工事を公告/22年度中に開業/高槻市会員専用

大阪府高槻市は、「高槻市新文化施設新築工事」の一般競争入札を公告した。入札書を2019年1月30日までに郵送によって受け付ける。2月4日に入札する。旧城跡公園野球場と併設の旧市営駐車場エリアに、1500席規模の大ホール、200席の小ホールなどが入る施設を整備、22年度中の開業を目指す。 https://www.constnews.com/?p=61067 ...
Read More

印西市がUR事務所跡地活用方針/福祉・芸術文化施設を建設

【19年度基本計画、22年度着工】 千葉県印西市は、北総線千葉ニュータウン中央駅近くにある都市再生機構(UR)の事務所敷地の活用に向け、福祉関連や芸術文化の機能を基本とした複合施設を建設する施設整備方針を固めた。2019年度は福祉や文化などの団体、住民代表者などで構成する検討委員会を立ち上げ、基本計画を策定する予定だ。基本設計は20年度、実施設計は21年度に実施する。22年度の着工、23年度の完成、24年度の供用開始を目指す。 建設地は同駅から約350m東南東に位置する同市中央南1−4−3の76...
Read More

中野サンプラザ 後継施設 「2000〜3000人規模に」再整備へ活発議論

解体される中野サンプラザ(中野区)と周辺地区の再整備をテーマに議論している「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」が12日、中野区内であり、委員が班ごとに分かれて意見を発表した。サンプラザの後継施設として最大1万人を収容できるアリーナを建設する案がある中、委員からは「2000から3000人規模のホール」を求める意見が相次いだ。 (渡辺聖子) この日は、中野駅前と後継施設の間の空間を広場とする意見や、区民が使える小ホールや美術館、保育施設などをつくる提案があった。「中野らしさを求める」や「東京...
Read More

東京・神田明神に新施設「EDOCCO」 19日に「正論」「Hanada」特別イベント

江戸総鎮守として崇敬を集めてきた神田明神(千代田区)の創建1300年記念事業の一環として、境内に文化交流館「EDOCCO(エドッコ)」が15日、オープンする。 コンセプトは「伝統と革新」。コンサートやビジネス向けに使用できる多目的ホール(スタンディングで最大約700人収容)が目玉で、飲食をしながら伝統芸能のショーなども楽しめるスタジオ、土産物店、飲食店などを備える。 大鳥居(おおとりい)信史宮司(79)は「伝統は作っていくもの。守るだけでは継承できない」と強調する。歴史ある神社に清新な空気を吹き...
Read More

福井市文化施設の入館無料見直し

財政再建で20年度から 福井県福井市財政再建計画(2018〜23年度)に歳入確保策の一つとして盛り込んだ施設使用料・手数料の見直しについて市は12月4日、文化施設で子どもや高齢者らに対して無料としている入館料を、受益者負担の原則を踏まえ適切な金額に見直す方針を明らかにした。20年度から実施し、毎年度約900万円の増収を見込む。 4日の市議会一般質問で、八田一以議員(一真会)の質問に西行茂副市長が「適切な水準となるよう改正を進め、財源確保に努めていきたい」と答弁した。 市が11月に実施し、結果を集...
Read More

四万十市の文化複合施設/発注方式、公募条件を検討/12月7日まで受付

高知県四万十市は、基本計画の策定を進めている四万十市文化複合施設(仮称)の発注方式や公募条件などを検討するため、設計事務所および施工業者から意見を募集する。応募は7日まで電子メールで受け付ける。10日までにアンケート回答フォームが返信され、14日までに入力済みのアンケート回答フォームを送信する必要がある。 市では、事業者のより深い相互理解を図り、そのノウハウを取り込みやすい発注方式をとりまとめ、より参加しやすい公募条件を整理することを目的にアンケートを実施することにした。対象は、11月1日時点で...
Read More

施設利用で警告 川崎市、ヘイト事前規制で初の指導

川崎市は2日、公的施設でのヘイトスピーチを事前規制する市のガイドラインに基づき、市教育文化会館の利用を申請した団体に差別的言動をしないよう警告した上で許可した。この団体は6月、同じ施設で講演会を開催予定だったが、ヘイトに反対する数百人の抗議を受けて中止していた。市によると、3月施行のガイドラインを適用した行政指導は初めて。 市は「不当な差別的言動を行わないことなど関係法規を確実に順守するよう警告する」との文書を団体側に渡し、利用を許可。2日午後、ヘイト問題をテーマにした弁護士の講演会が約3時間開...
Read More

新文化施設整備などに62億円 岡山市の補正予算案

岡山市は27日、一般会計と特別会計を合わせて総額62億3300万円の2018年度11月補正予算案を発表した。新しい文化施設「岡山芸術創造劇場」(仮称)の整備や市立学校への空調設置、西日本豪雨を受けた防災対策の関連経費などが柱となる。 新劇場の土地の取得費として、29億7000万円を計上。市中心部の表町商店街南端の千日前地区に、現在の市民会館と市民文化ホールを統合・移転させて整備する。22年秋に開業予定で、建設費約205億円は債務負担行為に設定した。 空調整備に関しては、今夏の猛暑を受けて当初方針...
Read More

観光・文化施設の運営権売却検討 鳥取県

鳥取県は20日、県立の観光・文化施設の運営権を民間に売却するコンセッションの導入を検討することを決めた。観光施設10カ所と文化施設3カ所の中から201… https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3799565020112018LCC000/ ...
Read More

名称「さいき城山桜ホール」 複合施設、市が発表

佐伯市は20日、市中心部に建設している複合施設の名称を「さい・・・ http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/11/21/JD0057532812 2020年秋、大手前にオープン予定の新しい建物の名称はさいき城山桜ホールに決まりました 7月2日から8月16日まで「新しい建物に名前をつけてください」と題し、名称を募集したところ、22都道府県から927点の作品をお寄せいただきました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 選考委員会による選考を経て、...
Read More

ホール予約は1年前から 新文化施設、運営素案を近く提出 秋田

秋田県と秋田市が県民会館跡地(同市千秋明徳町)に共同で整備する新文化施設の運営管理に関する検討委員会の第3回会合が20日、同市の中央市民サービスセンターで開かれた。開館時間を原則午前9時〜午後10時とし、ホールの予約は約1年前から受け付けるなどとした「運営管理計画」の素案を、近く県議会と市議会に提出することを確認した。 会合は今回で終了。素案は、来月にパブリックコメント(意見公募)を行い、議会の意見も踏まえて、3月に正式な計画としてまとめる。 https://www.sakigake.jp/ne...
Read More

DB方式の整備可能性を把握/文化複合施設整備の市場調査/東大阪市

大阪府東大阪市は、文化複合施設の整備に向けてサウンディング型市場調査を実施し、その結果概要を公表した。展示専門業者、建築コンサル事業者、グループ企業の3事業者が調査に参加した。市はDB方式での文化複合施設整備の可能性があることを把握できたとし、整備の検討をさらに進める。 東部地域仮設庁舎として利用している建物を改修し、四条図書館、郷土博物館、埋蔵文化財センター、市史史料室が入居する文化複合施設として整備するため、設計施工一括発注方式による整備の実現可能性を調査した。 DBでの事業実施の可能性は、...
Read More

青山劇場・青山円形劇場の存続について思うこと――劇場という「施設」を残す議論ではなく「機能」を残す議論に

大規模修繕の工事費が確保出来ず、2015年2月に閉館したこどもの城(東京・青山)。公益財団法人児童育成協会が管理運営する施設で、併設された青山劇場・青山円形劇場も閉館となり、演劇界に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しい。 […]...
Read More

千葉県我孫子市/文化交流拠点施設整備/PFI導入検討、19年春ごろ構想素案

千葉県我孫子市は8日、閉館した市民会館の代替施設として計画する「文化交流拠点施設」について、建設構想素案の取りまとめに向けた中間報告を公表した。延べ床面積は8100〜8600平方メートルを想定。PFI手法の導入も検討するとした。市民から意見を募った後、19年春ごろの構想素案策定を目指す。 建設候補地は手賀大橋(県道8号船橋我孫子線)の同市取り付け部から南東に広がる「高野山新田地区Aエリア」(敷地面積約1万5000平方メートル)。施設は文化芸術発信と創造支援、交流促進の3機能を導入。建物内に100...
Read More

複合施設の駐輪場で火事 放火の疑い 兵庫・川西市

29日夜遅く、兵庫県川西市の文化ホールなどが入る複合施設で駐輪場に止めてあった原付バイクや自転車などが焼ける火事がありました。けが人はいませんでしたが、警察は放火の疑いもあるとみて調べています。 29日午後11時50分すぎ、川西市にある複合施設「キセラ川西プラザ」で、付近の住民から「火があがって、煙が出ている」と消防に通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、駐輪場に止めてあった原付バイク1台と自転車3台が焼けたほか、隣接する壁や窓ガラスの一部が燃えました。けが人はいませんでした。...
Read More

東京・吉祥寺シアター1Fカフェスペース(元・シアターカフェ)の運営事業者を公募中。内装・厨房設備を居抜きで使え、施設使用料(賃料)は無料

今年2月末に閉店した吉祥寺シアター(東京・吉祥寺)1Fの「シアターカフェ」。私の好きなハートランドビールを置いてくれている素敵なカフェでした。 吉祥寺シアターを管理運営する公益財団法人武蔵野文化事業団が、このカフェスペー ...
Read More

【震災からの「心の復興」】石巻市に文化・芸術の新拠点となる複合文化施設が着工

宮城県石巻市の文化・芸術活動の新たな拠点となる(仮称)複合文化施設建設工事の安全祈願祭が23日、同市開成の現地で開かれ、大成建設・丸本組JVの施工で本格着工した。設計は藤本壮介建築設計事務所が担当。2021年2月に大ホールなど一部をプレオープンさせ、21年度の全体完成を目指す。 東日本大震災の津波による被害を受けて解体した石巻文化センターと石巻市民会館を集約し、東側に約1250人を収容可能な大ホール、西側に美術・民俗資料といった文化財の展示施設など、5ブロックで構成する複合施設を建設する。 規模...
Read More

文化会館、民間施設で代替 大型ホテルと協定へ 日光市

日光市は9日の同市議会全員協議会で、廃止した公共施設の代替施設に民間施設を利用するための制度導入を検討していることを明らかにした。大型の宿泊施設が数多く立地する同市の特性を生かす。既に廃止の方針が示されている2カ所の文化会館の代替に向け、実現を目指す。 同市によると、こうした制度は全国でもあまり例がないという。 同市はこれまで藤原総合文化会館(同市鬼怒川温泉大原)と日光総合会館(同市安川町)の2施設について廃止の方針を示している。藤原総合文化会館は鬼怒川温泉街が近く、会議室やコンベンションホール...
Read More

宮城・利府の文化複合施設建設、事業費膨張7億円増 五輪などの影響で人件費や資材費高騰

宮城県利府町が2024年度の完成を目指し、整備を進める文化複合施設の事業費が当初計画より7億円膨らむ見通しとなった。増額分の一部を盛り込んだ18年度一般会計補正予算案が町議会9月定例会で可決された。20年東京五輪などの影響で、人件費や資材費が高騰したのが要因という。 施設は、同町の県道仙台松島線沿いの約2.2ヘクタールに整備する。町は14年、近隣の施設を参考に用地取得や造成費などを含めた概算の総事業費を50億円と算出。工期を二つに分け、1期分の事業費を40億円とした。 1期(16〜20年度)分と...
Read More

JR東日本 品川新駅の都市計画発表 文化施設や住居

JR東日本は25日、東京都港区で建設中の品川新駅(仮称)を中心とした都市計画のうち、第1期の概要を発表した。国際的なビジネス交流拠点を目指し、外国人向けの住居を備えた地上45階、高さ約173メートルの高層ビルや、ホールを備えた文化施設などを建設する。2024年度の本格開業を見込む。 新駅は山手線と京浜東北線の品川−田町間… https://mainichi.jp/articles/20180926/k00/00m/040/062000c ...
Read More

エイト日技を特定/文化の森総合公園文化施設長寿命化計画策定/徳島県

徳島県は、「徳島県文化の森総合公園文化施設長寿命化計画策定業務」の公募型プロポーザルを審査した結果、委託候補事業者にエイト日本技術開発を特定した。委託金額の上限は1120万円(税込み)で、これから契約手続きを進める。 業務内容は、4館棟(博物館・鳥居龍蔵記念博物館・美術館・二十一世紀館、SRC造地下1階地上4階建て塔屋1層延べ2万3732?)、図書館棟(SRC造3階建て塔屋2層延べ8989?)、文書館棟(SRC造4階建て延べ1780?)、すだちくん森のシアター(SRC造地下3階地上2階建て延べ1...
Read More

「キセラ川西プラザ」完成 文化と福祉の複合施設に 古田敦也さんのギャラリーも

川西市が整備を進めていた文化と福祉の複合施設「キセラ川西プラザ」(同市火打)が完成し19日、開館記念式典が開かれた。妊婦や引きこもりの若者らを支援するセンターや市内最大の文化ホールを備えるほか、同市出身の元プロ野球選手、古田敦也さん(53)の野球人生をたどるギャラリーも併設する。式典には大塩民生市長や古田さんらが出席し、幅広い世代が交流できる新施設の門出を祝った。オープンは25日。 市内の公共施設の老朽化と耐震不足に対応するため、市文化会館や中央公民館、ふれあいプラザなどの機能を移転し、集約した...
Read More

3万人超を収容/文化・スポーツ施設想定/代々木公園スタジアム構想

東京都渋谷区の都立代々木公園に、スタジアムを建設する構想が民間団体から発表された。民間主導により、3万人超を収容するスタジアムを軸に検討している。サッカーなどプロスポーツのほか、大型音楽フェスティバルなど文化を発信するイベントの会場としての活用を想定している。 東京都渋谷区と日本財団が13日に開いた、対話型プログラム「都市とスポーツとエンタテインメントの未来」の中で、渋谷区観光協会代表理事兼渋谷未来デザイン理事・プロジェクトデザイナーの金山淳吾氏が公表した。 スタジアム敷地内にペデストリアンデッ...
Read More

本庁舎は耐震・増築/文化施設は耐震改修/輪島市が整備方針

石川県輪島市は、外部の有識者で構成する審議会がまとめた本庁舎等整備方針(案)を公表した。本庁舎は既存施設の耐震補強と新施設の増築、文化施設は耐震改修が望ましいとしている。 基本方針案によると、財源確保、市民負担の観点から本庁舎は「耐震補強を行うとともに、(現在地の)前面空地で輪島の将来にふさわしい、市民の利便性や業務の効率化に配慮した規模で、かつ災害時の防災拠点になりうる庁舎を増築すべき」と明記している。概算事業費として21億円を見込んでいる。 文化施設は「早期に耐震を含めた改修により、長寿命化...
Read More

福島県矢吹町/複合施設建設/18年度内に施工者選定

福島県矢吹町は、公民館や図書館など四つの機能を集約した「(仮称)矢吹町複合施設」について、18年度内に制限付き一般競争入札で建設工事の施工者を選定する。中心市街地のにぎわい創出拠点として位置付けており、19年度内の完成を目指す。町が福島県建築設計協同組合に設計を委託し、実業務は鈴木伸幸建築事務所・エスデー設計研究所JVが担当。 建設地はJR矢吹駅西側の中心市街地で町道北町新町線(旧奥州街道)沿いの旧JA跡地(本町)。敷地は約4400平方メートル。子どもから高齢者まで年代を超えて交流できる町のシン...
Read More