タグ: 新作

川村毅の新作・演出 舞台『レディ・オルガの人生』9/29、吉祥寺シアターにて開幕!

1987年作『フリークス』リーディングを経て、いよいよ川村毅新作・演出『レディ・オルガの人生』が開幕する。フリークスと同様、映画「グレイテスト・ショーマン」でも描かれた、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリーサーカスを彷彿とさせるこの舞...
Read More

ふくふくやの新作は風俗の世界に挑む! ~真実なんてクソくらえ~『ウソのホント』 山野海・司茂和彦・岩田和浩・浜谷康幸インタビュー

女優で演出家の山野海は、作家・竹田新としても活躍中だが、その所属劇団ふくふくやの新作、~真実なんてクソくらえ~『ウソのホント』が、9月20日から30日まで下北沢駅前劇場にて上演される。 ふくふくやは、1999年春、女優・山野海を中心に設立。毎回多様な客演を迎え、家...
Read More

iakuが新作公演『逢いにいくの、雨だけど』を東京と大阪で上演!

大阪を中心に活動する劇作家・演出家の横山拓也が主宰する演劇ユニットiaku(いあく)が、11月に東京・三鷹市芸術文化センターで、12月に大阪・八尾プリズム 小ホールで、新作『逢いにいくの、雨だけど』を上演する。 【ごあいさつ 横山拓也】iaku として、三鷹市芸術文化...
Read More

古川健の新作で戦後73 年を描く『かのような私 -或いは斎藤平の一生-』 高橋正徳×亀田佳明 インタビュー

文学座アトリエの会では「新しい台詞との出会い―戦後再考」をテーマに、近年演劇界で注目されている劇団チョコレートケーキの古川健の新作を、9月7日から上演中だ。(21日まで。そののち八尾、可児公演あり)あさま山荘事件、大逆事件、ナチスなどシリアスな社会的な事象...
Read More

劇団チョコレートケーキの古川健の新作を高橋正徳が演出、文学座公演『かのような私 -或いは斎藤平の一生-』上演中!

文学座アトリエの会では「新しい台詞との出会い―戦後再考」をテーマに、近年演劇界で注目されている劇団チョコレートケーキの古川健の新作『かのような私 -或いは斎藤平の一生-』を上演中だ。(9/7~21@文学座アトリエ、そののち八尾市と可児市でも公演)あさま山荘事件、...
Read More

横山拓也「新たな境地に向かっている」iaku新作『逢いにいくの、雨だけど』上演決定

関西出身の劇団として注目を集めている演劇ユニットiaku。このほど、同ユニットの新作『逢いにいくの、雨だけど』の上演が決定した。2018年11月より東京と大阪の2都市で上演される。 作・演出を務めるのは横山拓也。出演者には尾方宣久(MONO)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)、近藤フク(ペンギンプル... ...
Read More

新作舞台『メサイア』上演決定!山田ジェームス武、宮城紘大ら北方連合の物語に

世界規模の軍縮協定により、兵器による戦争がなくなり情報戦が激化した世界に生きるスパイの男たちを描いた「メサイア」シリーズ。その新作舞台『メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―』が2019年2月より東京と大阪の二都市で上演されることが決定した。 今作では、サクラ候補生たちと敵対するサリュート... ...
Read More

飯田來麗、矢代卓也ら出演『アルカナ・ファミリア』エピソード4はオリジナルストーリー!新作レポート

舞台『アルカナ・ファミリア Episode4 アルカナ・デュエロ』が、2018年8月18日(土)に開幕した。本作は、“乙女ゲーム×少年漫画”をコンセプトとするゲーム「アルカナ・ファミリア」の舞台化第5作目。喜多村太綱の脚本、八十島美也子の演出で、キャッチコピーにもなっている「すべては”あな... ...
Read More

舞台(と呼ばれてきたもの)を作るのをやめる新作。スペースノットブランク「舞台らしき舞台されど舞台」が9月6日より上演

スペースノットブランク「舞台らしき舞台されど舞台」メインビジュアル   スペースノットブランクによる「舞台らしき舞台されど舞台」が9月6日(木)から東京・カフェムリウイ 屋上劇場で上演される。   スペースノットブランク20...
Read More

岩井秀人の新作に松尾スズキ、松たか子、瑛太らが出演! 舞台「世界は一人(仮)」2019年2月から芸劇ほか各地で上演

舞台「世界は一人(仮)」松尾スズキ、松たか子、瑛太   岩井秀人の作・演出による舞台「世界は一人(仮)」が2019年2月から東京芸術劇場プレイハウスほか各地で上演される。出演は松尾スズキ、松たか子、瑛太など。   岩井秀20...
Read More

岩井秀人が新作の「音楽劇」でプレイハウス進出 出演に松尾スズキ、松たか子、瑛太ら

劇団ハイバイの岩井秀人が作・演出を手掛ける『世界は一人(仮)』が、2019年春に東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて上演されることが決定した。岩井は、2003年に「ハイバイ」を結成後、2013年に『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞を受賞している。小劇場を中心に上演されてきた岩井作品だが、今... ...
Read More

ティーファクトリーが新作上演に先駆けて、2つの戯曲を読むイベントを開催!

1987年『フリークス』初演時舞台写真 PARCO SPACE PART3(演劇ぶっく No.7より)劇作家川村毅率いるティーファクトリーが「『フリークス』の時代から『レディ・オルガの人生』の今へ~新作『レディ・オルガの人生』を三倍愉しんでいただくために~」と題して、最新作に関連...
Read More