Tag: 文化

高砂市文化会館で「0歳からのクラシックコンサート」 子連れ参加の声受け企画

高砂市文化会館(高砂市高砂町)で2月9日、「ぶらっとmini concert vol.2〜0歳からのクラシックコンサート〜」が開催される。主催は同会館を指定管理運営する「たかさご文化創造プロジェクト」。 未就学児を持つ親からの、「子ども連れだとなかなかコンサートに行けない」との声を受け、昨年12月に初開催した同コンサート。毎回違った出演者による演奏で様々なジャンルの音楽を誰でも楽しめる内容で、今回が2回目の開催となる。 館長の安永悟さんは「今回は、自分がたつの市役所に勤めていたころにご縁のあった...
Read More

さようなら「市教育文化会館」 3月末閉鎖直前にイベント

川崎市内有数のコンサート会場として利用されてきた市教育文化会館大ホール(川崎区富士見二)が三月三十一日に閉鎖される。その前に、市民が舞台で歌や踊りを披露したり、備え付けのピアノを弾き比べたりできるイベントを開く。担当者は「大物歌手も立った舞台で貴重な体験ができる」と参加を呼び掛けている。 (大平樹) 同会館は一九六七年、市産業文化会館として開館。会館職員によると、定員千九百六十一人の大ホールは長らく市内最大で、NHK放送技術研究所の指導を受けた音響は国内でも高水準だった。歌手の美空ひばりさんやロ...
Read More

豊島区 千登世橋教育文化Cの劣化診断を

豊島区は、建設から30年が経過する千登世橋教育文化センターの改修計画で、2018年度にも建物劣化診断などを実施する考えだ。同施設は教育センターや体育館、地域文化創造館などが入居し、延べ床面積は1万平方?を超える大規模施設。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180109500017.html ...
Read More

江戸文化の立役者が蘇る!橋本さとし、中川翔子らが出演『戯伝写楽 2018』本番直前稽古場レポート

2018年1月12日(金)から、東京・東京芸術劇場 プレイハウスにてcube 20th presents Japanese Musical『戯伝写楽 2018』が上演される。2010年の初演以来、8年ぶりに再演される本作は、演出に河原雅彦を迎え、新たに生まれ変わった。この稽古場の模様をレポ... ...
Read More

さくらホール、地域創造大賞 北上の文化活動拠点

北上市さくら通りのさくらホール(浅田格(いたる)理事長)は、一般財団法人地域創造(東京、板倉敏和理事長)が主催する2017年度地域創造大賞(総務大臣賞)に輝いた。市民の文化活動の拠点として、地元演奏家による音楽会や子どもの舞台芸術体験事業などが評価された。表彰式は19日、東京都千代田区のホテルで行われる。 同ホールは03年11月に開館。ガラス張りが特徴の施設は06年に日本建築学会賞の作品賞も受賞した。市文化創造が日常生活の中で遊べる施設を目指し、地元NPO法人芸術工房(新田満理事長)などと協力し...
Read More

同志社大・文化庁 地域の文化創造、どうあるべきか 芸術祭含むイベント、評価法など模索 共同研究開始

同志社大と文化庁は昨年12月、共同で「文化芸術創造都市に係わる評価と今後の在り方に関する研究」を始めた。同月6日に同大今出川キャンパスで行われたキックオフ・シンポジウムでは、国内外の文化創造活動に詳しい識者らが集い、現状や今後の課題を話し合った。 文化庁が、政策研究機能の強化と文化政策に関わる研究者ネットワークの構築などを目的にした「大学・研究機関等との共同研究事業」の採用第1弾。 本研究の背景にあるのは、地域の特性を文化芸術に生かし地域再生に取り組む自治体の増加だ。新潟県の「大地の芸術祭 越後...
Read More

横浜市 都筑区民文化C整備へ事業者選定委

横浜市は民活による都筑区の区民文化センター整備で、事業者選定プロセスに携わる委員会を1月下旬に立ち上げる予定だ。別の委員会が答申した基本構想などを踏まえて公募要項を具体化し、2018年度の公募手続きで区民文化センターを含む複合施設整備の提案を求めて審査するため。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/171227400033.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20171026/1508979310 ...
Read More

旅する/2 あきた文化産業施設「松下」 秋田市 舞妓復活あでやか 花街文化定着、手応え

赤や黄色といった鮮やかな着物を身にまとい、結い上げられた日本髪にはかんざしがキラリ。両手を膝の前につき、お辞儀する仕草に気品があふれる。しばしぼうっと見とれてしまうほどのあでやかさだ。 彼女たちは「あきた舞妓(まいこ)」。現在「会える秋田美人」として秋田市の観光に定着しつつある。 同市ではかつて芸妓(げいぎ)の文化が栄え、繁華街「川反(かわばた)」には100年ほど前、約200人もの芸妓がいたという。しかし近年、バブル崩壊などで料亭が姿を消しお座敷文化が衰退したため、10年ほど前に途絶えた。 「な...
Read More

文化施設の売却後賃借案可決 京都・城陽市議会

京都府城陽市が大規模文化複合施設「文化パルク城陽」(同市寺田)を売却後、市が賃借して利用を続ける「セール・アンド・リースバック」方式の導入に向けた3議案について、市議会は25日の12月定例会最終本会議で、いずれも自民党や公明党などの賛成多数で可決した。京都、滋賀の自治体でこの方式の導入は初めて。 議案は、建物の財産処分案、土地の無償貸付案、売却金を盛り込んだ2017年度一般会計補正予算案。 文化パルク城陽は1995年に開設した。市は、施設を80億円でNTTファイナンス(東京)に売却する。今後25...
Read More

市立文化芸術施設新築工事を公告/参加申請を1月11日まで受付/宝塚市

兵庫県宝塚市は、「(仮称)市立文化芸術施設新築工事」の一般競争入札を公告した。参加申請を2018年1月11日まで電子入札システムで受け付ける。2月5日と6日に入札し、7日に開札する。 参加資格は経審の建築一式工事の総合評定値が市内業者は1010点以上、市外業者は1200点以上など。予定価格は17億4500万円(税別)。 建物の規模は、文化芸術施設がS造2階建て延べ3110平方?、連絡通路がS造平屋延べ141平方?の新築。このほか、S造平屋延べ145平方?の休憩所の改修など。 設計は東畑建築事務所...
Read More

所沢市 カラー蓋で市民文化センターPR マンホール10カ所 /埼玉

所沢市はこのほど、市民文化センター「ミューズ」(同市並木)をPRするカラーマンホール蓋(ふた)を、最寄りの西武新宿線航空公園駅から同館の間の歩道(750メートル)の10カ所に設置した。 マンホールブームを受け、同館のPRや下水道事業のイメージ向上を目的に企画した。図案は外観、ホールのイラストや写真の9種類で、同館で販売している絵はがきの図案を活用した。イラストには「コンサートが楽しみ」「いろんな催し物がある」など、図柄に合わせて吹き出しも記されている。 市上下水道局は「一つの施設紹介で9種類デザ...
Read More

<南風>文化芸術で息抜きを

浦添市てだこホールは「文化芸術の力でみんなの笑顔を照らす太陽(てぃーだ)となる」を運営理念として掲げている。これは、どこでもだれでもどんな時でも平等に一人ひとりの足元を照らし、先行く道をいざなってくれる太陽のように、てだこホールも来館者一人ひとりの個性に応じて、文化芸術のもつ魅力を多くの人々に伝え、心からの笑顔を引き出すことができる施設を目指すとの思いが込められている。 ホールの役割はきっかけ作り。もしかしたら後の人生に大きな影響を与えることになるかもしれない文化芸術といかに幸福なかたちで出会え...
Read More

福岡市/拠点文化施設建設PFI/須崎公園と一括整備、事業費259億円

福岡市は、須崎公園(中央区天神)内の老朽化した市民会館の代替施設として計画している「拠点文化施設」の施設計画や事業手法の検討結果を明らかにした。約2000席の大ホールなどで構成し、建物規模は延べ約2万平方メートル。須崎公園の再整備と一括してBTO(建設・移管・運営)方式のPFIで行う方針で、公園の整備や維持管理・運営費も含む事業期間中の財政負担額は約258億5000万円を見込む。 須崎公園約3ヘクタールのうち県立美術館南側の敷地約1ヘクタールを拠点文化施設の建設地に充てる。市民会館の役割を継承す...
Read More

行橋市議会 建設経済委、委託契約案を可決 複合文化施設の設計・建設と運営 /福岡

行橋市議会建設経済委員会は18日、市が同市大橋で2020年4月の開館を目指す複合文化施設の設計・建設と運営を「行橋イノベーション」(同市南泉)に約49億4100万円で委託する契約案を賛成多数で可決した。施設を巡っては建設の賛否を問う住民投票をするための条例制定案が14日の市議会総務委員会で可決されたばかり。いずれも21日の最終本会議で採決される。 行橋イノベーションは、鹿島建設や図書館流通センターなど5社が出資した特定目的会社。建設経済委で18日に可決された契約案は、公共施設の建築・維持管理を民...
Read More

静岡市民文化会館 建て替えの規模変更

静岡市は建て替えを予定している市民文化会館のアリーナを、現在の3倍以上の7000席規模で検討していることがわかった。静岡市民文化会館の建て替えについて、市はこれまでに5000席以上のアリーナを整備する方針を示していた。しかし、5000席規模では音楽興行による収入が見込めず、維持管理費が膨らむことがわかり、黒字収支が見込める7000席に想定規模を変更したという。また2000席、800席規模のホールの整備も検討している。市は事業費を精査するなどして来年度以降策定する基本構想に向け協議を続けていくとい...
Read More

3事業で方針提示/拠点文化施設にBTO/福岡市/須崎公園の再整備

福岡市は18日、市議会の2017年度第5回定例会常任委員会で須崎公園の再整備など計画している3事業の整備方針を示した。須崎公園の再整備では、拠点文化施設と公園の事業手法をPFIのBTO(建設・譲渡・運営)とし、18年度早期の実施方針案の公表と同下期の入札公告を予定している。 常任委員会に示したのは、▽須崎公園再整備▽青果市場跡地のまちづくり▽乙金浄水場整備−−の3事業。 須崎公園の再整備は、事業手法やスケジュールなどを盛り込んだ整備計画案を報告した。魅力不足などの問題を抱える公園を周辺施設との調...
Read More

7000席アリーナを検討 静岡市民文化会館再整備

静岡市は18日、老朽化のため再整備を検討している市民文化会館(葵区)について、7千席規模のアリーナと2千席、800席の各ホールを整備する当局案を有識者による懇話会に示した。アリーナの規模はこれまで「5千席以上」としていたが、採算性や利用可能な土地面積などを考慮し、検討し直した。 市が示したアリーナの需要予測によると、5千席では興業利用が年4日なのに対し、7千席では年40日だった。市は「5千席規模では音楽興業による収入が見込めず、維持管理費が膨らむ」と強調。7千席規模であれば、アリーナ部分は黒字収...
Read More

新市民会館 スタッフの育成重要 岡山で文化芸術分野専門家らシンポ

岡山市は17日、北区表町の千日前地区に新築移転する新市民会館の在り方を探るシンポジウムを岡山シティミュージアム(同駅元町)で開いた。文化芸術分野の専門家らによるパネルディスカッションがあり、2022 ... http://www.sanyonews.jp/article/643348/1/ http://d.hatena.ne.jp/stnet/20171216/1513411943 ...
Read More

<秋田新文化施設>市、補償費概算で合意

秋田県と秋田市が共同で同市千秋明徳町に整備する新文化施設に関し、専用駐車場などの用地となる秋田和洋女子高の移転補償費を、市が確定額を出さないまま概算額の上限の約20億円で学校側と合意していたことが14日、分かった。 市は開会中の11月議会に移転補償費を含む本年度一般会計補正予算案を提案している。 石井周悦副市長は13日の市議会一般質問で「(市、県、同校の)3者の意思が合致し契約は成立した」と答弁。委託先のコンサルタントによる移転補償調査の中間報告に基づいて概算額で合意し、3者で11日に覚書を交わ...
Read More

兵庫県姫路市/文化コンベンションセンター整備/18年9月議会案件で工事発注へ

兵庫県姫路市は、JR姫路駅東側の再開発地区「キャスティ21」のイベントゾーン内(神屋町、約3・6ヘクタール)に計画している文化コンベンションセンターの外観イメージを公表した。文化ホールと練習室、会議室(多目的ホール)をそれぞれ大・中・小の3タイプ設けるほか、屋内外に展示場を配置する。現在は実施設計を日建設計が進めている。 施設規模は、文化・交流施設(北側)がRC・S造地下1階地上6階建て延べ2万2655平方メートル、コンベンション・展示施設(南側)がRC・S造3階建て延べ1万2871平方メートル...
Read More

茨城町、文化施設の整備再開へ 庁内委、方針や管理運営検討

基本設計を終えたが建築費の高騰で2014年に建設を延期していた文化的施設を巡り、茨城町は11日、整備を進める方向で具体的な検討を再開することを明らかにした。工事着手まで3〜5年が必要となる見通し。同日の町議会一般質問で小林宣夫町長らが答弁した。 副町長を委員長とする庁内検討委を設置し、整備方針の見直しや管理運営方法について検討する方針。議会や町民の代表者でつくる外部検討委も設置する。 閉校した旧駒場小校舎を活用した町駒場庁舎には既に公民館機能の一部を備えている。町長は「財政状況を考慮し建 ......
Read More

大阪府高槻市/新文化施設整備/設計業務報告書公表、19年度着工めざす

大阪府高槻市は新文化施設の今月時点の設計業務報告書を公表した。設計は日建設計が担当。「森の薫りに誘われてやわらかな光に包まれたとき、芸術にふれる喜びを確信する」建築計画とし、入り口を入るとすぐ右手に大ホール、正面に小ホール、左手には憩いのカフェ、その奥に創造交流エリアが見えるように配置。建築と公園が一つの風景としてつながるイベント広場も設ける。19年度の着工、21年度の完成を目指す。 配置計画では計画地・高槻城跡地の堀を公園計画で表現するよう検討し、二の丸の入り口だった升形の城への出入り口「虎口...
Read More

文化芸術支援へ「TETTOテット」開館 釜石市民ホール

釜石市大町の釜石市民ホール「TETTO(テット)」が8日、開館した。東日本大震災の津波で被災した市民文化会館に代わる市民の文化芸術の総合支援拠点。市民が育んできた文化活動は、新たな拠点の完成でさらに広がりを増していく。 開館記念式典が行われ、野田武則市長は「釜石市の文化芸術の新たな拠点であり、中心市街地復興の核施設となる。皆さんの居場所になるような空間として愛されてほしい」とあいさつ。一番太鼓や市民歌斉唱などで門出を祝った。 愛称の「TETTO」は775件の公募の中から選ばれた森美恵(みさと)さ...
Read More

北野天満宮に文化発信拠点 ホールや展示スペース施設完成印刷用画面を開く

京都市上京区の北野天満宮は、ホールや展示スペースを備えた施設「文道会館」を境内に建設、このほど完成した。展覧会や講演会などを通じて文化発信の拠点にするという。 鉄筋コンクリート造り、地上2階、地下1階、延べ約4800平方メートル。1階には300人が収容できる多目的ホールや社務所、2階には賓客を出迎える貴賓室を設けた。 これまで大人数が集まる場所がなかったため、新施設を建設した。天満宮は「地元の人にも利用してもらい、西陣織振興などにも貢献できれば」としている。 http://www.kyoto-n...
Read More

行橋市 複合文化施設建設 住民投票、きょう市長に本請求 署名数確定 /福岡

行橋市選管は6日、市の複合文化施設建設の賛否を問う住民投票に向けた有効署名数を4879筆と確定した。法定署名数の有権者の50分の1(1215筆)をクリアし、署名簿を提出した住民団体「『図書館建設まった!』の会」(まったの会)は7日に署名簿の返却を受け即日、市長に本請求する見通し。 選管によると、まったの会から11月10日に提出された署名簿のうち、署名年月日の未記入など248筆が無効となった。要件を備えた4881筆を同30日〜12月6日に縦覧にかけところ、閲覧に来た1人が「署名の取り消しを求めた6...
Read More

文化パルク城陽「売却違法」手続き中止を要望 市の弁護士ら /京都

城陽市の大型複合文化施設「文化パルク城陽」を民間企業に売却し賃借で使う「セール・アンド・リースバック」の導入をめぐり、同市に住む弁護士らが6日、建物売却と敷地無償貸し付けの手続きを中止するよう市に申し入れた。 申し入れ書は市在住の岩佐英夫、杉山潔志両弁護士ら3人(いずれも京都南法律事務所=京都市伏見区)の連名。文化パルクは設置目的や使用実態から地方自治法上の行政財産で、貸し付けや売却などは原則禁止されており、市が恣意(しい)的に処分可能な普通財産に変更することは違法だと主張している。 また同日、...
Read More

新文化施設、総事業額231億円に 調査費など膨らみ6億増

秋田県と秋田市が県民会館所在地(同市千秋明徳町)に共同で整備する新文化施設の総事業費が、これまでの計画から約6億円膨らみ、概算で総額231億円と見込まれていることが7日、分かった。 県によると、建設予定地の埋蔵文化財の調査範囲が当初計画より広がり、費用は4億円増の6億円となる。また、現県民会館の解体に伴うアスベスト除去費が2億円ほどかかり増しとなり、解体費は6億円となる見通し。 このほか、施設本体の整備費が181億円、設計・監理と外構工事費などが計13億円、駐車場整備のための秋田和洋女子高校の移...
Read More

静岡市民文化会館 現状の倍以上の規模検討(静岡県)

老朽化によって建て替えられることになった静岡市民文化会館について、市が整備を検討している複合型アリーナが現在の2倍以上となる5000席規模のものであることがわかった。静岡市民文化会館は開館から39年が経過し老朽化や耐震性の問題が深刻になってきている。これまでコンサートなどができる複合型アリーナ施設への建て替えが検討されていたが、7日、市民団体が市議会総務委員会へ陳情に訪れ、「大規模な多目的アリーナは必要ない。文化芸術鑑賞と創造を目的とする800席前後の中ホールと300席前後の小ホールを造ってくだ...
Read More

アートプロボノの概要とニーズ(1) アートプロボノの可能性 〜芸術文化団体のイノベーションに繋がるか〜

長期的には芸術文化団体の経営・運営のイノベーションに繋がる可能性を内在しているのかも知れない。 今回は、一般社団法人芸術と創造代表理事 綿江彰禅氏に執筆いただきました。 (以下、2017年12月6日アーツカウンシル東京「コラム&インタビュー」より転載) 専門人材によるボランティア活動をさすプロボノ(Pro bono publico)という言葉をご存知だろうか。アメリカにおいて発祥し、当初は法務の専門的な知識に基づく社会貢献活動をさしていたが、その後、税理士、会計士など資格を持つ方々にも広がってい...
Read More

19万?大型商業施設/新文化会館は約1万?/豊川市の工場跡地活用計画

愛知県豊川市は5日、市勤労福祉会館で八幡駅周辺地域のまちづくりに関する説明会を開き、八幡地区のスズキ、日立製作所両工場撤退後の跡地約22.3haを活用したまちづくり案を示した。スズキ豊川工場跡地にはイオンモールが延べ約19万1000?の大型商業施設の出店を予定している。日立製作所豊川事業所跡地は市の新文化会館などの建設地に充てる方針だ。 山脇実市長は、2016年3月に豊川事業所が閉鎖し、18年7月にはスズキ豊川工場が撤退することを報告。隣接する市民病院との連携を前提に、地元住民に対し両工場跡地を...
Read More

文化施設売却で説明求め署名 京都・城陽の市民有志印刷用画面を開く

京都府城陽市が大規模文化複合施設「文化パルク城陽」(同市寺田)を売却後に賃借して利用を続ける「セール・アンド・リースバック」導入を決め、市議会12月定例会に関連議案を提出したことについて、市民有志は6日、説明などを求める2112人分の署名を市に提出した。 署名は、市の財政状況を明らかにし、「身を切る改革」や市民への説明会を開くよう求める内容で11月27日から集め、今後も続けるという。呼び掛け人の皿木睦夫・前城陽市民余暇活動センター理事長らは「セール・アンド・リースバックについて全面的に反対してい...
Read More

文化施設売却で説明求め署名 京都・城陽の市民有志

京都府城陽市が大規模文化複合施設「文化パルク城陽」(同市寺田)を売却後に賃借して利用を続ける「セール・アンド・リースバック」導入を決め、市議会12月定例会に関連議案を提出したことについて、市民有志は6日、説明などを求める2112人分の署名を市に提出した。 署名は、市の財政状況を明らかにし、「身を切る改革」や市民への説明会を開くよう求める内容で11月27日から集め、今後も続けるという。呼び掛け人の皿木睦夫・前城陽市民余暇活動センター理事長らは「セール・アンド・リースバックについて全面的に反対してい...
Read More

津山市 津山文化センターのプロポ再々公募

津山市は、応募がなかったため中止していた、津山文化センター(山下68)の耐震補強と大規模改修についてDB方式(設計・施工一括発注)によるプロポーザルを再々公告し、参加表明書を28日まで受け付けている。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/171205600017.html ...
Read More

名古屋市観光文化交流局/市民会館再整備/18年度予算に調査費要求

名古屋市観光文化交流局は、中区金山にある市民会館の再整備に向けた検討を開始するため、18年度予算編成で1200万円の調査費を要求している。3月に作成された「金山駅周辺まちづくり構想」では、1972年完成で老朽化が目立つ市民会館を北側の古沢公園へ移転させ、跡地を公園や地域のシンボル的な商業施設にする案が示されており、予算が付けば、これを軸に検討を進める。 市民会館の敷地は1万4205平方メートル。建物はSRC造地下2階地上6階建て延べ2万8245平方メートル。2291席の大ホール、1146席の中ホ...
Read More