タグ: 戦後

東憲司が作・演出、音無美紀子・高橋長英・上原理生らが出演。戦後の基地周辺を舞台に描く『にっぽん男女騒乱記』9月に上演!

次々に精力的に作品を発表し続けている桟敷童子の東憲司。劇団公演以外でも、トム・プロジェクトのプロデュース公演には、『砦』や「満月の人よ』『エル・スール』など骨太な作品を提供し続けてきた。そのトム・プロジェクトで、9月に新作『にっぽん男女騒乱記』を作・演出...
Read More

和田憲明×野木萌葱のタッグで戦後史最大のミステリーに迫る『D51-651』間もなく開幕!

注目のタッグ、和田憲明×野木萌葱で6月23日から7月1日まで、《下山事件》を題材にした『D51-651』が、下北沢のシアター711で上演される。演出はウォーキング・スタッフの和田憲明、脚本はパラドックス定数の野木萌葱という組み合わせは、これまでに『三億円事件』...
Read More

ボートを拠点にする演出家・遠藤啄郎、戦後日本を見つめ直す

『さらばアメリカ!』 日本全国に数々の劇団が存在するが、御年89歳となる演出家・遠藤啄郎が選んだ活動形態は唯一無二と言っていいだろう。遠藤率いる劇団「横浜ボートシアター」は、横浜の港に浮かぶ船の上で37年にわたって創作活動を続け、『エディンバラ国際フェスティバル』『シビウ国際演劇祭』『ニューヨーク国際芸術祭』などでも高い評価を獲得してきた。この劇団が、2018年5月、KAAT神奈川芸術劇場で新作公演『さらばアメリカ!』を上演する。 42年前に書かれたものの「過激すぎる」と言われ、お蔵入りになって...
Read More