タグ: 意味

井上芳雄、井上ひさし最期の戯曲『組曲虐殺』で気づいた「演劇をやる意味」開幕コメント到着

2019年10月6日(日)に東京・天王洲 銀河劇場でこまつ座&ホリプロ公演『組曲虐殺』が開幕した。本作は、国の有様を憂い、虐げられた人々のためにペンを武器に「蟹工船」などの名作を世に送り出すことで国家権力に闘いを挑んだプロレタリア作家・小林多喜二が、29歳という早すぎる死を迎えるまでの波乱... ...
Read More

松井玲奈『神の子どもたちはみな踊る』インタビュー 「村上春樹さんの小説は、ひとつひとつの言葉に意味があるから」

2019年7月31日(水)から、東京・よみうり大手町ホールにて上演される舞台『神の子どもたちはみな踊る』は、村上春樹が1995年の阪神・淡路大震災を受けて書いた小説を原作とする舞台作品。村上の著作『海辺のカフカ』なども脚本化したフランク・ギャラティが書いた英語脚本を使用しており、今回日本初... ...
Read More

舞台『カリギュラ』で菅田将暉が主演「震えています、もちろん良い意味で」演出は栗山民也

栗山民也演出、 菅田将暉主演で、舞台『カリギュラ』が2019年11月から12月にかけて上演されることが決定した。本作は20世紀のフランスを代表する作家アルベール・カミュの作品で、“不条理の哲学”で知られるカミュ自身が、『異邦人』『シーシュポスの神話』と共に“不条理三部作”と位置づけた傑作戯... ...
Read More

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇で中河内雅貴「これからの未来に意味がある」

2019年4月5日(金)に東京・日本青年館ホールにてミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇が開幕した。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、中河内雅貴、本西彩希帆、和田雅成、山崎晶吾、赤澤燈が登壇した。 シリーズ累計100万本を超える大人気ゲーム『薄桜鬼』を原作とした「薄ミュ」。20... ...
Read More

『Dimensionハイスクール』石井孝英×大塚剛央インタビュー!「いろんな意味で革命を」

絶賛放送中の超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』(通称:Dスク)。ひょんなことから次元(=Dimension)を超えてしまった男子高校生たちが、アニメの世界と実写の世界を行き来しながら展開する学園ファンタジーに、若手男性声優の石井孝英(白山純平役)と大塚剛央(緑ヶ丘流星役)が... ...
Read More

松岡広大、カレンダー発売イベントで2019年の抱負を語る「イメージをいい意味で壊したい」

今年でデビュー10周年を迎えた松岡広大が、「松岡広大 2019年カレンダー」を発売した。その発売記念イベントが、2018年12月15日(土)に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、約1,000人のファンが集結。イベント前に行われた囲み会見では、松岡がカレンダーのことから来年の抱... ...
Read More

『大きな虹のあとで~不動四兄弟~』入江甚儀×市川知宏×上杉柊平×瀬戸利樹インタビュー!「僕らのやる“意味”」

2018年8月に、東京・シアターサンモールにて『大きな虹のあとで~不動四兄弟~』が上演される。本作は、戦時下、特攻部隊に志願することになる四兄弟の青春を描いた作品。昨年も上演されていたが、一部新キャストを加え、再び上演が決定した。 今年、四兄弟を演じるのは、入江甚儀、市川知宏、上杉柊平、瀬... ...
Read More

意味のない会話の応酬!?ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』公演レポート

2018年6月21日(木)に東京・CBGKシブゲキ‼にて、大倉孝二とブルー&スカイの演劇コンビネーション“ジョンソン&ジャクソン”の新作『ニューレッスン』が開幕した。ジョンソン&ジャクソンは、俳優の大倉孝二と脚本家・劇作家のブルー&スカイが共同で脚本執筆と演出をし、出演もするという企画。今... ...
Read More

舞台『メサイア -月詠乃刻-』杉江大志×長江崚行×山沖勇輝インタビュー「いい意味で、観たことを後悔するぐらいの作品に」

シリーズ8作目となる舞台『メサイア -月詠乃刻-』が2018年4月14日(土)より東京・シアターGロッソにて開幕する。舞台『メサイア』シリーズは、警察省警備局・特別公安五係に所属する公安工作員、通称“サクラ”たちの闘いの中で結ばれる究極の友情と絆の物語を描く人気作。 今回の最新作では、前作... ...
Read More

舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り開幕!荒牧慶彦「すべてに意味が込められている」

2017年12月15日(金)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語りが開幕した。初日前日には囲み会見と公開ゲネプロが行われ、出演する荒牧慶彦、和田雅成、納谷健、北川尚弥、武子直輝、横山真史、成松慶彦、木津つばさ、飯山裕太が登壇し、意気込みを... ...
Read More

鄭義信の新作『すべての四月のために』開幕!森田剛「生きている意味を考える」

『すべての四月のために』が、2017年11月11日(土)に東京・東京芸術劇場にて幕を開けた。本作は『焼肉ドラゴン』の作・演出で演劇賞を総舐めにした鄭義信が新たに書き下ろした作品。出演者には、V6の森田剛をはじめ、臼田あさ美、西田尚美、村川絵梨、伊藤沙莉、小柳友、稲葉友、津村知与支、牧野莉佳... ...
Read More

三鷹市芸術文化センター主催公演に折り込まれるこのチラシの意味は?

三鷹市スポーツと文化財団(三鷹市芸術文化センター)主催公演に、このチラシが折り込まれることが多いことにお気づきだと思います。 このチラシが折り込まれる公演は、「稽古場協力」として株式会社メッセ(東京都中央区)がクレジット ...
Read More