タグ: 建設

県都の課題 那覇市長選(3)市民会館 建設費1.5倍以上に高騰

那覇市が整備を進める新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)の建設工事が月内にも久茂地小学校跡地で始まる。2021年度に供用開始する計画だが、これまでに市議会で建設地決定や建設費用などを巡って度々議論が起きているほか、閉館中の現市民会館(市与儀)の今後の在り方は検討委員会が議論中で結論が出ていない。 新市民会館の総工事費は約153億円。14年の基本計画段階では95億円を見込んでいたが、近年の人件費や資材価格の高騰、施設機能拡充などを受けて1・5倍以上になっている。 財源は一括交付金を使う。当初は上限...
Read More

東京)新宿・歌舞伎町に劇場やホール 東急が建設計画

新宿・歌舞伎町で、劇場や映画館を備えた複合娯楽施設を建てる計画が進んでいる。新宿東急文化会館の跡地で東京急行電鉄などが計画しており、2019年夏に着工し、22年度に完成する予定だ。 予定地は西武新宿駅近くで、地上40階、地下5階のビルを建てる。下層部には商店や飲食店のほかに、劇場(約850席)、ライブホール(約1500人収容)、映画館(約8スクリーン)を設ける予定。上層部にはホテルが入る。 ビルの外にも、イベント開催のためのステージを設けられる空地や大型ビジョンを備える。隣接する歌舞伎町シネシテ...
Read More

文化会館建設工事を公告/養父市版ECI方式を採用/養父市

兵庫県養父市は1日、「養⽗市文化会館(仮称)整備事業」の施工者を決める公募型プロポーザルを公告した。同会館はホール、公民館、図書館、公園の4つの機能を備えた複合施設で、ECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式をさらに進めた新しい先行発注型方式を採用する。養父市版ECI方式は、設計段階から施工者側の技術力を活用し、市民などの意見を可能な限り設計に反映できる事業方式としている。工事費は上限が30億円(税込)。 参加表明書を18日まで市民生活部文化会館建設推進室で持参または郵送 ......
Read More

宮城・利府の文化複合施設建設、事業費膨張7億円増 五輪などの影響で人件費や資材費高騰

宮城県利府町が2024年度の完成を目指し、整備を進める文化複合施設の事業費が当初計画より7億円膨らむ見通しとなった。増額分の一部を盛り込んだ18年度一般会計補正予算案が町議会9月定例会で可決された。20年東京五輪などの影響で、人件費や資材費が高騰したのが要因という。 施設は、同町の県道仙台松島線沿いの約2.2ヘクタールに整備する。町は14年、近隣の施設を参考に用地取得や造成費などを含めた概算の総事業費を50億円と算出。工期を二つに分け、1期分の事業費を40億円とした。 1期(16〜20年度)分と...
Read More

福島県矢吹町/複合施設建設/18年度内に施工者選定

福島県矢吹町は、公民館や図書館など四つの機能を集約した「(仮称)矢吹町複合施設」について、18年度内に制限付き一般競争入札で建設工事の施工者を選定する。中心市街地のにぎわい創出拠点として位置付けており、19年度内の完成を目指す。町が福島県建築設計協同組合に設計を委託し、実業務は鈴木伸幸建築事務所・エスデー設計研究所JVが担当。 建設地はJR矢吹駅西側の中心市街地で町道北町新町線(旧奥州街道)沿いの旧JA跡地(本町)。敷地は約4400平方メートル。子どもから高齢者まで年代を超えて交流できる町のシン...
Read More

徳島市、新音楽・芸術ホール建設めぐり迷走 候補地再び変更

徳島市が新たな音楽・芸術ホールの建設をめぐり迷走している。新町西地区再開発事業でのホール建設の撤回を掲げた遠藤彰良市長が2016年に当選。同市長の下で市は徳島駅西側での整備を決定していたが、建設費高騰などで再び見直しを迫られ、市立文化センター跡地を新たな候補地とした。市民の期待が大きい施設だが、軸足が定まらない市の施策に対して批判が強まっている。 「総合的に判断して現時点でこの案しかない」。8月… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35076800W8A9...
Read More

栃木市の文化芸術館建設、総事業費35億円に縮小

栃木市は、同市入舟町の旧市役所本庁舎跡地に建設を計画している「市文化芸術館・文学館(仮称)」の建設コスト削減のため、総事業費約42億7千万円を2割程度縮小し、約35億円に見直す方針を決定した。 見直しでは、「文化芸術館」の設計を変更し、総面積を従来の3462平方メートルから3千平方メートル未満に縮小する。将来的に収蔵品が増えた場合に備えた設備などを削減するほか、市民ギャラリーは近隣施設を活用、カフェやショップは文学館と共用する。「文学館」は、旧栃木町役場庁舎を文化財として保護する目的があることか...
Read More

石巻市/建築は約62億で大成JV/複合文化施設建設3件

宮城県石巻市は20日、(仮称)複合文化施設建設工事3件を一般競争入札した結果、建築が61億8180万円(税別、以下同)で大成建設・丸本組JV、機械は16億6700万円で朝日工業社・山下設備工業JV、電気は8億0050万円で東光電気工事・エスディ佐藤電気JVにそれぞれ決定した。 東日本大震災で被災し、使用不能となった文化センターと市民会館の両機能を合築して市の文化芸術活動の中心となる複合型施設を整備する。 施設の構造はRC・SRC・S造の複合構造で、階層は4階建て、延べ1万3315?の規模。125...
Read More

枚方市、総合文化芸術センター建設 建築の落札者決まる

枚方市は、7月11日に開札した(仮称)枚方市総合文化芸術センター建設工事(建築工事)の落札者を決めた。 66億8400万円で前田建設工業に決定した。電気設備工事は9億1800万円で栗原工業、機械設備工事は11億7000万円で新菱冷熱工業に決定した。舞台機械設備工事は7億8000万円で三精テクノロジーズと仮契約を結んだ。建築工事と電気設備工事、機械設備工事は仮契約を結び、4件の工事は市議会の議決後に本契約を結ぶ予定。 概要は本体新設(多目的活用施設、屋外付帯(北側道路含む)、撤去等含む)、S・RC...
Read More

高速道路建設にたった独り反対する老人と、その村の人々を描く/劇団銅鑼「ひめち」8月17日から銅鑼アトリエで上演

劇団銅鑼アトリエ公演「ひめち」 作家と出演者たち   劇団銅鑼による舞台「ひめち」が8月17日(金)から東京・銅鑼アトリエで上演される。   題名の「ひめち」は海水魚ヒメジの地方名。赤い金魚のような魚で美しい海にしか生殖20...
Read More

6.6万?複合施設建設/日本郵政グループ事務所、ホテル、店舗/五反田・ゆうぽうと跡地

日本郵政グループは、東京・五反田にあった複合施設「ゆうぽうと」の跡地に、延べ約6万6000?の複合施設を建設する。事務所やホテル、ホール、店舗などで構成する計画。既存建物は大林組の施工で解体済みで、今後は駐車場としての暫定利用を経て本体着工する。2022年度の完成を予定している。 新施設には、ゆうぽうとと同様にホールを設ける計画で、空間アレンジの自由度が高く、多目的に利用できる「平土間式」のホールなどを検討している。建設地は品川区西五反田8−4−13の敷地面積6700?。今後、9月末まで駐車場整...
Read More

岩手県陸前高田市/市民文化会館新築/佐武建設に

岩手県陸前高田市は、5月18日に指名競争入札を開札した「(仮称)陸前高田市民文化会館新築工事」の落札者を、23億9000万円で佐武建設に決めた。入札には2社と7JVが参加した。 工事場所は高田町。工事内容は同施設の新築工事一式。東日本大震災で全壊した市民会館と中央公民館を復旧する。規模はメインホールがRC一部S造3階建て、別棟がW造平屋。総延べ3591平方メートル。 工期は19年12月10日まで。基本計画策定支援業務はシアターワークショップ、設計はNTTファシリティーズ・関空間設計JVが担当した...
Read More

栃木県栃木市/文化芸術館・文学館建設/コスト削減へ設計見直し

栃木県栃木市は、「(仮称)文化芸術館・文学館」の建設コストを削減するため、設計内容などを見直す。4月の選挙で初当選した大川秀子市長が見直しを指示した。既に実施設計を取りまとめる段階に入っているため、いったん実施設計を完了させた後、改めて建設コスト削減に向けた検討を進める。 大川市長は、財政健全化を図る方針などを掲げている。特に進めなければならない項目として文化芸術館・文学館の見直しを挙げた。見直しの方向性は固まっていない。関連業務を追加で発注する場合には、市議会に補正予算案を提案する方向だが、6...
Read More

北海道富良野市/新庁舎建設基本構想/事業費58億円、6月補正予算案に基本設計費

北海道富良野市は、老朽化する市役所庁舎建て替えに向けた基本構想を策定した。文化会館と複合化し、施設規模は1・5〜2倍近い8200〜9800平方メートルを想定。事業費には58億円を見込む。18日開会の第2回定例市議会に提出する補正予算案に基本計画・基本設計策定費として1500万円を計上する。 7月下旬までにプロポーザル方式を軸に一括発注する方針だ。 弥生町1の1に所在する現庁舎は、RC造地下1階地上3階塔屋1階建て延べ5263平方メートルの規模。1969年の建設から50年近くが経過し、建物や設備の...
Read More

複合施設 JR唐津駅近くに建設へ 来年GW開業目指す 映画上映ホール、飲食店、ゲストハウス、オフィス… /佐賀

唐津市のJR唐津駅近くに、映画を上映するホールや飲食店、ゲストハウスなどが入る複合施設が建設される。11日から空き店舗などの解体に着手し、9月には着工して来年のゴールデンウイークの開業を目指す。 京町商店街と呉服町商店街の角に建設する。まちづくり会社「いきいき唐津」(木下修一社長)が事業主体となり、建設後の施設の運営も手がける。2016年度からの市中心市街地活性化基本計画の重点事業として、約6億5000万円の事業費のうち、約2億5000万円を国の補助金でまかなう。 敷地面積は約1050平方メート...
Read More

湖西市 新市民会館建設へ市民会議を開催

湖西市は、6月24日午後1時から市民活動センター「エミーナ」(鷲津)で「湖西市(新)市民会館など複合施設建設検討市民会議」を行う。 市が発表した建設候補地や複合施設の内容などに関するプランに対し、市民20人や高校生らも交え意向を確認する。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180605100060.html ...
Read More

平塚市 新文化Cなど建設・運営に132億

平塚市は見附台周辺地区整備事業で、A・Cブロックの整備・管理運営事業に市初のPPP(公民連携)を導入し、(仮称)新文化センターや見附台公園などを建設・運営する民間事業者を公募型プロポーザル方式で募集する。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180605400060.html ...
Read More

伊東市 文化施設建設地を18年度中に選定

伊東市が計画している図書館・文化ホール建設について、建設地を本年度内に選定する。伊東駅前など5カ所が候補地となっており、上半期中に有識者会議を発足し検討を進めていく。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180522100085.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180517/1526538327 ...
Read More

大阪府枚方市/総合文化芸術センター建設4件入札公告/7月9日まで入札書受付

大阪府枚方市は17日、「(仮称)枚方市総合文化芸術センター建設工事」に伴う建築工事と電気設備工事、機械設備工事、舞台機構設備工事の制限付き一般競争入札(標準型)を公告した。4工事とも電子入札システムで7月9日まで入札書を受け付け、同11日に開札する。 公告内容は次の通り。▽件名=公告日〈1〉締切日〈2〉開札日〈3〉参加資格〈4〉工事場所〈5〉工事内容〈6〉工期。 ▽(仮称)枚方市総合文化芸術センター建設工事(建築工事)=5月17日〈1〉7月9日〈2〉7月11日〈3〉経営事項審査(経審)の建築一式...
Read More

最大800席の複合施設/図書館・文化ホール建設/伊東市

【検討委員を選定中】 静岡県伊東市は「図書館・文化ホール建設に向けた整備の方向性について」をまとめた。文化ホール(客席600−800席程度)や生涯学習、図書館、その他機能がある複合施設を建設する。 建設候補地は伊東駅前(湯川地区)、マンダリンホテル跡地(岡地区)、市民グラウンド(玖須見地区)、アピタ交差点南側(吉田地区)、伊豆高原駅周辺(八幡野地区)の5カ所。 市生涯学習課は現在、検討委員会のメンバーを選定中。7月までに初会合を開く。また、今年度内にタウンミーティングなどを開催し、候補地を1カ所...
Read More

湖西市 新市民会館建設構想市民会議で検討

湖西市は、耐震性の問題で2017年度に解体した市民会館を新たに建設するため、建設候補地や複合施設の内容などに関するプランを発表した。今後、市民の意向を確認するため「市民会議」を6月から開催し、18年度内に4〜5回開いてプランに反映する方針だ。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180502100014.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180315/1521073498 ...
Read More

那覇市/新文化芸術発信拠点施設建設/延べ1・5万平米、7月着工へ

◇外観は首里織をイメージ 那覇市は、老朽化した市民会館の建て替えとして計画している「新文化芸術発信拠点施設」の実施設計概要=イメージ図=を公表した。規模はSRC・RC・S造地下2階地上6階建て延べ1万4582平方メートル。外観は伝統的な織物である首里織をイメージしGRC(ガラス繊維補強セメント)ルーバーで施設全体を包み込み、低層部は緑を連続させ潤いのある景観をつくる。設計担当は香山壽夫建築研究所・久米設計・根路銘設計JV。 建設場所は久茂地3の26の13。施設は1602席の大ホール、300席の小...
Read More

新宮市、文化複合施設建設は引き続き設計を実施

新宮市は、文化ホールと図書館の機能を持った「文化複合施設」の建設を計画しており、18年度は9838万円を当初予算で計上し、前年度に引き続き基本・実施設計を行い、19年度から建設工事に着手し、20年度末の完成を目指している。 文化複合施設は、同市下本町2―2―1の旧丹鶴小学校・新宮市民会館用地を「文化交流ゾーン」と位置づけ、市街地の再生特進プロジェクトの一つとして、「図書館」「熊野学センター」「文化ホール」で構成する文化複合施設を整備する計画をしていたが、市の財政状況により、3棟の建設は困難とし、...
Read More

枚方市、総合文化芸術センター建設 第1四半期に公告、10月着工

文化芸術センター  枚方市は、(仮称)枚方市総合文化芸術センター建設工事を第1四半期の公告を予定している。10月に建設工事に着手し、21年4月の完成を目指す。 建設地は枚方市駅北口のラポールひらかたに隣接する新町2―280―4などの約1万3146・62?。大ホール、小ホール、イベントホール、美術ギャラリー、リハーサル室などの構成するセンターはSRC一部RC・S造地下1階地上5階建延1万3608・45?(建築面積約6918・33?)。建物高さ約29m。基本・実施設計は日建設計が担当。整備費は142...
Read More

市民会館を建替え/建設地は市民意見反映/唐津市

佐賀県唐津市は、老朽化が進む唐津市民会館(同市西城内6−33)の建て替えを決めた。現在地か移転かは現時点で判断せず、今後実施する市民アンケートの結果を踏まえ、基本構想・基本計画の中で具体化する。 市民会館は、RC造地下1階地上4階建て延べ7539?。完成から47年が経過し、建物や設備の老朽化に加えて耐震性能に問題を抱えている。 庁内のこれまでの検討では、耐震補強について、ブレース補強となるため既存の会議室やトイレをなくす必要があり、運営に支障が出るとした。また、設備の改修を含め25億円程度かかる...
Read More

中規模ホール建設へ オーバード隣接 富山市、新年度計画案

富山市は市街地活性化の一環として、富山駅北口の市芸術文化ホール(オーバード・ホール)近くに、六百〜八百人を収容できる中規模ホールの建設をする。二〇一八年度に運営方針などの基本計画をまとめる。(向川原悠吾) 複合施設で舞台装置も 十九日にあった市議会総務文教委員会で、市が報告した。中規模ホールの内容は未定だが、ショッピングセンターや会社事務所なども入るような複合施設として整備する。ホールは市が管理し、それ以外は民間の事業者が運営する。 場所はオーバード・ホールに隣接し、現在は駐車場などに使われてい...
Read More

北大阪急行延伸 新駅前、一大文化拠点に 箕面市、複合施設建設へ

■ホール、図書館、学習センター 北大阪急行電鉄の延伸に伴い、平成32年度の開業を目指している箕面船場駅(仮称、箕面市船場東)前で、市の複合施設建設に向けた取り組みが新年度から始まる。ホールや図書館、生涯学習センターで構成された地上4〜6階、地下1階の施設で、まず設計が行われる。市は、延伸区間沿線で、一大文化拠点としての役割を期待している。 北大阪急行の延伸は、終点となっている千里中央駅(豊中市)から北に約2・5キロ先まで延ばし、32年度に箕面船場駅と新箕面駅(仮称、箕面市西宿)の2駅を開業させる...
Read More

防災アリーナ 建設見直し困難 神栖市長「じくじたる思い」

神栖市で昨年十月にあった住民投票で「見直し」を求める票が多数を占めた防災アリーナ建設を巡り、石田進市長は二十二日の会見で、「事業者側との交渉の結果、見直しは困難だとの結論に至った」と発表した。 三月十日に開く住民説明会を経て、本年度中にも正式決定したいと述べた。 石田市長は、市長選の公約を守れなかったことに「何とかしたいと思っていたが、じくじたる思いだ」と話した。 市によると、アリーナはPFI(民間資金活用による社会資本整備)方式で昨年五月に着工。完成後十五年間の運営費を含め総事業費百七十一億円...
Read More

徳島市 新ホール建設費87億円 議会特委で説明 構想案は6月に /徳島

徳島市が新町西地区再開発事業からの撤退に伴いJR徳島駅西側に建設を検討している新ホールについて、建設費が約87億円となることが21日、分かった。現時点の構想は地上4階、地下1階の建物に大・小のホールを含むもので、市は23日の市議会まちづくり対策特別委員会で説明する。 建設候補地は、現在ホテル駐車場などがある4866平方メートル。延べ床面積は約9000平方メートルで、地上に1500席程度の大ホール、地下に200席程度の小ホールを配置する。2023年度内の完成を目標にする。 建設費に土地取得費は含ま...
Read More

徳島市の新ホール建設費87億円見込む(徳島県)

徳島市は徳島駅西側に計画している新たな音楽芸術ホールの建設費を約87億円と見込んでいることが関係者への取材でわかりました。徳島市は徳島駅西側駐車場を新たな音楽芸術ホールの建設候補地として整備を計画しています。関係者によりますと、新ホールは地上4階地下1階建てで、地上に1500席程度の大ホール、地下に200席程度の小ホールが整備されます。延べ床面積は9000平方メートル程度で市は建設費として約87億円を見込んでいます。土地取得費や土地整備費は主な土地所有者であるJR四国などと協議・調整を進めていて...
Read More

栃木県/18年度予算案/建設業の若年層育成支援、LRT基金に60億円

栃木県は8日、18年度当初予算案を発表した。一般会計は、8034億10百万円(前年度比1・5%減)、投資的経費は1321億円(0・8%減)。新規では、建設業における若年層の担い手育成支援を盛り込んだ。宇都宮市らが計画している次世代型路面電車(LRT)の支援に向けた基金積立には59億73百万円、新食肉センター整備への支援には12億15百万円を盛り込んだ。 投資的経費は、上都賀庁舎の整備費減などにより前年度を下回ったものの、国体を見据えた総合スポーツゾーンの整備などを背景に引き続き高水準となっている...
Read More

下松市 新年度予算案217億円 16年度に次ぐ大型 栽培漁業センター、新種苗棟建設など /山口

下松市は6日、2018年度予算案を発表した。一般会計は、前年度当初比3・8%増の217億円で、過去最大だった16年度当初の224億円に次ぐ規模。国井益雄市長は「安心・安全対策に特化し、ハード、ソフトの両面から事業を加速化する予算編成に取り組んだ」と述べた。15日開会予定の市議会3月定例会に提出される。 歳入では、市税は人口増に伴う伸びを折り込み、93億4040万円(前年度当初比2・1%増)を見込む。一方、主な依存財源は地方交付税13億円(同1・5%減)▽国庫支出金30億6442万円(同3・7%増...
Read More

愛知県豊川市/日立製作所豊川事業所跡地を正式取得/新文化会館建設用地に用途変更へ

愛知県豊川市は24日、日立製作所と同社豊川事業所跡地の売買契約を結んだ。契約額は36億1720万円。新文化会館建設用地とし今後、用途地域の変更手続きを進める。19年度に基本構想を策定し、具体化を図る。 同用地は、名鉄八幡駅南側の白鳥町野口前にある約7・45ヘクタール。このうち約4・34ヘクタールに新文化会館を建設する。残る用地には立体駐車場・公共施設、住宅などを整備する。住宅用地約2・31ヘクタールは、土地取得後、一括して民間事業者に売却する予定。 新文化会館の規模は、延べ1万3000平方メート...
Read More

埼玉県八潮市/新庁舎建設/基本構想案決定、18年度に基本計画策定

埼玉県八潮市は26日、「八潮市庁舎建設基本構想策定審議会」の会合を開き、基本構想案を決めた。2月中旬に開く7回目の会合後、大山忍市長に答申する。構想案によると、規模は庁舎単体で延べ床面積1万1231〜1万5156平方メートル程度、概算工事費は51億〜69億円程度と想定した。整備手法や複合化施設設置の内容などは、基本計画段階で固める。 新庁舎の基本理念は「『共生・協働』『安心・安全』を街づくりの基本とし、『住みやすさナンバー1のまち 八潮』を実現するための拠点とする」とした。 建設位置は、つくばエ...
Read More

小田原市 市民ホール建設、JVと事業協定締結式 /神奈川

小田原市が進めている「市民ホール」の建設で、優先交渉権者になった「鹿島建設・環境デザイン研究所共同企業体(JV)」と市との事業協定締結式が26日、同市役所であった。1962年建設で老朽化が進む「市民会館」の代替施設で、2021年秋のオープンを目指す。 同JVの提案は大ホール(客席数1116)と小ホール(同300)。シンプルで使いやすく、街の回遊性を考慮した。事業は来年1月までの第1期で設計、同3月から21年3月までの第2期で建設。半年の準備期間を経て、同年秋のオープンを予定している。 協定書では...
Read More

ぴあがアリーナ建設に100億円を投じる狙い

ライブ会場不足を受け巨額投資に打って出る 横浜市のみなとみらい地区。JR京浜東北線の桜木町駅に近いオフィス・商業街の一角で、昨年12月から大型のコンサート施設の建設が始まった。 チケット販売大手のぴあが、自ら手掛ける「音楽アリーナ」の建設である。土地を三菱地所から借り受け、音楽に特化した地上4階・地下1階建ての施設とする。観客席は1万人規模、投資額は100億円で、2020年春の完成予定だ。 ライブ市場の拡大が追い風に ぴあによると、民間企業が単独で大型アリーナを建設するのは初めて。ほかの施設はス...
Read More

奈良県国際芸術家村建設、公募による民設民営ホテルの誘致もインバウンド・地域活性

奈良県は、天理市に計画している「(仮称)奈良県国際芸術家村」の施設建設工事に18年度着手する。歴史文化資源の修復・活用や文化資源交流、人材育成の拠点となる施設で、文化財修復・展示棟や複合棟など総延べ床面積約1万平方メートルを見込む。建築物の基本・実施設計を大建設計、屋外体験等施設の基本設計をオオバが担当。18年度当初予算に整備費として約7億5000万円を要求している。完成は20年度の予定。 計画地は国道25号に面した天理教杣之内多目的グラウンドを含む周辺地区(約2・9ヘクタール)。このほど森下組...
Read More

市民ホール建設へ意欲 岩倉博文苫小牧市長に聞く

来年7月で3期目の任期を終える苫小牧市の岩倉博文市長。今年1年を振り返ってもらい、今後の地域課題への対応や市政運営などについて聞いた。 ―今年はどんな1年だったか 「7月のご当地キャラふれんどフェスティバル、10月の日本女性会議や火山砂防フォーラムと、苫小牧にとって全国規模のイベントが幾つか重なり、準備段階から多くの人の協力を得て官民連携で成功裏に終えることができた。苫小牧市にとっても大きな財産になり、印象に残る1年だった」 ―女性会議の成果をどう市政運営に生かしていくか 「男女平等参画は時代が...
Read More