タグ: 庁舎

神戸市、新中央区総合庁舎の基本計画策定と設計プロポ

神戸市は、中央区庁舎と勤労会館の機能を一体的に整備する「新中央区総合庁舎整備基本計画」を策定した。 現在の勤労会館の概要は、雲井通5―1―2(80年開設)。規模は延7518?(1階・三宮図書館延1079?、5〜6階・青少年会館延2799?が併設)。貸室構成は、会議室21室、多目的ホール、大ホール、体育館等(計2365?)。 現市役所本庁舎3号館の跡地(中央区東町114・115)に建設する新中央区総合庁舎の規模(想定)は、地下1階地上10階程度延約1万8000?(区役所5〜6階分程度延約9000〜...
Read More

北海道富良野市/新庁舎建設基本構想/事業費58億円、6月補正予算案に基本設計費

北海道富良野市は、老朽化する市役所庁舎建て替えに向けた基本構想を策定した。文化会館と複合化し、施設規模は1・5〜2倍近い8200〜9800平方メートルを想定。事業費には58億円を見込む。18日開会の第2回定例市議会に提出する補正予算案に基本計画・基本設計策定費として1500万円を計上する。 7月下旬までにプロポーザル方式を軸に一括発注する方針だ。 弥生町1の1に所在する現庁舎は、RC造地下1階地上3階塔屋1階建て延べ5263平方メートルの規模。1969年の建設から50年近くが経過し、建物や設備の...
Read More

用地取得後に提案競技/新庁舎・市民会館設計/向日市

京都府向日市は、新庁舎・市民会館整備の基本・実施設計業務の発注準備を進めている。現在一部用地の取得作業を進めている。時期は未定だが用地取得が済み次第、公募型プロポーザルを公告する。基本計画では2018年度中に設計作業を終える計画だったが、スケジュールはずれ込む見通しとなっている。 事業では、現在の市役所駐車場に市民会館と市役所機能を収容する6階建ての複合施設を建設し、現本館を取り壊してホール部分を建設する。 現施設の規模は、市庁舎本館(寺戸町中野20)がRC造地下1階地上3階建て延べ2536?、...
Read More

6層延べ4700?想定/新庁舎基本計画案/ホール機能も検討/福岡県広川町

福岡県広川町は、新庁舎建設基本計画素案をまとめた。従来方式(設計施工分離発注)で整備し、施設規模は延べ床面積約4700?と設定した。6月中旬にも開く第7回庁舎建設委員会で素案の最終調整を行い、基本計画を答申する予定だ。 老朽化解消や耐震性能の確保のため、庁舎を建て替える。建設候補地は3カ所の中から、仮設庁舎の確保や仮移転が不要で事業費や工事期間を抑制できるとし、現庁舎敷地内の「現位置」を選定した。敷地面積は5694?となる。 施設は駐車場の確保や、将来の機能増設を考慮し「高層案」を採用する。6層...
Read More

我孫子市の文化交流拠点/庁舎と複合化検討/星野市長議会表明

【秋に構想中間報告】 千葉県我孫子市の星野順一郎市長は4日、文化交流拠点施設と市庁舎の複合化を検討していることを、市議会2018年第2回定例会の市政一般報告で明らかにした。同拠点施設については現在、「施設の機能や規模、財源などの再検討を進めていることから、ことしの秋には建設構想案策定に向けた中間報告を示す」とした。 文化交流拠点施設は、耐震性の問題から07年3月に閉鎖した市民会館に代わる施設として建設を計画してきた。 13年度にちばぎん総合研究所(千葉市)に委託した同拠点施設整備調査研究業務の報...
Read More

下妻市「現庁舎付近」に新庁舎 24年度供用目指す

老朽化した市庁舎の建て替えを計画している下妻市は十日、新庁舎の建設場所を「現庁舎付近」に決めたと発表した。二〇二四年度の供用開始を目指し、本年度内に、市庁舎に集約する施設などの設計方針や、事業の契約方法などを盛り込んだ基本計画を策定する。 市によると、有識者や市議、公募市民らで構成する市民会議が四月四日、防災や交通アクセスなどの観点から、現庁舎付近での建て替えが望ましいとの意見を決定。これを踏まえ、菊池博市長ら市執行部でつくる市庁舎建設推進本部が四月二十六日、建て替え場所を正式に決めた。 市によ...
Read More

長岡京市/庁舎設計で提案競技/参加表明5月17日まで受付

京都府長岡京市は23日、市庁舎建替等基本・実施設計業務委託の公募型プロポーザルを公告した。総延べ約1万6000?の新庁舎を現地で建て替える。参加表明書は5月17日まで、企画提案書は7月13日まで総合政策部契約課で持参か郵送で受け付ける。8月2か3日にヒアリングを実施し、最優秀提案者を特定する。 参加資格は、市の建築関係建設コンサルタント業務を最希望として登録していること。延べ5000?以上の庁舎の基本か実施設計業務の履行実績も求める。 プロポーザルの審査は、提出書類(組織実績、技術者の経験・能力...
Read More

概算事業費は95億円/新中央区総合庁舎基本計画案を公表/神戸市

神戸市は16日、「新中央区総合庁舎基本計画(案)」を公表した。市役所本庁舎3号館を解体し、その跡地に中央区庁舎と勤労会館の機能を「新中央区総合庁舎」として一体的に整備し、葺合文化センターや生田文化会館の機能も確保する。概算事業費は約95億円。 建物の規模は、地下1階地上10階建て延べ約1万8000平方?を想定している。延床面積の内訳は、中央区役所が約9000平方?から1万平方?、新たな文化施設が約5000−6000平方?、駐車場や機械室などが約3000平方?。地下1階と地上1階の一部に来庁者用の...
Read More

中央区総合庁舎/予算に基本設計費/年度明け事業手法明示/神戸市

神戸市は、中央区総合庁舎の整備について、2018年度予算案に基本設計委託費など事業費8729万2000円を計上した。18年度早々に公表する基本計画案で事業手法の方針を示すため、PFIやデザインビルドの手法を導入することになった場合はアドバイザリー業務委託費に使途を転換する可能性もある。 従来手法の場合、18年度に基本設計、19年度には実施設計を行い、21年度に完成する見通しだ。 総合庁舎は、中央区役所の機能と勤労会館など既存公共施設の文化機能を集約させ、現市役所3号館跡地に建設する。 想定規模は...
Read More

常滑市 新庁舎、市民病院東側に 20年度完成 文化施設を併設 /愛知

老朽化した市庁舎や図書館などの移転新築場所を検討していた常滑市は、それぞれを集約した複合施設を同市飛香台の市民病院東側市有地に建設する方針を表明した。20日の市議会公共施設等あり方検討特別委員会で、片岡憲彦市長が説明した。 市によると新庁舎は、文化施設(図書館、中央公民館、市民文化会館)との複合施設とし、住民規模に応じたコンパクトな施設を目指す。敷地面積は、約1万1500平方メートル。市庁舎部分は延べ床面積1万平方メートル程度、文化施設は同5200平方メートル程度にする。共用部分を有効に活用し、...
Read More

埼玉県八潮市/新庁舎建設/基本構想案決定、18年度に基本計画策定

埼玉県八潮市は26日、「八潮市庁舎建設基本構想策定審議会」の会合を開き、基本構想案を決めた。2月中旬に開く7回目の会合後、大山忍市長に答申する。構想案によると、規模は庁舎単体で延べ床面積1万1231〜1万5156平方メートル程度、概算工事費は51億〜69億円程度と想定した。整備手法や複合化施設設置の内容などは、基本計画段階で固める。 新庁舎の基本理念は「『共生・協働』『安心・安全』を街づくりの基本とし、『住みやすさナンバー1のまち 八潮』を実現するための拠点とする」とした。 建設位置は、つくばエ...
Read More

唐津市役所新庁舎、基本設計まとまる

2月21日まで意見募集 現地で建て替える唐津市役所の基本設計案がまとまった。3年後の供用開始を目指す免震構造の新庁舎は、多目的ホールや会議室など「市民協働ゾーン」を建物東側に配置し、閉庁時でも市民が利用できる。2月21日まで市民の意見を募集している。 新庁舎は7階建て(7階は機械室など)、延べ床面積約1万7千平方メートルで、現在の議会棟と駐車場に建つ。現庁舎跡は駐車場になり、解体が始まった現広場は工事中は仮設駐車場で、その後は広場に再整備する。 1、2階に市民がよく利用する窓口部門を集約。3階は...
Read More

早期に実施設計委託/20年度末の完成目指す/西脇市の庁舎・市民交流施設

兵庫県西脇市は、新庁舎・市民交流施設整備事業について、2018年度早期の実施設計委託を目指している。選定方式は未定で、業務期間は同年度末までを見込む。19年度に着工し、20年度末の完成を予定している。 実施設計は当初、17年度中の委託を予定していたが、現在、昭和設計で進めている基本設計が予定より長引いているため、先送りすることになった。 事業では、市役所庁舎と市民会館や生涯学習まちづくりセンター、健康づくりセンターといった市民交流機能を複合化した新施設を整備する。 17年2月時点の想定規模は、新...
Read More

東北6県自治体の18年建築計画・下/秋田県・山形県・福島県/各地で老朽庁舎建替

秋田、山形、福島の3県で展開中の主な建築プロジェクトをまとめた。 《秋田県》 秋田県と秋田市は共同で「県・市連携文化施設」の建設を計画している。県民文化会館と秋田市文化会館が老朽化したことから共同でホールを新築する。計画地は現県民会館の敷地。延べ床面積は約2万2500平方メートルを想定し、2000席のホールや800席の舞台芸術型ホールなどを設ける。引き続き設計を進め、19年度の着工、21年度の完成を目指している。 秋田市は市立秋田総合病院を現在地で建て替える。規模は病院棟が延べ約3万2000平方...
Read More

新県庁舎 移転新築 中心商店街、衰退への危機感と不満 きょう落成記念式典 /長崎

県庁舎が長崎市江戸町から同市尾上町のJR長崎駅近くに移転新築され、落成記念式典が24日に開かれる。反対運動が起こる中、現庁舎の老朽化などから進められた移転計画。JR長崎駅周辺では再開発が進んでおり、県庁舎の移転を機に街の中心が浜町アーケード周辺から長崎駅周辺に移る可能性も出ている。直線距離でわずか約700メートルの移転だが、今後の街づくりへの不透明感もあり、中心商店街は衰退への危機感と不満を強めている。 新県庁舎は行政棟、議会棟、警察棟、駐車場棟の4棟からなる。現庁舎の解体費用も含めた総事業費は...
Read More

市役所本館と市民会館を一体的に建て替え/新庁舎と市民会館整備基本計画案を公表/向日市

京都府向日市は、「新庁舎及び市民会館整備基本計画(案)」を公表した。老朽化している市役所本館と市民会館・中央公民館を現市役所の敷地に一体的に建て替える。事業手法は、公設公営型の従来方式に加えて、PPP/PFI手法も検討する。2017年度中に基本・実施設計に着手し、19年度の着工、20年度内の完成を目指している。概算建築工事費は46億円を見込む。 複合施設の建物の規模は、現在の規模(延べ5450平方?)以下とし、低層部に交流機能、高層部に市役所機能が入る。ホールの客席数は現在の市民会館ホールの42...
Read More

神戸文化ホール 三宮のビル、複合庁舎に移転へ

神戸の玄関口・三宮の再整備を巡り、神戸市は20日、神戸文化ホール(同市中央区楠町4)の大ホールを三宮駅南東地区に建設するバスターミナル1期ビル内に、中ホールを市役所2号館(同市中央区加納町6)を建て替える複合庁舎に、それぞれ移すなどの公共施設再配置計画を発表した。中央区役所や市勤労会館などが建つ一画に建設する同ビルは三宮再整備の核となる施設で、同市は2025年度の開業を目指す。 移転後の大ホールは1500席、中ホールは700〜900席となる計画。ホール利用者の利便性向上とともに、集客効果により一...
Read More

岐阜県新庁舎、20階に展望ロビー 22年度供用開始へ

岐阜県は2022年度に供用開始を目指す新庁舎の基本設計をまとめた。行政棟は高さ104メートルの地上21階建てで、20階に展望ロビーを設け、1階には職員や地域住民向けの保育園のほか、ギャラリー、ホールを設置する。議会棟は地上6階建てで、建設費は計約500億円を見込む。 いずれも現庁舎東側の駐車場跡に建設する。老朽化した現庁舎は解体し、県税事務所などが入る「県民サービス棟」を建設する。19年度から3年かけて新庁舎建設や現庁舎の解体を進め、周辺では公園も整備する。 https://www.nikkei...
Read More

八潮市新庁舎/工事費70億、最大1.5万?

【PFIなど3手法検討へ】 埼玉県八潮市は17日、第5回八潮市庁舎建設基本構想策定審議会を開き、基本構想の素案を示した。建設候補地は市役所周辺地区を最適とした。規模は、検討している他の市有施設との複合化・集約化を含めず、庁舎単体で最大延べ約1万5000?を想定した。概算工事費は約70億円。PFIの導入を検討する。 八潮駅周辺地区と市役所周辺地区を建設候補地としたが、市役所周辺地区は市有地や市の公共施設があるため、敷地を確保しやすく、浸水リスクも八潮駅周辺地区より低いことから、市役所周辺地区を最適...
Read More

市役所新庁舎どうする?市民が議論 京都・長岡京市印刷用画面を開く

京都府長岡京市はこのほど、2020年度着工を目指す市役所の建て替えについて、市民の声を集めるワークショップを初開催した。市側は新庁舎に産業文化会館と保健センターの両機能を移転する検討案を示し、公募に応じた市民らが現状の課題や新庁舎への注文について意見を交わした。 市は、4月に示した基本構想で新庁舎の規模や配置を定めた。市民の利便性向上や公共施設再編を狙いに、22年度以降の開始が見込まれる2期工事で産業文化会館の機能を持たせた庁舎を建設。6月の市議会一般質問で市側は、保健センターも機能移転する方針...
Read More

県新庁舎に保育所やホール整備

岐阜県は29日、県庁舎東に建設予定の新庁舎の基本設計案を公表した。建物は通常の1・5倍の耐震性を確保し、災害に備えて500人規模の人数が活動できるオープンスペースを設?...
Read More