タグ: 市民

老朽化の市民会館建て替えへ、事業費120億円 藤沢

藤沢市は19日、老朽化が進む藤沢市民会館(同市鵠沼東)を建て替える方針を明らかにした。想定事業費は約120億円。市は2020年度に基本構想を策定するとしている。 市民会館は1968年にオープン。86年に第1展示集会ホールとレストラン施設が併設された。2008年に耐震工事を行い、耐震性に問題はないが、設備の劣化や配管内の腐食が進んでいるという。 市は大規模改修と建て替えの両方を検討。大規模改修は建て替えと比べて休館期間が短くなり、事業費も50億円程度に抑えられるが、「耐用年数を伸ばす効果はなく、2...
Read More

栃木県足利市/新市民会館整備/18年度内に基本構想、複合化も視野

栃木県足利市は、(仮称)新足利市民会館の整備に向けた基本構想を、本年度に策定する。老朽化している市民会館を再整備する計画。市民プラザなど類似施設との集約化も検討課題に挙がっている。建設地や規模、導入機能などの方向性を庁内で議論している段階にあり、基本構想で示していく。検討業務はシアターワークショップが担当している。 現市民会館の所在地は有楽町837、敷地面積は1万5072平方メートル。大ホール棟や会館棟などがあり、建物規模は延べ1万0992平方メートル。1966年に完成した。 16年3月に策定し...
Read More

市民会館等を複合化へ/民活導入も視野に/湖西市

【12月に市民意見まとめ】 静岡県湖西市は、「(新)市民会館等複合施設」の建設に向け検討を進めている。現在、市民や高校生などで構成する市民会議の委員24人が建設の必要性や具体的な機能などについて意見を交わしており、構想日本や東畑建築事務所が助言している。次回、12月に第5回市民会議を開き意見をまとめ、結果を公表する。 2017年5月に設置した(新)市民会館等複合施設建設検討会(吉田浩章委員長)の報告書によると、事業手法はPFIなどの民間活力やリース方式の導入も視野に入れている。建設候補地は鷲津幼...
Read More

<唐津ホール使用料問題>市民団体、請求額支払い

市長謝罪「市の不備」 唐津市所有の多目的ホールで開かれている市民団体「唐津シネマの会」の映画上映会を巡る訴訟で、使用料が過少徴収になっていたとして福岡高裁が追加徴収を市に命じた確定判決を受け、同会は請求額379万円を支払った。峰達郎市長は「市の減免手続き上の不備でシネマの会の運営に混乱を生じさせた」と謝罪のコメントを出した。 14日に市と同会が明らかにした。市側の代理人弁護士は「最初に『市は施設利用等について配慮する』という担当部長の決裁があり、それが先々の利用にも効力が及ぶと考えていた。だが、...
Read More

新鹿島市民会館プロポでナスカが最優秀、舞台と客席を一体に

限られた予算の中での機能配分を評価 佐賀県鹿島市は、「新鹿島市民会館(仮称)」設計候補者選考公募型プロポーザルの最優秀者に、古谷誠章氏と八木佐千子氏が代表を務めるナスカ(東京都新宿区)を選定した。次点者は新居千秋都市建築設計(東京都目黒区)だった。 現在の市民会館は、6町村の合併によって誕生した鹿島市の市政10周年記念事業として1966年に完成した。築後50年以上が経過し、設備や建物の老朽化が顕著になり、2013年から建て替え計画が検討されていた。 敷地は、現市民会館のほか、市役所や生涯学習セン...
Read More

茨木市 市民会館解体は村本・工栄特定JV

茨木市は、2015年に閉館した市民会館と西側に隣接する福祉文化会館の機能を移転新築する考えで、11月12日に「元市民会館および人工台地ほか解体工事」の一般競争入札を行い、施工者を村本建設(大阪市天王寺区)と工栄建設(茨木市)の特定建設共同企業体に決めた。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181112700026.html ...
Read More

市民会館、アートが出迎え 藤枝、文化拠点を発信

藤枝市民会館の正面玄関に5日、プロの芸術家がペイントを行った。文化の発信拠点を目指す市民会館をより多くの人に知ってもらうため、市と指定管理者が初めて企画した。玄関の自動扉をキャンバスにした縦2メートル、横3・6メートルほどの色鮮やかな作品が現れた。 14日から市民会館で始めるクリスマスツリーの設置に合わせた期間限定のペイント。島田市在住の現代美術家清水陽介さんがクリスマスをイメージし、アクリル絵の具などを使って描いた。作品名は「雪の色」。清水さんは「会館の外から見るのと、中から見るのとでは違った...
Read More

新しい文化の拠点に 市民交流センター「風テラスあくね」が1日開館

阿久根市の新しい文化、交流の場として建設が進められていた「阿久根市民交流センター」が完成し、1日開館する。公募により愛称も「風テラスあくね」と決まった。 1966(昭和41)年完成の市民会館が老朽化したため、同館隣接地に2017年2月着工、今年10月15日に完成した。541席のホール、多目的会議室5室を備える。市民会館にあった同市教育委員会生涯学習課も移転した。 外観は白を基調とし曲線と直線の組み合わせで構成され、南側にひさし部分が深く、「和」の印象を与える。ホールは、片側の壁に設けた大きな窓か...
Read More

三重 鳥羽市民文化会館大ホール閉鎖へ 鳥羽、耐震基準満たさず

鳥羽市は三十日、耐震基準を満たしていない市民文化会館(鳥羽三)の大ホールを十二月二十九日に閉鎖すると発表した。改修のめどが立たないため。代替施設が二〇二二年度にオープンする予定だが、市内では大規模イベントが開催できなくなり、利用者から「当面は活動ができなくなる」との声も上がっている。 市民文化会館は一九七二(昭和四十七)年に完成した。大ホールは地上三階、地下一階の鉄筋コンクリート建て、延べ床面積は二千平方メートルほどで、客席は七百二席。市税務課や市民課、中央公民館などの入る事務所棟と一体で建設さ...
Read More

新岡山市民会館 地上6階地下2階 1750席の大ホール、市長発表

岡山市の大森雅夫市長は29日、同市北区表町の千日前地区で2022年秋の開館を予定している新市民会館「岡山芸術創造劇場(仮称)」の施設概要を発表した。地上6階地下2階で、延べ床面積は約1万9700平方メートル。メインの大ホールは1750席程度を備える。市が負担する経費は235億円の見込み。 記者会見で市長は、19年1月から解体と文化財調査に入り、同年秋の着工を目指すスケジュールを説明。「さまざまな演劇や音楽が岡山に芽吹くと思われ、わくわくしている。市としても文化(振興)に力を入れていきたい」と述べ...
Read More

茨木市民会館跡地 参加型イベントで活用策探る

解体が決まっている茨木市の市民会館跡地エリアの活用策を探る社会実験が、行われている。9月から11月末までの期間中、隣接する広場に新設された芝生広場を舞台に、市民参加型のイベントを開催しながら、「自分たちの庭」のように過ごし有効利用していく方策を探る。 1969年に開館した同市民会館は地下1階、地上6階建てで延べ床面積6280平方メートル。ホールや会議室、喫茶店などを備えていた。バリアフリーや耐震性に課題があることなどから、2015年12月に閉館し、19年1月に解体工事に着手する。 16年7月から...
Read More

茨木市 元市民会館他解体入札で現地見学会

茨木市契約検査課は、10月11日に制限付一般競争入札で公告した「元市民会館および人工台地ほか解体工事」について、急きょ現地見学会を行うこととし、17日午後12時までに申し込みを受け付ける。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181016700013.html ...
Read More

県都の課題 那覇市長選(3)市民会館 建設費1.5倍以上に高騰

那覇市が整備を進める新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)の建設工事が月内にも久茂地小学校跡地で始まる。2021年度に供用開始する計画だが、これまでに市議会で建設地決定や建設費用などを巡って度々議論が起きているほか、閉館中の現市民会館(市与儀)の今後の在り方は検討委員会が議論中で結論が出ていない。 新市民会館の総工事費は約153億円。14年の基本計画段階では95億円を見込んでいたが、近年の人件費や資材価格の高騰、施設機能拡充などを受けて1・5倍以上になっている。 財源は一括交付金を使う。当初は上限...
Read More

徳島市新ホール 「市民の発表の場」重視

◇有識者会議初会合 建設候補地が変遷した末、徳島市が市立文化センター跡地で整備を計画する新たな音楽・芸術ホールについて、整備方針を議論する有識者の検討会議初会合が12日、市内で開かれた。 市側は、跡地が約4500平方メートルと手狭な上、都市計画の制限や埋蔵物により建築面積がさらに限られること、駐車場の確保など課題があると説明。市の財政状態が厳しく、2021年度には約70億円の財源が不足するとの見通しも示した。 その上で▽完成は23年度▽敷地の効率的な活用▽市の財政に過度な負担にならない施設――を...
Read More

運営費かさむ恐れ 水戸・新市民会館 一部床を賃借方針

水戸市泉町1丁目北地区で進めている新市民会館の整備計画を巡り、市は11日、建設予定地の一部地権者が権利変換に伴い取得する整備後の床部分について、市が有償で借り受ける方針を明らかにした。市民会館が存続する間は賃料が発生することとなり、総事業費の減額が見込まれる一方で、運営コストは膨らむ可能性が出てきた。 新市民会館は市や地元地権者らで構成する再開発組合が地上4階、地下1階、延べ床面積約2万2800平方メートルの建物を建設し、市が9割超の床を取得して運営する計画。組合は年内にも地権者の移転希望を受け...
Read More

都心に文化芸術の発信地 アイーダで幕開け 札幌市民交流プラザ

札幌市中央区の文化関連複合施設「札幌市民交流プラザ」が7日、開館した。中核の札幌文化芸術劇場(愛称・ヒタル)ではこけら落とし公演のオペラ「アイーダ」が上演され、ほぼ満席の約2100人が鑑賞するなど、初日から大勢の市民でにぎわった。 アイーダは古代エジプトを舞台にしたベルディの大作で、上演時間は休憩を含め3時間半。小樽出身のソプラノ歌手針生(はりう)美智子さんも巫女(みこ)役で出演した。カーテンコールでは指揮者のアンドレア・バッティストーニさんらとともに、客席から大きな拍手が送られた。 札幌市南区...
Read More

10月1日リニューアル 茅ヶ崎市民文化会館

10月1日(月)にいよいよ茅ヶ崎市民文化会館がリニューアルオープンする。 1980年に開館した同館。2017年3月から一時休館し、耐震補強と改修工事が行われた。災害時の応急対策活動の拠点として機能するよう補強がされたほか、大・小ホールの音響性能を向上させ席幅を拡大。100人収容可能な練習室兼ミニホールも新設された。 バリアフリーにも対応し、段差の解消やエレベーター・エスカレーターの新設、多機能トイレや授乳室も設置されている。 https://www.townnews.co.jp/0603/201...
Read More

市民会館大ホールの廃止ついての総務委員会

今日は総務委員会が開催されました。 (1)議案第40号 枚方市総合文化芸術センター条例の制定について (2)議案第43号 枚方市市民会館条例の一部改正について 簡単に言うと (1)は新しいホールの設置とその場所についての条例 (2)については地震で損傷して使えなくなっていた大ホール。これまで修理するか廃止か検討していたところですが、今回のは廃止にする条例です。 これまでの経過の記事もご覧ください。 9月7日:市民会館、補修工事をせずに前倒しの廃止? 8月10日:市民会館大ホールの使用中止の期間が...
Read More

市民文化会館が改装オープンへ 茅ケ崎で内覧会

耐震補強と大規模改修を終え、10月1日にリニューアルオープンする茅ケ崎市民文化会館(同市茅ケ崎1丁目)で20日、メディア向け内覧会が行われた。地上4階建ての同館は1980年開館したが、耐震不足と老朽化が指摘され、昨年3月から総工費約48億円をかけて工事を進めていた。市は「安全確保を第一に、市民の視点でバリアフリーと使い勝手の良さにも配慮した」という。 市によると、工事では基礎の杭(くい)を打ち増し、壁や柱のほか、開口部を鉄骨で補強。1階の駐車場をなくして、展示室や事務室、トイレなどの配置を変更。...
Read More

大阪北部地震で被害、枚方市民会館大ホールを閉鎖

大阪府枚方(ひらかた)市などで最大震度6弱を観測した大阪北部地震の発生から18日で3カ月が経過した。府内では5人が死亡、約340棟が全半壊するなど大きな被害が出たが、市では長年市民に親しまれてきたホールが閉鎖に追い込まれた。もともと老朽化で平成33(2021)年には閉鎖が決まっていたが、市の担当者は「残念だが、安全のためにやむを得ない」としている。 ■キャンディーズ、俳優の森繁久弥…ゆかり施設 市によると、市民会館は市役所そばの同市岡東町に昭和46(1971)年に建設。大ホール(1448席)では...
Read More

北海道地震 美唄市民会館を安全点検で閉鎖 /北海道

同市によると、コンクリート片(0・5センチ〜1センチ)9個がステージ上に、客席上部の送風口の部品(直径30センチ)1個が客席付近に、それぞれ落下していることが分かった。市民会館は1969年に完成。今年2月には排水ダクトが水漏れする ... https://mainichi.jp/articles/20180916/ddl/k01/040/033000c ...
Read More

藤沢 南市民図書館 小田急百貨店に暫定移設

19年7月開館目指す 老朽化などから建て替えが予定されている藤沢市南市民図書館(鵠沼東)が藤沢駅南口の小田急百貨店藤沢店(南藤沢)に暫定移設される見通しとなった。市は移設準備期間として2019年4〜6月を休館し、7月に新施設で開館するスケジュールを描いている。10日、市議会定例会の子ども文教常任委員会で報告した。 市民ギャラリーも集約へ 移設先は現在改修のため一部を除き休業している、同店6階のワンフロア(約1900平方メートル)。市は暫定移設する民間施設の条件として▽現状の機能を維持する ......
Read More

<ホール使用料訴訟>唐津市、上告を断念 市民団体に379万円請求へ

唐津市所有の多目的ホールで定期的に開かれている市民団体「唐津シネマの会」の映画上映会で、使用料が過少徴収になっていたとして、市民が唐津市に追加徴収を求めていた住民訴訟で、市は11日、福岡高裁判決について上告を断念すると明らかにした。市が同会に379万円を請求するように命じた判決が、上告期限の15日に確定する。 市議会全員協議会で方針を示した。久我邦浩未来創生部長は「裁判では『市の決裁が曖昧である』と指摘されたと思っている。今後、法令や条例に沿った適正で公正な事務の執行をしていきたい」と話した。 ...
Read More

公共施設再編まず市民会館 庄原

庄原市は、市中心部にある公共施設の再編構想を進めている。市内最大規模のホールのある市民会館(西本町)、図書館機能を持った田園文化センター(同)、市社会福祉協議会が入る市ふれあいセンター(同)など、老朽化が進む施設が対象。第1弾として、市民会館を移転新築するか、大規模改修するかなどの方向性を11月をめどに示す方針だ。 http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=464293&comment_sub_id=0& ......
Read More

高岡市民会館代替 市長に意見書提出 市芸術文化懇話会

高岡市芸術文化に関する懇話会は五日、老朽化のため無期休館中の市民会館に代わる芸術文化の拠点、創造の場が不可欠とする意見書を市に提出した。 山本広志座長(高岡市民文化振興事業団事業課長兼エグゼクティブ・プロデューサー)が意見書を高橋正樹市長に手渡した。 意見書では、優れた芸術文化を身近に鑑賞できる機会の充実、市民やボランティアの芸術文化活動への参画、次代の芸術文化を担う人材の育成などを提示した。 山本座長は「市にとってどういう創造の場が必要なのか見極めてほしい」と、芸術文化の拠点づくりに向けた検討...
Read More

解体判断2月先送り 旧都城市民会館

都城市は4日、学校法人南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)が返還を申し入れた旧都城市民会館について、8月中旬までとしていた同会館の保存・活用策を民間から受け付ける期間を、来年1月末まで再延長すると発表した。保存活動に取り組んできた建築団体の要望を受け入れ、8月末を予定していた施設存廃の判断を先送りした。期限までに民間から確実性や計画性のある提案がなかった場合は、2月に解体を決定する。 http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_34289.html ...
Read More

静岡市民文化会館建て替え、機能や規模議論 検討委初会合

老朽化のため静岡市が建て替えを検討している市民文化会館(葵区)の在り方や周辺のまちづくりを考える「駿府町地区文化・スポーツを核としたまちづくり検討委員会」(会長・遠藤新工学院大教授)が3日、初会合を開き、求められる施設機能などについて意見を出し合った。 同館の建て替えについて、市は2017年度に有識者による懇話会を設置し議論を開始した。18年度は公募市民2人を含めた検討委に格上げし、整備方針を練り上げる。 初回のこの日は、懇話会でも提示された(1)5千席アリーナと2千席、800席の両ホール(2)...
Read More

茅ヶ崎市民文化会館 耐震向上・ミニホール新設

9月24日に内覧会 茅ヶ崎市民文化会館の改修後の概要が、8月24日の市定例記者会見で明らかになった。9月24日(月・祝)には一般向け内覧会、10月1日(月)には開館式典が行われる。 同館は1980年に開館し、2004年の調査で耐震性不足が判明。昨年3月から休館し、利便性向上なども含めた改修工事を行っていた。 総事業費は、当初の見込み49億9700万円に対し、48億2993万2800円となった。改修後の構造耐震指標(Is値)は、改修前の0・44から災害時応急対策活動拠点として機能できる0・75以上...
Read More

福岡)八幡市民会館に埋蔵文化財センター 北九州市方針

老朽化のため2016年春に利用が停止された八幡市民会館(北九州市八幡東区)について、北九州市は市立埋蔵文化財センター(小倉北区)を移転して入居させる方針を固めた。耐震補強工事やリニューアルの費用は十数億円と見込まれる。 八幡市民会館は市ゆかりの著名な建築家、村野藤吾(1891〜1984)が設計。外観だけでなく、内部の意匠や音響が優れた施設として、近代建築の保存に取り組む学術組織や地元住民らが保存して活用するよう求めていた。 活用方法を巡っては、地元関係者らでつくる団体が遊具や職業体験施設を設ける...
Read More

寄付の32億円市民会館に命名、日電産会長「まあいいか、と…」

耐震性不足で2016年4月から休館中の向日市民会館(京都府向日市寺戸町)の建て替えにめどが立った。地元出身の日本電産の永守重信会長が施設の寄付を表明したためで、市民活動の拠点や災害時の緊急避難場所として21年度の完成が予定されている。 向日市は今年3月、耐震性が不足している市役所本館と市民会館の複合施設を、寺戸町の市役所敷地内に整備する基本計画をまとめた。建設費は概算で市役所部分が14億円、市民会館部分が32億円の計46億円もの巨額が必要だった。市の財政が厳しい中で、安田守市長が以前から白羽の矢...
Read More

日本電産・永守会長 私財32億円で市民会館を新築し寄贈 出身地の京都・向日市へ

モーター製造で世界最大手、日本電産(京都市)の創業者、永守重信会長(73)=学校法人京都学園理事長=は27日、京都府向日市に私財約32億円で市民会館を建設し、市に寄付すると発表した。同市は永守氏が生まれ育った地元。老朽化や耐震性の問題で休館中の市民会館を建て替える。2021年度に完成する見通しという。 新会館は「永守重信市民会館」。地上3階地下1階建てで、延べ床面積は約3千平方?。向日市役所の敷地内に建てられ、演劇やコンサートなどを楽しめる500席の多目的ホールをはじめ、会議室や料理実習室なども...
Read More

三重)ふるさと会館で楽しもう 市民団体が存続願い催し

ふるさと会館いが(三重県伊賀市下柘植)の存続を願う市民団体が、廃止の危機にある大ホールをにぎわいで満たして存続につなげようと、9月に二つのイベントを企画した。団体の代表者らは「大勢の住民に窮状を知ってもらい、ホールの運営主体の確保などにつなげたい」と話している。 伊賀市は2015年の公共施設最適化計画で、市内4カ所にあるホールの集約を計画し、稼働率の低いふるさと会館いがのホールを閉鎖する方針を固めている。これに対し、地域住民が約5500人の署名を添えて存続を要望。今年5月には「ふるさと会館いが大...
Read More

岩国市民文化会館の改修終え祝う

大規模改修を終えた岩国市民文化会館(旧岩国市民会館、同市山手町)の竣工(しゅんこう)式が24日、同館の大ホールであった。9月から一部施設の利用が始まる。 http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=459932&comment_sub_id=0&category_id=112 ...
Read More

「コーチャンフォー」が687万円で釧路市民文化会館の命名権取得

本、文具、音楽、飲食の大規模複合店「コーチャンフォー」を7店舗展開しているリラィアブル(本社・釧路市)は、釧路市民文化会館の命名権(ネーミングライツ)を取得した。釧路市教育委員会が募集していたもので、同教委選定委員会の審査を同社に決定した。 釧路市民文化会館は、釧路市治水町の柳町公園にあり、約1500人収容の大ホール、約370人収容の小ホールなどを備え、1979年に開館した。釧路市教委は、釧路アイスアリーナの「日本製紙アリーナ」に続く2件目として同会館の命名権を7月に募集していた。 リラィアブル...
Read More