タグ: 市民

文化の顔、漂う重厚感 札幌市民交流プラザの内部公開

10月7日に開館する文化関連複合施設「札幌市民交流プラザ」(中央区北1西1)が20日、報道陣に公開された。 施設は札幌文化芸術劇場(愛称・ヒタル)、札幌市図書・情報館、札幌文化芸術交流センター(愛称・スカーツ)の3施設で構成される。「豊かな大地」「自生する森」「人」をイメージしてデザインされた内部は、天井が高く開放的で、床や壁はふんだんに木材が使われ重厚感が漂う。 ヒタルでは、こけら落とし公演のオペラ「アイーダ」(10月7、8日)を皮切りに、バレエ「ドン・キホーテ」(同14日)、旭川出身の歌手玉...
Read More

唐津市民会館の冷房機器が復旧

唐津市民会館(唐津市西城内)で1日から故障していた冷房機器が16日、復旧した。大ホールや会議室で冷房が使用できない状況が続いていたが、部品を取り替え、正常に動くことを確認した。 市によると、全館に冷風を送る冷房機器のモーターの軸(長さ40センチ、直径5センチ)が金属疲労で折れていた。復旧までの間、大ホールと会議室で延べ30件の使用予定がキャンセルになった。 1970年に開館した市民会館は建て替えの方針が示されている。冷房機器は開館当初からのもので、市文化振興課は「利用者にご迷惑をお掛けした。同じ...
Read More

唐津市民会館の冷房故障 猛暑考慮、催し変更相次ぐ

佐賀県唐津市西城内にある唐津市民会館の冷房機器が故障し、大ホールや会議室などすべての部屋で冷房が使用できなくなっている。熱中症など体調面を考慮し、予定していた学校説明会の会場変更や映画上映会の中止など影響が出ている。 市によると、1日午前に全館に冷風を送る水冷式の機器を起動させようとしたが、動かなかった。1970年に開館した当初から使用しており、老朽化が課題になっていた。 4日に予定していた唐津東中学校の学校説明会は会場を変更し、浜玉町のひれふりランドで午後3時から開会する。5日の「ドラえもん」...
Read More

唐津市民会館の冷房故障 猛暑考慮、催し変更相次ぐ

佐賀県唐津市西城内にある唐津市民会館の冷房機器が故障し、大ホールや会議室などすべての部屋で冷房が使用できなくなっている。熱中症など体調面を考慮し、予定していた学校説明会の会場変更や映画上映会の中止など影響が出ている。 市によると、1日午前に全館に冷風を送る水冷式の機器を起動させようとしたが、動かなかった。1970年に開館した当初から使用しており、老朽化が課題になっていた。 4日に予定していた唐津東中学校の学校説明会は会場を変更し、浜玉町のひれふりランドで午後3時から開会する。5日の「ドラえもん」...
Read More

新玉名市民会館 工事の安全祈願

玉名市が建設する新しい市民会館の安全祈願祭が1日、同市岩崎の玉名合同庁舎南側の建設地で行われた。敷地は1万540平方メートル、延べ床面積は4688平方メートルで、2020年3月に完成予定という。 祈願祭には約50人が参加。蔵原隆浩市長は「新しい市民会館は大小のホールを併設して、多様な利活用が見込まれ、市が掲げる音楽の都玉名の実現の一助になる」と述べた。 新しい市民会館は、現在の市民会館の老朽化に伴って建設が計画された。建設を巡っては、市が17年度一般会計当初予算案に計上した建設費が一度、市議会で...
Read More

新庁舎候補地は市民会館跡地/島田市が市役所周辺整備基本構想案

静岡県島田市は27日、市民会館跡地(敷地面積6565?)を建設候補地とする市役所本庁舎整備に向け「島田市役所周辺整備基本構想(案)」をまとめた。 新庁舎はプラザおおるり(RC造地下1階地上3階一部2階建て延べ9041?)との一体的整備を視野に、延べ約1万1500?を庁舎の機能に充てる。また、16年に市民会館(ホール各席数1467席)を解体したことで不足しているホール機能の導入を検討する。19年度から基本設計に着手、23年度までに竣工する予定。 1962年に完成した現庁舎の規模はRC造地下1階地上...
Read More

宮崎)旧都城市民会館、保存か解体か 市長判断へ

ユニークな外観で建築学的価値も高いとされる旧都城市民会館が保存活用か解体か大詰めを迎えている。閉館後の2009年に学校法人南九州学園(宮崎市)が無償貸与を受けたが利用のめどが立たず、昨年末、市に返還を申し入れた。市は今月、存廃の意見を聞く市民アンケートを実施。その結果などを踏まえ、8月中に池田宜永市長が存廃の最終判断を下す予定だ。 保存再生工事費 学会試算8.4億円 旧市民会館は、戦後を代表する建築家の一人だった故・菊竹清訓(きよのり)氏が設計し、1966年に完成した。菊竹氏や故・黒川紀章氏らが...
Read More

市民のための市民会館、丸亀市の模索

1万人との車座集会始動 社会課題解決目指す これからの文化・芸術ホールの役割は何か。老朽化で昨年3月に閉館した市民会館の建て替えを構想する香川県丸亀市が、あえて難しい問いを立てて旧来型のハコモノ行政からの脱却を模索している。社会的課題の解決に貢献する施設を志向するが、何をすればいいのかはまだ見えない。少人数の車座集会で1万人の市民から意見を聞く異例の試みも始まった。 旧市民会館は1300人収容の大ホールと10ほどの会議室。ごく一般的な地方… https://www.nikkei.com/arti...
Read More

前橋の文化芸術へ意見 ACMが市民会議

文化芸術事業への助成の判断や運営に助言するため、5月に設立された前橋市の独立組織「アーツカウンシル前橋」(ACM)は21日、同市総合福祉会館で第1回文化芸術市民会議を開いた。公募で集まった約50人が、ACMの機能や前橋の文化度について意見交換した。 冒頭、参加者からACMの目的に関する質問が寄せられ、ACM統括責任者で高崎経済大教授の友岡邦之さんは「前橋の文化活動を調査した上で、サポートすべきものを提言する組織。地域社会との関係性を意識した運営をしていきたい」と説明した。 https://www...
Read More

藤沢市が再整備市民会館、図書館/18年度内に方向性

【延べ5万?超施設も可能】 神奈川県藤沢市は、設置後約50年が経過する総延べ1万0763?の「藤沢市民会館」について、大規模改修と建て替えの両面から再整備のあり方を検討している。隣接地で同じく老朽化が進む延べ1314?の「南市民図書館」は建て替えを視野に入れて再整備を検討している。2018年度内に一定の方向性を出す予定だ。敷地面積は計約1万9000?で、延べ5万?超の施設整備も可能となる。 16年度に策定した「第2次藤沢市公共施設再整備プラン」では、両施設の一体整備のほか周辺施設の機能集約や複合...
Read More

旧都城市民会館の存廃問う 市民にアンケート

都城市は、学校法人南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)が返還を申し入れた旧市民会館について、存廃の意見を集約する市民アンケートを行っている。4千人が対象で回答期限を25日(消印有効)に設定。市総合政策課は正確に民意を把握するため、より多くの回答を呼び掛けている。 http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_11/_33422.html ...
Read More

泉町1丁目北再開発新市民会館ECI/竹中工務店を特定

【耐火木部材安全検証で具体案】 泉町1丁目北地区市街地再開発組合(水戸市、宇野光一理事長)は、ECI(施工予定技術者事前協議)方式を採用する水戸市新市民会館等施設建築物新築工事の公募型プロポーザルを実施した結果、優先交渉権者に竹中工務店を特定した。申請書、提案書とも提出は同社のみだった。2019年3月末までの期間で、近く実施設計技術協力業務を契約する。工事の見積もり合わせまでに4、5社JVを結成し、消費増税の影響を回避できる19年3月下旬に工事請負契約を締結する予定だ。 選定評価委員会(委員長・...
Read More

「市民会館は再建せず」 島田市の検討委

島田市の市役所周辺整備基本構想検討委員会(委員長・海道清信名城大教授)が九日夜、市役所で八回目の会合を開き、市民会館は再建しないとする意見書案を大筋でまとめた。今月下旬に、染谷絹代市長に提出する。 検討委は、有識者や公募市民ら十三人で一月に発足。耐震不足で解体された約千四百席規模の旧市民会館に替わる文化施設のあり方や、老朽化した市役所本庁舎の建て替えなど、市役所周辺の整備の方向性を一体的に検討。市民アンケートやワークショップの結果も踏まえて議論を重ねた。市民会館については、市民団体が新設を求めて...
Read More

新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援で公募型プロポ/市民会館と出石文化会館のホール機能を統合/豊岡市

兵庫県豊岡市は、「豊岡市新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援業務」の公募型プロポーザルを公告した。市民会館と出石文化会館(ひぼこホール)の老朽化が進んでいることから、ホール機能を統合し、新たな文化会館を整備する。参加申込書を25日まで地域コミュニティ振興部文化振興課豊岡市民会館で郵送または持参によって受け付ける。提案書類を8月10日までに提出させ、8月20日のプレゼンテーションを経て、9月上旬に結果を通知する。 参加資格は、2008年度から17年度に類似業務(客席数600席以上の文化芸術ホー...
Read More

仮称「市民文化会館」工事 安全祈願祭/岩手・陸前高田市

陸前高田市の文化・交流拠点として整備される、仮称「市民文化会館」の工事の安全祈願祭が5日行われました。 祈願祭には市や工事関係者およそ50人が出席し、鍬入れをして工事の安全を祈りました。陸前高田市の仮称「市民文化会館」は、津波で全壊した市民会館と中央公民館を併設する形で整備されます。事業費はおよそ27億円で、アバッセたかたなどの商業施設が立ち並ぶ、12メートルかさ上げされた市の中心部に建設されます。鉄筋コンクリート造り3階建てと木造平屋の建物を組み合わせ、コンサートなどが行われるホールの床材には...
Read More

連載保存か解体か鳴門に残る増田建築 ▶︎5 国際学術組織の評価 市民生活の舞台提供

モダニズム建築の記録・保存を行う国際学術組織DOCOMOMO日本支部(ドコモモ・ジャパン)が、鳴門市民会館と市役所本庁舎を「日本におけるモダン・ムーブメント建築」に選定したのは、2008年度である。ドコモモ選定物件は現在、国内で208を数えるが、鳴門の物件は140番目に選ばれた。 徳島県内での選定物件はこの二つだけで、増田友也(1914〜81年)の全建築作品の中でも、京都大学総合体育館(72年)と合わせて3件しかない。 鳴門の物件をドコモモに推薦したのは増田の門下生ではなく、鳴門に01年から06...
Read More

岩手県陸前高田市/市民文化会館新築/佐武建設に

岩手県陸前高田市は、5月18日に指名競争入札を開札した「(仮称)陸前高田市民文化会館新築工事」の落札者を、23億9000万円で佐武建設に決めた。入札には2社と7JVが参加した。 工事場所は高田町。工事内容は同施設の新築工事一式。東日本大震災で全壊した市民会館と中央公民館を復旧する。規模はメインホールがRC一部S造3階建て、別棟がW造平屋。総延べ3591平方メートル。 工期は19年12月10日まで。基本計画策定支援業務はシアターワークショップ、設計はNTTファシリティーズ・関空間設計JVが担当した...
Read More

市民会館の大・小ホールが地震のため来年まで使えなくなったみたい。本館は今のところ使用可能

枚方市市民会館の大ホール・小ホールが地震のため来年まで使えなくなったようです。 枚方市市民会館大ホール・小ホールの使用中止について | 枚方市ホームページ http://www.city.hirakata.osaka.jp/0000019633.html 上記リンク先に詳細が掲載されていまして、地震で天井が破損し危険性が生じたため、大ホールと小ホールの使用を2018年12月末まで中止するとのこと。2019年1月以降の使用については未定だそうです。 予定されていたイベントも中止もしくは別の場所での...
Read More

文化会館の事業報告など審議 宇治市議会 市民環境常任委

6月定例会開会中の宇治市議会は20日、市民環境常任委員会(渡辺俊三委員長)を開き、公共施設を管理・運営する指定管理者からの事業報告や、宇治公民館・市民会館(宇治里尻)の土地賃借料問題などについて審議した。 ■文化会館駐車場 有料で混雑解消は 宇治市文化会館の2017年度事業報告の中で、利用状況が示された。 報告によると、入館・入場者数は14万2514人で、昨年度の90・6%。うち、大ホールは9万3818人で同92・7%、小ホールは3万5176人で同98・0%だった。 日数ベースの利用率はホール全...
Read More

仙台市民会館 8月休館 9ヵ月かけ大規模設備改修

老朽化による設備改修工事に伴い、仙台市民会館(青葉区)が8月から9カ月間、全館で休館する。開館から45年近く経過しており、市は機能を維持するため排水管の更新や音響システムなどを入れ替える。 市が20日の市議会6月定例会市民教育常任委員会で説明した。8月4日〜来年5月14日に休館し、改修費は7億9300万円。 大小両ホールの音響システムや舞台照明などを入れ替えるほか、大ホール1階客席に車いすスペースを5席程度設ける予定。2階に上がる階段も補強する。 水回り設備はトイレを洋式化する。排水管は劣化によ...
Read More

用地取得後に提案競技/新庁舎・市民会館設計/向日市

京都府向日市は、新庁舎・市民会館整備の基本・実施設計業務の発注準備を進めている。現在一部用地の取得作業を進めている。時期は未定だが用地取得が済み次第、公募型プロポーザルを公告する。基本計画では2018年度中に設計作業を終える計画だったが、スケジュールはずれ込む見通しとなっている。 事業では、現在の市役所駐車場に市民会館と市役所機能を収容する6階建ての複合施設を建設し、現本館を取り壊してホール部分を建設する。 現施設の規模は、市庁舎本館(寺戸町中野20)がRC造地下1階地上3階建て延べ2536?、...
Read More

世界的な著名建築・旧都城市民会館の保存活用で民間提案を募集

宮崎県都城市は旧都城市民会館の保存活用にかかわる民間提案を募集する。提案を希望する場合は、7月17日までにメールや電話で意思表明する必要がある。提案書・表明書など書類の締め切りは8月15日。 旧都城市民会館は、建築家・菊竹清訓の設計で1966年に竣工した、1407席の文化ホール。日本のメタボリズム建築の代表例として、今年1月までパリのポンピドー・センターで開催された「ジャパン-ネスJapan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」展にも取り上げられた。 都城市では、2006年に都城市総...
Read More

【連載】保存か解体か鳴門に残る増田建築▶3 市民会館 時代を映す意匠設計

鳴門市民会館と市役所本庁舎が造られた1960年代初頭は、日本が高度成長期の入り口に差し掛かり、鳴門市でも本四架橋の建設が具体性を帯びてきた時期と重なる。 62年には全国総合開発計画(全総)が閣議決定され、工場の地方分散を狙った新産業都市の地域指定が過熱する。鳴門市を含む徳島地区が指定されることが決まったのは63年7月。架橋と工場誘致への期待から、当時の鳴門は高揚感に包まれていた。 市民会館(61年)と市役所本庁舎(63年)はそんな時代に生まれた。これら市の中核施設の設計を続けて任された増田友也(...
Read More

水戸・新市民会館整備 増税前の来夏着工視野 反対派、市長選で争点化も

水戸市が中心市街地で進める新市民会館の整備は、県が事業計画を認可したことで今後、地権者の権利変換計画や既存建物の解体工事などが本格化する。市は来年10月に予定される消費税増税をにらみ、施工業者との年度内契約と来夏着工を視野に入れる。一方、計画に反対する市民団体は来年の市長選での争点化を念頭に、「市政改革」を掲げて対立の動きを活発化させている。 ■“お墨付き” 水戸市泉町1丁目北地区の新市民会館建設予定地。空きビルとなった旧水戸京成百貨店の隣接地で、かつて衣料品店だった建物の解体工事が始まった。地...
Read More

親子で楽しめる場所に 丸亀 新市民会館の車座集会

丸亀市は新市民会館の在り方や事業内容を市民と考える「新しい市民会館をみんなで語る車座集会」を本格的にスタートさせた。15日には同市土器町のNPO法人「さぬきっずコムシアター」内で開き、子育て中の母親… https://www.47news.jp/localnews/2459830.html http://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2018061600000001400 ...
Read More

都城市民会館はこう使える!「免震なし」なら約8.4億円と学会が提示

貸与先が10年不使用のまま返還申し入れ、再燃する保存論議の行方(後編) 旧都城市民会館を20年間無償貸与されていた南九州学園が、都城市に返還を申し入れた。建築家・菊竹清訓氏(1928〜2011年)の設計で1966年に完成し、メタボリズムの代表例に挙げられることも多い有名建築だ。日本建築学会は5月末、具体的な活用提案やコストを示した報告書を市に提出した。学会が報告書提出を決めるまでを振り返った前編に続き、今回は報告書の詳細をお伝えする。 都城市のウェブサイトを見ると、5月末に提出された日本建築学会...
Read More

前橋市、文化行政に市民の声 アーツカウンシル設置

前橋市は「アーツカウンシル前橋」を設置した。市役所と一定の距離を置き、文化芸術の専門家や市民が文化行政に助言することで透明性や公平性の確保を目指す。 7月21日に公募により集まった市民による第1回の「文化芸術市民会議」を開催する。文化・芸術に興味のある市民を対象に6月20日から先着順で50人を選び、意見交換する。 アーツカウンシルは英国発祥の組織で「芸術評議会」と訳される。行政組織と一定の距離を保ちながら、文化・芸術活動に対する助成を通じて地域の文化振興を図る。群馬県初で、中核市では珍しいという...
Read More

前橋市、文化行政に市民の声 アーツカウンシル設置

前橋市は「アーツカウンシル前橋」を設置した。市役所と一定の距離を置き、文化芸術の専門家や市民が文化行政に助言することで透明性や公平性の確保を目指す。 7月21日に公募により集まった市民による第1回の「文化芸術市民会議」を開催する。文化・芸術に興味のある市民を対象に6月20日から先着順で50人を選び、意見交換する。 アーツカウンシルは英国発祥の組織で「芸術評議会」と訳される。行政組織と一定の距離を保ちながら、文化・芸術活動に対する助成を通じて地域の文化振興を図る。群馬県初で、中核市では珍しいという...
Read More

高知市 朝倉総合市民会館耐震改修へ設計委託

【高知】高知市は、朝倉総合市民会館を耐震改修するため、建築設計を山本設計(高知市)、設備設計を常石設備設計室(高知市)に委託した。期間は2019年1月31日まで。19年度に工事発注する予定。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180611200037.html ...
Read More

振り出しに戻った都城市民会館、建築学会が異例の活用提案

貸与先が10年不使用のまま返還申し入れ、再燃する保存論議の行方(前編) 10年前にいったんは保存活用が決まった旧都城市民会館が再び保存論議に揺れている。建築家・菊竹清訓氏(1928〜2011年)の設計で1966年に完成し、2006年に閉館した。保存を求める声の高まりを受け、南九州学園に無償貸与されたが、全く使われないまま10年が経過。同学園が市に返還を申し出た。これを受け日本建築学会は5月末、保存活用のたたき台(報告書)を市に提出した。まずは、これまでの経緯と報告書の一部を紹介する。 日本建築学...
Read More

玉野市民会館ホールで冷房使えず 催しピンチ、秋以降に延期も

玉野市民会館のホールの空調設備が故障し、冷房が使えなくなっている。5月中旬、機械室で起きたぼやが原因とみられるが、型式が古いため修理のめどは立っていない。気温、湿度が上がるこれからの季節は熱中症の危険もある。市内で500人以上を収容できるホールが他にないため、夏に予定していた催しを秋以降にずらす団体も出ている。 5月16日午前8時20分ごろ、市民会館に出勤した職員が、地下の機械室の火災警報器が鳴っているのに気付いた。119番で駆け付けた消防隊員が部屋の扉を開け、中の煙を放出。消防車7台が駆け付け...
Read More

湖西市 新市民会館建設へ市民会議を開催

湖西市は、6月24日午後1時から市民活動センター「エミーナ」(鷲津)で「湖西市(新)市民会館など複合施設建設検討市民会議」を行う。 市が発表した建設候補地や複合施設の内容などに関するプランに対し、市民20人や高校生らも交え意向を確認する。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180605100060.html ...
Read More

新市民会館 考える車座集会

◇数年後建設予定 丸亀市、取り組み ◇市民1万人と話すこと目指す 丸亀市は、数年後の建設を予定している新市民会館の活用方法などについて、市民からの意見を聞く「新しい市民会館をみんなで語る車座集会」に取り組んでいる。「ソフトを取りまとめハードを造る」手法を実践し、毎年100回以上開き、市民1万人と話すことを目指す。 市は、市民会館を文化芸術のためだけでなく、市民が気軽にくつろげ、福祉、教育、子育て、産業など様々な分野に関わっていくための媒介役を担う施設と位置づけている。立場の違う多くの市民から会館...
Read More

新市民会館の意見書 不採択理由開示要請 水戸の市民団体、県に

水戸市泉町1丁目北地区に市が整備を予定している新市民会館の事業計画認可を受け、計画に反対する市民団体「市民の会」は29日、提出していた意見書を県が不採択とした理由の開示を要請した。事業に対する資金計画の審査や現地調査申し立てへの対応… http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15276789520013 ...
Read More

新水戸市民会館 事業費295億円 県、事業計画を認可

水戸市が進める新たな市民会館を巡り、県は二十四日、建設の事業計画を認めた。これにより、市は四年後のオープンを目指して事業に着手、建設工事の準備を進める。事業費は約二百九十五億円で、計画に反対する市民グループからは「事業費は巨額で、市民への負担が大きい」と批判する声があがった。 市は東日本大震災で被災して取り壊した市民会館を、水戸芸術館の隣接地(泉町)に移転させ、建て替えを計画。地上四階地下一階、延べ二万一千八百平方メートルで、規模は三倍になり、二千人収容のホールなども備える。 事業は高橋靖市長が...
Read More