タグ: 市民

新水戸市民会館 事業費295億円 県、事業計画を認可

水戸市が進める新たな市民会館を巡り、県は二十四日、建設の事業計画を認めた。これにより、市は四年後のオープンを目指して事業に着手、建設工事の準備を進める。事業費は約二百九十五億円で、計画に反対する市民グループからは「事業費は巨額で、市民への負担が大きい」と批判する声があがった。 市は東日本大震災で被災して取り壊した市民会館を、水戸芸術館の隣接地(泉町)に移転させ、建て替えを計画。地上四階地下一階、延べ二万一千八百平方メートルで、規模は三倍になり、二千人収容のホールなども備える。 事業は高橋靖市長が...
Read More

畑澤聖悟 演出! ドラマリーディングで蘇る知られざる津軽の戦国絵巻「卍の城物語2」6月16日・17日 弘前市民会館で上演

Reading live「卍の城物語2」チラシ画像   戦国武将・津軽為信の戦いが描かれるドラマリーディング「卍の城物語2」が畑澤聖悟の演出により6月16日・17日に弘前市で上演される。   青森県弘前市にて上演されるR20...
Read More

苫小牧市、市民ホール整備でPFI検討 内閣府の支援事業活用

苫小牧市は今年度、PFI(民間資金活用の社会資本整備)導入を目指す自治体へ専門家を派遣する内閣府の支援事業を活用し、新複合施設・市民ホール(仮称)の整備手法を検討する。市は2024年度開設を予定する市民ホールの整備手法の一つとしてPFIを考えており、専門家の助言を得ながら、施設整備に関する民間提案の採用に向けた作業を進める方針だ。 PFIは、公共工事を発注する行政が民間の資金力や経営能力、技術力を生かし、施設の設計、建設、改修、更新、維持管理、公共サービスの提供を民間に委ねる仕組み。事業コストの...
Read More

静岡県三島市/市民文化会館改修実施設計入札公告/5月25日まで参加受付

静岡県三島市は16日、「市民文化会館整備事業に伴う施設改修工事実施設計業務委託」の一般競争入札を公告した。25日まで参加申請を受け付ける。開札は31日。 市民文化会館(一番町)の規模は、RC・SRC一部S造地下1階地上4階建て延べ9558平方メートル。1202席の大ホールと355席の小ホールなどを備える。本年度は大小ホールのつり天井補強に向けた実施設計を行う。履行期間は11月15日まで。 https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/32018...
Read More

和歌山市長選 島氏、支援団体が発足 「市民参加型市政」公約に /和歌山

任期満了に伴う和歌山市長選(7月22日告示、29日投開票)で、立候補表明している新人の島久美子氏(62)は17日、和歌山市内で記者会見し、支援母体となる政治団体「にじいろ和歌山」が同日付で発足したと発表した。市民参加型市政の実現や、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致反対など七つの選挙公約も明らかにした。 にじいろ和歌山は、学者や弁護士、市民有志らでつくられ、選挙期間中は公職選挙法上の確認団体として島氏を支援する。 島氏は「一番多く聞くのは、市政に市民の声が届かないということ。政策決定過程に市...
Read More

高校生らの声を反映 磐田の新市民文化会館整備

磐田市は、新たな市民文化会館の整備に市民の声を反映させるため、高校生を含めた市民ワークショップを同市内で開始した。高校生、一般の2グループが7月まで会合を重ね、望ましい設備や利用方法を市に提案する。 高校生は6人、一般は現在の文化会館の利用者団体や公募で集まった市民代表ら15人が参加した。静岡理工科大建築学科の佐藤健司教授が進行役を務める。 12日の高校生グループの初会合では、高校生と文化施設の関わりをテーマに話し合った。新会館への提案として、生徒らは「楽屋に吹奏楽の楽器を置く広いスペースがあれ...
Read More

藤井寺市 市民総合会館など改修3件を計画

藤井寺市は、市民総合会館本館など3件の改修を計画している。工事発注は2019年度以降となる見通しだ。 3件とも、18年度は実施設計を進める。業務は既に発注済みで指名競争入札により5月24日に開札し、委託先を決める。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180515700024.html ...
Read More

静岡市民文化会館 26年までに整備

◆市長が市民と意見交換 静岡市のまちの未来について田辺信宏市長と市民が話し合う「しずおか まちづくりセッション」の初回が十二日、同市葵区の市葵生涯学習センター「アイセル21」であり、約二百二十人が集まった。 セッションは二部制。前半は、田辺市長が市が進めるまちづくりの現状を紹介。老朽化が進む市民文化会館の再整備を「今から八年後。二〇二六年までに整備をしようという計画だ」と発言。天守台が江戸城をしのぐ大きさだと分かった駿府城の再建に、三〇年ごろに道筋を付ける考えを示した。 後半は市民が市政に対する...
Read More

湖西市 新市民会館建設構想市民会議で検討

湖西市は、耐震性の問題で2017年度に解体した市民会館を新たに建設するため、建設候補地や複合施設の内容などに関するプランを発表した。今後、市民の意向を確認するため「市民会議」を6月から開催し、18年度内に4〜5回開いてプランに反映する方針だ。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180502100014.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180315/1521073498 ...
Read More

さいたま市/文化施設整備活用方針検討・市民会館うらわ基本構想策定支援業務入札公告

さいたま市は25日、「文化施設等の整備及び活用方針の検討並びに(仮称)市民会館うらわ基本構想策定支援業務」の委託先を決める一般競争入札を公告した。 競争入札参加申込兼資格確認申請書等の提出期限は5月11日。紙方式による入札日は同22日。さいたま市の17〜18年度競争入札参加資格者名簿(設計・調査・測量)に「建築関連コンサルタント」で登載された単体などが参加できる。 業務内容は、浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業で建設される複合ビル内に移転する「市民会館うらわ」について、移転後に必要な機能...
Read More

境港 市民会館閉館惜しむ 4組出演ミニコンサート

耐震強度不足でホールが使用禁止となっている境港市民会館(鳥取県境港市上道町)が30日、閉館された。最終日は会議室棟で「さようなら市民会館ミニコンサート」があり、音楽団体や市民が長年親しんだ会館との別れを惜しんだ。解体後、跡地にホールや図書館を備えた「市民交流センター(仮称)」が整備される。 市民会館は市が5億9800万円かけ整備し1973年開館。1108席のホールと会議室棟があり、市民の文化芸術活動の拠点となった。老朽化し2013年12月には耐震強度不足が判明したホールが使用禁止に。13年度の利...
Read More

信毎メディアガーデン28日開業 市民交流の場にテナント11

信濃毎日新聞松本本社の新社屋「信毎メディアガーデン」は28日、展示会や演奏会ができるホールや物販・飲食のテナントが入った1〜3階がオープン、既に業務を始めている4、5階のオフィスを合わせ全面開業する。国宝松本城に近く、1〜3階をコミュニティーゾーンとショップゾーンとして市民が集って交流できるように開放、街づくりの発信機能を備えた複合施設となる。 コミュニティーゾーンのうち1階ホールでは演奏会や演劇、展示会などの催事を予定。3階のスタジオではダンスなどの軽運動ができ、料理研究 ......
Read More

今夏に基本構想策定/文化創造の拠点整備/島田市民会館跡地

静岡県島田市は、今夏に「島田市役所周辺整備基本構想」を策定する。耐震性能不足などで2016年10月に解体した島田市民会館跡地に文化創造の拠点となる新施設を整備する見通し。 建設予定地は中央町1−2ほかの敷地約6500?。跡地は現在、駐車場として利用中。新施設の建設に併せ、隣接する本庁舎(RC造地下1階地上4階建て延べ約5600?)と市民総合施設プラザおおるり(RC造地下1階地上3階建て延べ約9200?)など周辺施設との一体的整備を検討している。 本庁舎は18年度内に整備基本計画を策定し、19、2...
Read More

市民総合会館本館の改修設計など15件公表

藤井寺市は市民総合会館本館の改修実施設計など、業務委託案件の2018年度発注見通しとして15件を盛り込んだ。内訳は建築設計が7件、土木設計が3件、試験掘と家屋調査が各2件、工事監理が1件。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180419700083.html ...
Read More

市民意見7月集約 旧都城市民会館の存廃  

都城市は17日、学校法人南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)が返還を申し入れた旧都城市民会館について、全国規模の建築団体からの民間活用策などを待った上で、存廃の意見を集約する市民アンケートを7月から行うと発表した。 http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_11/_31805.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180413/1523667279 ...
Read More

旧市民会館、価値知って 建築家ら保存向け資料展

都城市の旧都城市民会館の建築的価値を再認識してもらい、保存に向けて市民の意識啓発を図ろうと、市内の建築家らを中心とした有志8人が「文化遺産・都城市民会館の展示企画実行委員会」を立ち上げた。市内の大型商業施設で、過去の保存要望活動の資料を掲示し、使途を変更した利活用策が全国の専門家から提案されている現状を報告。今後、市民への周知を目指し、市内を巡回展示させたい意向だ。 http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_11/_31699.html ...
Read More

埼玉県所沢市/所沢市民文化センター改修事業/交渉権者に八千代エンジら4社グループ

埼玉県所沢市は26日、PFI方式を適用する「所沢市民文化センター改修事業」の委託先を決める公募型プロポーザルで、優先交渉権者に八千代エンジヤリングら4社グループを選定した。28日に基本協定を締結した後、4月の仮契約、6月の事業契約を目指す。事業の上限価格(税込み)は82億6000万円。グループの構成員は安藤ハザマと西武建設、NTTファシリティーズ。 所沢市民文化センターは1993年の竣工で、開設から築24年が経過している。建物が老朽化している上、バリアフリーへの対応も課題。民間のノウハウを活用し...
Read More

「岡山芸術創造劇場」に名称決定 移転新築の新岡山市民会館 

岡山市は27日、同市北区表町の千日前地区に新築移転する新市民会館(2022年度開館予定)の名称を「岡山芸術創造劇場」に決めたと発表した。従来の貸し館だけでなく、市民が文化芸術を創造する施設のコンセプトを反映して、特色を幅広くアピールする。 市が策定した実施事業や施設運営の方向性を示す管理運営基本計画では、新市民会館は「魅せる、集う、つくる」がコンセプト。市は、18年度から同計画を具体化する管理運営実施計画の策定など開館準備が本格化するため名称を設ける。当面は仮称の扱いで、施設の設置条例を制定した...
Read More

豊田市 市民文化会館をバリアフリー化

【豊田】豊田市は、市民文化会館のバリアフリー化を計画しており、設計を都市造形研究所(名古屋市中区)に委託した。委託金額は1495万円、設計工期は11月9日まで。 同会館は、主に小ホール棟と大ホール棟で構成。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180327300043.html ...
Read More

「閉館」中止、継続利用を 宇治公民館・市民会館

存続を求める会が市と懇談 3月末で宇治公民館・市民会館(宇治里尻)の「閉鎖」を打ち出す宇治市に対し、ひき続き利用することを求めている宇治公民館・市民会館の存続を求める会(野末剛騎代表)との懇談会が23日、同公民館で開かれた。 「求める会」は3月8日、宇治公民館「閉館」の中止を求める宇治市長宛ての1787人分の要望署名を市教育委員会に提出した。 宇治公民館・市民会館について、市は耐震強度不足やJRから敷地の一部の借地を返却する必要がある、奈良線複線化工事で利用者の安全確保が困難――などを理由に3月...
Read More

市民会館を建替え/建設地は市民意見反映/唐津市

佐賀県唐津市は、老朽化が進む唐津市民会館(同市西城内6−33)の建て替えを決めた。現在地か移転かは現時点で判断せず、今後実施する市民アンケートの結果を踏まえ、基本構想・基本計画の中で具体化する。 市民会館は、RC造地下1階地上4階建て延べ7539?。完成から47年が経過し、建物や設備の老朽化に加えて耐震性能に問題を抱えている。 庁内のこれまでの検討では、耐震補強について、ブレース補強となるため既存の会議室やトイレをなくす必要があり、運営に支障が出るとした。また、設備の改修を含め25億円程度かかる...
Read More

音楽で市民と絆を 「たんぽぽの家」にホール 

船津さん利用者 2年かけて手作り  多久市多久町の障害児・者の支援活動拠点「たんぽぽの家」(船津静哉代表)の敷地内に建設していた「たんぽぽホール」が落成し、21日に記念コンサートを開く。ホールは、専門業者に頼らず、船津さんや利用者らが約2年がかりで自らの手で築きあげた。船津さんは「歌や音楽を通して利用者と市民をつなぐ交流の場になってほしい」と願っている。 歌や音楽に興味を持つ利用者が多いため、船津さんが“手作り”によるホール建設を数年前に考案。自ら図面を引き、室内の装飾を西洋風に統一するため、建...
Read More

文化パルク城陽 売却「契約は無効」 市民4人、市を提訴 地裁 /京都

城陽市が大規模複合文化施設「文化パルク城陽」を民間企業に売却し賃借で使う「セール・アンド・リースバック」契約を結んだのは無効として、市民4人が16日、市を相手取り、所有権移転手続きなどの差し止めを求めて京都地裁に提訴した。 訴状などによると、文化パルクは設置目的や使用実態から地方自治法上の行政財産で、貸し付けや売却などは原則禁止されており、市長の恣意(しい)的判断で処分可能な普通財産に変更することは違法と指摘。市に建物の所有権移転登記と賃借料支払いをやめ、土地建物の返還を請求するよう求めている。...
Read More

南九州学園 都城市から無償貸与・旧市民会館を返還へ 改修できず /宮崎

改修・利用を条件に都城市から旧都城市民会館(同市八幡町)を無償貸与されていた南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)は、会館の返還を市に申し入れた。市は学園の申し入れを受け入れる予定。解体か保存かなどは、来月以降実施する市民アンケートなどの結果を基に8月に方針を決める。 長谷川理事長らが13日開催の市議会全員協議会で説明し、返還を申し入れた。市によると、同学園が経営する南九州大都城キャンパス(都城市立野町)が2009年4月に開学する際に、市が立野町の市有地や建物、旧市民会館を20年間無償貸与し、2...
Read More

延べ最大1.2万?/湖西市の市民会館複合施設/事業手法にPFIも視野

静岡県湖西市の(新)市民会館等複合施設建設検討会(吉田浩章委員長)は、新市民会館に市役所の一部や勤労者体育センターなど周辺の公共施設の機能も取り入れた複合化施設建設の検討結果をまとめた。 施設規模の上限を延べ1万2000?に設定。事業手法はPFIの導入も視野に入れ調査を行う予定だ。また、整備計画に示した8カ所の建設候補地から3カ所を選定した。対象は鷲津幼小中学校敷地(面積約1万5000?)、鷲津駅谷上線西側商業施設・鷲津小中学校敷地(同約1万?)、鷲津駅前ひまわり広場(同約4800?)。 複合化...
Read More

旧都城市民会館、返還へ 貸借契約の南九州学園

南九州大学などを運営する宮崎市の学校法人南九州学園(長谷川二郎理事長)は13日、改修し利用するとして2009年4月に都城市から20年間無償貸与されていた旧同市民会館の返還を市に申し入れた。同大学都城キャンパス開学に絡み同市から会館改修費を含む20億円の補助を受けていたものの、新キャンパスの施設整備費が膨らみ、改修が困難になった。市は受け入れる方針だが、解体や保存などの方向性を含め池田宜永市長が8月にも最終判断する。 http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_3...
Read More

丸亀市 新市民会館整備の基本構想策定へ

【丸亀】丸亀市は、新市民会館整備の基本構想(案)を7月までにとりまとめ、8月には公表、パブリックコメントを経て基本構想を策定する方針。 2018年度当初予算案には新市民会館整備事業費に2269万円を計上している。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180307200018.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20171122/1511313201 ...
Read More

水戸市の新市民会館整備 プロポーザルで業者選定

水戸市泉町1丁目北地区の新市民会館整備を巡り、地権者らでつくる再開発組合は、建物の新築工事業者を選定するプロポーザルを実施する。7日から応募を始めた。工程短縮や工事費縮減などを審査し、2019年3月の請負契約締結を目指す。 施工は4〜5… http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15205097313161 http://d.hatena.ne.jp/stnet/20171214/1513230657 ...
Read More

藤沢版 市民会館の灰皿撤去 4月から完全禁煙

藤沢市民会館大ホールの脇にある喫煙所が3月末で撤去される。市が進める公共的施設の受動喫煙防止対策の推進や、機運の高まりを受けて決められた。 同会館は、1階の大ホール入口へ続く階段の下に喫煙場所を設けていたが、一昨年、場所を現在の大ホール脇に移動。灰皿は3基置かれ、囲いはなかった。 市民会館を管轄する文化芸術課によると、煙や臭いに関する苦情も寄せられていた。別の喫煙所は設けないため、4月から市民会館の施設敷地内は完全禁煙となる。 利用者の男性は「図書館に行くことが多いので、使っていた。ここがなくな...
Read More

高知市 朝倉総合市民会館耐震改修へ設計

【高知】高知市は、朝倉総合市民会館を耐震改修するため、2018年度当初予算案に基本・実施設計委託料1000万円を計上している。工事は19年度に発注予定。 規模は鉄筋コンクリート造2階建て延べ1198平方?。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180228200063.html ...
Read More

設計はコンピューターに考えさせる 事例2 どの席も美しく聴こえる釜石市民ホールTETTO、壁の形状を音から逆算

「音から形を導き出せないか」 コンピュテーショナルデザインの第一人者である竹中司氏は、岩手県釜石市にある釜石市民ホールTETTO*1の設計者であるヨコミゾマコト氏から同ホールの音響・形状最適化についてこんな依頼を受けた。コンピュテーショナルデザインでホールの音響最適化を図り、それに合わせてホールの形状を決めたいというのだ。 *1 2017年12月竣工。設計者はaat+ヨコミゾマコト建築設計事務所、音響設計は永田音響設計。 その結果、バイオリンを思わせる曲面の天井と壁に囲まれたホールが生まれた(図...
Read More

足利市民会館/18年度に基本計画/発注方式は提案競技想定

栃木県足利市は、市民会館整備の基本計画策定作業に2018年度着手する。18年度予算案に1500万円を計上しており、発注方式はプロポーザル方式を想定している。17年度に進めている基本構想の策定時期が定まっていないため、基本計画策定業務の発注時期は未定としている。 市民会館(有楽町837)の規模は延べ1万0991?で、大ホール(定員1452人)、小ホール(同400人)、別館ホール(同410人)などで構成する。1966年の完成で、本体・設備の老朽化が著しいほか、耐震性能が不足している。 16年度に策定...
Read More

茅ヶ崎版 市民文化会館 寄附で名前プレート掲出

リニューアル記念事業 現在、耐震補強・改修工事を行っており、10月の開館を予定している茅ヶ崎市民文化会館。市ではリニューアル記念として、5月31日(木)までに一定額以上を寄附した人を対象に、チタン製のプレミアムプレートに名前(個人・企業・団体名のいずれか)を刻み、リニューアル後の同館2階の市民ロビーに掲出する事業を行っている。 これは、寄附を通じて同館にこれまで以上に愛着を持ってもらうことや、再整備・文化振興にかかる事業費を確保することを目的に実施しているもの。 対象となるのは「市民文化会館への...
Read More

常滑市 新庁舎、市民病院東側に 20年度完成 文化施設を併設 /愛知

老朽化した市庁舎や図書館などの移転新築場所を検討していた常滑市は、それぞれを集約した複合施設を同市飛香台の市民病院東側市有地に建設する方針を表明した。20日の市議会公共施設等あり方検討特別委員会で、片岡憲彦市長が説明した。 市によると新庁舎は、文化施設(図書館、中央公民館、市民文化会館)との複合施設とし、住民規模に応じたコンパクトな施設を目指す。敷地面積は、約1万1500平方メートル。市庁舎部分は延べ床面積1万平方メートル程度、文化施設は同5200平方メートル程度にする。共用部分を有効に活用し、...
Read More

市民会館など在り方検討 改修・再編見据え

名古屋市観光文化交流局は2018年度、市民会館(名古屋市中区)をはじめとした市内の文化施設について、改修や再編整備など、今後の在り方を検討する。このため18年度当初予算案に、文化施設の在り方検討として300万円を計上。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180222300032.html ...
Read More