タグ: 基本

長崎市 文化施設の基本構想策定初会合 有識者会議 /長崎

県庁跡地(長崎市江戸町)に長崎市が整備を予定する文化ホールの基本構想を策定する有識者会議(会長=堀内伊吹・長崎大教授)の初会合が27日、同市内であり、新たな施設が担う役割などを話し合った。来年3月までに4回の会合を開き、ホールの役割や部屋の配置などの基本構想を策定する。 市が設置した会議は、文化芸術団体や舞台… https://mainichi.jp/articles/20181228/ddl/k42/010/272000c ...
Read More

御津総合支所複合施設に公的サービス集約へ たつの市が基本設計

兵庫県たつの市は、御津総合支所の建て替えに伴い、隣接する御津文化センターの敷地内に整備する複合施設の基本設計をまとめた。行政、保健、生涯教育の公的サービスを1カ所に集約。住民の利便性向上に加え、多目的な利用に柔軟に対応できる新拠点づくりを目指す。2019年夏の着工、20年度末の完成予定。 同支所をはじめ、町内各所に点在するいずれも老朽化した御津保健センター▽御津公民館▽高齢者ふれあいセンター「梅寿園」−の機能を一体化。文化センターの南東側に、鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約1800平方...
Read More

四万十市の文化複合施設/6550?、建設費は49億/年度内に基本計画策定

高知県四万十市は、「四万十市文化複合施設(仮称)基本計画(案)」を公表した。基本理念は“未来を紡ぐ参加・交流・創造の拠点”で、施設全体面積延べ6550?、概算建設費約49億円などを想定。整備は従来方式とDBO(設計・建設・運営)方式、DB(設計施工一括)方式のいずれかで進めるとし、2023年度前半の竣工、同年度内の開館を想定している。 同施設は、老朽化している市立文化センターと市立中央公民館、市立働く婦人の家と、JA高知はた本館を複合した施設として計画。 建設予定地は右山五月町の敷地約6200?...
Read More

名古屋市 市民会館は基本構想策定を

名古屋市観光文化交流局は、設備の老朽化が進む市民会館について、2019年度に基本構想を策定する考えだ。市会11月定例会では古沢公園街区に先行して中規模ホールを整備する提案なども受けており、提案も踏まえて内容を検討する。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181217300010.html ...
Read More

京都市立芸術大移転 基本設計決まる

◇音楽ホール配置や外観 京都市は30日、2023年度にJR京都駅東側の崇仁すうじん地域(下京区)に移転させる市立芸術大(西京区)の基本設計を明らかにした。整備予定の3地区のうち、同駅に最も近い地区に800席の音楽ホール兼講堂を整備することなどが決まった。建物の屋根は東山や鴨川をイメージした波状にするなど、景観と調和するキャンパスにする。 市によると、敷地面積は計約3万4600平方メートルで、鴨川から西側へ向かってA、B、Cの3地区に分ける。ほかに約4000平方メートルを将来の活用地として残す。 ...
Read More

江津市新庁舎 基本設計案 議場が多目的ホールにも

島根県江津市が、移転新築する市役所本庁舎の基本設計案を作成した。市民サービスの向上や防災拠点としての機能強化をコンセプトに設計した。26日にパブリックコメント(意見公募)を始め、意見の内容を踏まえて2019年初めに最終決定し、同年夏の着工、20年度末の完成を目指す。 新本庁舎は鉄筋コンクリート一部鉄骨造の4階建てで、延べ床面積は5760平方メートル。江津署(江津市江津町)東隣に移転新築する。 http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/15432844287...
Read More

栃木県足利市/新市民会館整備/18年度内に基本構想、複合化も視野

栃木県足利市は、(仮称)新足利市民会館の整備に向けた基本構想を、本年度に策定する。老朽化している市民会館を再整備する計画。市民プラザなど類似施設との集約化も検討課題に挙がっている。建設地や規模、導入機能などの方向性を庁内で議論している段階にあり、基本構想で示していく。検討業務はシアターワークショップが担当している。 現市民会館の所在地は有楽町837、敷地面積は1万5072平方メートル。大ホール棟や会館棟などがあり、建物規模は延べ1万0992平方メートル。1966年に完成した。 16年3月に策定し...
Read More

栃木県栃木市/都賀総合支所複合化整備基本計画策定業務/フケタ設計に

栃木県栃木市は17日、「都賀総合支所複合化整備基本計画策定業務委託」の指名競争入札を開札し、フケタ設計が799万円で落札した。予定価格は842万円だった。履行期限は19年8月30日。 老朽化した公共施設を一体的に再整備する事業で、▽都賀総合支所(延べ2051平方メートル)▽都賀公民館(延べ1271平方メートル)▽都賀図書館(延べ1398平方メートル)−の機能や、多目的ホールの導入が想定されている。建設地は未定。都賀文化会館や都賀保健センター、都賀図書館、都賀公民館などがあるエリア内の市有地を活用...
Read More

兵庫県豊岡市/新文化会館整備基本計画等策定支援業務/シアターワークショップに

兵庫県豊岡市は「豊岡市新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルで、シアターワークショップを選定した。提案には2者が参加し、次点は空間創造研究所だった。老朽化が進む豊岡市民会館(立野町)と出石文化会館(出石町水上)を統合し、新たに整備する文化会館に求められる機能や建設場所などを検討する。 業務内容は▽文化会館施設の現状・課題の整理▽新築に伴う周辺環境への影響分析▽市場動向の分析▽施設が目指す方向性の検討▽敷地要件の検討▽基本構想案の策定▽施設の機能・規模の詳...
Read More

本庁舎、近く基本計画公告/音楽ホールは来月に候補地案/仙台市 2大型プロジェクトが新局面

仙台市の本庁舎建て替えと市内中心部に新設する音楽ホールの両大型プロジェクトが新たな局面に移行する。本庁舎は、近く基本計画策定支援業務の委託に伴う公募型プロポーザルで公告する方針だ。現在、庁内で仕様書の詳細を詰めている。11月までに最優秀提案者を特定し、12月にも有識者による基本計画検討委員会の初会合を開く。音楽ホールは、10月下旬に音楽ホール検討懇話会の下部組織「立地検討専門部会」を設置し、建設地の選定に向けて議論を本格化する。 本庁舎建て替えの検討に当たっては、2017年12月の基本構想検討委...
Read More

徳島)新ホール12月に基本構想提示へ 遠藤・徳島市長

徳島市議会9月定例会が6日開会した。遠藤彰良市長は、JR徳島駅西側駐車場に建設予定だった新ホール計画の中止と、閉館した市立文化センター敷地(徳島町)での新ホール整備の方針を説明した。新たなホールの基本構想は12月議会に提示する方針を表明した。 市長は、駅西側駐車場での新ホール計画中止について、高額な事業費と整備期間の長期化、早期整備を求める市民の意見などを踏まえて熟慮した結果と説明した。今後について、「事業費を抑制し、早期整備が期待できる文化センター敷地での新ホール整備を検討し、12月議会に(施...
Read More

秋に基本構想案/本・南庁舎跡地活用/岐阜市

岐阜市は、現本庁舎(今沢町18の敷地1万1638?、SRC造地下2階地上8階建て延べ1万7439?)と南庁舎(神田町1−11の敷地3104?、RC造4階建て延べ4986?)を解体し、その後の活用方針を示す基本構想案を今秋にもまとめる。 市庁舎跡地活用基本構想策定委員会(竹内伝史委員長)は、本庁舎跡地に公園・広場、文化・芸術、商業、オフィスの4機能を設ける整備方針を市に答申する見通しだ。 2021年春の開庁を目標に整備中の新庁舎(司町40)に機能を移転後、現本庁舎の解体などに着手する。同委は跡地に...
Read More

兵庫県、元町再開発で検討委が初会合 11月に基本構想決定の日程了承

兵庫県は23日午前、本庁舎の建て替えをきっかけとした周辺の再開発について基本構想・基本計画を検討する委員会の初会合を開催した。事務局の兵庫県は、本庁舎老朽化による建て替えの経緯を説明したうえで、県庁周辺地域の現状と課題を指摘。「にぎわい」「安全・安心」「民間活力の導入」という基本方針の3つの柱を示した。 出席した委員のうち、兵庫県が推薦した安田丑作・神戸大学名誉教授を委員長に選出。安田氏が佐竹隆幸・関西学院大学専門職大学院教授を副委員長に指名した。任期途中で辞任すると伝えられた神戸市の玉田敏郎副...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール基本計画の検討委、会合を10月に追加開催

神戸市は当初3回で終える予定だった「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」の会合を1回追加する。22日に開いた3回目の会合で、10月半ばに第4回会合を開催することを明らかにした。議論が多岐にわたったことから会合を1回追加して、より幅広い意見をまとめる。神戸市は22日の会合で整備基本計画の「素案」を提示。第4回会合で、より具体的な「案」をまとめる。 これまで大ホールと中央区民ホールを新たに建設するバスターミナルに、音楽専用の中ホールを新たに建て直す市役所2号館に設置することがまとまっている。大...
Read More

神戸市/本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務プロポ公告/8月16日まで参加受付

神戸市は「本庁舎2号館再整備基本計画策定支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。市は3月に策定した「本庁舎2号館再整備基本構想」で同館(中央区加納町)再整備の方向性として、庁舎機能に加えてにぎわい創出を目指した誘客・交流機能の配置を提示。同業務では、三宮再整備に当たって土地利用の在り方や公民連携の事業手法の検討を行う。 行財政局総務部庁舎管理課で16日まで参加表明書、20〜30日に企画提案書を持参または郵送で受け付け、9月6日のプレゼンテーション審査を経て、9月上旬に選定結果を通...
Read More

新庁舎候補地は市民会館跡地/島田市が市役所周辺整備基本構想案

静岡県島田市は27日、市民会館跡地(敷地面積6565?)を建設候補地とする市役所本庁舎整備に向け「島田市役所周辺整備基本構想(案)」をまとめた。 新庁舎はプラザおおるり(RC造地下1階地上3階一部2階建て延べ9041?)との一体的整備を視野に、延べ約1万1500?を庁舎の機能に充てる。また、16年に市民会館(ホール各席数1467席)を解体したことで不足しているホール機能の導入を検討する。19年度から基本設計に着手、23年度までに竣工する予定。 1962年に完成した現庁舎の規模はRC造地下1階地上...
Read More

神戸市、新中央区総合庁舎の基本計画策定と設計プロポ

神戸市は、中央区庁舎と勤労会館の機能を一体的に整備する「新中央区総合庁舎整備基本計画」を策定した。 現在の勤労会館の概要は、雲井通5―1―2(80年開設)。規模は延7518?(1階・三宮図書館延1079?、5〜6階・青少年会館延2799?が併設)。貸室構成は、会議室21室、多目的ホール、大ホール、体育館等(計2365?)。 現市役所本庁舎3号館の跡地(中央区東町114・115)に建設する新中央区総合庁舎の規模(想定)は、地下1階地上10階程度延約1万8000?(区役所5〜6階分程度延約9000〜...
Read More

新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援で公募型プロポ/市民会館と出石文化会館のホール機能を統合/豊岡市

兵庫県豊岡市は、「豊岡市新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援業務」の公募型プロポーザルを公告した。市民会館と出石文化会館(ひぼこホール)の老朽化が進んでいることから、ホール機能を統合し、新たな文化会館を整備する。参加申込書を25日まで地域コミュニティ振興部文化振興課豊岡市民会館で郵送または持参によって受け付ける。提案書類を8月10日までに提出させ、8月20日のプレゼンテーションを経て、9月上旬に結果を通知する。 参加資格は、2008年度から17年度に類似業務(客席数600席以上の文化芸術ホー...
Read More

北海道富良野市/新庁舎建設基本構想/事業費58億円、6月補正予算案に基本設計費

北海道富良野市は、老朽化する市役所庁舎建て替えに向けた基本構想を策定した。文化会館と複合化し、施設規模は1・5〜2倍近い8200〜9800平方メートルを想定。事業費には58億円を見込む。18日開会の第2回定例市議会に提出する補正予算案に基本計画・基本設計策定費として1500万円を計上する。 7月下旬までにプロポーザル方式を軸に一括発注する方針だ。 弥生町1の1に所在する現庁舎は、RC造地下1階地上3階塔屋1階建て延べ5263平方メートルの規模。1969年の建設から50年近くが経過し、建物や設備の...
Read More

山口市/徳地地域複合型拠点施設整備基本設計/車田建築設計事務所に

山口市は「(仮称)徳地地域複合型拠点施設整備事業に係る基本設計業務」の委託先を選定する公募型プロポーザル方式で、最優秀提案者に車田建築設計事務所を選定した。近く業務契約する。履行期間は11月30日まで。 事業では老朽化する徳地総合支所と徳地地域交流センターの施設更新に当たり、同センター周辺に徳地総合支所、同センター、徳地保健センターの機能を一本化。地域の中核となる「(仮称)徳地地域複合型拠点施設」を整備、公共サービスのワンストップ化を図る。 新設する施設は、総合支所、交流センター、保健センターの...
Read More

四万十市 空間創造研究所で基本計画 文化複合施設

【四万十市】四万十市は、老朽化した文化センターと中央公民館、またJA高知はた支所を加えた文化複合施設の整備について、基本計画策定を委託するため指名型プロポーザルを行った結果、空間創造研究所(東京都渋谷区)を特定した。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180613200016.html ...
Read More

神戸市/新・神戸文化ホール整備基本計画検討委が初会合/10月下旬に基本計画公表

神戸市は6日、「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」(委員長=清水裕之名古屋大学名誉教授)の初会合を市役所4号館で開いた。三宮再整備に合わせて、現在地(中央区楠町)から都心への分散移転を予定している同ホールの機能などで議論を交わし、市民の利便性や文化発信の象徴になるデザイン性を考慮した施設とする方向で一致した。 現在の神戸文化ホールは1973年に完成。音楽用の大ホール(約2000席)と演劇用の中ホール(約900席)のほか多目的室などを備え、利用状況では市民・団体利用などの貸館事業の比重が大...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール、10月下旬に整備基本計画 第1回検討委

神戸市は6日に開催した「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」(委員長・清水裕之名古屋大名誉教授)の第1回会合(写真)で、10月下旬に同ホールの整備基本計画を公表するスケジュールを提示した。8月下旬までに、さらに2回の会合を開催し、ホールの位置や規模、管理運営体制などを固める。会合ごとに議事要旨の公表に加えて意見募集(パブリックコメント)を実施。今回会合を受けた意見募集は11日からの予定だ。 6日の議論では、委員らが新たなホールをJR三ノ宮駅の東側に建設するバスターミナルビルと、老朽化に伴い...
Read More

6層延べ4700?想定/新庁舎基本計画案/ホール機能も検討/福岡県広川町

福岡県広川町は、新庁舎建設基本計画素案をまとめた。従来方式(設計施工分離発注)で整備し、施設規模は延べ床面積約4700?と設定した。6月中旬にも開く第7回庁舎建設委員会で素案の最終調整を行い、基本計画を答申する予定だ。 老朽化解消や耐震性能の確保のため、庁舎を建て替える。建設候補地は3カ所の中から、仮設庁舎の確保や仮移転が不要で事業費や工事期間を抑制できるとし、現庁舎敷地内の「現位置」を選定した。敷地面積は5694?となる。 施設は駐車場の確保や、将来の機能増設を考慮し「高層案」を採用する。6層...
Read More

新山口駅 複合施設の基本設計発表

山口市は1日、JR新山口駅北口に建設する複合拠点施設の基本設計を発表した。2000席規模の多目的ホールや起業・創業支援の相談窓口、医療機関と連携したフィットネスクラブなどが整備される。同日、記者会見した渡辺純忠市長は「駅周辺を山口一のビジネス街にしたい」と話した。 施設は森ビル(東京都)を代表とする6社のグループが2021年度のオープンを目指して整備し、運営に当たる。基本設計によると、4階建ての多目的ホールを中心にして、会員制の貸しオフィスやフィットネスクラブなどを囲むように配置。同駅北口からは...
Read More

豊岡市の補正案 新文化会館基本構想費など

兵庫県豊岡市は、新文化会館整備の基本構想・基本計画策定支援業務委託費などを盛り込んだ、6月補正予算案を発表した。 主な建設予算として、新文化会館整備基本構想・基本計画策定支援業務に972万円と、債務負担行為(2019年度)に648万円を計上。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180529700073.html ...
Read More

川崎市/市民館基本構想作成支援業務入札公告/5月31日まで参加受付

川崎市は25日、「川崎区における市民館基本構想作成支援業務委託」の一般競争入札を公告した。参加申請は31日まで生涯学習推進課への書類持参で受け付ける。6月11日に入開札する。参加条件は業種、種目「その他」で川崎市の資格があること。 履行場所は川崎区内。市民意見の整理、資料の作成等を行い、川崎区における市民館基本構想の策定を支援する。履行期限は19年3月29日。 市は、教育文化会館(川崎区富士見2の1の3)の老朽化に伴う閉鎖を踏まえ、大ホールの機能をスポーツ・文化総合センター(カルッツかわさき)に...
Read More

島田の文化施設整備あり方 基本構想検討委が議論

島田市の市役所本庁舎や文化施設のあり方を議論する市役所周辺整備基本構想検討委員会(委員長・海道清信名城大教授)の議論が大詰めを迎えている。最大の論点は「新たな文化施設を建設するか否か」。十八日夜の五回目の会合では、市民アンケートの結果を踏まえ、既存施設のあり方も含めて意見交換したものの、結論は出なかった。六月に二回の会合を設けて意見書をまとめる。 本庁舎は一九六二(昭和三十七)年建築で老朽化が進み、建て替えが必要。市役所東隣にあった約千四百席の大ホールを備えた市民会館は耐震不足のため解体されて駐...
Read More

港北区版 区民文化センター 基本設計まとまる

ホール客席数、400席確保 横浜市は、綱島駅東口地区に2023年度の開館をめざして整備を進める区民文化センターの内装の基本設計を発表した。ホールの客席数は400席を確保し、ギャラリー、音楽ルーム等を備えた、地域に身近な文化芸術の拠点とする。 区民文化センターは、新綱島駅(仮称)前の再開発事業に伴い、建設が予定されている施設の4、5階に整備される予定となっている。地域の代表者らで構成される委員会、横浜市港北区における区民文化センター基本構想検討委員会から、施設整備の基本的な方向性が答申として提出さ...
Read More

さいたま市/文化施設整備活用方針検討・市民会館うらわ基本構想策定支援業務入札公告

さいたま市は25日、「文化施設等の整備及び活用方針の検討並びに(仮称)市民会館うらわ基本構想策定支援業務」の委託先を決める一般競争入札を公告した。 競争入札参加申込兼資格確認申請書等の提出期限は5月11日。紙方式による入札日は同22日。さいたま市の17〜18年度競争入札参加資格者名簿(設計・調査・測量)に「建築関連コンサルタント」で登載された単体などが参加できる。 業務内容は、浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業で建設される複合ビル内に移転する「市民会館うらわ」について、移転後に必要な機能...
Read More

神戸市/新神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務/空間創造研究所に

神戸市は「新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルで、空間創造研究所を受託候補者として選定した。提案には2者が参加。業務では、三宮周辺に移転を予定している神戸文化ホール(中央区楠町)の整備基本計画策定に向けた支援を行う。1500席以上の大ホールは新バスターミナルI期(同雲井通)に、700〜900席の中ホールは市役所新2号館(同加納町)にそれぞれ移転を予定している。 業務内容は基礎調査と、新ホールの規模や機能、整備スケジュールなどを示す基本計画策定支援業務、...
Read More

年度内に整備手法/計画情報研に委託/輪島市の本庁舎、文化会館基本構想策定支援

石川県輪島市は、老朽化が著しい本庁舎と文化会館について、2018年度内に建て替え、耐震改修のいずれかを整備手法として選定する方針だ。外部の有識者で組織する審議会の運営支援を含む、市庁舎等整備基本構想策定支援業務は17年度から引き続き計画情報研究所に委託。事業全体の方向性を早期に固め、市民サービスの向上を目指す。 現在の本庁舎(RC造5階建て延べ5438?)は1973年に竣工し、築後40年以上が経過。14年度の耐震診断では1−3階部分の耐震性能が低下しており、大規模地震による倒壊・崩壊の危険性が指...
Read More

今夏に基本構想策定/文化創造の拠点整備/島田市民会館跡地

静岡県島田市は、今夏に「島田市役所周辺整備基本構想」を策定する。耐震性能不足などで2016年10月に解体した島田市民会館跡地に文化創造の拠点となる新施設を整備する見通し。 建設予定地は中央町1−2ほかの敷地約6500?。跡地は現在、駐車場として利用中。新施設の建設に併せ、隣接する本庁舎(RC造地下1階地上4階建て延べ約5600?)と市民総合施設プラザおおるり(RC造地下1階地上3階建て延べ約9200?)など周辺施設との一体的整備を検討している。 本庁舎は18年度内に整備基本計画を策定し、19、2...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール、空間創造研究所に基本計画支援を委託

神戸市は18日、新たに三宮地区で建設する神戸文化ホールについて、基本計画の作成支援を空間創造研究所(東京都渋谷区、草加叔也代表取締役)に委託することを決めたと発表した。委託先の選定には、提出された企画提案書などに基づいて、神戸市民文化振興財団の服部孝司理事長と神戸市の担当者5人で構成する選定委員が審査した。応募したのは2社で空間創造研究所が83.6点を獲得、2位の76.3点を上回った。 空間創造研究所は1997年に設立。同社のホームページによると、2005年に完成した兵庫県立芸術文化センターの劇...
Read More

概算事業費は95億円/新中央区総合庁舎基本計画案を公表/神戸市

神戸市は16日、「新中央区総合庁舎基本計画(案)」を公表した。市役所本庁舎3号館を解体し、その跡地に中央区庁舎と勤労会館の機能を「新中央区総合庁舎」として一体的に整備し、葺合文化センターや生田文化会館の機能も確保する。概算事業費は約95億円。 建物の規模は、地下1階地上10階建て延べ約1万8000平方?を想定している。延床面積の内訳は、中央区役所が約9000平方?から1万平方?、新たな文化施設が約5000−6000平方?、駐車場や機械室などが約3000平方?。地下1階と地上1階の一部に来庁者用の...
Read More

東京都多摩市/パルテノン多摩大規模改修/10月に基本設計着手

東京都多摩市は10月、大規模改修を計画している市立複合文化施設「パルテノン多摩」の基本設計に着手する。基本・実施設計を一括発注する予定で、発注方式は今後固める。19年11月までに設計をまとめ、20年7月の着工、21年12月の竣工を目指す。総事業費は80億円を見込む。現在は基本計画の策定を進めている。同策定支援業務はナスカ・東畑建築事務所・森村設計JVが担当している。 パルテノン多摩の所在地は落合2の35。京王線や小田急線、多摩都市モノレールが乗り入れる多摩センター駅南側に位置する。 建物はSRC...
Read More

神戸市/新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務プロポ公告

神戸市は「新・神戸文化ホール整備基本計画策定等支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。現在のホール(中央区楠町4)は完成から40年以上を経過し老朽が進んでいるため、大ホールは三宮駅周辺に計画しているI期バスターミナルビルに、中ホールは建て替えを計画している市役所本庁舎新2号館に移転する予定。大ホールの客席数は1500席以上、中ホールは700〜900席を予定。応募登録は2日まで、提案書は11日まで受け付け、18日に選定結果を通知する予定。 応募できるのは13年度以降に1000席以上...
Read More