Tag: 団体

アートプロボノの概要とニーズ(1) アートプロボノの可能性 〜芸術文化団体のイノベーションに繋がるか〜

長期的には芸術文化団体の経営・運営のイノベーションに繋がる可能性を内在しているのかも知れない。 今回は、一般社団法人芸術と創造代表理事 綿江彰禅氏に執筆いただきました。 (以下、2017年12月6日アーツカウンシル東京「コラム&インタビュー」より転載) 専門人材によるボランティア活動をさすプロボノ(Pro bono publico)という言葉をご存知だろうか。アメリカにおいて発祥し、当初は法務の専門的な知識に基づく社会貢献活動をさしていたが、その後、税理士、会計士など資格を持つ方々にも広がってい...
Read More

ホール存続を 利用団体らが要望 伊賀市のふるさと会館いが

伊賀市が廃止を計画している「ふるさと会館いが」(同市下柘植)のホール機能について、いがまち地区で文化活動をしているサークルや同施設を利用している団体らでつくる存続を求める会の女性メンバー4人が12月6日、賛同者5561人分の署名と要望書を岡本栄市長に手渡した。 23年前に建設された同施設は鉄筋コンクリート造で延床面積が約2842平方メートル。市内で2番目に広い定員665人の大ホールや小ホール、リハーサル室、会議室などを備える。 2015年3月に策定された市の公共施設最適化計画では、大規模改修した...
Read More

愛媛の演劇団体「パッチワークス」の舞台「Q→P」(クーの不可逆反応にローは目覚める)が2月17日にmass×mass 関内フューチャーセンターで上演

「 Q → P 」 (クーの不可逆反応にローは目覚める)   四国愛媛の演劇団体「パッチワークス」の舞台「 Q → P 」(クーの不可逆反応にローは目覚める)が2018年2月17日に、mass×mass 関内フューチャー20...
Read More

大阪府がソワレ対象に「ナイトカルチャー発掘・創出事業補助金」創設、芸術団体がインバウンド向けに字幕環境を整備するのに最適

大阪府都市魅力創造局の新規事業として、「平成29年度大阪府ナイトカルチャー発掘・創出事業補助金」が募集中です。 主にインバウンド(訪日する外国人観光客)をターゲットにしたものですが、募集要領を見ると小劇場演劇にぴったりの ...
Read More

本格活動を開始した東京の中堅プロデュース団体・ブラシュカが対談専用サイト「ブラシュカ×ダイアログ」スタート

東京で昨年結成された劇作家によるプロデュース団体「ブラシュカ」。2回のリーディング公演を経て、現在初めてとなる本公演『そでふりあうも』を上演中です(7/12~7/17、東京・シアターブラッツ)。「こりっちアワード2010 ...
Read More