タグ: 力

市村正親、鹿賀丈史主演ミュージカル『生きる』再演が開幕!今だからこそ響く“どんな時でも生き抜く力”

黒澤明監督映画をミュージカル化した、ミュージカル『生きる』が2020年10月9日に東京・日生劇場で開幕した。2018年に初演され「国産ミュージカルの記念碑」と絶賛され再演となった今回、主人公・渡辺勘治を引き続き市村正親、鹿賀丈史が演じる他、村井良大、新納慎也、小西遼生、May’n、唯月ふう... ...
Read More

リーディングシアター『RAMPO in the DARK』視聴レポート!江戸川乱歩の世界観を自在に広げる俳優・声優の力

2020年7月10日(金)より、リーディングシアターVol.1『RAMPO in the DARK』の配信が始まる。本作は、6月に予定していた公演を中止し、無観客・有料配信で行うもの。“演じる”という表現の分野で活躍する俳優・声優の19名が、江戸川乱歩の世界へと誘う。その模様を舞台写真と共... ...
Read More

リーディングシアター『RAMPO in the DARK』視聴レポート!江戸川乱歩の世界観を自在に広げる俳優・声優の力

2020年7月10日(金)より、リーディングシアターVol.1『RAMPO in the DARK』の配信が始まる。本作は、6月に予定していた公演を中止し、無観客・有料配信で行うもの。“演じる”という表現の分野で活躍する俳優・声優の19名が、江戸川乱歩の世界へと誘う。その模様を舞台写真と共... ...
Read More

「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」賛同署名を募集中

新型コロナウィルスの影響で、劇場の閉鎖や公演の中止など「未曾有の危機」を迎えている演劇界。このほど、現状を打破すべく日本演出者協会、日本劇作家協会、日本劇団協議会が中心となり「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」が発足された。 これは国、及び地方自治体、民間の企業に向けて、演劇団... ...
Read More

須賀貴匡、宮崎秋人、壮一帆ら出演『冬の時代』の中で文化運動に力を注いだ若者たちの物語

2020年3月に、演劇ユニット「unrato(アン・ラト)」が木下順二の戯曲『冬の時代』を上演することを発表した。本作は、堺利彦や大杉栄、荒畑寒村、伊藤野枝など実在の人物をモデルにした登場人物たちが、大逆事件(1910年)以降の約5年間、“冬の時代”と呼ばれた社会主義運動の中で、文化運動に... ...
Read More

タカハ劇団『僕らの力で世界があと何回救えたか』胸がすく“SF青春グラフィティ”

高羽彩が主宰するタカハ劇団の第15回公演『僕らの力で世界があと何回救えたか』が、2月14日(水)まで東京・下北沢 小劇場B1にて上演されている。第29回下北沢演劇祭参加作品でもある本作は、高校時代にアマチュア無線部だった3人が7年ぶりに再会、失踪した仲間の“リョウタ”の失踪の謎に迫るSFグ... ...
Read More

米原幸佑&八島諒&若菜太喜がユニット結成!音楽の力で歴史を変えられるのか『SORAは青い』開幕

2019年2月6日(水)に東京・博品館劇場にて舞台『SORAは青い』が開幕した。本作は、“音楽の力”をテーマにタイムスリップしてしまった主人公たちの活躍と、戦国時代に生きる姫との出会いを描くオリジナル青春活劇。脚本は秋之桜子、演出は滝井サトルが手がけている。 出演は、米原幸佑、八島諒、若菜... ...
Read More

米原幸佑、平松可奈子ら出演『SORAは青い』テーマは“音楽の力”

2019年2月6日(水)から2月10(日)まで東京・博品館劇場にて舞台『SORAは青い』が上演される。本作は“音楽の力”をテーマに、タイムスリップしてしまった主人公たちの活躍と、戦国時代に生きる駒姫との出会いを描く青春活劇。脚本は秋之桜子、演出は滝井サトル。 主演は米原幸佑、ヒロイン役は元... ...
Read More

タカハ劇団新作『僕らの力で世界があと何回救えたか』は少し苦めのSFグラフィティ

2019年2月に、タカハ劇団の第15回公演として『僕らの力で世界があと何回救えたか』(第29回下北沢演劇祭参加作品)の上演が決定した。 タカハ劇団とは、高羽彩が脚本・演出・主宰を務めるプロデュースユニット。2005年に早稲田大学にて旗揚げされ、日常に普遍的に存在しているちいさな絶望や、どん... ...
Read More