タグ: 劇場

道内初多面舞台/バルコニー型客席 「札幌文化芸術劇場」完成へ着々

札幌市は22日、同市中央区北1西1に建設中の「市民交流プラザ」内に開設する「札幌文化芸術劇場」内部を報道機関に公開した。道内初の多面舞台のほかオーケストラボックスやバルコニー型の客席を備えた本格的な劇場になる予定で、5月末完成、10月開館に向け急ピッチで工事が進んでいる。 公開は札幌市議会の視察に合わせて行われた。内部では舞台や天井などがほぼ完成し、最終的な内装工事の段階に入っていた。 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/166593 ...
Read More

静岡)藤枝に自前で劇場 23・24日に旗揚げ公演

東京で四半世紀、劇団「ユニークポイント」の座付き作家として活躍してきた山田裕幸さん(46)=焼津市出身=が、藤枝市本町の白子(しろこ)名店街に自前の劇場を開いた。衣料品店の2階の300平方メートル余りのスペースに40席の小劇場と広めのロビーを設置。23、24日に旗揚げ公演を行う。「演劇を見た後、感想を聞いたり話したりしながら地元の人たちとモノを考える場にしたい」と話している。 山田さんは島田高校卒。学習院大学に進学と同時に劇作を始めた。テアトロ新人戯曲賞を受賞した「トリガー」など社会問題を描いた...
Read More

徳島県文化の森「野外劇場」使って 4月末リニューアル

徳島県立21世紀館(徳島市)は、4月末のリニューアルオープンを予定している県文化の森総合公園の野外劇場について、期間限定で使用料を無料にする。客席に屋根を設置するなどし、利便性が高まった劇場に広く親しんでもらうのが目的。今月28日まで希望者を募っている。 無料となるのは5月8〜31日で、利用できる時間帯は各日午前9時半〜午後9時。営利目的を除き、音楽や演劇、ダンス、芸能の発表など、イベントのジャンルは問わない。同館が申請内容を審査し、希望日時を調整した上で決める。 新劇場は、天候に左右されずイベ...
Read More

劇場は、芸術ではなく、人のためにある 観客数を3.7倍にした劇場がやっていること

観客数3.7倍 この10年で、観客数を3.7倍に増やした劇場がある。 可児市文化創造センター・アーラ(ala)。 岐阜県可児(かに)市立の公立劇場だ。 世界的に著名なオーケストラ指揮者を呼んだのか? 人気芸人と特別なパイプでもあるのか? どちらでもない。 地元の人たちに、アートを通じた体験の機会を多様に提供してきたのだ。 何のために? 生活課題・社会的課題の解決のために。 まちに拡がるアーラ(2014年度統計値) 来館者数476,000人(市民1人が年4.7回利用)(可児市人口約10万人) 観...
Read More

福岡の劇団の登竜門「ぽんプラザホール」 稼働率94%人気小劇場 キャナル近く、利用料安く [福岡県]

福岡市博多区のキャナルシティ博多のそばに、市内で利用が最も多い小劇場があるのをご存じだろうか。福岡の劇団の登竜門と呼ばれる「ぽんプラザホール」(博多区祇園町)の秘密を探った。 博多川端商店街から屋根付きの歩道橋で国体道路(国道202号)を渡り、キャナルシティ博多へ向かうと、左側に見えるビルがぽんプラザ。福岡市が2000年に開設した。 名前の通り、ビルの下は向島ポンプ場。大量に降った雨水を下水管からくみ上げて川に流す。2階に下水管の大きな模型を展示し、下水道の仕組みや役割を紹介している。 さて、ぽ...
Read More

平田オリザさん主宰劇団「青年団」豊岡移転へ 市商工会館を小劇場に

豊岡市は19日、劇作家で同市芸術文化参与を務める平田オリザさん(55)=写真=主宰の劇団「青年団」(東京)が、市商工会館(日高町)を小劇場として活用する方向で協議を進めると発表した。同日発表された平成30年度当初予算案の日高庁舎改修事業(5118万円)の一環で、同庁舎内への同市商工会移転にあわせ、同劇団が商工会館跡に移転する。 昨年夏、劇団を段階的に豊岡市に移す方針を示していた平田さんが、レトロ感のある同会館を気に入り、移転を決めたという。青年団は昭和57年創立で、東京都目黒区の「こまばアゴラ劇...
Read More

演劇の創客について考える/(19)共通点があるなら映画パンフレットに演劇の広告を掲載し、映画館から劇場へ送客しよう

●分割掲載です。初めての方は(予告)から順にご覧ください。 公開中の映画『スリー・ビルボード』は、英国の劇作家マーティン・マクドナーによる製作・脚本・監督作品で、3月4日(現地時間)に発表されるアカデミー賞最有力候補とな […]...
Read More

道頓堀角座が7月末で閉館 代替劇場設ける方針も開場未定

松竹芸能は16日、大阪・道頓堀の劇場「道頓堀角座」を7月末に閉館すると発表した。土地オーナーとの5年間の定期借家契約が満了が理由。代替となる関西の基幹劇場について、現在調整を進めている。 角座は江戸時代の芝居小屋を起源とする劇場で、戦後「上方演芸の殿堂」として親しまれたが、1984年に客足の減少により幕を閉じ、その後にできた「B1角座」も08年に閉館。13年に現在の形で角座が復活した。 関係者によると5年前と比べ、中国人観光客が急増するなどして、同所の地価が大幅に上昇したことなどが影響していると...
Read More

森岡めぐみのホール&劇場 ドイツ見聞記(3)

今回の劇場訪問研修で訪れたドイツの街は、ベルリン(人口約340万人)、ヴォルフスブルク(同12万人)、ヒルデスハイム(同10万人)、エッセン(同58万人)、コブレンツ(同11万人)、フランクフルト・アム・マイン(同73万人)の6カ所でした。それぞれに個性豊かな街でしたが、比較しながら旅すると、街の規模と劇場の役割には相関関係が見えました(これは日本にも共通すると思います)。 小さな街では住民に近い「集いの場」となります。例えばヴォルフスブルク市立劇場では「週末のみ」「家族対象」など10種類の公演...
Read More

ソプラニスタ岡本知高と100人以上の出演者たちに空海が宿る「空海劇場2018」3月24日に宗像ユリックスで開催

空海劇場2018   総勢100名以上が出演する劇場エンターテイメント「空海劇場2018」が3月24日(土)、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催される。   空海劇場は、「弘法大師・空海」の生き方や信念を音楽、アート、伝20...
Read More

甘い香りの明治スイーツ騒動記!? 玉城裕規らが出演する舞台「若様組まいる~アイスクリン強し~」4月27日からサンシャイン劇場で上演

舞台「若様組まいる~アイスクリン強し~」   畠中恵の人気小説を原作とした舞台「若様組まいる~アイスクリン強し~」が4月27日からサンシャイン劇場で上演される。出演は玉城裕規、粟根まことなど。   本作は「しゃばけ」シリ20...
Read More

リング状屋根、音響充実…池袋西口公園を劇場化

東京都豊島区は、池袋駅西口の「池袋西口公園」をオーケストラのコンサートなどが開ける公園として、新年度から整備を本格化させる。 区は、東口でもミュージカル公演ができるホールなどが入る複合施設の建設を進めており、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、文化・芸術を発信する「劇場都市」をテーマに街づくりを進める。 西口公園は1970年に開園。隣接する東京芸術劇場の建設にあわせ、90年に再整備された。テレビドラマ化もされた小説「池袋ウエストゲートパーク」の舞台にもなった。 2002年には約60平方メ...
Read More

熊本市民会館と県立劇場が連携運営

熊本市民会館が熊本県立劇場と連携して事業を企画運営することになり、9日、調印式が行われました。調印式には熊本市民会館の宮原國臣理事長と県立劇場の姜尚中理事長が出席し契約書にサインしました。契約期間は5年間で熊本市民会館がコンサートや演劇などのイベントの運営を県立劇場と共同で行うことになります。調印式で宮原理事長は「共同で取り組むことで質が高く幅広い分野の文化事業の展開ができる」と述べ姜尚中理事長は「市民、県民にメリットになるように頑張りたい」と語りました。 https://www.tku.co....
Read More

溝の口に新たな文化拠点 「溝ノ口劇場」がオープン

溝の口駅前にこのほどオープンした「溝ノ口劇場」で2月3日、開場記念イベントが開かれた。 当日は告知を見て興味をもった一般市民や関係者ら約150人が参加。吉本興業所属の芸人アップダウンによるお笑いライブや、バンドや弾き語りのライブコンサート、紙芝居ショーなど、多彩な演目が披露された。観覧者からは「溝口にはこういった場所がなかったから嬉しい」といった声が聞かれたほか、収容人数約100人、音響や照明、可変式のステージなど大きすぎず、多目的に使えるホールに興味を持ち、利用を問い合わせる人も多く見られた。...
Read More

大駱駝艦・天賦典式の新作『罪と罰』新国立劇場で3月に上演!

開場20周年を迎えた2017/2018シーズンに新国立劇場は、「舞踏の今」と題して、世界で最も高い評価を得ている2つのダンス・カンパニーの公演を行う。その第二弾公演として大駱駝艦・天賦典式が登場し、新国立劇場・中劇場の舞台で新作を発表する。大駱駝艦は、1982年に舞踏カ...
Read More

白井晃、芸術表現が「恒常的に同期している場所でありたい」2018年度 KAAT神奈川芸術劇場ラインアップ発表

2018年2月7日(水)に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場にて、同劇場の2018年度ラインナップ発表会が行われた。会の前半では新年度のスタートを切る舞台『バリーターク』の制作発表会が行われたが、後半では、今年度の上演作品を手掛ける松井周、松原俊太郎、森山開次、長塚圭史、杉原邦生、木ノ下裕一が... ...
Read More

【動画6分】ウディ・アレンの傑作を福田雄一がさらに面白く! ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」2月7日から日生劇場で開幕

ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」囲み取材より 左から平野綾、城田優、浦井健治、前田美波里、演出の福田雄一 浦井健治と城田優らが出演するミュージカル「ブロードウェイと銃弾」の囲み取材が行われた。   1994年公開の映20...
Read More

森岡めぐみのホール&劇場 ドイツ見聞記(1)

こんにちは。大阪城の近くにあるクラシック音楽ホール、いずみホールで働いている、森岡めぐみです。以前の連載「ステージドア」ではお世話になりました。皆さま、お元気でしたか。 わたしは昨年の12月に11日間、駆け足でドイツの13の劇場やホールを巡ってきました。文化庁が全国公立文化施設協会に委託して実施している「劇場・音楽堂等スタッフ交流研修事業」に参加したのです。 この研修、2012年に制定された劇場に関する法律をもとに、劇場やコンサートホールのスタッフの研さんを目的としたもの。専門家と一緒に海外の劇...
Read More

高崎市 音楽ホール名称「高崎芸術劇場」 条例案提案へ /群馬

高崎市は2日、同市栄町に建設中の音楽ホールの名称を「高崎芸術劇場」にする方針を決めた。3月定例市議会に名称を盛り込んだ条例案を提案する。2019年中にオープン予定。 高崎芸術劇場は、鉄筋コンクリート造り8階地下1階、延べ床面積2万7355平方メートル。約2000席のメインホールをはじめ、小ホール、多様な表現活動に対応できるさまざまなスタジオなどを備える。工事費は約260億円。 https://mainichi.jp/articles/20180203/ddl/k10/010/139000c ht...
Read More

建て替えとなる青年座劇場の最終公演 長田育恵作・宮田慶子演出『砂塵のニケ』

1969年開場以来、劇団青年座の創造活動の中心にあった青年座のスタジオ、青年座劇場がビルの老朽化に伴う建て替え工事のため、本年3月をもって劇場としての役割を終えることになる。そこで、昨年7月から、演劇界で注目される劇作家の新作を青年座劇場において連続上演して...
Read More

横浜市/2000人収容規模の劇場整備検討へ/18年度に調査、オペラやバレエに対応

横浜市は18年度予算案で、「新たな劇場整備検討調査」に1000万円を計上した。林文子市長は再選後の8月の定例会見で「市には舞台芸術やダンスがしっかりできる単独の劇場がなく、早急に(整備を)検討したい」と述べており、収容人数約2000人規模の劇場整備に向け検討に着手する。具体的な整備内容、場所、整備手法や運営方法について国内外の劇場の調査、専門家へのヒアリングを行う。 現在市内には神奈川芸術劇場(通称KAAT、収容約1200人)や神奈川県立県民ホール(大ホール収容2493人)など収容人数1000人...
Read More