Tag: 劇場

柳美里さん、「書店」「劇場」18年開業へ12月24日・イベント

南相馬市小高区の自宅と倉庫で書店「フルハウス」と劇場「LaMaMa ODAKA」を来年開業する予定の芥川賞作家柳美里さん(49)は12月24日、現地でプレオープンイベント「cascade 破水」を開く。 柳さんと交流のある人たちが出演し、開業への機運を盛り上げる。華道家の片桐功敦さんによる生け花と照明家の海藤春樹さんによるキャンドルを展示。ピアノデュオ「piaNA」の連弾に合わせ、コンテンポラリーダンサーの伊藤キムさんが踊りを披露する。 また、柳さんが自身の小説「ねこのおうち」の中からクリスマス...
Read More

御園座、新劇場来月引き渡し

御園座が14日発表した2017年4〜9月期の単独決算は最終損益が7900万円の赤字(前年同期は6100万円の赤字)だった。18年4月に予定する新劇場のオープンに向けた広告宣伝費の負担などが影響した。新劇場は12月に完成し、引き渡しを受ける予定だという。宮崎敏明社長は「強みを生かし、オンリーワンの劇場を目指す」と意気込みを語った。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23466350U7A111C1L91000/ ...
Read More

昭和史に残る誘拐事件を描く古川健の新作!水戸芸術館ACM劇場『斜交~昭和40年のクロスロード~』コメント到着!

劇団チョコレートケーキの古川健が書き下ろし、演出を文学座の高橋正徳が手がける水戸芸術館主催の『斜交(しゃっこう)~昭和40年のクロスロード~』が、11月23日から水戸芸術館ACM劇場で幕を開ける。(26日まで。そののち12月8日~10日◎東京青山・草月ホールで上演)犯罪...
Read More

現実を忘れ極上の夢の世界へ・・・新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』レポート

舞台は、現実を忘れる夢の世界だ。美しく楽しい夢もあれば、悲しい夢、苦しい夢、衝撃的な夢もある。もちろん新国立劇場バレエ団の「くるみ割り人形」は、美しく楽しい夢、それも見終わった後でも顔が勝手に笑ってしまうような、足取りが自然に軽くなってしまうような・・・そんな極上の夢だ。 日本でも欧米でも... ...
Read More

舞台『リトル・ヴォイス』が衛星劇場で初のTV放送!主演を務めた大原櫻子が思い出を語る

1992年にロンドンで生まれ、のちに映画化もされた話題の舞台『リトル・ヴォイス』。音楽だけが心の支えになっている少女・LV(リトル・ヴォイス)が、歌を通して少しずつ成長していく姿は世界中に多くの感動を与えた。今年5月には初めて日本でも上演され、その主演を務めたのが、アーティスト・女優として... ...
Read More

東西女剣劇のトップ同士が国定忠治で激突!? ふくふくや舞台「くるんのぱー」下北沢 駅前劇場で12日(日)まで上演

ふくふくや「くるんのぱー」舞台写真   ふくふくやの舞台「くるんのぱー」が11月1日から下北沢・駅前劇場で開幕。12日(日)まで公演中だ。   ふくふくやは、1999年春、山野海を中心に設立。 毎回多様な客演を迎え、「320...
Read More

末原拓馬「ぞくぞくします」劇団おぼんろ『キャガプシー』寄せ集めで原っぱを劇場に

劇団おぼんろ第15回本公演『キャガプシー』が2017年11月8日(水)に東京・おぼんろ特設劇場「キャガプシーシアター」(葛西臨海公園内 汐風の広場)にて開幕した。主宰の末原拓馬をはじめ、5人の語り部(キャスト)で構成される劇団おぼんろ。本作では、既存の劇場を使わず、舞台美術、衣裳に至るまで... ...
Read More

劇場等演出空間運用基準協議会「劇場等演出空間の運用および安全に関するガイドライン」が5年4か月ぶりに大幅改訂、ページ数が2.4倍になって安全衛生管理をわかりやすく明示。文字どおり「公演に携わるすべての人々」が共有すべき内容に

関連団体が立場を超えて創設した劇場等演出空間運用基準協議会(基準協)による「劇場等演出空間の運用および安全に関するガイドライン ver.3――公演に携わるすべての人々に」が2017年11月1日に発行された、12年7月に発 […]...
Read More

劇場のピクニック 藤間勘十郎 サンケイホールブリーゼ公演 劇場ジャンルの壁超え、軽やかに

私たちは、バレエやダンスは近代的なホールで見るもの、日本舞踊は歌舞伎など古典の劇場で見るものと思っている。だが最近は、そんな先入観を軽やかに超える公演が少なくない。演劇やミュージカルに用いられる大阪・サンケイホールブリーゼで、15日午後6時半から開かれる「藤間勘十郎 舞踊公演」もそんな公演の一つだ。 勘十郎は、歌舞伎舞踊の振り付けで知られる宗家藤間流の八世宗家。現在37歳で、振り付け、脚本、演出、作曲と、多彩な分野で活躍中。たとえば、絵本を歌舞伎化して一昨年に京都・南座で初演された話題作「あらし...
Read More

誕生日にコンサート『I Sing~time to come~』を新国立劇場中劇場で開催! 中川晃教インタビュー

中川晃教が、この秋冬は全国各地で様々なスタイルのコンサートを開催している。中日劇場、新歌舞伎座、明治座で開催した『Seasons of love』は、朗読やダンス、篠笛とコラボしたシアトリカルなコンサートだったが、11月4、5日は新国立劇場中劇場で、中川晃教コンサート2017...
Read More

CSチャンネル衛星劇場11月特選歌舞伎は尾上松緑特集!「過去をご覧いただき、新たに劇場で今の松緑を」

CSチャンネル衛星劇場では、11月に「特選歌舞伎」で尾上松緑の出演作品の特集放送を行う。放送される作品は、TV初放送となる『大商蛭子島』『眠駱駝物語~らくだ』をはじめ、『忍夜恋曲者~将門』『戻駕色相肩』『鴛鴦襖恋睦~おしどり』『奴道成寺』『倭仮名在原系図~蘭平物狂』の7作品。特集に向け、松... ...
Read More

一番美しく舞うものが生贄になる/劇団晴天「果ての踊り子」12月23日から王子小劇場で上演

劇団晴天『果ての踊り子』公演チラシ   劇団天晴の舞台「果ての踊り子」が12月23日(土)から花まる学習会王子小劇場で上演される。   劇団晴天は、現代口語を用いて少女買春やシャッター街問題、家庭内の不和などを描き、幅広20...
Read More

KAAT神奈川芸術劇場『作者を探す六人の登場人物』開幕! 舞台写真&長塚圭史インタビュー

コンスタントに新作の上演を続ける一方、自身が主宰する演劇ユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」での活動、また創作団体・葛河思潮社における三好十郎やハロルド・ピンターといった近代戯曲への取り組み、さらに子供向けの演劇作品の創作など、劇作家・演出家として、積極的な...
Read More

吉田鋼太郎×黒木瞳が「シラノ・ド・ベルジュラック」に挑む! 2018年5月 日生劇場で上演

舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」   舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」が2018年5月に日生劇場で上演される。演出は鈴木裕美。出演は吉田鋼太郎、黒木瞳、大野拓朗、白洲迅など。   「シラノ・ド・ベルジュラック」はフラ20...
Read More

ラオックス、12月に千葉市で劇場開設 無言劇公演

免税大手のラオックスは25日、千葉市内で手掛ける複合商業施設「千葉ポートスクエア」内に設ける劇場「千葉ポートシアター」を12月22日に開くと発表した。座席数は約200。こけら落とし公演はマジックやダンスなどのパフォーマンス「ギア―GEAR―」。物販や飲食に娯楽施設を加え、商業施設の集客力を高める。 羅怡文社長は25日、東京都内で開いた制作発表記者会見で「海外のお客さんにだけでなく、関東の皆さまにも喜んでもらいたい」と述べた。千葉ポートシアターは当面ギアの公演に使う。ほかの用途についても「検討して...
Read More

犬と串結成10周年記念! 山中健太・翔太、星元裕月 出演舞台『ピクチャー・オブ・レジスタンス』2月21日から恵比寿・エコー劇場にて上演

左より山中健太、山中翔太、星元裕月   犬と串結成10周年記念となる本公演case.17「ピクチャー・オブ・レジスタンス」が2018年2月21日~25日に恵比寿・エコー劇場で上演される。   犬と串結成10周年記念公演「20...
Read More

札幌市/札幌文化芸術劇場の愛称決定/hitaruに、18年10月開業へ

札幌市は「札幌創世1・1・1区北1西1地区第一種市街地再開発事業」で建設を進めている建物のうち、低層棟の複合施設「札幌市民交流プラザ」のロゴマークを決定するとともに、プラザに入る「札幌文化芸術劇場」の愛称を「hitaru(ヒタル)」に決めた。 愛称は市民からの公募で決定。「札幌市民が思う存分芸術に『ヒタル』場」や、「hito(人)がaru(ある)=人が集まる」という意味が込められている。建物は18年3月の完成、同10月の開業を予定している。 札幌市民交流プラザのロゴマークは、プラザを構成する札幌...
Read More

ドワンゴ、ライブ劇場「ニコファーレ池袋」と新サテライトスタジオを2019年、池袋の新ランドマーク・Hareza池袋にオープン

ドワンゴは、10月17日、東京建物、サンケイビルの2社が現在推進中の「(仮称)豊島プロジェクト」で、最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場「ニコファーレ池袋」および最先端のインターネット放送を特徴とする新たなサテライトスタジオを2019年にオープンすると発表した。 「(仮称)豊島プロジェクト」では、豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして、多様な文化の発信や新たなにぎわいの創出を目指し、(仮称)新区民センターを合わせ8つの劇場空間の整備が計画されている。そのうちの...
Read More

WOWOW10月20日放送の劇場公演『あの城』レポート!森山直太朗「ボーダーレスな感覚をテレビからも感じてもらえたら」

森山直太朗がデビュー15周年の節目に開催した劇場公演『あの城』が、10月22日(日)夜8:00よりWOWOWにて独占放送される。森山が生み出した名曲の数々から新曲で彩られ、音楽と芝居を融合させた公演の模様を、一部レポートでお届けする。 移り変わりの激しい音楽シーンの中で独自のポジションを築... ...
Read More