タグ: 共同

文化センター共同ホール 久留米市長「来年3月閉館」 「統廃合不可欠」と /福岡

久留米市の大久保勉市長は14日の市議会一般質問で、文化センター共同ホール(同市野中町)を予定通り2019年3月末に閉館する方針を示した。大久保市長は「皆様(利用者)には大変ご不便な思いをさせることは本当に申し訳なく思う」と述べながらも、「人口減少や少子高齢化で市の財政状況が厳しさを増す中、施設の統廃合は不可欠な取り組み」と理解を求めた。 同じく19年3月末で閉館するサンライフ久留米(同市諏訪野町)についても「(利用している)登録団体に丁寧に説明したい」と話した。 http://mainichi....
Read More

文化センター共同ホール 閉館へ 老朽化、統廃合進める 久留米市が利用者向け説明会 /福岡

久留米市は27日、2019年3月末で閉館する文化センター共同ホール(同市野中町)について、利用者向けの説明会を開き、閉館の理由や代替施設について説明した。 市によると、市が管理する公共施設は約550。約半数が築30年以上で、25年度末には65%が築30年を超えるという。施設の老朽化に伴い、改修や建て替えの費用も膨らむため、施設の統廃合を進める方針を説明した。 共同ホールの廃止理由として(1)築33年が経過し、使い続けると今後5年間で舞台設備などの改修費約1億4300万円が必要(2)市中央部に勤労...
Read More

文化センター共同ホール・サンライフ久留米 閉館の2施設、利用者説明会 久留米市、27〜31日 /福岡

久留米市は、2019年3月末での閉館を発表している文化センター共同ホール(同市野中町)とサンライフ久留米(同市諏訪野町)について、利用者向けに、閉館の経緯や代替施設を紹介する説明会を開く。 共同ホールの説明会は、ホール棟利用者向けが27日午後2時と30日午後7時、研修棟利用者向けが27日午後3時半と31日午後7時で、場所はいずれも市役所。サンライフ久留米の説明会は29日午後7時と30日午後3時で、場所はサンライフ久留米である。 https://mainichi.jp/articles/20180...
Read More

若手作家2人が共同プロデュース 猿の左手「ポスト・フィクションな生活」+劇の虫「うっかり夜」/5月26日・27日 神戸・イカロスの森で上演

宣伝美術 東南颯/冨田有登里   神戸を拠点として活動する「猿の左手」と、和歌山を拠点とする「劇の虫」が共同プロデュースした公演が、神戸・イカロスの森でて5月26日、27日に行われる。   両団体の主宰は共に作・演出を手20...
Read More

石橋文化センター共同ホールを廃止へ 久留米市長が表明 [福岡県]

久留米市の大久保勉市長は6日、石橋文化センター(同市野中町)の敷地内にある共同ホールを廃止する方針を明らかにした。市議会一般質問で「施設の利用状況などを再検証した」と述べた。 共同ホールは1985年開館。市が所有し、外郭団体の久留米文化振興会が管理している。メインホール(467席)のほか、会議室や研修室など6室がある。市によると、本年度の施設運営費約3100万円のうち約1400万円を補助。利用者数は92年度の11万3400人から2016年度には5万6千人に落ち込んでいたという。 施設の老朽化に加...
Read More

世田谷パブリックシアター、2018年度ラインアップ公開!KAATとの共同企画から地域密着プログラムまで

現在、開場20周年記念プログラムを展開している世田谷パブリックシアターが、2018年度のラインナップを公開した。今年度は、KAAT神奈川芸術劇場との共同企画となる草なぎ剛主演の『バリーターク』や、芸術監督である野村萬斎の企画『MANSAI 解体新書 その弐拾八』などの上演が予定されている。... ...
Read More

日置あつし、マルセロ・エヴェリンと共同制作した「ボンバスティカ」など3作を上演

プロダクション航路延長・日置あつしのソロダンス公演「『ボンバスティカ -bombastica-』『彼岸の桜』『極楽鳥の森』」が、1月23日に京都のアンスティチュ・フランセ関西、2月10日から13日まで神奈川・YCCヨコハマ創造都市センター 3Fで上演される。...
Read More

同志社大・文化庁 地域の文化創造、どうあるべきか 芸術祭含むイベント、評価法など模索 共同研究開始

同志社大と文化庁は昨年12月、共同で「文化芸術創造都市に係わる評価と今後の在り方に関する研究」を始めた。同月6日に同大今出川キャンパスで行われたキックオフ・シンポジウムでは、国内外の文化創造活動に詳しい識者らが集い、現状や今後の課題を話し合った。 文化庁が、政策研究機能の強化と文化政策に関わる研究者ネットワークの構築などを目的にした「大学・研究機関等との共同研究事業」の採用第1弾。 本研究の背景にあるのは、地域の特性を文化芸術に生かし地域再生に取り組む自治体の増加だ。新潟県の「大地の芸術祭 越後...
Read More

ワンツーワークス&StoneCrabsの共同制作で『アスファルト・キス』を上演!

劇団ワンツーワークス主宰で演出家の古城十忍と、英国で演劇制作と俳優指導で高く評価されている劇団ストーン・クラブズの演出家フランコ・フィギュレドの共同演出で、ブラジルのネルソン・ロドリゲス作の『アスファルト・キス』が、2018年1月18日(木)~21日(日...
Read More

「3LDKは帰る場所」植原卓也、平間壮一、水田航生がNYでの共同生活を収めたカレンダー&DVD発売

俳優の植原卓也、平間壮一、水田航生。公私共に交友のある同世代の3人によって、毎月配信されている人気WEB番組「3LDK」(動画メディア「ストラボ東京」内)が、スタジオを飛び出し、ニューヨークへ!その模様を収めたDVDとカレンダーが、2017年12月9日(土)に発売された。これを記念し、発売... ...
Read More

範宙遊泳のインド共同制作「午前2時~」開幕、霧に包まれた都市で3言語が飛び交う

範宙遊泳とインドのThe Tadpole Repertoryによる共同制作作品「午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-」が、本日6月30日から7月2日まで東京・森下スタジオにて上演される。これに先がけて昨日6月29日にゲネプロが行われた。
Read More