タグ: 作

長塚圭史作『アジアの女』石原さとみ主演&吉田鋼太郎演出で上演

2019年9月より石原さとみ主演、吉田鋼太郎演出による『アジアの女』が上演される。本作は2006年に長塚圭史により執筆された演劇作品。キャストには吉田、石原のほか山内圭哉 、矢本悠馬、水口早香、吉田鋼太郎らが名を連ねている。 【あらすじ】 大災害によって壊滅した町で半壊した家に住み続ける兄... ...
Read More

T-worksが3月に村角太洋(THE ROB CARLTON)作・演出で『THE Negotiation』を大阪・東京で上演!

撮影:堀川高志 T-worksは、関西を拠点に活動している女優・丹下真寿美の魅力を全国に広めるべく立ち上げたユニットで、2018 年の第1回公演では、後藤ひろひと作・演出による『源八橋西詰』を大阪・東京で上演。関西小劇場の演劇ユニットの旗揚げとしては異例の1500 人以上を...
Read More

ピスタチオW主演で竜史作・演の青春群像劇に挑戦

劇団「20歳の国」竜史によるオリジナル新作『No.2(仮)』が2019年8月に東京・神保町花月にて上演されることが明らかになった。 本作は、白目漫才でおなじみのお笑いコンビ「ピスタチオ」の伊地知大樹、小澤慎一朗をW主演に、都内私立大学の演劇サークルに入部したユウジとレンタの二人と、その周辺... ...
Read More

中津留章仁の衝撃作が帰ってくる!『黄色い叫び』3月に東京・大阪で上演!

あの衝撃作がリメイクされて帰ってくる!劇団トラッシュマスターズの主宰で作・演出の中津留章仁が2011年4月に発表し、震災後の演劇界に大きな衝撃を与えた『黄色い叫び』が、3月に東京と大阪で上演される。中津留章仁は現代社会に潜む諸問題を掘り下げ、未来志向の想像力に...
Read More

シス・カンパニー公演の演目が変更! ヤスミナ・レザ作『LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~』を上演!

大竹しのぶ・稲垣吾郎ともさかりえ・段田安則演出にケラリーノ・サンドロヴィッチ、出演には大竹しのぶ・稲垣吾郎・ともさかりえ・段田安則という豪華メンバーが13年ぶりに再集結し、2019年4月に再演が決定していた舞台『ヴァ—ジニア・ウルフなんかこわくない?』。その公...
Read More

円谷幸吉と君原健二、2人のマラソンランナーの栄光と挫折を描く『光より前に~夜明けの走者たち~』 作・演出家 谷賢一インタビュー

1964年の東京オリンピックで銅メダルに輝いた円谷幸吉と、その4年後のメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。ライバルであり友人でもあった2人のマラソンランナーの物語、『光より前に~夜明けの走者たち~』が、11月14日から紀伊國屋ホールで上演される。(1...
Read More

作・演出の岩井秀人『世界は一人』は「見たことのないものができる」

2019年2月より、松尾スズキ、松たか子、瑛太らが出演する『世界は一人』が上演されるが、このほど作・演出を手掛ける岩井秀人、松尾、音楽を手掛ける前野健太からコメントが届いた。 本作は、劇団ハイバイの主宰である岩井が手掛ける“ある悲惨な男の物語”。今までとは違うスケール感の音楽劇での上演が予... ...
Read More

奇蹟の舞姫ヤン・リーピンの渾身作、『ヤン・リーピンの覇王別姫 ~十面埋伏~」』来年2月、日本上陸!

世界が絶賛する姫ヤン・リーピンの渾身作『ヤン・リーピンの覇王別姫 ~十面埋伏~」』が、Bunkamura30周年記念の一貫として、2019年2月21日から24日まで、Bunkamuraオーチャードホールで上演される。ソロダンス“孔雀の精霊”で一躍有名になった中国の国宝級ダンサー、ヤン...
Read More

小谷嘉一&橋本真一W主演「発達障がい」をテーマにした舞台を2部作で

『ボクとママと発達障がい』『ヘルプマークのトリセツ』が、2018年10月17日(水)東京・新宿シアターモリエールにて上演される。『ボクとママと発達障がい』は、企画者である五十嵐万葉の息子の自伝をもとにした作品で、2017年9月に初演。今回、出演オファーを受けた小谷嘉一が内容に共感したことで... ...
Read More

新鋭演出家・稲葉賀恵によるカミュ作『誤解』新国立劇場で開幕!  

新国立劇場にて10月4日に、小川絵梨子演劇芸術監督のシーズンオープニング公演『誤解』が開幕した。 本作品『誤解』は20世紀フランスの劇作家・作家アルベール・カミュの作で、カミュの戯曲は我が国でも折に触れ上演されてきたが、とりわけ『誤解』は、1951年の文学座の日本...
Read More

芳根京子が舞台初主演! 蓬莱竜太・作「母と惑星について、および自転する女たちの記録」2019年3月から東京・高知ほかで上演

芳根京子、鈴木杏、田畑智子・キムラ緑子   作・蓬莱竜太、演出・栗山民也の舞台「母と惑星について、および自転する女たちの記録」が2019年3月から東京・高知ほかで上演される。芳根京子は舞台初主演。   本作は蓬莱竜太が書20...
Read More