タグ: 作品

第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞決定! 受賞作品は『消えていくなら朝』

『消えていくなら朝』より 鈴木浩介・髙橋長英 撮影:谷古宇正彦 早川書房と公益財団法人 早川清文学振興財団が主催するハヤカワ「悲劇喜劇」賞の第6回の選考会が1月17日に行われ、新国立劇場公演『消えていくなら朝』が受賞作に決定した。本賞は批評・評論家の劇評意欲...
Read More

シーエイティプロデュース作品を上映! 『ステージ・シネマ コレクションvol.1』

翻訳劇を中心に沢山の傑作を上演しているシーエイティプロデュース。その作品群の中からセレクト、映像作品としてスクリーンで楽しむ企画が、シーエイティプロデュース『ステージ・シネマ コレクションvol.1』。日程は2月12日~15日、会場はDDD青山クロスシアターとなる。今...
Read More

第26回読売演劇大賞ノミネートを発表!作品賞は『夜、ナク、鳥』『岸 リトラル』『百年の秘密』『ザ・空気 ver.2』『遺産』の5作

読売新聞社主催「第26回読売演劇大賞」のノミネートが、2019年1月17日(水)発売の読売新聞紙面にて発表された。1月から12月までを一区切りとし、期間内に上演された国内演劇を対象とするこの賞では、選考委員のノミネート、投票委員の投票という2段階を経て、作品・男優・女優・演出家・スタッフの... ...
Read More

仮面ライダーが演劇作品に!久保田悠来主演で『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-

平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月から2014年9月に放送された『仮面ライダー鎧武/ガイム』。同作に登場した仮面ライダー斬月(ざんげつ)を主役とし、平成仮面ライダーシリーズが初の演劇作品化を果たすことが発表された。 仮面ライダー斬月・呉島貴虎(くれしまたかとら)役は、... ...
Read More

内野聖陽主演で宮崎駿のオリジナル作品『最貧前線』水戸芸術館プロデュースで国内初舞台化

水戸芸術館ACM劇場プロデュースで、2019年夏に「宮崎駿の雑想ノート」より『最貧前線』が舞台化されることが決定した。宮崎駿オリジナル作品が国内で舞台化されるのは、これが初となる。上演は、水戸芸術館のほか東京・世田谷パブリックシアターなど6ヶ所を巡演予定。 「宮崎駿の雑想ノート」は、模型雑... ...
Read More

ジャンプ系作品2.5次元舞台化情報、続々!「ジャンプフェスタ2019」に行ってみた

2018年12月22日(土)・12月23日(日・祝)の2日間、千葉・幕張メッセにて開催されている「ジャンプフェスタ2019」。今年も集英社「ジャンプ」関連の2.5次元作品の人気タイトルを掲げてネルケプランニングやマーベラスがブースを出展しており、舞台ファンも楽しめるイベントとなった。その会... ...
Read More

劇団てあとろ50’がOB・成井豊の作品を33年ぶり上演! 舞台「嵐になるまで待って」12月22日から早稲田小劇場どらま館で上演

きのしたまこ   劇団てあとろ50’による舞台「嵐になるまで待って」が12月22日(土)から東京・早稲田小劇場どらま館で上演される。   ラッパ屋やキャラメルボックスを輩出した45周年を迎える早稲田大学の名門20...
Read More

山崎一が別役実作品の初演出に挑む! 高田聖子らが出演の劇壇ガルバ「森から来たカーニバル」11月29日 下北沢 駅前劇場で開幕

劇壇ガルバ「森から来たカーニバル」 ©️福山楡青   俳優の山崎一が初めて演出を手掛ける舞台 劇壇ガルバ旗揚げ公演「森から来たカーニバル」が11月29日から駅前劇場で開幕する。出演は高田聖子(劇団☆新感線)、大石継太、山20...
Read More

らまのだ『青いプロペラ』インタビュー!「日常を描いた作品、だからこそ怖い」

世田谷パブリックシアターによる若い才能の発掘と育成のための事業“シアタートラム ネクスト・ジェネレーション”。今年度選出された、らまのだ『青いプロペラ』が2018年11月29日(木)から東京・シアタートラムにて上演される。 開幕に先駆けて、演出の森田あや、出演の富川一人(はえぎわ)、田中... ...
Read More

「~平成家族物語~舞台芸術によるまちづくりプロジェクト」第1弾「東松山戯曲賞」優秀作品決定!

東松山市が主催する「~平成家族物語~舞台芸術によるまちづくりプロジェクト」の第1弾として、本年8月末まで公募していた「東松山戯曲賞」の優秀作品が、緑川有(東京都在住)の『枇杷の家』に決定した。この『東松山戯曲賞』には、本年8月31日の締切りまでに、全国から4...
Read More