タグ: 会場

ライブ会場不足、本当に深刻化するのは“東京五輪前後”? 関東のアリーナ&ホール新設の傾向を探る

「2016年問題」は深刻ではなかった? ライブ・エンターテインメント業界において、2015年頃から話題に上り始めた会場不足の問題。2020年東京オリンピック開催に向けた大型施設の改修や建て替え時期が重なる2016年に、会場不足が深刻化すると言われてきた。「2016年問題」である。果たして実際に「2016年問題」は起こっていたのか。一般社団法人コンサートプロモーターズ協会が2003年から発表している「年別基礎調査報告書」の2015年と2016年の通年(1月〜12月)、2017年上半期(1月 ......
Read More

会場使用料訴訟 唐津市議会が控訴議案可決

唐津市議会は5日、臨時議会を開き、市所有のホールで映画上映会を定期的に開いている団体に使用料を市が追加徴収するように命じた佐賀地裁判決に対し、控訴する議案を可決した。峰達郎市長は以前の事務処理について「間違っていた」と述べつつ、「市も団体の一会員で、上映事業は公益に資すると支援してきた」と控訴に理解を求めた。 議案審査では、有料の上映会を無料扱いとしていた事務に疑問を抱いた職員が上司に報告するなどしていたことが分かった。討論では市議から「市長が事務処理の間違いを認めるのなら、不服申し立てをする根...
Read More

コンサート会場で避難訓練 茅野、地震と火災を想定

茅野市民館で9日夜、コンサート中に地震が起き、舞台上で火災も発生した―との想定で避難方法を確認する「避難訓練コンサート」があった。市民館を運営する市出資の株式会社「地域文化創造」が観客を公募。出演者とスタッフも合わせて約100人が参加した。 愛知県東栄町を拠点とするプロの和太鼓集団「志多(しだ)ら」や市消防音楽隊が出演協力。開演20分後、ホールに「ガタガタ」と効果音が響いて演奏は中断。スタッフが地震発生を知らせ、「その場で頭を低くしてお待ちください」。安全確認をして演奏は再開されたが、今度は舞台...
Read More

コンサート会場でのテロ想定した訓練 愛知県警

コンサート会場でのテロを想定した訓練が行われました。 名古屋市南区の日本ガイシホールで行われた訓練は、愛知県警の機動隊員ら約130人が参加しました。訓練は5人の武装集団がコンサート会場に侵入し、銃を乱射した想定で行われました。ホールの従業員らが観客の避難を誘導し、銃器対策部隊が突入してテロリスト3人を取り押さえました。その後、車で駐車場に現れた残りの2人の身柄を銃撃戦の末に確保しました。愛知県警南警察署の家田良警備課長「不特定多数の人が集まる場所が狙われる。これからビッグイベントもあるので連携を...
Read More

佐賀市民会館閉館 代替会場に四苦八苦

市文化会館利用80%超 他施設混雑 2016年3月末に佐賀市民会館(水ケ江1丁目)が閉館したことを巡り、利用していた35団体の約3割に当たる12団体が会場確保に苦労していることが、市教育委員会の調査で分かった。閉館後、他の市内文化施設が混み合う影響も出ており、市文化会館の利用率は過去最高を記録した。卒業生が参加する高校吹奏楽部の演奏会を4月に実施した事例もあった。利用団体からは、日程調整で文化活動を優遇してほしいとの声も上がっている。 市教委が16、17年にかけて市民会館閉館後の影響を調べた。市...
Read More

那覇市民会館 保存するか取り壊しか 本土復帰式典の会場

耐震診断で問題 昨年10月から休館 沖縄が本土復帰した1972年5月15日に記念式典が開かれた那覇市民会館(那覇市寄宮)が取り壊しか保存かで揺れている。昨秋の耐震診断で震度6強以上の地震で倒壊する危険性が高いと判定されたが、一方で市民にとって愛着がある建物で保存を求める声も強い。市は年度内に有識者会議を設立して検討をスタートさせる。会議の結論を参考に、市は最終判断する方針。 市民会館は70年11月に約1500席の大ホールや県内初の回り舞台などを備え、開館した。米国統治下では市民向けの初の大型施設...
Read More