タグ: 今

経済界の風雲児の人生を描く『今、僕は六本木の交差点に立つ』に中村誠治郎、有澤樟太郎、定本楓馬、山寺宏一

経済界の風雲児・橋本ひろしの波乱万丈な人生を下敷きにした舞台、『今、僕は六本木の交差点に立つ』が2019年9月に上演されることが決まった。脚本は骨太な物語を得意とする中津留章仁。演出は赤澤ムック。出演者には、中村誠治郎、有澤樟太郎、定本楓馬、山寺宏一が名を連ねた。 橋本ひろしは、プリント基... ...
Read More

柚希礼音の“今“が輝く一人ミュージカル『LEMONADE』開幕!ファンと共に迎える20周年

柚希礼音の一人ミュージカル(one-man show)『LEMONADE』が、2019年5月24日(金)に開幕した。本作は、芸歴20周年を迎える柚希の「いつもと趣向が違うことを仕掛けたい」という思いから生まれた企画。作・演出を手掛ける小林香と共に、“柚希礼音にしかできない”作品を作り上げた... ...
Read More

“今”を生きるあなたに届けーー新作ミュージカル『いつか~one fine day』稽古場レポート

2019年4月11日(木)に、ミュージカル『いつか~one fine day』が幕を開ける。ベースとなっているのは、イ・ユンギ監督の映画『One Day』(2017年/主演:キム・ナムギル、チョン・ウヒ)。ファンタジックでありながら“人生の中で誰もが一度は向き合うことになる瞬間”を、新たな... ...
Read More

飯島寛騎、鈴木勝吾らが出演の舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』ビジュアルとCMが公開

舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』メインビジュアル   飯島寛騎、鈴木勝吾らが出演の舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』6月13日からシブゲキで上演される。脚本は田村孝裕、演出は深作健太。   『ちょっと今から仕事やめ20...
Read More

北川恵海の大ベストセラーが待望の舞台化『ちょっと今から仕事やめてくる』6月上演!

 北川恵海の小説で70万部を超える大ベストセラーとなり、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞、2017年には映画化もされた「ちょっと今から仕事やめてくる」が、6月に渋谷のCBGKシブゲキ!!で上演されることになった。 昨今、「ブラック企業」「長時間...
Read More

飯島寛騎、鈴木勝吾らが出演の舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』6月13日からCBGKシブゲキ!!で上演

舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』飯島寛騎、鈴木勝吾   飯島寛騎、鈴木勝吾らが出演の舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』6月13日からシブゲキで上演される。脚本は田村孝裕、演出は深作健太。   『ちょっと今から仕事や20...
Read More

『ちょっと今から仕事やめてくる』飯島寛騎&鈴木勝吾のW主演で舞台化

2019年6月に、「ちょっと今から仕事やめてくる」が舞台化する。「ちょっと今から仕事やめてくる」は、第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海のベストセラー小説。2017年5月には映画化も果たしている。 描かれるのは、「ブラック企業」「長時間労働」「パワハラ」などの社会問... ...
Read More

ほさかようが引き出す加藤和樹らの“今” project K『僕らの未来』顔合わせ現場レポート

2018年12月6日(木)より上演されるproject K『僕らの未来』。俳優・アーティストとして活躍する加藤和樹の楽曲を舞台化するとして、発表時、大きな話題を呼んだプロジェクトが、ついに始動した。エンタステージでは、本作の顔合わせ現場を取材。そこに見えた、作り手たちの想いとは―。 作品の... ...
Read More

project K『僕らの未来』加藤和樹×鎌苅健太×河合龍之介インタビュー!過去から今、未来へと繋ぐ想い

2018年12月、東京と大阪にてproject K『僕らの未来』が上演される。本作は、2007年に加藤和樹が発表したアルバム「Face」の収録曲で、加藤が初めて作詞を手掛けた「僕らの未来~3月4日~」を舞台化するもの。脚本・演出は、ほさかようが担当する。 加藤と親交の深い鎌苅健太と河合龍之... ...
Read More

舞台『チルドレン』東京公演スタート!高畑淳子×鶴見辰吾×若村麻由美による“今、日本で上演すべき作品”

2018年9月8日(土)に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で開幕したPARCOプロデュース2018『チルドレン』。その東京公演の初日前に公開フォトコールと囲み取材が行われ、高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美が登壇した。 本作の脚本家ルーシー・カークウッドは、イギリス演劇界期待の若手女流作家。彼女が... ...
Read More

『宝塚BOYS』永田崇人インタビュー!「僕の青春は“今”かもしれない」

2018年8月から9月にかけて、5度目の上演を迎える『宝塚BOYS』。100年の歴史を持つ宝塚歌劇団に、かつて「男子部」があった・・・という、これまであまり語られてこなかった事実にスポットを当て、夢を追った青年たちの青春グラフィティを、今回は「team SEA」「team SKY」の2チー... ...
Read More

市民会館の大・小ホールが地震のため来年まで使えなくなったみたい。本館は今のところ使用可能

枚方市市民会館の大ホール・小ホールが地震のため来年まで使えなくなったようです。 枚方市市民会館大ホール・小ホールの使用中止について | 枚方市ホームページ http://www.city.hirakata.osaka.jp/0000019633.html 上記リンク先に詳細が掲載されていまして、地震で天井が破損し危険性が生じたため、大ホールと小ホールの使用を2018年12月末まで中止するとのこと。2019年1月以降の使用については未定だそうです。 予定されていたイベントも中止もしくは別の場所での...
Read More

結城洋平×大歳倫弘『瞬間、今、おれ、わたし、やるっきゃない』アフタートーク開催

2018年6月27日(水)より東京・小劇場B1にて上演される、結城洋平主宰の演劇企画『瞬間、今、おれ、わたし、やるっきゃない』。このほどアフタートークの開催と、出演者の詳細が明らかになった。同作は結城と同世代の大歳倫弘(ヨーロッパ企画)が「家族」をテーマに脚本・演出を行う未体験家族劇。出演... ...
Read More

井上ひさしの『夢の裂け目』開幕!演出・栗山民也「今、向き合うべき“記憶についての劇”」

2018年6月4日(月)に東京・新国立劇場 小劇場にて、『夢の裂け目』が開幕した。本作は、井上ひさしが2001年に描き下ろした「時代と記憶」シリーズの一つで、『夢の泪』(2003年)、『夢の痂』(2006年)と並び「東京裁判三部作」と呼ばれる。市井の人々の生活から東京裁判、そして戦争の真実... ...
Read More