Tag: 人間

妃海風「私、人間が大好きなんです」三谷幸喜書き下ろし舞台『江戸は燃えているか』インタビュー

三谷幸喜の書き下ろしとなる喜劇『江戸は燃えているか TOUCH AND GO』が、2018年3月に東京・新橋演舞場にて上演される。幕末真っ只中の慶応四年を舞台に、江戸を戦火から守ろうと、一世一代の大芝居を打とうと画策する、歴史に名を残した偉人と名を残さなかった庶民たちを、三谷は「新橋演舞場... ...
Read More

二千本の風車が圧巻! 劇団桟敷童子が人間の尊厳を問う「標(しるべ)」すみだパークスタジオ倉で開幕!

劇団桟敷童子「標~shirube~」舞台写真 朴璐美 撮影:長田勇   劇団桟敷童子の舞台「標(しるべ)」がすみだパークスタジオ倉で上演中だ。12月25日(月)まで。   劇団桟敷童子は1999年秋に結成。劇団名の「桟敷20...
Read More

エログロの先に人間の美学を描き出す『艶漢』間もなく開幕! ほさかよう・末原拓馬 インタビュー

エログロナンセンスな昭和郷愁的アンダーグラウンドの世界、『艶漢』。尚月地の大人気漫画を原作に、2016年3月に浪漫活劇譚『艶漢』として上演。好評を得ての第二夜が12月13日から17日まで、六本木・俳優座劇場で上演される。メインキャラクターは、ノーフンがちで柳腰の美...
Read More

人間の尊厳を問う重喜劇! 劇団桟敷童子「標(しるべ)」12月12日からすみだパークスタジオ倉で上演

劇団桟敷童子「標~shirube~」チラシ画像   劇団桟敷童子の舞台「標(しるべ)」が12月12日からすみだパークスタジオ倉で上演される。   劇団桟敷童子は1999年秋に結成。劇団名の「桟敷童子(さじきどうじ)」は、20...
Read More

青年座×中津留章仁 人間の豊かさと存在意義を問う! 舞台「断罪」12月8日から青年座劇場で上演

青年座『断罪』チラシ   中津留章仁が青年座に書き下ろした新作舞台「断罪」が12月8日から青年座劇場で上演される。   青年座劇場がまもなく50年を迎えようとしていることを記念して、今年、青年座では演劇界注目の劇作家によ20...
Read More

成河・ミムラ・加藤諒らが笑いと恐怖を巻き起こし続ける舞台『人間風車』レビュー&囲み取材

後藤ひろひとの傑作『人間風車』が、東京芸術劇場プレイハウスにて9月28日より上演中だ(10月9日まで。その後、仙台公演の11月2日まで続く)。舞台『人間風車』は、1997年に後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に書き下し上演された。2000年には、パルコ劇場にてG2演出のもと、生...
Read More

「奇跡」とそれを取り巻く人間関係を描くイキウメの傑作『関数ドミノ』間もなく開幕! 前川知大・瀬戸康史インタビュー

前川知大の傑作戯曲で、劇団イキウメの代表作の1つ『関数ドミノ』が、劇団外で初めて上演され、10月4日に本多劇場で幕を開ける。(15日まで。その後、九州、北海道、兵庫公演あり) 今回の演出は、劇団tsumazuki no ishi主宰の寺十吾が手がけ、出演は『遠野物語・奇ッ怪 ...
Read More

【動画3分】童話作家が描く「夢」と「悪夢」!? 成河・ミムラ・加藤諒らが出演する舞台「人間風車」が芸劇で開幕

舞台「人間風車」成河、ミムラ   成河、ミムラ、加藤諒らが出演する舞台「人間風車」が9月28日(木)に東京芸術劇場で開幕した。   本作は後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に書き下ろして1997年に初演。その後、2000年にパ20...
Read More

笑いと恐怖、戦慄を呼ぶ後藤ひろひとの傑作『人間風車』間もなく開幕! 加藤 諒・松田 凌インタビュー

売れない童話作家・平川がやっとつかんだチャンス、しかしそこには卑劣な罠が仕掛けられていた。どん底まで叩き落された作家が起こす、身悶えするような戦慄の出来事──。後藤ひろひとが1997年に書き下ろした傑作戯曲『人間風車』は、2000年と2003年にパルコ劇場版として上...
Read More