タグ: 予算

公演予算の組み方

予算を組めたら制作者として一人前 公演予算を組めるようになれば、一人前の制作者だと思います。公演予算を組むためには、支出面では公演ごとに必要な作業を網羅し、個別要件を加味し、それらにかかる費用の相場観を体得しなければなり […]...
Read More

文化庁/19年度予算概算要求/国立劇場の大規模改修実施計画策定

文化庁は19年度予算概算要求で、国立文化施設の整備費として前年度予算比250・2%増の80億47百万円を計上した。基幹施設の改修などに取り組み、来館者の快適な観覧や安心安全を維持する。 主な内訳を見ると、日本芸術文化振興会施設整備費として9億68百万円を要求。国立劇場(東京都千代田区)の大規模改修工事に向けた実施計画を策定する。国立能楽堂(東京都渋谷区)や国立文楽劇場(大阪市中央区)、国立劇場おきなわ(沖縄県浦添市)、新国立劇場(東京都中野区)の設備整備・改修も行う。 https://www.d...
Read More

千葉県印西市/18年度予算/文化ホール大規模改修設計

千葉県印西市の18年度当初予算は、一般会計が338億70百万円(前年度比7・0%増)。投資的経費が49億25百万円(21・3%増)。 主な事業は次の通り。 ▽(仮称)障がい者サポートセンター整備事業=25百万円▽小学校施設整備改修=3億17百万円。原小学校増築に着手▽中学校施設整備改修=5億38百万円。西の原中学校校舎の増築に向け、設計着手▽文化ホール大規模改修工事設計=1億40百万円。 https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/32018...
Read More

中央区総合庁舎/予算に基本設計費/年度明け事業手法明示/神戸市

神戸市は、中央区総合庁舎の整備について、2018年度予算案に基本設計委託費など事業費8729万2000円を計上した。18年度早々に公表する基本計画案で事業手法の方針を示すため、PFIやデザインビルドの手法を導入することになった場合はアドバイザリー業務委託費に使途を転換する可能性もある。 従来手法の場合、18年度に基本設計、19年度には実施設計を行い、21年度に完成する見通しだ。 総合庁舎は、中央区役所の機能と勤労会館など既存公共施設の文化機能を集約させ、現市役所3号館跡地に建設する。 想定規模は...
Read More

防府市公会堂耐震補強改修/来年度予算に工事費/設計は佐藤総合

【来年1月着工目指す】 山口県防府市は、公会堂耐震補強および大規模改修工事の本体着工に向け、2018年度予算案に工事費の一部8580万円を新規計上した。19年1月の現地着工を目指している。設計は佐藤総合計画が担当した。20年3月の完成を予定している。 現公会堂(同市緑町1−1360の敷地2万0046?)は築55年以上が経過し、老朽化している。規模はRC造3階建て延べ5391?。プロセニアム形式のホールで、ピロティ形式の直方体の外観が特徴となっている。 施設には1612席の大ホール(1142?)の...
Read More

港区 文化芸術H関連費を予算化

港区は、浜松町二丁目C地区で計画される再開発ビルに入る「文化芸術ホール」の関連経費約1000万円を、2018年度当初予算案に盛り込んだ。区民が気軽に文化芸術に触れ、鑑賞・活動できる場を提供できるよう、実施設計などに関する協議を再開発準備組合と進める。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/180216500076.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20160531/1464667882 ...
Read More

18年度にコンサル委託/予算を新規計上、周辺施設と複合化も/目黒区の目黒区民C将来整備

東京都目黒区は、老朽化や耐震性の確保が課題となっている「目黒区民センター」の将来整備の方向性について、2018年度から検討を本格化させる。18年度予算案では、コンサルタント委託費などとして1952万円を新規計上した。時期は未定だが18年度早期にコンサルタント委託したい考えで、3年程度かけて方向性を固めていく。改築などの手法や周辺施設との複合化なども含め、多角的に検討を進める。21年度から具体的な取り組みに着手する見通しだ。 目黒区民センター(目黒2−4−36)は、図書館や体育館、美術館、中小企業...
Read More

<県民会館建て替え>県、2000席ホール需要調査 検討費、新年度予算計上へ

東京エレクトロンホール宮城(県民会館、仙台市青葉区)の再整備を巡り、宮城県は新年度、施設の需要予測調査を実施する。市は2000席程度の音楽ホール建設を目指しており、県として同規模の施設を整備する必要があるかどうかなどの判断材料にする方針だ。 県はコンサルタント業者に調査を委託する予定で、期間は約6カ月間を見込む。管理検討費800万円を盛り込んだ2018年度一般会計当初予算案を、2月15日開会予定の県議会2月定例会に提出する。 1964年開館の県民会館は1590人収容のホールを備える。老朽化した施...
Read More

名古屋市観光文化交流局/市民会館再整備/18年度予算に調査費要求

名古屋市観光文化交流局は、中区金山にある市民会館の再整備に向けた検討を開始するため、18年度予算編成で1200万円の調査費を要求している。3月に作成された「金山駅周辺まちづくり構想」では、1972年完成で老朽化が目立つ市民会館を北側の古沢公園へ移転させ、跡地を公園や地域のシンボル的な商業施設にする案が示されており、予算が付けば、これを軸に検討を進める。 市民会館の敷地は1万4205平方メートル。建物はSRC造地下2階地上6階建て延べ2万8245平方メートル。2291席の大ホール、1146席の中ホ...
Read More

音楽ホール建設、予算1.5億円了承 浜松市民文教委

浜松市北区新都田の市有地への市民音楽ホール建設について、浜松市議会の市民文教委員会は1日、市が11月の補正予算案で盛り込んだ設計業務委託費などにかかる1億5066万円の予算を了承した。13日の本会議での賛成多数で可決される見通し。同委… https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2416761001122017L61000/ ...
Read More

市民会館在り方検討へ予算要求 名古屋市

名古屋市観光文化交流局は、2018年度当初予算の編成に向けた要求の中に、市民会館(名古屋市中区)の在り方検討を盛り込んだ。老朽化が進む同会館について、改築や大規模更新などさまざまな手法を視野に入れながら将来像を探るとしている。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/171122300050.html ...
Read More