タグ: 世界

東啓介×青野紗穂で『Color of Life』再び「新時代のはじまりに世界の色を塗り替える」

2019年5月に東京・DDD青山クロスシアターにて、New Musical『Color of Life』が、東啓介と青野紗穂のコンビで上演されることが決定した(4月に神奈川でプレビュー公演あり)。 「Color of Life」は、ニューヨークで開催されるオフ・オフ・ブロードウェイ演劇祭「... ...
Read More

伊佐那社役の杉山真宏を中心にミステリアスな世界を再現『K -RETURN OF KINGS-』キービジュアル公開

2019年3月に東京と大阪で上演が決定している舞台『K –RETURN OF KINGS-』より、キービジュアルが公開された。シリーズ第5弾として、テレビアニメーション第2期を舞台化する本作。伊佐那社役の杉山真宏、夜刀神狗朗役の岸本勇太ら新キャストを迎えるほか、比水流役の吉高志音、磐舟天鶏... ...
Read More

『トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~』生駒里奈×松田凌 インタビュー!毛利亘宏、少年社中との出会いで「世界が変わった」

2019年1月10日(木)に開幕した少年社中『トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~』。劇団の20周年記念のファイナルを飾る本作は、主宰の毛利亘宏がオペラ「トゥーランドット」をモチーフに「演劇で世界を変える。世界は変わる。」と打ち出した意欲作だ。 物語の中心を担うのは、生駒里奈と松田凌。毛... ...
Read More

男だけの世界を描く映画『遮那王』−お江戸のキャンディー3−始動!出演に須賀健太、三浦涼介、廣瀬智紀、伊万里有ら

「お江戸のキャンディー」シリーズの続編、『遮那王』−お江戸のキャンディー3−が、2019年1月8日(火)にクランクインした。「お江戸のキャンディー」は、広田レオナ監督が独特の世界観で描いてきたシリーズ。2015年に第1弾『お江戸のキャンディー』、2017年に『お江戸のキャンディー2』が制作... ...
Read More

『照明家人生 劇団四季から世界へ』 著者・吉井澄雄さん

まずは舞台を愛することから 光と影で物語をより深みへと導く舞台照明。著者は、その重要な役割を担う照明家の第一人者として長く活躍してきた。昨年65周年を迎えた劇団四季創立メンバーの一人でもある。自伝や劇場論など4部構成で軌跡をたどる本書は、そのまま戦後の日本演劇史に重なる。「専門書はありましたが、一般の人に読んでもらえる本はなかった。『照明家(あかりや)』という言葉が本屋に並ぶこと自体、画期的だと思います」 手がけた舞台は1500以上。四季の浅利慶太演出作品や蜷川幸雄演出作品、三代目市川猿之助(現...
Read More

幻想と現実が交差する―エムキチビートの音劇『世界の終わりに君を乞う。』レポート

元吉庸泰が主宰するエムキチビートの音劇第2弾『世界の終わりに君を乞う。』が、2019年12月1日(土)より東京・博品館劇場にて上演されている。エムキチビートにとって、『朱と煤-aka to kuro-』以来、約4年ぶりの音劇となる本作。その模様を、公開ゲネプロの舞台写真と共にレポートする。... ...
Read More

【平田オリザさん、兵庫県豊岡市・移住計画】負ける気がしない。豊岡が世界と戦える理由。(後半)

「平田さん、これ全部実現可能な夢ですね」 とある晩、兵庫県豊岡市の若手経営者が、飲み会の席で平田オリザさんの構想を聞き、発言したことばだ。 世界的に活躍する劇作家・平田オリザさんが2019年、兵庫県豊岡市に移住をする。平田さんは生まれも育ちも東京。目黒区駒場にある「こまばアゴラ劇場」を活動の拠点にしていることから、生粋の東京人というイメージを持つ人もいるかもしれない。 「田舎暮らしはオリザさんには無理ですよ」、冗談半分でそんな風に言われることもあるそうだ。ではそもそも、平田オリザさんはなぜ豊岡市...
Read More

【動画】エムキチビート produce 音劇vol.2『世界の終わりに君を乞う。』公開ゲネプロ

2018年12月1日(土)より東京・博品館劇場にて上演されている『世界の終わりに君を乞う。』。本作は、元吉庸泰が主宰するエムキチビートが、音楽と歌と芝居をかけ合わせて贈る「音劇」の第2弾です。 エムキチビートが「音楽×歌×芝居=音劇」として贈る音劇。エムキチビートが「音劇」として公演を行う... ...
Read More

長田育恵が新作オペラを書き下ろし! オペラシアターこんにゃく座『遠野物語』2019年2月7日から俳優座劇場にて世界初演!

チラシ表画   オペラシアターこんにゃく座によるオペラ『遠野物語』が2019年2月7日(木)から東京・俳優座劇場で上演される。   オペラシアターこんにゃく座は、林光、萩京子の作曲による日本語のオリジナルオペラを中心に創20...
Read More

タカハ劇団新作『僕らの力で世界があと何回救えたか』は少し苦めのSFグラフィティ

2019年2月に、タカハ劇団の第15回公演として『僕らの力で世界があと何回救えたか』(第29回下北沢演劇祭参加作品)の上演が決定した。 タカハ劇団とは、高羽彩が脚本・演出・主宰を務めるプロデュースユニット。2005年に早稲田大学にて旗揚げされ、日常に普遍的に存在しているちいさな絶望や、どん... ...
Read More

ミュージカル『オン・ユア・フィート!』朝夏まなとインタビュー「熱い世界が待っています!」

2018年12月から2019年1月にかけて上演されるミュージカル『オン・ユア・フィート!』。本作は、「CONGA!」「1-2-3」など数々のヒットソングを生み出して80~90年代のヒットチャートを席巻した「グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン」のヴォーカルであるグロリア・エ... ...
Read More

溝口琢矢ら、ドット絵を共存!『熱血硬派くにおくん 乱闘演舞編』ゲームの世界を舞台で再現

SOLID STAR プロデュースvol.16『熱血硬派くにおくん 乱闘演舞編』が、2018年11月21日(水)に東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて開幕した。本作は、正義の不良・熱血高校の“くにお”くんを主人公としたゲームを原作とした舞台。脚本・演出はこちらスーパーうさぎ帝国の白柳力が... ...
Read More

『世界の終わりに君を乞う。』エムキチビートの4年ぶりの音劇に黒沢ともよ、木戸邑弥ら

元吉庸泰が主宰するエムキチビートの音劇第2弾『世界の終わりに君を乞う。』が、2018年12月1日(土)より上演される。エムキチビートが「音楽×歌×芝居=音劇」として贈る音劇。エムキチビートが「音劇」として公演を行うのは、2014年に上演された第1弾『朱と煤-aka to kuro-』以来、... ...
Read More

中丸雄一、ソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』で世界記録の更新宣言

2019年2月に大阪、3月に東京で、KAT-TUN中丸雄一のソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』の上演が決定した。本シリーズは、「自分らしい楽しさ」にこだわり、中丸が構成・演出・出演をすべて行うセルフプロデュース公演として、2008年に第1弾、2017年に第2弾を上演。 第1弾では、コ... ...
Read More

作・演出の岩井秀人『世界は一人』は「見たことのないものができる」

2019年2月より、松尾スズキ、松たか子、瑛太らが出演する『世界は一人』が上演されるが、このほど作・演出を手掛ける岩井秀人、松尾、音楽を手掛ける前野健太からコメントが届いた。 本作は、劇団ハイバイの主宰である岩井が手掛ける“ある悲惨な男の物語”。今までとは違うスケール感の音楽劇での上演が予... ...
Read More

岩井秀人作・演出、松尾スズキ・松たか子・瑛太らが出演『世界は一人』来春上演!

瑛太 松尾スズキ 松たか子岩井秀人の作・演出、松尾スズキ・松たか子・瑛太ほかの出演で、舞台『世界は一人』が、来春、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。2003 年に「ハイバイ」を結成した岩井秀人は、東京でありながら東京ではない小金井の持つ、“大衆の流行や...
Read More

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー「この“豪華すぎる”メンバーでディズニーの世界を体感してもらいたい」

本場・NYブロードウェイの“ディズニーミュージカル”で主要キャストを務めた豪華ブロードウェイスターが大集結し、ディズニーの名曲の数々をお届けする夢のコンサート『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』が、日本初上陸として2019年1月31日(木)と2月1日(金)に開催される。 今回、来日するの... ...
Read More

松尾スズキ、松たか子、瑛太らが出演 岩井秀人の新作舞台「世界は一人」ビジュアルが公開/2019年2月から芸劇ほか各地で上演

舞台「世界は一人」キービジュアル   2019年2月から東京芸術劇場プレイハウスほか各地で上演される舞台「世界は一人」のビジュアルが公開された。作・演出は岩井秀人。出演は松尾スズキ、松たか子、瑛太など。   岩井秀人は220...
Read More

中村優一、築田行子らが『NORN9 ノルン+ノネット』の世界をオリジナルストーリーで

舞台『NORN9 ノルン+ノネット』が、2018年10月17日(水)に東京・草月ホールにて開幕した。本作は、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「NORN9 ノルン+ノネット」を舞台化したもので、「ノルン」と呼ばれる巨大な飛行船で旅をする、”特殊な能力”を持った少年少女たちの物語。初日前に行わ... ...
Read More

内博貴 主演 不治の病を得た男と家族との葛藤を描く 舞台「まさに世界の終わり」DDD青山クロスシアターで開幕/11月6日まで

舞台「まさに世界の終わり」内 博貴 大空ゆうひ 那須佐代子   内博貴、大空ゆうひ、那須佐代子らが出演する舞台「まさに世界の終わり」が10月13日(土)にDDD青山クロスシアターで開幕した。   「まさに世界の終わり」は20...
Read More

『まさに世界の終わり』東京公演スタート、内博貴「とても芸術的で文学的な作品」

舞台『まさに世界の終わり』の東京公演が、2018年10月13日(土)DDD青山クロスシアター(DDD AOYAMA CROSS THEATER)にてスタートした。本作は、1995年に38歳の若さで亡くなったフランスの劇作家ジャン=リュック・ラガルスが執筆した戯曲で、2016年にはグザヴィエ... ...
Read More