タグ: 世代

「黒子のバスケ」第4弾で舞台版の物語完結!小野賢章&安里勇哉と「キセキの世代」キャストが勢揃い

2019年春に新作公演の上演が決定していた舞台「黒子のバスケ」のサブタイトルが発表された。タイトルは、舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE -BLAZE-BLAZE(アルティメット・ブレイズ)。第4弾公演にして、舞台版の物語が完結する。 同時に第1弾出演キャストも発表された。誠凛高校・黒子... ...
Read More

連携協定 文化芸術で3施設 新たなファン、若い世代誘致目指す /北海道

いずれも国道237号の近くにある三浦綾子記念文学館(旭川市)、後藤純男美術館(上富良野町)、富良野演劇工場(富良野市)の3施設が連携協定を締結した。文化芸術で連携し、観光客誘致を目指す。 3施設は所在市町村は違うが、車で1時間程度で移動できる範囲にあり、2016年から3施設を回るバスツアーを実施し、共通ホームページを作るなど、協力を深めてきた。 今後は協定を機に、文学、美術、演劇の分野の違いを超えた取り組みを進める。脚本・演出家の倉本聰さんがかつて主宰した富良野塾OB、OGの俳優が3施設を巡り、...
Read More

連携協定 文化芸術で3施設 新たなファン、若い世代誘致目指す /北海道

いずれも国道237号の近くにある三浦綾子記念文学館(旭川市)、後藤純男美術館(上富良野町)、富良野演劇工場(富良野市)の3施設が連携協定を締結した。文化芸術で連携し、観光客誘致を目指す。 3施設は所在市町村は違うが、車で1時間程度で移動できる範囲にあり、2016年から3施設を回るバスツアーを実施し、共通ホームページを作るなど、協力を深めてきた。 今後は協定を機に、文学、美術、演劇の分野の違いを超えた取り組みを進める。脚本・演出家の倉本聰さんがかつて主宰した富良野塾OB、OGの俳優が3施設を巡り、...
Read More

5歳~80歳の市民が作る世代間交流ステージ! 座・大阪市民劇場「また逢う日まで」2月18日に神戸で上演

前回公演より   5歳~80歳の市民が作る座・大阪市民劇場「また逢う日まで」が2月18日(日)に神戸ポートオアシスで上演される。   「座・大阪市民劇場」は一般公募(5歳~80歳迄)で集まったメンバーで、6~8ヶ月間、毎20...
Read More

新世代スタート時のメンバーも復帰! 『新春浅草歌舞伎』製作発表レポート

 2018年も、新年の浅草で若手花形俳優たちの熱気あふれる舞台が繰り広げられる!江戸随一の芝居町であった浅草。80年の第1回公演以来、すっかりお正月の浅草を代表するイベントともなっている「新春浅草歌舞伎」が、2018年も1月2日から浅草公会堂で幕を開ける(26日まで)。...
Read More

座・大阪市民劇場による市民参加型・世代間交流ステージ「また逢う日まで」が8月26日に神戸で上演

座・大阪市民劇場 第22回公演「また逢う日まで」   劇団 座・大阪市民劇場による市民参加型の舞台「また逢う日まで」が8月26日(土)に神戸ポートオアシスにて上演される。   座・大阪市民劇場は、一般公募(5歳~80歳迄20...
Read More