タグ: 一般

映写機や座席いかが 県民会館の備品売却、一般競争入札実施

県は12日、5月末に閉館した県民会館の備品などを売却する一般競争入札に参加するために必要な申請書の受け付けを始めた。原則誰でも申請できる。26日まで。入札と開札は27日に実施する。 入札の対象は、他公共施設への譲渡が決まらなかった備品。映写機類では16ミリ映写機1台、32ミリ映写機2台、スライド映写機1台。最低売却価格はいずれも1台当たり2万円に設定している。 ...
Read More

【栃木市議会一般質問】文化芸術館 22年度の開館目指す

【栃木】定例市議会一般質問初日の12日、5人が質問した。大川秀子(おおかわひでこ)市長ら市執行部は(1)(仮称)文化芸術館の建設見直しは2022年度の開館を目指す(2)本年度から「若者世代ふれあいトーク」を開催する−などと答弁した。質問者は内海成和(うつみまさかず)、千葉正弘(ちばまさひろ)(創志会)、小久保(こくぼ)かおる(公明党議員会)、広瀬義明(ひろせよしあき)、青木一男(あおきかずお)(明政)の各氏。 ■文化芸術館建設見直し 大川市長はマニフェストで、文化芸術館の建設を一時中断し、施設の...
Read More

【栃木市議会一般質問】文化芸術館 22年度の開館目指す

【栃木】定例市議会一般質問初日の12日、5人が質問した。大川秀子(おおかわひでこ)市長ら市執行部は(1)(仮称)文化芸術館の建設見直しは2022年度の開館を目指す(2)本年度から「若者世代ふれあいトーク」を開催する−などと答弁した。質問者は内海成和(うつみまさかず)、千葉正弘(ちばまさひろ)(創志会)、小久保(こくぼ)かおる(公明党議員会)、広瀬義明(ひろせよしあき)、青木一男(あおきかずお)(明政)の各氏。 ■文化芸術館建設見直し 大川市長はマニフェストで、文化芸術館の建設を一時中断し、施設の...
Read More

姫路市、文化コンベンションセンター等新築総合一般12日まで

姫路市は、(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事に総合評価落札方式による制限付一般競争入札を適用した。入札参加を12日まで受け付け、技術資料を7月11日までに提出、入札書を7月25〜26日受付、7月27日開札。参加資格は▽3者以上の特定JVによる共同施工で構成員は2者以上のJVの構成員にはなれず、構成員の内1者以上は市内業者、各構成員の出資割合は均等割の10分の6以上▽代表者にあっては出資割合が構成員中最大で建築の総合評定値1500点以上、建築工事の完成工事高が2年平均又は3年平均の...
Read More

発注情報/那覇市/一般競争工事1件

《▽件名=公示日〈1〉締切日〈2〉開札日〈3〉参加資格〈4〉工事(履行)場所〈5〉工事(業務)内容〈6〉工期(納期)〈7〉予定価格〈8〉他》 〈一般競争〉 ▽那覇市新文化芸術発信拠点施設建設工事(建築)=4月27日〈1〉5月18日〈2〉5月25日〈3〉市内に本店がある建築の3者または4者JV。3者JVは代表者とその他構成員のうち1者がA等級、もう1者がAかB等級。4者JVは代表者とその他構成員のうち1者がA等級、これら以外の2者はAかB等級など〈4〉久茂地3−26−13〈5〉SRC・RC・S造地...
Read More

荘内銀、山形・鶴岡の本店ホールを一般貸し出し

荘内銀行は5月から山形県鶴岡市の「荘銀本店ホール」の一般貸し出しを始める。2017年7月に完成した本店内にある413席のホール。今年12月に創業140周年を迎えることから、プロのオーケストラも満足させる高性能の音響設備を整え、地域の芸術振興やにぎわいにつなげる。 土日祝日に貸し出し、入場料金などに応じて1万2000〜14万6000円と周辺施設と競合しない利用料に設定した。市内には命名権契約を結ぶ1120席の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)が開業したばかりだが、「手ごろな大きさのホールとして補完関係に...
Read More

同窓記念会館を耐震化 登録有形文化財 きょうから一般公開 桐生・群大

群馬県桐生市天神町の群馬大理工学部桐生キャンパスのシンボルで、国登録有形文化財の工学部同窓記念会館の耐震改修工事が終了し、関係者向けの内覧会が14日、行われた。同窓生ら100人以上が荘厳な講堂に足を踏み入れた。15日から一般公開する。  15日の公開時間は午前10時〜午後2時。資料室や染料のコレクションを特別に公開し、同市の混声合唱団のミニコンサートも開かれる。 16日以降の公開時間などの問い合わせは、群馬大工業会へ。 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma...
Read More

一般質問ピックアップ 唐津市

唐津市議会の一般質問(後半)は15、16の両日、議員9人が市民会館の建て替えや合併特例債期限の再延長などで質問した。 【市民会館の建て替え】老朽化した市民会館について、市は耐震補強による延命、現地建て替え、別地建て替えの3案を内部で検討していた。保利守男交流文化スポーツ部長は「延命は25億円ほどかかり、建て替えによる再整備との方向性を出した」と説明。現地か、別の場所かは未定で「今後は庁内だけでなく、市民や有識者を入れた検討会組織を設置し、求められる機能などを検討していく」とした。 【合併特例債期...
Read More

さいたま市 18年度当初予算案 一般会計5545億円 小中英語教育に重点 3年連続過去最大 /埼玉

さいたま市は2日、2018年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比4・6%増の総額5545億円で、3年連続で前年度を上回り過去最大。交通の要衝である大宮駅周辺の整備事業や、市立小中学校での英語教育の充実などに重点配分した。清水勇人市長は記者会見で「将来の人口減少や急激な高齢化を見据え、緩やかな成長を維持できるよう、人口が増加している今だからできる積極的な予算編成を行った」と説明した。【山寺香】 歳入では、個人市民税が1241億円で同30・1%増と大幅に増加したが、県からの教職員給与など...
Read More

磐田市 文化会館基本設計プロポを一般公開

磐田市は、豊田地区へ移転を計画する(仮称)磐田市文化会館の基本設計の委託先を公募型プロポーザル方式で選定する。選定に当たり、事業者7者によるプロポーザルを一般公開で実施することを決めた。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/171030100072.html http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170601/1496363986 ...
Read More

小ホール設計案に波紋 市議会一般質問

和歌山市が旧伏虎中学校跡地に建設計画を進めている新市民会館について、小ホールの基本設計案を巡り、演劇などへの使用が困難とする声が利用団体などから上がっていることを受け?...
Read More