タグ: ホール

地域とつくる舞台 伊丹市の劇場アイホール30周年

関西における小劇場演劇の拠点の役割を果たしてきた兵庫県の伊丹市立演劇ホール(アイホール)が、開館30年を迎えた。自主企画や東西の劇団との提携公演のほか、近年は若手育成や地域展開にも力を入れる。 市内のレストランで3日、ホールのディレクター・岩崎正裕が演出するリーディング公演が開かれた。食事を終え、くつろぐ観客の前に、関西を拠点とする俳優・坂口修一が登場し、大声で「元気ですかぁ」。一気に中島らもの小説「お父さんのバックドロップ」の世界に引き込んだ。 ホールが2008年度から続けるシリーズ「地域とつ...
Read More

徳島市 新ホール、12月議会で方針案 検討会議が初会合 /徳島

方針転換が続く徳島市の新ホール整備で、8月から新たに候補地となった市立文化センター敷地(同市徳島町城内)での整備方法を検討する会議の初会合が12日、同市の中央公民館であった。学識者や文化団体などの委員8人は「早期整備とコスト面が重要だが、市民が自慢できるホールにすべきだ」などの意見を述べた。 市はこれまでの議論を踏まえ、開館は2023年度を目指し、整備手法はコストや時間、敷地の狭さなどに配慮して… https://mainichi.jp/articles/20181014/ddl/k36/010...
Read More

震度5強で崩落したホール天井、復旧費20億円請求も設計・施工者に「過失なし」

震災訴訟3 ミューザ川崎天井落下訴訟 震度5強で吊り天井が崩落したのは、設計者・施工者の責任か。ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市)の事故を巡る裁判で、横浜地裁は2018年5月31日、所有者である川崎市の請求を棄却する判決を下した。市は控訴した。 天井落下事故が起こったミューザ川崎シンフォニーホール。舞台を取り巻くように約2000の客席を設けた国内でも屈指のコンサートホールだ。最高天井高さ22m、最大スパン36mの大空間は、東日本大震災の揺れで一変した。当時、イベントは開かれておらず、内部に...
Read More

徳島市新ホール 「市民の発表の場」重視

◇有識者会議初会合 建設候補地が変遷した末、徳島市が市立文化センター跡地で整備を計画する新たな音楽・芸術ホールについて、整備方針を議論する有識者の検討会議初会合が12日、市内で開かれた。 市側は、跡地が約4500平方メートルと手狭な上、都市計画の制限や埋蔵物により建築面積がさらに限られること、駐車場の確保など課題があると説明。市の財政状態が厳しく、2021年度には約70億円の財源が不足するとの見通しも示した。 その上で▽完成は23年度▽敷地の効率的な活用▽市の財政に過度な負担にならない施設――を...
Read More

新ホール、面積に制約 徳島市 整備検討会議で説明

徳島市が市文化センター敷地を建設候補地に挙げている新ホール整備に向けた検討会議の初会合が12日、市中央公民館であり、センター敷地の課題などについて市が説明した。 文化団体代表ら全委員8人が出席し、会長に山中英生徳島大大学院教授を選出。市は整備の前提条件に▽早期の開館▽限られた敷地の効率的な活用▽将来的に過度な財政負担を避ける―の3点を挙げた。 敷地の課題として、北側に都市計画道路の計画線が通り、南側の市道地下にはガス管などが埋設されているため、建築可能な面積が制約されることなどを説明。委員からは...
Read More

東京)新宿・歌舞伎町に劇場やホール 東急が建設計画

新宿・歌舞伎町で、劇場や映画館を備えた複合娯楽施設を建てる計画が進んでいる。新宿東急文化会館の跡地で東京急行電鉄などが計画しており、2019年夏に着工し、22年度に完成する予定だ。 予定地は西武新宿駅近くで、地上40階、地下5階のビルを建てる。下層部には商店や飲食店のほかに、劇場(約850席)、ライブホール(約1500人収容)、映画館(約8スクリーン)を設ける予定。上層部にはホテルが入る。 ビルの外にも、イベント開催のためのステージを設けられる空地や大型ビジョンを備える。隣接する歌舞伎町シネシテ...
Read More

市民会館大ホールの廃止ついての総務委員会

今日は総務委員会が開催されました。 (1)議案第40号 枚方市総合文化芸術センター条例の制定について (2)議案第43号 枚方市市民会館条例の一部改正について 簡単に言うと (1)は新しいホールの設置とその場所についての条例 (2)については地震で損傷して使えなくなっていた大ホール。これまで修理するか廃止か検討していたところですが、今回のは廃止にする条例です。 これまでの経過の記事もご覧ください。 9月7日:市民会館、補修工事をせずに前倒しの廃止? 8月10日:市民会館大ホールの使用中止の期間が...
Read More

流山に来春開館 多目的ホール 名称は「スターツおおたかの森ホール」

流山市は来春、流山おおたかの森駅北口前に開館する多目的ホールのネーミングライツ(命名権)のスポンサーに、事業者で建設・不動産管理のスターツコーポレーション(東京都中央区)を選定、名称を「スターツおおたかの森ホール」にすると発表した。契約期間は2019年から5年間で、ネーミング料は年360万円。 多目的ホールは同駅前市有地活用事業として昨年三月に着工。事業は、北口前の約一ヘクタールの市有地にホールやホテル、マンションを建設する。同社が代表企業として事業を進めている。 ホールは二階建てで延べ床面積約...
Read More

【中野サンプラザ】最大収容人数1万人のホール想定も妥当性を議論へ 解体は24年度に

東京都中野区の酒井直人区長は18日の会見で、改めて中野サンプラザを解体・建て替えする方針を示した。順調にいけば、新庁舎の竣工を見込む2023年度以降、24年度にも現庁舎とサンプラザの解体に着手する計画だ。サンプラザ跡地の施設は、27−28年度の竣工を目指す。 施設機能として、最大収容人数1万人のホールを持つ集客交流施設のほか、住宅、ホテル、オフィス、商業施設を想定している。 区長は、1万人という収容規模について今後も妥当性を議論する必要があるとし、「仮に1万人でなくいまと同等の2000人規模とな...
Read More

大阪北部地震で被害、枚方市民会館大ホールを閉鎖

大阪府枚方(ひらかた)市などで最大震度6弱を観測した大阪北部地震の発生から18日で3カ月が経過した。府内では5人が死亡、約340棟が全半壊するなど大きな被害が出たが、市では長年市民に親しまれてきたホールが閉鎖に追い込まれた。もともと老朽化で平成33(2021)年には閉鎖が決まっていたが、市の担当者は「残念だが、安全のためにやむを得ない」としている。 ■キャンディーズ、俳優の森繁久弥…ゆかり施設 市によると、市民会館は市役所そばの同市岡東町に昭和46(1971)年に建設。大ホール(1448席)では...
Read More

<ホール使用料訴訟>唐津市、上告を断念 市民団体に379万円請求へ

唐津市所有の多目的ホールで定期的に開かれている市民団体「唐津シネマの会」の映画上映会で、使用料が過少徴収になっていたとして、市民が唐津市に追加徴収を求めていた住民訴訟で、市は11日、福岡高裁判決について上告を断念すると明らかにした。市が同会に379万円を請求するように命じた判決が、上告期限の15日に確定する。 市議会全員協議会で方針を示した。久我邦浩未来創生部長は「裁判では『市の決裁が曖昧である』と指摘されたと思っている。今後、法令や条例に沿った適正で公正な事務の執行をしていきたい」と話した。 ...
Read More

本庁舎、近く基本計画公告/音楽ホールは来月に候補地案/仙台市 2大型プロジェクトが新局面

仙台市の本庁舎建て替えと市内中心部に新設する音楽ホールの両大型プロジェクトが新たな局面に移行する。本庁舎は、近く基本計画策定支援業務の委託に伴う公募型プロポーザルで公告する方針だ。現在、庁内で仕様書の詳細を詰めている。11月までに最優秀提案者を特定し、12月にも有識者による基本計画検討委員会の初会合を開く。音楽ホールは、10月下旬に音楽ホール検討懇話会の下部組織「立地検討専門部会」を設置し、建設地の選定に向けて議論を本格化する。 本庁舎建て替えの検討に当たっては、2017年12月の基本構想検討委...
Read More

ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)9月末閉館、跡地にMICE施設

札幌市中央区北1西12の「ニトリ文化ホール」(さっぽろ芸術文化の館)が、9月末に閉館する。8月末にはホテル部門の営業が終了しており、1971年に開館した旧北海道厚生年金会館の流れを汲む文化芸術の殿堂が47年で役割を終える。跡地には中規模MICE施設が整備される予定。 1971年9月に開館した北海道厚生年金会館は、座席数2300席のホールと部屋数120室のホテルを併設した複合施設。2005年に国の年金・健康保険制度改革の一環と一般競争入札が決まり、08年11月に札幌市が土地建物を28億7408万円...
Read More

徳島)新ホール12月に基本構想提示へ 遠藤・徳島市長

徳島市議会9月定例会が6日開会した。遠藤彰良市長は、JR徳島駅西側駐車場に建設予定だった新ホール計画の中止と、閉館した市立文化センター敷地(徳島町)での新ホール整備の方針を説明した。新たなホールの基本構想は12月議会に提示する方針を表明した。 市長は、駅西側駐車場での新ホール計画中止について、高額な事業費と整備期間の長期化、早期整備を求める市民の意見などを踏まえて熟慮した結果と説明した。今後について、「事業費を抑制し、早期整備が期待できる文化センター敷地での新ホール整備を検討し、12月議会に(施...
Read More

徳島市、新音楽・芸術ホール建設めぐり迷走 候補地再び変更

徳島市が新たな音楽・芸術ホールの建設をめぐり迷走している。新町西地区再開発事業でのホール建設の撤回を掲げた遠藤彰良市長が2016年に当選。同市長の下で市は徳島駅西側での整備を決定していたが、建設費高騰などで再び見直しを迫られ、市立文化センター跡地を新たな候補地とした。市民の期待が大きい施設だが、軸足が定まらない市の施策に対して批判が強まっている。 「総合的に判断して現時点でこの案しかない」。8月… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35076800W8A9...
Read More

<音楽ホール>活用策議論 仙台市が2度目のシンポ

仙台市が整備を検討する音楽ホールの在り方について考えるシンポジウム「これからの仙台に求められるホールとまちづくり」が1日、青葉区の市青年文化センターであった。市主催。 約60人が参加し、水戸市新市民会館整備課の海老沢佳之係長と仙台市音楽ホール検討懇話会委員の垣内恵美子政策研究大学院大教授がそれぞれ講演した。 海老沢氏は2022年に開館予定の水戸市新市民会館の整備状況を報告。「大型商業施設が閉店した中心市街地に建設することで、新たなにぎわい創出を目指している」と話した。垣内氏は文化施設を活用したま...
Read More

ホール使用料減免訴訟判決 唐津市に再び徴収命令 

唐津市所有の多目的ホールで定期的に開かれている市民団体「唐津シネマの会」の映画上映会で、使用料が過少徴収になっているとして、市民が唐津市に追加徴収を求めていた住民訴訟の控訴審判決で福岡高裁は31日、市民の主張の一部を認めた一審佐賀地裁判決を支持し、市に379万円を徴収するように命じた。 訴状などによると、団体は有料で上映会を開き、市側は条例で定めた使用料区分の「料金を徴収しない場合」の適用(徴収する場合の半額)を続けてきた。 須田啓之裁判長は、「使用料を減免できると条例で定めた『市長が特に認めた...
Read More

徳島・新町西再開発 組合、市を提訴 「新ホール撤回で損害」 /徳島

新ホール建設を中心とする徳島市中心部の新町西再開発を巡り、地権者でつくる再開発組合(高木俊治理事長)は30日、市を相手取り、計約6億5448万円の損害賠償を求め徳島地裁に提訴した。 訴状によると、組合は市と協議しながら音楽芸術ホールを中核とする再開発計画を進めてきたが、2016年に就任した遠藤彰良市長の下、市は費用が高すぎるとしてホール買い取りを撤回。事業は最終段階に入っており、組合は事業費や事務費などを業務代行者からの借入金で賄いながらホール設計や地盤調査を進めていた。借入金は、ホールを市… ...
Read More

近く周辺構想策定/一体整備に101億/島田市役所ホール他

静岡県島田市は、「島田市役所周辺整備基本構想」を近く策定する。市民会館跡地(敷地面積6565?)を建設候補地とする市役所本庁舎整備を契機に、その周辺に新たな文化施設などを建設する方針だ。市民の意見を反映し、まとめる。 市は2019年度から基本設計に着手、23年度までに竣工予定の新しい本庁舎(延べ約1万1500?想定)をプラザおおるり(RC造地下1階地上3階一部2階建て延べ9041?)などと一体的に整備する。また、16年に市民会館を解体したことで不足するホール機能の導入も想定している。内訳は文化創...
Read More

茅ヶ崎市民文化会館 耐震向上・ミニホール新設

9月24日に内覧会 茅ヶ崎市民文化会館の改修後の概要が、8月24日の市定例記者会見で明らかになった。9月24日(月・祝)には一般向け内覧会、10月1日(月)には開館式典が行われる。 同館は1980年に開館し、2004年の調査で耐震性不足が判明。昨年3月から休館し、利便性向上なども含めた改修工事を行っていた。 総事業費は、当初の見込み49億9700万円に対し、48億2993万2800円となった。改修後の構造耐震指標(Is値)は、改修前の0・44から災害時応急対策活動拠点として機能できる0・75以上...
Read More

徳島市 新ホール再見直しに賛否 議会特別委 /徳島

徳島市が新ホールの候補地を再び見直すことについて、徳島市議会は28日、まちづくり対策特別委員会で複数の委員が賛否の意見を述べた。「何年も前にさかのぼるような議論になっている」とする批判や「早期整備を求める市民の声に応える良い判断」と歓迎する意見があった。 新ホールを巡っては新町西地区からJR徳島駅西側へと計画を変更した後、市… https://mainichi.jp/articles/20180829/ddl/k36/010/491000c ...
Read More

久留米市 共同ホールなど閉館で利用者らが存続署名 /福岡

久留米市が文化センター共同ホール(同市野中町)とサンライフ久留米(同市諏訪野町、中高年齢労働者福祉センター)の今年度末での閉館を発表したことに対し、利用者らでつくる二つの市民団体が28日、施設の存続を求める請願書や計1万5634人分の署名などを大久保勉市長と佐藤晶二市議会議長に提出した。 9168人分の署名を提出した「文化セン… http://mainichi.jp/articles/20180829/ddl/k40/010/352000c ...
Read More

新ホール候補地見直しで市議会から批判の声(徳島県)

徳島駅西側駐車場から文化センター跡地へ。徳島市が建設候補地を見直した新たな音楽・芸術ホールの整備計画について、市議会から「無責任過ぎる」と批判の声があがりました。8月22日、遠藤市長をトップとする「徳島市中心市街地活性化推進本部」は、去年5月の決定以来徳島駅西側駐車場を建設候補地として検討を進めてきた新ホールの整備計画を見直し、候補地選定の段階で3つの候補の一つに挙げられていた閉館中の市立文化センター跡地でのホール整備を再検討することを決めました。28日に開かれた市議会の委員会で市の担当者は、抑...
Read More

西宮・アミティホール天井耐震化へ 来年1月から休館

兵庫県西宮市民会館アミティホール(六湛寺町)が、つり天井を耐震化するため、来年1月から6月末まで休館する。2011年の東日本大震災でホールのつり天井が崩落し、死傷者が相次いだ被害を受けた措置。アミティホールで休館を伴う大規模工事は1967(昭和42)年の開館以来で初めて。 東日本大震災では、東京都千代田区の九段会館(現在は閉館)でホールのつり天井が崩落し、2人が死亡、31人が重軽傷を負った。このほか川崎市のホールや茨城空港(茨城県小美玉市)のターミナルビルなどでも天井落下が相次いだ。 国は14年...
Read More

新ホール 23年度開館目標 総事業費100億円以下 徳島市が決定

徳島市は22日、中心市街地活性化推進本部の会合を開き、徳島駅西側駐車場としていた新ホールの建設予定地を見直し、2014年度末に閉館した市文化センター跡地(同市徳島町城内)を代替地として検討することを決めた。総事業費を100億円以下に抑え、23年度の開館を目指す。 市役所であった会合には本部長の遠藤彰良市長ら市幹部10人が出席。市が市議会6月定例会で概算事業費(建設費、土地整備費、借地料含む)を約141億円、開館時期を当初予定の23年度から5年遅れるとしていた点について、再検討した結果が報告された...
Read More

三宮再開発 新・神戸文化ホール基本計画の検討委、会合を10月に追加開催

神戸市は当初3回で終える予定だった「新・神戸文化ホール整備基本計画検討委員会」の会合を1回追加する。22日に開いた3回目の会合で、10月半ばに第4回会合を開催することを明らかにした。議論が多岐にわたったことから会合を1回追加して、より幅広い意見をまとめる。神戸市は22日の会合で整備基本計画の「素案」を提示。第4回会合で、より具体的な「案」をまとめる。 これまで大ホールと中央区民ホールを新たに建設するバスターミナルに、音楽専用の中ホールを新たに建て直す市役所2号館に設置することがまとまっている。大...
Read More

徳島市新ホール 市長きょう見直し表明 代替は文化センター跡地 

徳島市の遠藤彰良市長は徳島駅西側駐車場で進めてきた新ホール整備計画について、22日の市中心市街地活性化推進本部(本部長・遠藤市長)の会合で、建設予定地の見直しを表明する。代替候補地として、2014年度末に閉館した市文化センター跡地(同市徳島町城内)を挙げる見通しだ。変更理由については、土地取得費が不要で総事業費を抑制できる上、文化センター閉館後の「一日も早く文化活動の発表の場を」と切望する市民の声を重視したとみられる。 市は市議会6月定例会で、駅西での概算事業費(建設費、土地整備費、借地料含む)...
Read More

徳島市の新ホール駅西計画見直しへ 

徳島市が徳島駅西側で計画していた新ホールの建設を見直す方針を固めたことが20日、分かった。事業費が高額になり、開館も5年遅れることが理由とみられる。代替地として、市文化センター跡地が挙がっている。 市は5月、新ホールの概算事業費が約141億円(税込み)になるとの見通しを示し、開館時期は当初予定の2023年度から28年度にずれ込むとした。 新ホールを巡っては、遠藤彰良市長が新町西地区再開発事業で予定されていた音楽・芸術ホールの買い取り価格156億円が高過ぎるとして、同事業から撤退。駅西側の新ホール...
Read More

徳島市の新ホール、JR徳島駅西側案を撤回

文化センター跡地に 事業費高騰など背景 徳島市は市内中心部のシンボルとして計画していたJR徳島駅西側での新ホール建設を撤回する。早ければ22日に発表する。事業費高騰などが理由。代替候補地は2017年3月に閉館した市立文化センター跡地とする。新ホールは遠藤彰良市長が白紙に戻した新町西地区再開発事業の音楽・芸術ホールに代わる施設として、早期の整備を求める声が高まっていた。 市は22日に庁内会議である中心市街地活性化推進本部会議を開き、すで… https://www.nikkei.com/articl...
Read More

音楽スタジオとイベントホールの複合施設『BASS ON TOP神戸元町店』オープン

ダンススタジオ・アカペラスタジオ・ピアノスタジオにイベントホールを併設した複合施設『BASS ON TOP(ベースオントップ)神戸元町店』が8月25日、各線元町駅より徒歩約1分の場所にオープンする。 アカペラスタジオ・ダンススタジオ・ピアノスタジオは関東にそれぞれ1店舗ずつ国内では2店舗目、関西では初出店となる「BASS ON TOP」は、バンドスタジオでアカペラ・ダンス・ピアノを練習をしていた利用者の声をもとにそれぞれに特化したスタジオを提供している。利用者は初心者から上級者まで、年齢層も幅広...
Read More

<仙台市>音楽ホールの候補地検討へ専門部会 10月下旬に設置

仙台市が整備検討中の音楽ホールの在り方を議論する有識者懇話会(会長・本杉省三日大特任教授)は10日、10月下旬にも専門部会を設置し、立地場所の検討を始めることを決めた。市は候補地として市有地など市内中心部の数カ所を提示する方針で、専門部会がそれぞれ評価を示す。 専門部会は候補地の絞り込み作業はせず、まちづくりなど専門的見地から評価や実現可能性を示す。年内に3回程度会合を開く見通し。市は建築面積を9000〜1万1000平方メートルと想定する。 委員はまちづくりや建築、都市計画の専門家ら計6〜7人で...
Read More

県立劇場演劇ホール改修が終了(熊本県)

コンサートなどでおなじみの熊本県立劇場の演劇ホール。舞台装置が最新のものに変わりステージ上で多様な演出が可能になった。1982年の落成以来、35年間、使用してきた県立劇場の演劇ホール。25年の耐用年数を超え、老朽化が心配されていた改修工事は去年9月から始まり、今回、演出に必要な大道具や照明、幕などを吊るす装置が最新のものに変わった。これまでの「手動」から「電動」になったことで舞台転換もスムーズになり、準備時間もこれまでの半分に短縮される。また、どの場所にも照明器具を取り付けることができるため、華...
Read More

文化棟建替え、ホール耐震補強/PPPで文化C再整備/尼崎市文化財団

尼崎市文化振興財団(兵庫県尼崎市)は、PPP手法を導入した尼崎総合文化センター(アルカイックホール)の再整備を計画している。老朽化した文化棟の建て替えやホール棟の耐震補強のほか、西側に隣接する庄下川公園も一体的に整備する方針だ。2018年度からサウンディング調査を実施するが、その後のスケジュールは決まっていない。 再整備検討業務は日本不動産研究所が受託している。業務内容は現況調査、サウンディング調査の実施、新文化棟の配置案、整備内容、事業費、整備手法、スケジュールの検討など。業務期間は19年3月...
Read More

文化の拠点、来館400万人 北上・さくらホール

北上市さくら通りのさくらホールは3日、来館者数400万人を達成した。約1500人を収容できる大ホールや開放的なレッスンルームを備えるさくらホールは、2003年11月の開館から、文化活動の拠点として多くの市民らが芸術活動に親しんでいる。関係者は開館15周年の節目での大台到達を祝い、一層の施設の充実を誓った。 400万人目は花巻市湯口の阿部吉栄さん(75)と同市湯口の佐々木京子さん(77)。式典は玄関ロビーで行い、高橋敏彦市長が記念品と花束を2人に贈った。 指定管理者・北上市文化創造の浅田格(いたる...
Read More

榛原文化センター、ホール解体着手 跡地を駐車場に

牧之原市は、老朽化と耐震不足で閉鎖していた市榛原文化センター(静波)ホール棟の解体工事に着手した。来年2月にかけ、跡地に駐車場を整備する。 榛原文化センターは会館棟とホール棟からなり、1979年に完成。ホール棟は耐震補強費がかかるなどとして「建物維持が困難」と判断し、2012年度に閉鎖した。会館棟は補強を施し利用を続けている。 解体工事は今月1日に始まり、現在は安全フェンスの設置作業などを行っている。解体費と駐車場の再整備費として約1億2千万円を見込み、駐車場は60台分を予定している。 榛原文化...
Read More