タグ: オー

中規模ホール建設へ オーバード隣接 富山市、新年度計画案

富山市は市街地活性化の一環として、富山駅北口の市芸術文化ホール(オーバード・ホール)近くに、六百〜八百人を収容できる中規模ホールの建設をする。二〇一八年度に運営方針などの基本計画をまとめる。(向川原悠吾) 複合施設で舞台装置も 十九日にあった市議会総務文教委員会で、市が報告した。中規模ホールの内容は未定だが、ショッピングセンターや会社事務所なども入るような複合施設として整備する。ホールは市が管理し、それ以外は民間の事業者が運営する。 場所はオーバード・ホールに隣接し、現在は駐車場などに使われてい...
Read More

細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介が見せる孤児たちの共生と再生『オーファンズ』東京公演スタート

兵庫で開幕した『オーファンズ』の東京公演が、2017年10月18日(水)より草月ホールにてスタートする。本作は、アメリカの劇作家ライル・ケスラーの傑作戯曲。1983年にアメリカ・ロサンゼルスで初演されて以降、イギリス、トルコ、ポーランド、メキシコ、ギリシャ、イタリア、フィンランドなど世界各... ...
Read More

名作舞台『オーファンズ』いよいよ開幕! 細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介インタビュー

三人の孤児たちの深い孤独を描き、何度も上演されている名作舞台『オーファンズ』が、10月14日、15日に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで、そののち10月18日~22日、東京・青山の草月ホールで上演される。蝕まれた心が愛によって癒されていくというテーマで書かれた...
Read More

細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介で三人の孤児たちの共生と再生を描く『オーファンズ』稽古場レポート

佐藤祐基、加藤虎ノ介、細貝圭三人の孤児たちの深い孤独と再生を描き、幾度となく上演されている名作舞台『オーファンズ』が、細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介の出演、マキノノゾミの上演台本・演出で、10月14日~15日、兵庫・西宮の兵庫県立芸術劇場文化センター阪急中ホール...
Read More

細貝圭×佐藤祐基×加藤虎ノ介インタビュー「等身大、俺たちの『オーファンズ』」

アメリカの劇作家ライル・ケスラーの傑作戯曲『オーファンズ』が、細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介の3人芝居で2017年10月14日(土)より兵庫で開幕する。1983年にロサンゼルスのマトリックス劇場で初演、日本では1986年に劇団四季が初上演して以来、何度も上演されている本作。 今回は、マキノノ... ...
Read More

多部未華子・小日向文世らで魅せる時と性を超えた永遠の魂。KAAT×パルコ プロデュース公演『オーランドー』レビュー

KAAT×パルコ プロデュース公演『オーランドー』が、KAAT神奈川芸術劇場にて9月23日に幕を開けた(10月9日まで。のち新国立劇場 中劇場で10月26日~29日上演)。日本初演となる本作は、20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの...
Read More

性の変換を逆手にとって魂の普遍性を表現するヴァージニア・ウルフの『オーランドー』間もなく開幕! 白井晃インタビュー

白井晃演出による『オーランドー』の日本初演が、9月23日初日のKAAT神奈川芸術劇場を皮切りに、松本、兵庫で公演、そののち新国立劇場 中劇場で上演される。この作品は20世紀モダニズム文学の重鎮で、最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作を、アメ...
Read More

細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介で名作舞台『オーファンズ』上演決定!

3人の孤児たちの深い孤独を描き、何度も上演されている名作舞台『オーファンズ』が、この秋、兵庫と東京で上演される。 1983年にロサンゼルスで初演、日本では劇団四季により86年に日本初演、以来、さまざまなカンパニーや俳優たちによって上演されている名作『オーファン...
Read More