タグ: オペラ

カタリーナ・ワーグナーの日本初演出による新国立劇場オペラ『フィデリオ』間もなく開幕!

カタリーナ・ワーグナー新国立劇場では、開場20周年記念特別公演『フィデリオ』が、5月20日から開幕する。この公演は、世界から大注目を集めているカタリーナ・ワーグナーの日本初演出、飯守芸術監督の任期中最後の指揮、そしてグールド、メルベートら第一線の歌手による新制...
Read More

新国立劇場20周年インタビュー 飯守泰次郎・芸術監督<上> 世界の一流とのオペラ上演 日本の若手に刺激

新国立劇場が今年秋、オープンから20年を迎える。大・中・小三つの劇場からなる施設では連日、オペラ、バレエ、演劇などさまざまなジャンルの公演が開催され、活況を呈している。とりわけ、わが国初の常設オペラ劇場となったオペラパレス(大劇場)が日本のオペラ界、楽壇に果たした役割は大きい。そこで同劇場オペラ部門の飯守泰次郎・芸術監督と大野和士・次期監督に劇場の現在・過去・未来を語ってもらった。その1回目は任期最後の新制作演目、ベートーヴェンの「フィデリオ」の初日(20日)を目前に控えた飯守現監督に4年間の任...
Read More

美しいメロディーが心に響くベルカント・オペラの名作『愛の妙薬』まもなく開幕!

ドニゼッティの代表作『愛の妙薬』が、3月14日から新国立劇場 オペラハウスで上演される。村一番の美人アディーナと、彼女に恋する不器用な青年ネモリーノが、偽の惚れ薬"愛の妙薬"によって結ばれるというピュアなロマンティック・コメディ。楽しいストーリーの中に時折流れる...
Read More

ベルリン・コーミッシェ・オーパーの来日公演 オペラ「魔笛」4月から東京・広島・兵庫で上演/直前にトークイベントが開催

ベルリン・コーミッシェ・オーパーの来日公演 オペラ「魔笛」(C)Komische Oper Berlin   ベルリン・コーミッシェ・オーパーによる来日公演 オペラ「魔笛」が4月7日から東京・広島・兵庫で上演される。 ま20...
Read More

横浜市/2000人収容規模の劇場整備検討へ/18年度に調査、オペラやバレエに対応

横浜市は18年度予算案で、「新たな劇場整備検討調査」に1000万円を計上した。林文子市長は再選後の8月の定例会見で「市には舞台芸術やダンスがしっかりできる単独の劇場がなく、早急に(整備を)検討したい」と述べており、収容人数約2000人規模の劇場整備に向け検討に着手する。具体的な整備内容、場所、整備手法や運営方法について国内外の劇場の調査、専門家へのヒアリングを行う。 現在市内には神奈川芸術劇場(通称KAAT、収容約1200人)や神奈川県立県民ホール(大ホール収容2493人)など収容人数1000人...
Read More

【動画3分】観客を巻き込み松岡充のマクヒィスが熱く歌う!吉本実憂・峯岸みなみ(AKB48)らが出演の「三文オペラ」1月23日からKAATで開幕!

「三文オペラ」松岡充・峯岸みなみ(AKB48)   松岡充・吉本実憂・峯岸みなみ等が出演する「三文オペラ」が1月23日からKAAT神奈川芸術劇場で開幕する。   「三文オペラ」はブレヒトの代表的な作品。今回の上演台本・演20...
Read More

マタ・ハリ/三文オペラ/俺を縛れ!/今週初日を迎える舞台は? 期間:1月22日(月)~1月28日(日)

ミュージカル「マタ・ハリ」柚希礼音と加藤和樹によるメインビジュアル   今週初日を迎える舞台は? 期間:1月22日(月)~1月28日(日) 柚希礼音&加藤和樹がW主演!韓国で初演されたミュージカル「マタ・ハリ」2018年20...
Read More

新国立劇場オペラ、新年の幕開けはオペレッタ最高傑作の『こうもり』

ワルツ王ヨハン・シュトラウスⅡ世によるオペレッタ最高傑作『こうもり』。心躍る有名な序曲からシュトラウスの軽快で洒脱な音楽世界に満ちており、美しいワルツやポルカにのせて喜劇が繰り広げられる。アール・デコ調の華やかな美術・衣裳も大きな見どころ。シュトラウスの...
Read More

『三文オペラ』松岡充インタビュー「違和感の塊のような作品」

2018年1月23日(火)に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて『三文オペラ』が開幕する。本作は、ベルトルト・ブレヒトの戯曲、クルト・ヴァイルが音楽を手がけた傑作で、マクヒィスと彼を巡る女たちを描いた音楽劇。今回の上演では、演出・上演台本を谷賢一が手掛け、ロックバンド・ドレスコーズ... ...
Read More

オペラシアターこんにゃく座の次回公演は喜歌劇『天国と地獄』

東京・六本木の歴史ある芝居小屋俳優座劇場で2月(2/8~18)に行われるこんにゃく座公演は、運動会でもおなじみのあの曲(「天国と地獄」序曲)とともにお贈りする喜歌劇『天国と地獄』。オッフェンバック作曲のこの作品、160年前のパリ、シャンゼリゼ通りにあった見...
Read More

12月16日WOWOWで百鬼オペラ「羅生門」柄本佑×満島ひかり×吉沢亮を放送!柄本佑のインタビューも

「生きるためならば罪を犯してもいいのか」を問う芥川龍之介の代表作の一つ「羅生門」を中心に、「藪の中」「蜘蛛の糸」「鼻」などの代表作と芥川の人生そのものを絡ませ、一つの物語にまとめ上げた意欲作、舞台『百鬼オペラ「羅生門」』が、2017年12月16日(土)にWOWOWにて放送される。 本作の演... ...
Read More

痛烈な風刺と痛快なユーモア! オペラシアターこんにゃく座 喜歌劇「天国と地獄」2018年2月8日から俳優座劇場で上演

喜歌劇「天国と地獄」チラシ表   痛烈な風刺と痛快なユーモア、軽快な音楽のオペレッタの名作、喜歌劇「天国と地獄」がオペラシアターこんにゃく座によって2018年2月8日(木)~18(日)に、俳優座劇場にて上演される。   20...
Read More

愛の陶酔と別れ。この上なく贅沢な極上の音楽に酔う。オペラ『ばらの騎士』上演中!

新国立劇場では、ウィーン上流社会を舞台に、過ぎゆく時への想い、そして若い恋人たちの新しい愛を、優美で豊麗な音楽で描いたオペラ『ばらの騎士』が、11月30日に幕を開けた。劇作家ホフマンスタールとR.シュトラウスの名コンビによる最高傑作である本作品は、あらゆるオペ...
Read More

谷賢一と松岡充がタッグを組む『三文オペラ』で吉本実憂&AKB48峯岸みなみが初舞台

谷賢一が上演台本・演出を手掛け、SOPHIA/MICHAELのボーカル、俳優として活躍する松岡充が主演するKAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』。本作は、ベルトルト・ブレヒトが戯曲を、クルト・ヴァイルが音楽を手がけた傑作で、ロンドン随一の色男マクフィスと彼を巡る女たちを描いた音楽... ...
Read More