タグ: もの

好きなものは好き!ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』男子高校生たちが謳歌する自分らしさ

世界中で愛されているサンリオキャラクターが大好きな男の子たち「サンリオ男子」。2015年からTwitterやコミックス、ゲーム、TVアニメなど、さまざまなメディアで発信されてきた、彼らの何気ない日常を切り取った物語が、ついにミラクル☆ステージ『サンリオ男子』として舞台化された。2019年1... ...
Read More

作・演出の岩井秀人『世界は一人』は「見たことのないものができる」

2019年2月より、松尾スズキ、松たか子、瑛太らが出演する『世界は一人』が上演されるが、このほど作・演出を手掛ける岩井秀人、松尾、音楽を手掛ける前野健太からコメントが届いた。 本作は、劇団ハイバイの主宰である岩井が手掛ける“ある悲惨な男の物語”。今までとは違うスケール感の音楽劇での上演が予... ...
Read More

『セールスマンの死』長塚圭史演出で“生きる”ことそのものと向き合う稽古場

アメリカ現代演劇の旗手と呼ばれるアーサー・ミラーの代表作『セールスマンの死』が、長塚圭史の演出で2018年11月3日(土・祝)より神奈川・KAAT神奈川芸術劇場にて上演される。その稽古の様子をとらえた写真と、出演者コメントが届いた。 『セールスマンの死』は、1949年に初演され、トニー賞ベ... ...
Read More

【役者コラム003】舞台の『差し入れ』『公演中のプレゼント』のマナーと、私がもらって嬉しかったもの

【役者コラム003】舞台の『差し入れ』『公演中のプレゼント』のマナーと、私がもらって嬉しかったもの   【役者コラム003】舞台の『差し入れ』『公演中のプレゼント』のマナーと、私がもらって嬉しかったもの   エントレ読者20...
Read More

アパレルブランドをフィーチャーした舞台「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」に若手実力派美女8名が挑む!

アパレルブランドをフィーチャーした演劇公演、若手実力派美女8名による舞台「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」がこの10月に上演される。カーテンコールはファッションショーとなっており観客もプレスのように撮影可能、クリエイター陣はアーティスト揃いという新...
Read More

ミュージカル「ヘタリア」シリーズ振り返り!ROU×高本学「ヘタミュはファンとみんなで作り上げたもの」

日丸屋秀和の人気コミック「ヘタリア Axis Powers」を原作とし、イタリアを主人公に史実とエスニックジョークを描いた国擬人化コメディのミュージカルとして人気を博したミュージカル「ヘタリア」シリーズ(通称:ヘタミュ)。 2015年12月にシリーズ1作目のミュージカル「ヘタリア~Sing... ...
Read More

舞台(と呼ばれてきたもの)を作るのをやめる新作。スペースノットブランク「舞台らしき舞台されど舞台」が9月6日より上演

スペースノットブランク「舞台らしき舞台されど舞台」メインビジュアル   スペースノットブランクによる「舞台らしき舞台されど舞台」が9月6日(木)から東京・カフェムリウイ 屋上劇場で上演される。   スペースノットブランク20...
Read More

舞台『ジョーカー・ゲームII』開幕!木戸邑弥「前回以上のものを届けられる自信がある」

舞台『ジョーカー・ゲームII』開幕!木戸邑弥「前回以上のものを届けられる自信がある」 舞台『ジョーカー・ゲームII』が、2018年6月14日(木)に東京・シアター1010にて開幕した。本作は、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞をW受賞した人気小説『ジョーカー・ゲーム』(著:柳広司)を原... ...
Read More

三津谷亮×寺十吾×秋之桜子『レバア』インタビュー!「人間は弱いものと気づかされる」

2012年に結成された演劇集団「西瓜糖」の第6回公演『レバア』が、2018年4月18日(水)より中野・テアトルBONBONにて開幕する。終戦直後の日本を舞台に、ヒトが心の奥に隠し持つ「ザラツキ」を繊細にあぶり出す本作について、出演する三津谷亮、演出を手掛ける寺十吾、劇作家の秋之桜子(山像か... ...
Read More

小早川俊輔×佐伯亮『白痴』インタビュー「作品の先に見えるものを創るのが大事」

1947年に出版された坂口安吾『白痴』の舞台が2018年月28日(水)に東京・CBGKシブゲキ!!にて幕を開ける。物語の舞台は戦争の真っただ中。映画演出家の青年伊沢が暮らす街の人々は一癖もふた癖もある人物たちで、戦時中を逞しく厚かましく生きている。更に隣家は街の人々から「気違い一家」と呼ば... ...
Read More

イキウメの最新作『図書館的人生 Vol.4 襲ってくるもの』5月に東京・大阪で上演!

イキウメが、5月に短篇オムニバス「図書館的人生」の第四巻『襲ってくるもの』を上演する。【イキウメと短篇集「図書館的人生」】 元始からの世界記憶を蓄える図書館。過去現在未来の膨大な記憶からの一瞬を垣間見る短篇集。ということで始まったシリーズ。第一巻は2006年...
Read More

観るものを幻想の世界へ誘う、詩人ホフマンの3つの恋物語『ホフマン物語』

新国立劇場「ホフマン物語」(2013年公演より) 撮影:三枝近志  詩人ホフマンの恋の遍歴を幻想的に描いた『ホフマン物語』が、2月28日に新国立劇場 オペラハウスで開幕する。(3月10日まで4公演)この作品は、主人公ホフマンの歌う「クラインザックの歌」、オランピア...
Read More