タグ: もと

野田秀樹のもと次世代の俳優・舞台表現者を育てる東京芸術劇場の新プログラム、「東京演劇道場」始動!

東京芸術劇場では、芸術監督就任10周年を迎える野田秀樹のもと、次世代の俳優・舞台表現者を育てる芸劇の新プログラム「東京演劇道場」を、始動させる。2009年、野田の芸術監督就任により東京芸術劇場が発信型の劇場として新たに舵を切って今年で10年を迎える。芸劇を賑わい...
Read More

ヒューリックGに決定、文化創造、交流促進、国際医療の3拠点を整備/もと扇町庁舎用地・南側用地の売却に向けた公募型プロポ/大阪市

大阪市水道局は、もと扇町庁舎用地と、もと扇町庁舎南側用地を売却するため、開発事業予定者を決める公募型プロポーザルを実施し、ヒューリック(東京都中央区)を代表とするグループに決めた。グループの構成員は、医療法人医誠会(大阪市東淀川区)、一般財団法人仁厚医学研究所(岡山県倉敷市)。低層部は、新たな文化・コミュニティを創造・発信できる劇場を中心とした「文化創造拠点」、カフェ・コンビニ・子ども英語教育施設などを配置した「交流促進拠点」、上層部に医誠会が運営する医療ツーリズムにも対応した約560 床の高度...
Read More

傑作映画をもとにした舞台『いまを生きる』佐藤隆太主演で日本初上演!

ロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督で1989年に制作されたアメリカ映画「いまを生きる」。この映画を元に、2016年秋にオフ・ブロードウェイで舞台化され、映画版の脚本でオスカーを受賞したトム・シュルマンが舞台版の脚本も手掛けたことでも話題となった作品...
Read More

伊坂幸太郎の同名小説をもとにした傑作舞台『死神の精度』9年ぶりに再演!

ラサール石井・萩原聖人細見大輔・植田圭輔伊坂幸太郎の同名小説をもとに舞台化、「伊坂ワールド」の見事な立体化と大きな反響を呼んだ『死神の精度』が9年ぶりに再演される。 初演は2009年8月、和田憲明が脚本・演出を手がけ、伊坂作品としては初めて舞台化だった。当時...
Read More

実話をもとに祖母と娘の共依存に切り込む/無名劇団「私戯曲 りんごのうた」11月13日からシアトリカル應典院 気づきの広場で上演

應典院寺町倶楽部共催公演 無名劇団 第27回公演「私戯曲 りんごのうた」チラシ(写真:飯田拓)   無名劇団「私戯曲 りんごのうた」が、11月13・14日に大阪・シアトリカル應典院 2F 気づきの広場で上演。「母娘問題」20...
Read More