Latest

三宅健 出演作品を鈴木裕美が演出! 舞台「二十日鼠と人間」10月3日から東京・大阪で上演

三宅健   三宅健らが出演する舞台「二十日鼠と人間」が10月3日から東京・大阪で上演される。演出は鈴木裕美。   本作は、『怒りの葡萄』や『エデンの東』などで知られるアメリカのノーベル賞作家ジョン・スタインベックが19320...
Read More

遠吠えの次回本公演を選ぶのは観客!?「遠吠えの、コマーシャル」7月13日から三鷹SCOOLで上演

「遠吠えの、コマーシャル」フライヤー(宣伝美術:raco)   遠吠えによる舞台「遠吠えの、コマーシャル『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』『ギャル』『猫の呪い』『朝子さんと夕子さん』」が7月13日(金)20...
Read More

9年ぶりに再演『死神の精度』は萩原聖人×植田圭輔×細見大輔×ラサール石井の4人芝居

2018年8月末より『死神の精度~7Days Judgement』が上演される。原作は、伊坂幸太郎の代表作の一つである「死神の精度」。2009年に和田憲明の脚本・演出で初舞台化され、今回、約9年ぶりに再演される。 【あらすじ】 千葉は指令を受けてヤクザ藤田のところにやってきた。 今回の彼の... ...
Read More

長崎市議会委員会 MICEでジャパネット代表を参考人招致

長崎市が長崎駅西側に建設を計画している大型コンベンション施設・MICE。長崎市議会の環境経済員会は、MICEとの機能重複が懸念されるとして、近くに複合施設の整備を計画しているジャパネットホールディングスから話を聞いた。 環境経済委員会には、ジャパネットホールディングスの郄田旭人社長ら4人が招かれた。ジャパネットホールディングスは500億円をかけて、幸町工場跡地に複合施設の整備を目指していて、2万3千人収容のサッカースタジアムを中心に、ホテルや商業施設などを備える計画。 MICEとの機能重複が特に...
Read More

仙台市民会館 8月休館 9ヵ月かけ大規模設備改修

老朽化による設備改修工事に伴い、仙台市民会館(青葉区)が8月から9カ月間、全館で休館する。開館から45年近く経過しており、市は機能を維持するため排水管の更新や音響システムなどを入れ替える。 市が20日の市議会6月定例会市民教育常任委員会で説明した。8月4日〜来年5月14日に休館し、改修費は7億9300万円。 大小両ホールの音響システムや舞台照明などを入れ替えるほか、大ホール1階客席に車いすスペースを5席程度設ける予定。2階に上がる階段も補強する。 水回り設備はトイレを洋式化する。排水管は劣化によ...
Read More

平塚 新文化センター 建築費65億円見込む 借地料など財源にも言及

平塚市議会6月定例会の総括質問が19日まで行われ、見附台周辺と龍城ケ丘プール跡地の開発について質問が集中。新文化センター建築費に上限65億円を見込んでいることなどが分かった。 市は6月補正予算案で、見附台周辺の整備・管理運営事業について132億5千万円の債務負担行為を設定、今議会に提出した。民間事業者が新文化センターや公園を整備、管理運営する計画で、公共施設の建設費や管理費は市が負担する。 市答弁によると、積算の根拠となる設定額の内訳は、新文化センター建設費65億円、20年間の維持管理費63億円...
Read More

『魔界転生』製作発表会見レポート!上川隆也、溝端淳平らに堤幸彦「本当に大変です」

日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生』の製作発表会見が、2018年6月19日(火)に東京都内にて行われた。会見には、主演の上川隆也をはじめ、溝端淳平、高岡早紀、村井良大、松田凌、玉城裕規、木村達成、猪塚健太、栗山航、丸山敦史、山口馬木也、藤本隆宏、浅野ゆう子、松平健、そして脚本のマキノノ... ...
Read More

「若様組シリーズ」舞台化第3弾!入江甚儀、宮崎香蓮らの出演が決定

2018年10月、畠中恵の人気小説「若様とロマン」の舞台化第3弾が上演されることが決定した。今回の舞台『若様組まいる~若様とロマン~』は、戦争が近づいてきた明治の世で、戦争を避けるべく”お見合い”に奮闘する若様組の面々を描いた「若様組シリーズ」3作目。 出演者には入江甚儀、宮﨑香蓮、原嶋元... ...
Read More

本格推理が食事と共に体験できる! 観客参加型ミステリー『紫水晶の伝言』7月12日から大阪のレストランで開催

観客参加型ミステリー『紫水晶の伝言』公演ポスター   Office P・T企画による舞台「観客参加型ミステリー 安楽椅子版 エラリー・クィーン『紫水晶の伝言(ダイイング・メッセージ)』」が7月12日(木)から大阪のカフェ20...
Read More

小泉今日子が高橋克実&堤真一を翻弄!『お蘭、登場』開幕

シス・カンパニー公演/日本文学シアターVol.5『お蘭、登場』が、2018年6月16日(土)に東京・シアタートラムにて開幕した。本作は、劇作家の北村想とシス・カンパニーが、日本文学に大きな足跡を残した作家や名作へのリスペクトを込めてオリジナル戯曲を創作するシリーズの第5弾。「お勢登場」をは... ...
Read More

生駒里奈主演『魔法先生ネギま!』メインビジュアル&全キャスト公開!

2018年7月に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、人気漫画「魔法先生ネギま!」を初舞台化した舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』が上演される。すでに生駒里奈が主演を務めることが発表されている本作だが、このほどメインビジュアルと全キャストが公開となった。... ...
Read More

ムチャクチャしないと出来ない!?上川隆也 主演舞台『魔界転生』囲み取材レポート

舞台「魔界転生」製作発表 囲み取材より   舞台『魔界転生』の製作発表会見が6月19日、都内で行われ、囲み取材に上川隆也、溝端淳平、高岡早紀、浅野ゆう子、松平健といったキャスト陣、脚本のマキノノゾミ、演出の堤幸彦が登壇し20...
Read More

北海道富良野市/新庁舎建設基本構想/事業費58億円、6月補正予算案に基本設計費

北海道富良野市は、老朽化する市役所庁舎建て替えに向けた基本構想を策定した。文化会館と複合化し、施設規模は1・5〜2倍近い8200〜9800平方メートルを想定。事業費には58億円を見込む。18日開会の第2回定例市議会に提出する補正予算案に基本計画・基本設計策定費として1500万円を計上する。 7月下旬までにプロポーザル方式を軸に一括発注する方針だ。 弥生町1の1に所在する現庁舎は、RC造地下1階地上3階塔屋1階建て延べ5263平方メートルの規模。1969年の建設から50年近くが経過し、建物や設備の...
Read More