Latest

小ホールを市民に開放 ユメニティのおがた、読書や勉強の場に [福岡県]

| 2017年10月20日
直方市山部の複合文化施設「ユメニティのおがた」の小ホールが19日から市民に開放され、記念の音楽イベントが開かれた。関係者は「読書や勉強など市民の憩いの場として利用してほしい」と呼び掛けている。 小ホールは、ステージを含め約280平方メートル。これまでイベントを開催しない日は閉鎖していたが、利用予約がない日を開放することにした。ホール内やロビーに置くテーブル、いすも新たに購入した。 利用時間は、同じ建物内の市立図書館開館日(毎週月曜と最終水曜を除く)の午前9時半から午後6時まで。飲食もできる。 こ...

中津留章仁の新作書き下ろしは超社会派コメディ!? トム・プロジェクト プロデュース『明日がある、かな』 中津留章仁・髙橋洋介・斉藤とも子・李丹・真山章志 座談会

| 2017年10月19日
中津留章仁が異色キャストとともに、新境地に挑戦する注目作、『明日がある、かな』が、10月24日から新宿・紀伊國屋ホールで開幕する。(30日まで) 【物語】夫は自動車を売っていた。妻はアレルギーが酷い息子を心配し、家族は郊外へ引っ越した。やがて息子のアレルギーの...

続報!舞台『モブサイコ100』メインキャストに馬場良馬、河原田巧也、松本岳、木戸邑弥ら

| 2017年10月19日
舞台化されることが発表されたばかりの『モブサイコ100』。主人公・影山茂夫(モブ)役をアニメ版でも声優を務めた伊藤節生が演じることが明らかにされたが、早くも新たなキャストの詳細が発表された。 出演者に名を連ねたのは、河原田巧也、松本岳、木戸邑弥、星乃勇太、田上真里奈、末永みゆ、郷本直也、な... ...

【完全野外・どんな天候でも上演】森谷ふみ・光瀬指絵・福原充則のニッポンの河川「大地をつかむ両足と大地」11月1日から葛西臨海公園で上演

| 2017年10月19日
ニッポンの河川公演「大地をつかむ両足と物語」   森谷ふみ・光瀬指絵・福原充則によるニッポンの河川の公演「大地をつかむ両足と大地」が11月1日から葛西臨海公園 展望広場で上演される。   ニッポンの河川は女優・森谷ふみ、20...

大人に捧げる童話を描く劇団おぼんろが11月8日から葛西の特設劇場にて新作体感型3D演劇を開催

| 2017年10月19日
キャガプシーメインビジュアル   劇団おぼんろ第15回本公演「キャガプシー」が11月8日から葛西臨海公園内の特設劇場にて上演される。   おぼんろは、末原拓馬、さひがしジュンペイ、わかばやしめぐみ、藤井としもり、高橋倫平20...

瓜生和成と高木珠里の二人芝居 『ランタナ』10月26日から絵空箱で上演/作・演出は小松台東の松本哲也

| 2017年10月19日
フライヤー表面   東京タンバリンの瓜生和成と劇団宝船の高木珠里による二人芝居「ランタナ」が10月26日から絵空箱で上演される。作・演出は小松台東の松本哲也。   STORY ガラスの仮面と歌謡曲でつながった役者2人の演20...

モブ役はアニメ版声優の伊藤節生!『モブサイコ100』川尻恵太の脚本・演出で舞台化

| 2017年10月19日
小学館のマンガアプリ「マンガワン」と「裏サンデー」にて連載中のONEによる漫画「モブサイコ100」が舞台化されることが決定した。「モブサイコ100」は、外見は普通、というより地味ながら、何かが“100”になった時に爆発する少年・影山茂夫(モブ)を主人公にした“サイキック青春グラフィティ”。... ...

総社市 総合文化センター耐震補強工事へ

| 2017年10月19日
総社市は、総合文化センター(中央3ノ1ノ102)の耐震補強工事を2018年度に発注する予定。 1973年に完成した鉄筋コンクリート一部鉄骨造3階建て延べ3693平方?の施設の耐震性向上を図るため、ブレース補強を中心に耐震壁や床に補強材を入れる。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/171017600024.html ...

前橋テルサ売却検討 前橋市 ごみ処理施設2カ所廃止

| 2017年10月19日
ホールや宿泊施設などを備える前橋テルサ(前橋市千代田町)について、所有する市が売却を含め、民間事業者に運営を任せることを検討していることが18日、分かった。維持管理に多額の財政負担が生じており、民間のノウハウを生かす必要があると判断した。市は中心街の市有地売却や可燃ごみの処理施設2カ所の廃止も決定。行政のスリム化と財政健全化を進める。 テルサは地上12階、地下1階建て。500人超収容のホールや宿泊施設、フィットネス、温水プール、レストラン、カルチャー教室などが運営されている。2016年度は33...

行革プラン見直しを市に答申 市民ホールの工程修正など22項目

| 2017年10月19日
苫小牧市行政改革推進審議会(石森亮会長)は17日、「市行政改革プラン・ネクストステージ」(2015〜19年度)の中間見直しに関する提言をまとめ、岩倉博文市長に答申した。市民ホール(仮称)開設に向けたスケジュールの修正など22項目を示し、社会情勢に合わせた軌道修正を求めた。 行革プランは行政運営の効率化によるコスト抑制と市民サービス向上を目指し、民間活力の活用や新たな財源創出など七つのテーマに基づく計82の行革事業を設定。17年度は折り返しを迎えるため、岩倉市長は7月、審議会に見直しの検討を諮問し...

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』新作決定!メインストーリー完結篇を新春上演

| 2017年10月18日
『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』の新作上演が決定した。この新作は、メインストーリー完結篇となり、「Trickster」「fine」「UNDEAD」「Knights」「流星隊」「Ra*bits」「2wink」「紅月」と、過去の『あんステ』に登場した全ユニットが集結する。 上演時期は、... ...