Latest

フラメンコで究極の愛を表現!『Ay曽根崎心中』舞台写真到着

近松門左衛門の『曽根崎心中』の究極の愛の世界をフラメンコと音楽で表現する舞台『Ay(アイ)曽根崎心中』。プロデューサーを阿木燿子が、音楽監督を宇崎竜童が務める本作が2018年12月12日(水)に開幕した。このほど舞台写真とオフィシャルレポートが到着したのでお届けする。 阿木は「今回4年ぶり... ...
Read More

橋本祥平、バンドリ!新プロジェクトでドラムデビュー「Argonavisの一員としてたくさんの方に笑顔を」

アニメ、ゲーム、コミックなど、声優によるリアルライブなど様々なメディアミックス展開を行っている「BanG Dream!(バンドリ!)」。その新プロジェクトとして、ボーイズバンド「Argonavis(アルゴナビス)」が結成された。2018年12月10日(月)、東京・下北沢GARDENで開催さ... ...
Read More

【動画】忍法浪漫剣劇『百花百狼』公開ゲネプロ

忍法浪漫剣劇『百花百狼 ~戦国忍法帖~』~月下丸の章~が、2018年12月16日(日)まで東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて上演されています。レッド・エンタテインメントによる同名の人気恋愛アドベンチャーゲームを原作に、月下丸を中心としたストーリーを展開する本作。月下丸役の古谷大和を中心... ...
Read More

【動画】忍法浪漫剣劇『百花百狼』囲み会見

2018年12月13日(木)に忍法浪漫剣劇『百花百狼 ~戦国忍法帖~』~月下丸の章~が開幕しました。本作は、レッド・エンタテインメントによる同名の人気恋愛アドベンチャーゲームを原作とした舞台で、今回は、古谷大和が演じる月下丸を中心とした作品となっています。初日前に行われた囲み会見には、古谷... ...
Read More

青山美郷が出演を見送り、代わって藤松祥⼦が出演/月刊「根本宗子」『愛犬ポリーの死、そして家族の話』12月20日から下北沢・本多劇場で上演

月刊「根本宗子」『愛犬ポリーの死、そして家族の話』   月刊「根本宗子」『愛犬ポリーの死、そして家族の話』に出演予定だった青山美郷が体調不良により出演を見送り、代わって藤松祥⼦が出演する。公演は予定通り、12月20日から20...
Read More

『オイディプスREXXX』中村橋之助、初のストレートプレイに「歌舞伎とはまた違った緊張感」

『オイディプスREXXX(オイディプスレックス)』が、2018年12月12日(火)神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて開幕した。本作は、父を殺し、自らの産みの母と夫婦となった若き王が、破滅への道を転がり落ちるまでを描いたギリシャ悲劇の傑作『オイディプス王』を、杉原邦生(KUNIO... ...
Read More

宮城県/県民会館建替/移転も視野に検討、村井嘉浩知事表明

◇18年度内に有識者委設置 宮城県の村井嘉浩知事は7日、老朽化が進んでいる県民会館(東京エレクトロンホール宮城、仙台市青葉区)について、現在地建て替えに加え、移転も視野に新施設の建設を検討する考えを明らかにした。県議会11月定例会の一般質問で答えた。年度内に有識者委員会を立ち上げ、ホールの機能など将来の方向性を協議する見通しだ。仙台市が2000席程度の音楽ホールの整備を検討しているが、需要調査の結果から県が新施設を整備しても需要が見込めるとしている。 県民会館は、市のメイン通りの一つである定禅寺...
Read More

星空のような天井、雲のような壁… “音楽の殿堂”を訪ねて

ディープな東京の魅力を発信するTOKYO MX(地上波9ch)の番組「東京クラッソ!NEO」(毎週日曜21:29〜)。11月25日(日)の放送では、上野にある音楽の殿堂「東京文化会館」の裏側を紹介しました。 上野恩賜公園の一角にある芸術文化施設「東京文化会館」。ここは、ル・コルビュジエに師事した日本建築界の巨匠・前川國男氏が設計し、1961年に竣工しました。 館内を案内してくれたのは、同館職員の島彩乃さん。 島さんによると、天井の照明は「天の川をイメージしている」とのこと。夜になるとガラスに照明...
Read More

鎌倉生涯学習センター 耐震強度不足で休館へ

開館は27日まで 鎌倉市はこのほど、鎌倉生涯学習センター(小町)を12月28日以降、休館すると発表した。来年度に実施を予定している耐震改修工事の設計作業の過程で、強度不足が判明したため。市は耐震改修を施した上で2020年7月頃の再開館を目指すとするが、年間で延べ20万人以上が利用する施設だけに市民には戸惑いが広がっている。 鎌倉生涯学習センターは7つの集会室とホール、音楽室、ギャラリーなどを設け、鎌倉駅東口から徒歩3分の立地の良さもあり、昨年度は延べ24万7922人が利用した。 同施設は1982...
Read More

鎌倉生涯学習センター 耐震強度不足で休館へ

開館は27日まで 鎌倉市はこのほど、鎌倉生涯学習センター(小町)を12月28日以降、休館すると発表した。来年度に実施を予定している耐震改修工事の設計作業の過程で、強度不足が判明したため。市は耐震改修を施した上で2020年7月頃の再開館を目指すとするが、年間で延べ20万人以上が利用する施設だけに市民には戸惑いが広がっている。 鎌倉生涯学習センターは7つの集会室とホール、音楽室、ギャラリーなどを設け、鎌倉駅東口から徒歩3分の立地の良さもあり、昨年度は延べ24万7922人が利用した。 同施設は1982...
Read More

海津市文化センターの空調機器を更新

【海津】海津市は、文化センターの空調機器を更新するため、設計を1月にも委託する。2018年度末までにまとめ、19年度以降に工事を発注する予定だ。 文化センターは1983年度の完成で空調設備の更新時期に来ている。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181213300069.html ...
Read More

Hey! Say! JUMP薮宏太、平成最後に新作ミュージカル『ハル』で10年ぶりの単独主演

2019年4月に、新作オリジナルミュージカル『ハル』が東京と大阪で上演されることが決定した。演出を手掛けるのは、栗山民也。脚本は、高橋亜子の書き下ろしで、音楽は甲斐正人が担当する。そして、主演を務めるのはHey! Say! JUMPの薮宏太。薮は、これが約10年ぶりの単独主演作となる。 薮... ...
Read More

【動画】極上文學 第13弾『こゝろ』囲み会見

2018年12月13日(木)に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて極上文學の第13弾公演『こゝろ』が開幕した。「読み師」であるメインキャストの周りを「具現師」が 舞い、「語り師」が彩りを添える極上文學に、ついに、夏目漱石の不朽の名作「こゝろ」が登場。開幕を前に、「読み師... ...
Read More

ミュージカル『スリル・ミー』開幕!成河&福士誠治、松下洸平&柿澤勇人でさらなる進化

ミュージカル『スリル・ミー』が、2018年12月14日(金)に東京・東京芸術劇場シアターウエストにて開幕する。本作は、1920年代にアメリカ・シカゴで実際に起きた少年誘拐事件を基にしたこの心理劇。2005年にブロードウェイで初演されて以来、男二人とピアノ1台のみで世界中で上演され続けている... ...
Read More

堤真一&A.B.C-Z橋本良亮『良い子はみんなご褒美がもらえる』でオーケストラと共演

2019年4月から5月にかけて、東京と大阪でトム・ストッパード作『良い子はみんなご褒美がもらえる』(原題『Every Good Boy Deserves Favour』)の上演が決定した。本作は、舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『アルカディア』や、映画『恋に落ちたシェイク... ...
Read More

宮崎駿の人気漫画が新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』に! 2019年12月、新橋演舞場で上演

c Studio Ghibli宮崎駿の漫画「風の谷のナウシカ」を原作として、2019年12月に東京・新橋演舞場で新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』が上演されることが決定した原作漫画は映画監督の宮崎駿が1982年に雑誌「アニメージュ」にて連載開始。足かけ13年をかけて完成した大作。1984年...
Read More