カテゴリー: 紀伊國屋ホール

谷賢一の作・演出『光より前に~夜明けの走者たち~』に宮崎秋人、木村了ら

2018年11月から12月にかけて、『光より前に~夜明けの走者たち~』の上演が決定した。作・演出は谷賢一。出演者には、宮崎秋人、木村了、高橋光臣、中村まこと、和田正人が名を連ねた。 中心になるのは、1964年に東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、その4年後にメキシコオリンピック... ...
Read More

【動画】北原里英、初主演舞台『新・幕末純情伝』FAKE NEWS公開ゲネプロ

2018年7月7日(土)に東京・紀伊國屋ホールにて、『新・幕末純情伝』FAKE NEWSが開幕しました。「新撰組の沖田総司が実は女だった」という着想からつかこうへいが生み出した名作に、北原里英が、味方良介、小松準弥、田中涼星、増子敦貴、松村龍之介、細貝圭らと共に挑んでいます。フジテレビドラ... ...
Read More

『新・幕末純情伝』FAKE NEWS開幕!北原里英、つかこうへいに「作品を通じて繋がれた」

2018年7月7日(土)に東京・紀伊國屋ホールにて、『新・幕末純情伝』FAKE NEWSが開幕した。本作は、「新撰組の沖田総司が実は女だった」という着想から生み出されたつかこうへいの代表作。今回は、演出をフジテレビドラマ制作部ゼネラルディレクター・河毛俊作が手掛け、新たな面から作品を掘り下... ...
Read More

北原里英、味方良介、小松準弥らが熱量高くつかこうへい作品に挑む!『新・幕末純情伝』FAKE NEWS稽古場取材会レポート

2018年7月7日(土)より東京・紀伊國屋ホールにて上演される『新・幕末純情伝』FAKE NEWS。その稽古場取材会が6月10日(日)に行われ、出演者より北原里英、味方良介、小松準弥、田中涼星、松村龍之介、増子敦貴、演出を手掛けるフジテレビドラマ制作部ゼネラルディレクター・河毛俊作が登壇し... ...
Read More

3枚の“地図”と“嘘”で繋ぐ『MAPS』開幕!少年社中、ゴールではない20周年のその先へ

2018年5月31日(木)に東京・紀伊國屋ホールにて少年社中の第34回公演『MAPS』が開幕した。本作は、毛利亘宏が主宰する劇団少年社中の20周年を記念公演第2弾で、約1年4ヶ月ぶりとなる劇団本公演。公開ゲネプロより、その一部をレポートする。 今回、毛利が描いたのは“3枚の地図を巡るファン... ...
Read More

『新・幕末純情伝』小松準弥、田中涼星、増子敦貴らの配役が明らかに

つかこうへい生誕70年記念特別公演『新・幕末純情伝』FAKE NEWSが2018年7月に上演される。これまで、沖田総司役に北原里英が、坂本龍馬役に味方良介が発表されていたが、今回それ以外の出演者の配役が明らかになった。 本作は、幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったという、つか... ...
Read More

『新・幕末純情伝』で北原里英が十代目の沖田総司に!坂本龍馬役は味方良介

2018年7月に、『新・幕末純情伝』FAKE NEWSが上演されることが発表された。『新・幕末純情伝』は、“演劇界の風雲児”と呼ばれた偉大な劇作家・つかこうへいの代表作の一つ。幕末の京都を舞台に、「新撰組の沖田総司が実は女だった」という、つかのユニークな着想のもと誕生した。 今回、十代目と... ...
Read More

名作映画『母と暮せば』富田靖子&松下洸平の二人芝居に

井上ひさしの『父と暮せば』の「対になる作品を残す」という構想を受け継ぎ、山田洋次監督が製作し大ヒットを記録した映画『母と暮せば』が、舞台化されることが決定した。 2010年4月にこの世を去った井上ひさし。新作として沖縄、長崎を舞台にした作品を書く予定だったが、構想途中でその願いは叶わなかっ... ...
Read More

【動画】又吉直樹の芥川賞受賞作が舞台化!『火花』~Ghost of the Novelist~公開ゲネプロ

2018年3月30日(金)に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した『火花』~Ghost of the Novelist~。本作は、第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹の初純文学作品を原作に、脚本・演出を小松純也が舞台化したものです。出演者に観月ありさ、植田圭輔、NON STYLEの石田明、そして... ...
Read More

【動画】又吉直樹の芥川賞受賞作が舞台化!『火花』~Ghost of the Novelist~公開ゲネプロ

2018年3月30日(金)に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した『火花』~Ghost of the Novelist~。本作は、第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹の初純文学作品を原作に、脚本・演出を小松純也が舞台化したものです。出演者に観月ありさ、植田圭輔、NON STYLEの石田明、そして... ...
Read More

又吉直樹「緊張よりも楽しみ」『火花』~Ghost of the Novelist~ゲネプロレポート

2018年3月30日(金)に東京・紀伊國屋ホールにて『火花』~Ghost of the Novelist~が開幕した。本作は、これまでにも映画化やドラマ化が行われてきたピース・又吉直樹の同名小説を原作に、脚本・演出を小松純也が舞台化。そのゲネプロの模様をレポートする。 舞台は、小説の物語を... ...
Read More

『ザ・池田屋!』池田純矢×鈴木勝吾×オラキオにインタビュー「損はさせません!」

俳優の池田純矢が脚本・演出・出演をつとめる舞台公演エン*ゲキ。第3弾(#03)となる『ザ・池田屋!』が2018年4月20日(金)より上演される。池田は、2015年に朗読劇として#01『君との距離は100億光年』を、2017年にはSF系作品#02『スター☆ピープルズ!!』を上演。毎回「終わっ... ...
Read More

植田圭輔、ノンスタ石田明とすでにいいコンビ!『火花』~Ghost of the Novelist~制作発表会見

又吉直樹の初純文学作品「火花」を原作とした『火花』~Ghost of the Novelist~が、2018年3月30日(金)より上演される。それに先駆け、3月2日(金)には都内にて制作発表会見が行われ、観月ありさ、植田圭輔、石田明(NON STYLE)、又吉直樹(ピース)、そして、脚本と... ...
Read More

少年社中20周年記念第2弾に南圭介、多和田秀弥、小野健斗らが参加!『MAPS』は3枚の地図を巡るファンタジー

2018年5月末より、東京と大阪で少年社中第34回公演『MAPS』が上演される。本作は、劇団少年社中の20周年記念の第2弾。劇団本公演としては、2017年2月に行われた第33回公演『アマテラス』以来、約1年4ヵ月ぶりとなる。 少年社中主宰であり、脚本・演出を手掛ける毛利亘宏が、今回描くのは... ...
Read More

味方良介、木崎ゆりあ、石田明らが挑む45年目『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』公演レポート

2018年2月17日(土)に東京・紀伊國屋ホールにて『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』が開幕した。つかこうへいが1973年に文学座に書き下ろし、演劇史に燦然と輝くこの『熱海殺人事件』は、今年で初演から45年目を迎える。演出を手掛けるのは、岡村俊一。初日前日には、公開ゲネプロと囲み... ...
Read More

芥川賞受賞作『火花』観月ありさ、植田圭輔、石田明で舞台化!又吉直樹も本人役で出演

第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹の初純文学作品「火花」が、2016年のドラマ化、2017年の映画化に続き、舞台化されることが発表された。合わせて、舞台版キャストには、観月ありさ、植田圭輔、NON STYLEの石田明に加え、又吉自身の出演も決定。 脚本・演出を手掛けるのは、劇作家としての... ...
Read More

池田純矢がエンターテイメントを追求するエン*ゲキの第3弾『ザ・池田屋!』ビジュアル公開

2018年4月に東京、5月に大阪にてエン*ゲキ#03『ザ・池田屋!』が上演される。池田純矢がオリジナルの脚本・演出でエンターテイメントを追求する「エン*ゲキ(エン=Entertainment:娯楽+ゲキ=Act:芝居)」」の第3弾は、幕末に起こった「池田屋事件」を史実に基づきながら、池田独... ...
Read More

極上文學『風の又三郎・よだかの星』納谷健、深澤大河ら「読み師」&「具現師」のキャストビジュアルを公開

2018年3月に上演される極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』より、キャストビジュアルが公開された。ビジュアルと音楽、動いて魅せるスタイルで、日本文學の上質な世界観を立体的に表現する本シリーズ。今回は、役を読む「読み師」、表現を担う「具現師」に加え、声だけで極上文學の世界を表現する... ...
Read More

前田航基、原嶋元久らで『ポセイドンの牙』Version蛤として再演!寓話的な物語に込められたメッセージとは

2017年10月13日(金)に東京・紀伊國屋ホールにて、舞台『ポセイドンの牙』Version蛤が開幕した。本作は、舞台芸術集団地下空港の主宰を務める伊藤靖朗の作品で、2016年5月に初演。今回、サブタイトルを「Version蛤」として再演に臨む。初日前には公開ゲネプロが行われ、出演する前田... ...
Read More