Category: 兵庫県立芸術文化センター

『ペール・ギュント』初日コメントで浦井健治「境界を心地良く行き来できる役に出会えた」

日韓文化交流企画・世田谷パブリックシアター20周年記念公演『ペール・ギュント』が、12月6日(水)のプレビュー公演を経て、12月8日(金)に開幕した。150年前にヘンリック・イプセンが生み出した本作を、平昌冬季オリンピック開・閉会式の総合演出を務める韓国の演出家ヤン・ジョンウンのもと、浦井... ...
Read More

舞台『管理人』開幕!森新太郎、溝端淳平×忍成修吾×温水洋一に「完璧な顔合わせ」

舞台『管理人』が11月26日(日)に東京・シアタートラムにて開幕した。本作は、ノーベル文学賞作家ハロルド・ピンターが1959年に書き上げ、1960年にロンドンで初演された名戯曲。今回の上演では、森新太郎のエッジの効いた演出、徐賀世子による切れ味鋭い新訳、そして、溝端淳平、忍成修吾、温水洋一... ...
Read More

浦井健治主演『ペール・ギュント』で世田谷パブリックシアター初の試みとなるライブ・ビューイングを開催

2017年12月6日(水)のプレビュー公演を経て、12月8日(金)より『ペール・ギュント』が上演される。それに伴い、12月20日(日)に全国各地の映画館にて本公演のライブ・ビューイング開催が決定した。本作は、日韓文化交流企画の一つであり、世田谷パブリックシアターと兵庫県立芸術文化センターの... ...
Read More

ナイロン100℃、3年ぶりの新作『ちょっと、まってください』開幕!三宅弘城「爆笑とまた違うおもしろさ」

2017年11月10日(金)東京・本多劇場にて、来年25周年を迎える劇団ナイロン100℃の第44回公演『ちょっと、まってください』が開幕した。『ちょっと、まってください』は、劇団公演としては3年ぶりの新作となり、ナイロンファン待望の公演。出演者には、三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ... ...
Read More

井上芳雄、坂本真綾、ジョン・ケアードがシアタークリエの開場10周年を祝福!『ダディ・ロング・レッグズ』初日特別カーテンコール

2007年11月に東京・日比谷に誕生したシアタークリエが、開場10周年を迎える。メモリアルイヤーのオープニング作品として、同劇場で3度上演され、公演の度に連日満員となり、数々の演劇賞にも輝いた『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』が、2017年11月1日(水)に3年ぶりに開幕。... ...
Read More

浦井健治「エネルギーに満ちた笑顔の絶えない現場です」『ペール・ギュント』製作会見

2017年12月6日(水)から、東京と兵庫にてヘンリック・イプセンの名作『ペール・ギュント』が上演される。本作の製作発表が10月24日(火)東京都内にて行われ、タイトルロールのペール・ギュント役を演じる浦井健治と、趣里、浅野雅博、キム・デジン、ユン・ダギョン、マルシア、そして演出家のヤン・... ...
Read More

『ペール・ギュント』浦井健治にインタビュー「出会った人、作品のすべてが僕にとって人生のランドマーク」

2017年12月に東京と兵庫にてヘンリック・イプセンの名作『ペール・ギュント』が上演される。日韓文化交流企画となる本作は、日韓20名のキャストが出演し、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの開・閉会式の総合演出を務めるヤン・ジョンウンが演出を務める作品だ。 本作で描かれるのは、真の自分をど... ...
Read More

細貝圭×佐藤祐基×加藤虎ノ介インタビュー「等身大、俺たちの『オーファンズ』」

アメリカの劇作家ライル・ケスラーの傑作戯曲『オーファンズ』が、細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介の3人芝居で2017年10月14日(土)より兵庫で開幕する。1983年にロサンゼルスのマトリックス劇場で初演、日本では1986年に劇団四季が初上演して以来、何度も上演されている本作。 今回は、マキノノ... ...
Read More

マサ役は塩田康平!『池袋ウエストゲートパーク』追加キャスト11名&新ビジュアルを公開

大野拓朗、矢部昌暉(DISH//)、染谷俊之の出演が明らかとなった舞台『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』。その3人の揃ったビジュアルが公開され、合わせて追加キャスト11名も発表された。 追加キャストとして名を連ねたのは、塩田康平、海老澤健次、大音智海、尾関陸、加藤真央、小島...
Read More