「第20回AAF戯曲賞」羽鳥ヨダ嘉郎が大賞を受賞

「第20回AAF戯曲賞」羽鳥ヨダ嘉郎が大賞を受賞

「第20回AAF戯曲賞」(主催:愛知県芸術劇場)の公開最終審査会が1月10日に行われ、応募総数117作品の中から、大賞を羽鳥ヨダ嘉郎『リンチ(戯曲)』、特別賞をモスクワカヌ『It’s not a bad thing that people around the world fall into a crevasse.』が受賞した。

関連サイト⇒第20回 AAF戯曲賞

第20回AAF戯曲賞公開最終審査会の様子(2021年1月10日、愛知芸術文化センターアートスペース A) 左から、やなぎみわ、三浦基、羊屋白玉、鳴海康平、白神ももこ

審査員は、白神ももこ、鳴海康平、羊屋白玉、三浦基、やなぎみわの5名が務めた。大賞受賞作品は2022年度以降、愛知県芸術劇場小ホールで戯曲賞受賞記念公演として上演される予定。

「第20回AAF戯曲賞」羽鳥ヨダ嘉郎が大賞を受賞制作ニュースで公開された投稿です。