今、劇場が動き出す──始まった新たな日常 第1回 開館30周年、東京芸術劇場が直面した試練と挑戦

東京芸術劇場は、2月26日に安倍晋三総理(当時)によりイベントの自粛要請が出されたことを受け、3月2日に初日を迎える予定だった「カノン」の中止を決定した。その後、緊急事態宣言が発令された4月7日以降、主催公演が次々と中止に。5月25日に宣言が解除されると、音楽部門は6月18日の「東京芸術劇場ナイトタイム・パイプオルガンコンサート」で、演劇部門では7月24日に初日を迎えた「赤鬼」で自主事業を再開した。今年、開館30周年の同劇場では、海外のアーティストを迎えたさまざまな公演が予定されていた。それらの多くは中止・変更を余儀なくされたが、その一方でオンラインを活用した貴重なトークイベントや、舞台映像の無料配信といった新たな取り組みも積極的に実施した。日本の公共劇場を代表する劇場の1つ、東京芸術劇場のコロナ禍での対応と今後について、副館長・高萩宏と、制作担当課長・プロデューサーで、「東京芸術祭2020」の芸劇オータムセレクションディレクターでもある内藤美奈子に10月下旬、話を聞いた。