“わたしはここに”と思える瞬間描き出す、劇団速度の新作「わたしが観客であるとき」

野村眞人が構成・演出を手がける劇団速度の新作「わたしが観客であるとき 2つの視点での上演」が、12月18日から20日まで京都・京都芸術センター フリースペースで上演される。