文化庁の継続支援事業、11/25より新規募集

令和2年度文化芸術活動の継続支援事業「延長」を発表、11/25から新規募集開始

文化庁は、令和2年度文化芸術活動の継続支援事業について「延長」を決定。新規募集を11月25日(水)~12月11日(金)に実施する予定であることを発表した。対象となる事業実施期間は、令和2年2月26日(水)~令和3年2月28日(日)まで。

関連リンク ⇒ 文化芸術活動の継続支援事業

今回の延長に際しては、新規の申請のほかに、第一次~第三次募集にすでに申請をしている場合でも、対象事業の実施期間延長にともない、すでに申請された計画内容の補助額が140万円以下であれば計画の変更が認められ、差額分(10万円以上)を上限に11月1日以降の実施計画として申請が可能になる。

同事業は、国内で活動する文化芸術関係者が、活動の再開・継続に向けた積極的な取組に要する費用の2/3または3/4を補助するもの(補助率:2/3または3/4、補助上限額:100万円)。さらに業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づいた感染拡大防止の取り組みを行う場合に要する費用が補助される(補助率:定額、補助上限額:50万円)。なお、同補助金の申請は、原則として1個人・1団体につき1度限り(共同申請を除く)。

文化庁の継続支援事業、11/25より新規募集制作ニュースで公開された投稿です。