舞台とわたしの新しい日常 Vol.6 歌舞伎座の、再開への道のり

2月、新型コロナウイルスの影響が拡大し始め、多くの劇場が公演中止か、続行かの判断を迫られた。そんな中、歌舞伎座は2月27日に、3月2日に開幕予定だった「三月大歌舞伎」の初日延期を決定。その後、8日、12日にもさらなる初日延期を発表し、18日には「三月大歌舞伎」の全公演中止を決めた。さらに4月7日には、5月から7月にかけて予定されていた「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」の延期も明らかに。結局、歌舞伎座は5カ月間にわたり休館することになった。そして8月1日、歌舞伎座は「八月花形歌舞伎」にて再始動する。再開した歌舞伎座では、感染防止のため、客席が前後左右一席ずつ空いた配置になったほか、1・2階の桟敷席と4階の幕見席はクローズされた。また大向うや掛け声は禁止、さらに上演時間が短い演目での4部制となり、上演中も扉を開けて換気を徹底するなど、さまざまな対策が講じられている。イベントの人数制限に対する規制緩和を目前に控えた9月中旬、歌舞伎座の“新しい日常”と今後について、歌舞伎座の橋本芳孝支配人に話を聞いた。