舞台とわたしの新しい日常 Vol.4 唯月ふうかの、稽古着披露

9月、演劇界では劇場公演に加えて映像配信も併用しながら、観客に作品を届ける日々が続いている。アーティストたちはそんな“新しい日常”で、舞台にどう取り組んでいるのか。このコラムでは公演を控える舞台人に“とっておきの稽古着”姿を披露してもらい、今の思いを語ってもらう。第4回に登場するのは、ほっそりとした小柄な体にエネルギーをみなぎらせる俳優・唯月ふうか。16歳のときに「ピーターパン」のタイトルロールで本格的にミュージカルの道を歩み始めた彼女は、数々の舞台でかれんな笑顔とパワフルなパフォーマンスを披露し、観客を魅了してきた。また「レ・ミゼラブル」では恋に破れて命を落とすエポニーヌの悲哀を繊細に表現し、「絢爛豪華 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』」ではきりりとした勝気な女勝負師・お光と、上品でしとやかなおさちの2役を見事に演じ分けるなど、その高い演技力でも存在感を放つ。今年4月には主演ミュージカル「VIOLET」が新型コロナウイルスの影響で公演中止になったが、同作は9月上旬、3日間限定の“復活”上演を果たした。8月下旬、久々の舞台出演に向けてエンジン全開の唯月が見せてくれたのは、とある先輩俳優が愛用していたというTシャツで……。