舞台とわたしの新しい日常 Vol.2 小沢道成の、稽古着披露

8月、定員の半分以下に座席数を減らしながらも、多くの劇場が徐々に動き始めている。感染予防のために会場では声を抑えつつ、アーティストたちに盛大な拍手を送った観客も多いのでは。フェイスシールドやビニールカーテンも見慣れてきた昨今、劇場や公演に関わる人々はどのような“新しい日常”を歩んでいるのか。このコラムでは公演を控えるアーティストが“とっておきの稽古着“を披露。また、コロナ禍での舞台への思いから、その人の新しい舞台と稽古と日常をのぞいていく。第2回は、虚構の劇団メンバーであり、自身の主宰するEPOCH MANでは作・演出・美術・出演も務める小沢道成が登場。小沢はあふれる“演劇愛”を胸に、表現の可能性を探り続ける舞台人だ。今年1月、一人芝居「鶴かもしれない2020」で彼は、3台のラジカセから流れる自らの声と“共演”。10着の着物を次々に着替えながら、得意の歌とダンスを交えて「鶴女房」を思わせる女性の内面を描き出した。また小沢は6月、いち早く始動した東京・本多劇場の無観客配信「DISTANCE」に参加。続く8月の「DISTANCE-TOUR-」に向け稽古の真っ最中だった小沢は、はじける笑顔と、彼に負けず劣らず破顔するネコが印象的なTシャツを披露してくれた。