福島カツシゲ、三浦大輔、朴璐美、町田マリーなどが続々出演! オンライン型演劇場にリニューアルした浅草九劇が8月のラインナップ4作品を発表

 ≫広告掲載のご案内


浅草九劇 8月のラインナップ
浅草九劇 8月のラインナップ
 

オンライン型演劇場にリニューアルした浅草九劇が8月のラインナップ4作品を発表した。

 
浅草九劇は2020年6月に“オンライン型演劇場” としてリニューアル。創ること、表現することの火を消さないために、アーティストやクリエイターが「新しい表現に挑戦できる場」を提供すべく、“劇場使用料無料キャンペーン”の企画募集を実施した。

イシノマキにいた時間
イシノマキにいた時間

8月4日(火)から上演される舞台『イシノマキにいた時間』は“劇場使用料無料キャンペーン”企画の第一弾。コメディアン・福島カツシゲが、東日本大震災で被災した石巻でボランティアとして活動を続け、同じくボランティア経験者の俳優・石倉良信と、何度も石巻に通っていた俳優・田口智也とともに、当時の被災地での経験をもとに、ボランティアでの苦悩や葛藤、そして喜びなどを描く。

 
三浦大輔
三浦大輔

8月8日(土)から上演される三浦大輔WS試演会は、浅草九劇と同じく、株式会社レプロエンタテインメントが運営する、エンタテインメント研究所・銀座九劇アカデミアにて実施した、演技ワークショップ「『映像』『舞台』両方できる役者になるⅡ」の成果を発表するもの。試演会の作品は三浦大輔による書下ろし新作。

 
神楽坂怪奇譚「棲」体感型配信怪奇譚
神楽坂怪奇譚「棲」体感型配信怪奇譚

8月15日(土)から上演されるのは『神楽坂怪奇譚「棲」体感型配信怪奇譚』。声優界きってのレジェンドである羽佐間道夫と、多ジャンルで活躍する朴璐美が世代を超えたタッグを組み、観る者の五感を揺さぶる「生」の空間を作り上げる。

 
パショナリーアパショナーリア
パショナリーアパショナーリア

そして、8月29日(土)からは女優・町田マリーと中込佐知子による演劇ユニット・パショナリーアパショナーリア(通称、パショパショ)の作品。
「家庭と演劇の両立」をテーマに、子育てをしながらでもお芝居を続けたいという自分達の想いと、子育て中の家族にも観劇をして欲しいという想いで「子供も飽きさせない大人の演劇」を作り上げる。

 

それぞれの公演情報・視聴方法などの詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)